東京オリンピックサッカー:オーバーエイジ候補選びは戦略ファースト

(2020年7月23日更新)

東京オリンピックサッカーのオーバーエイジ(OA)枠に相応しい選手を考えるのは楽しいが予想はかなり難しい

サッカー評論家やファンは人気や補強という視点でOA候補として大迫選手・柴崎選手などをリストアップしているが、本当に彼らでいいのでしょうか?

過去5回の五輪でベスト4になったチームの試合データを分析した上でリストアップしているなら私は納得するが、「(人気)選手ファーストで選んでいるような気がする。

そこで私が過去の五輪成績を分析した結果得られた情報に基づく戦略ファースト」のOA選考ベストと考えるOA候補を紹介したい。 

人気・補強・招集可能性という視点でのOA候補

 

マスコミは人気・実力・補強という視点でOA候補を予想しているが、それで充分なのだろうか?

リオ五輪やロンドン五輪でのブラジル、ドイツ、日本が選んだOA選手を見ると少なくても人気は考慮されていない。欧州でプレーする選手の人気や実力が高くても招集可能性は極めてゼロに近いからだ。

ここで言う補強とは五輪世代の個人的な実力不足を補うための手段だろう。しかし、サッカーはチームスポーツであり、個人の実力よりもチームの連携をより重視しなければならないと思う。

  

 

OA選びのポイントは過去の五輪から学べる

 

歴史をみれば過去の失敗(成功)の理由が分かる。それでは過去五回の五輪大会でベスト4になったチームの試合結果(グループ・ステージ)を分析した結果を見てみましょう。 

まず、記事を2本紹介。

 

① 過去五回の五輪でベスト4となったチーム

2020東京オリンピックサッカー:出場国と過去の五輪成績 

 

② ベスト4に輝いたチームの成績分析結果から得られた情報

東京五輪サッカー男子:ベスト4になる為にGSで必要な成績 

 

2番目の記事、ベスト4になるためにグループ・ステージ(GS)で必要な成績の分析結果は下記の通り。

 

重要な点は3つ(%はベスト4確率)

(ベスト4の目安となる他の指標は見当たらなかった) 

  • GS1位     65%
  • GS失点1以下 80%
  • GS3勝    100%

GS1位のベスト4確率は思ったより低い

  • 日本チームはロンドン五輪(4位)でスペインと同組であったがGS1位

GS失点1以下ならベスト4の確率は高い

  • 日本チームはロンドン五輪(4位)でGS無失点

GS3勝チームのベスト4の確率は100%だが、

  • 過去5大会ではブラジルとアルゼンチンのみが達成。日本には当てはまりそうもないが、GS3勝を目指して欲しい

上記の点を考慮して日本が取るべき戦略について考察するが、その前に日本代表五輪成績をレビューしておきましょう。 

 

 

日本代表過去5回のオリンピック成績

 

日本代表はロンドン五輪で4位

OA規定が導入されてから最高の成績。

この時のOA選手は

  • センターバック 吉田麻也
  • 左サイドバック 徳永修平

GSの結果は1位及びGS無失点。

OA選手をどうして2名に限定したかは分からないが、3名であったらメダルと取れていた!?

 

リオ五輪では1勝1分1敗GS3位で予選敗退

  • センターバック 塩谷 司
  • 左サイドバック 藤春廣輝
  • FW        興梠慎三

 

北京五輪では召集0で3戦3敗でGS敗退

 

アテネ五輪では1勝2敗GS4位で予選敗退

  • GK      曽ヶ端準 
  • MF              小野伸二

 

シドニー五輪ではベスト8

ブラジルに総得点で1及ばず2勝1敗GS2位。

  • GK            楢崎正剛                                         
  • センターバック 森岡隆三
  • MF        三浦淳宏                            

 

 

日本代表が取るべきオーバーエイジ選考戦略 

過去5大会ベスト4になったチームのGS成績及び日本代表の過去5大会の成績から導ける戦略は、

  • GS失点1以下を狙うチーム編成

具体的なOA枠は、

  • ディフェンス2
  • ボランチ1

これが私の考えるメダル獲得に向けた「戦略ファースト」のOA候補選び。

 

JFAは東京五輪メダル獲得にどんな戦略を立てているのだろうか?因みに、戦略はJFA幹部が立てるもの。それに沿って戦術を考え実行するのが監督

 

戦略に基づきOA候補(2019年10月の時点で)を絞るなら

  • ディフェンスに吉田麻椰or昌子源or畑中慎之介室屋成
  • ボランチに橋本拳人(残念ながら2020年8月ロシア・プレミアリーグのFCロストフへ移籍)を推したが、五輪出場は無理だろうから山口 蛍

(吉田は来夏に移籍でもしない限り招集は難しいだろう) 

いずれにせよ、W杯アジア2次予選をじっくり見れば自ずとOA候補も絞られてくるだろう。 

  

 

五輪サッカー関連記事集 

 

 

   

ランキング関連記事

 

 

 

W杯アジア2次・最終予選は見どころ・日程・試合結果

 

www.ippo-san.com

 

 

おわりに 

 


 

 

アジア2次予選では若手の起用が少ない。「何が起こるか分からないのがアジア2次予選」と周囲(特にスポンサーやマスコミが視聴率目的で)が煽るのを盾に、過去6回連続五輪に出場しているにも拘らず100%安全志向の「ベストメンバー」を実践。 

JFAは日本の実績に自信が持てないのだろうか?日本の実力を信頼していないのだろうか?従来の枠から「一歩でも踏み出そう」という勇気やチャレンジ精神は持ち合わせていないようだ。 

どうもベストメンバーで臨んだ2019年11月17日のU-22コロンビア戦に惨敗するまでは東京五輪世代だけでやれると思っていた節がある。 しかし、その後方針を変えたようだ。

私が思うに、超格下相手の2次予選を上手に賢く活用することが東京五輪メダル獲得を確実にする道。そのためにはアジア2次予選

  • 五輪世代を多用する
  • OA活用戦略を決めてその候補を積極的に試す
  • OA候補と五輪世代候補を同時起用して連係を積み上げる

(前年ながらこの戦略は前半の4試合では見れなかった。後半に期待)

これを実践したからといって2次予選敗退などあり得ない話である。仮に敗退危機に直面しても巻き返せるだけの実力を日本代表チームは備えている。もっと選手と現場を信頼して2次予選をサポートして欲しいものだ。 

いかがでしたか? OA選考にはいろいろな考えがあるかと思いますが五輪の歴史と実績を踏まえた戦略ファーストの選考を紹介しました。OA候補を考える上で少しでもご参考になったなら幸いです。