Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

東京五輪サッカー男子:五輪世代の代表候補はこれで決まり!

U-23アジア選手権は歴史的敗戦でグループB最下位となり決勝トーナメントへは進めなかった。3月に予定されている強豪、南アフリカ戦とコートジボワール戦の強化試合2試合にはベストの五輪代表候補メンバーで戦ってU-23アジア選手権敗戦の不名誉挽回だ!

これまで選手のテストは十分すぎるくらいしてきた。早急にメンバーを固定してチームの連携強化を図らなければならない。それには、まず、五輪世代を絞り込むこと。それでは森保監督より一足早く五輪世代の代表候補を発表しましょう。

なお、新着記事、東京五輪:今回も欧州勢の優勝はない!?もご覧いただきたい。 

五輪世代招集経緯

11月コロンビア戦

いわゆる海外組+国内組五輪世代のベストメンバーで戦ったが不発に終わり0-2の完敗。しかし、初めての融合なのでNo Problem。

12月E-1選手権

なんと23名中14名の五輪世代が収集されたのには驚いたが、初めてのOA候補と五輪世代の融合。優勝するよりも大きな財産を手にした。

12月29日ジャマイカ戦

なんと9-0の圧勝であったが、どの程度評価したらよいものか?

この3つの大会全てに招集された選手はFWとGKを除けば皆無に近い。簡単に言えば、森保監督は五輪世代を絞り込む為に選手をこの3つの大会に分けて招集し、自分の目で一人一人チェックしたわけだ。

1月9日からのU-23アジア選手権

この大会には、上記の3つの大会での選手の出来を確認して招集。ただ、食野以外の欧州勢の招集は出来なかったのでベストメンバーではなかった。ただ、その点は想定内。むしろ、国内組五輪世代の最終テストが目的。

これまでにも唱えてきたが、U-23アジア選手権メンバーから東京五輪代表に当確できるのは8名前後(オーバーエイジ枠活用前提)。残りの7名は欧州組から選出されるだろう。 

五輪世代招集実績一覧

最終的には18名ないし15名に絞られる。

五輪世代とOA候補を融合する時間が取れないので東京五輪ではオーバーエイジ枠は使わない、と思ったがU-23の結果を見ると使わざるを得ない

東京五輪U-23候補を当確(◎)とそれ以外に区分

  • ◎15名(OA枠を利用しても召集される選手)
  • 〇3名(OA枠を利用したら外れる選手)
  • △補欠(上記18名の選手が何らかの事情で召集不可となった場合)

前提条件

  • オーバーエイジ枠はDF2名、ボランチ1名に活用
  • 3バック採用

略語説明

  • Cop コパアメリカ
  • Col U-23コロンビア戦
  • E-1 E-1選手権
  • Jam U-23ジャマイカ戦
  • Asi U-23アジア選手権

赤字海外組

 

選手名

Cop

Col

E-1

Jam

Asi

大迫敬介

90

90

90

 

270

540

 

谷晃生

 

0

 

0

0

0

小島亮介

0

 

0

 

0

0

 

山口瑠伊

 

 

 

90

 

90

 

小久保玲央

 

 

 

0

 

0

 

立田悠悟

3

90

 

 

103

196

 

瀬古歩夢

 

0

 

90

 

90

岩田智輝

177

62

 

90

 

329

 

原輝綺

90

28

 

 

 

118

渡辺剛

 

 

90

 

167

257

 

古賀太陽

 

 

90

 

90

180

岡崎慎

 

 

 

72

180

252

 

大南拓磨

 

 

 

0

 

0

 

町田浩樹

 

 

 

 

180

180

板倉滉

178

90

 

 

 

268

冨安健洋

270

 

 

 

 

270

 

橋岡大樹

 

0

174

 

270

444

杉岡大暉

270

 

 

9

179

458

 

鈴木冬一

 

0

 

 

0

 

長沼洋一

 

0

 

90

 

90

 

菅大輝

0

62

90

0

0

152

 

菅原由勢

 

90

 

 

 

90

相馬勇紀

 

 

141

 

180

321

 

 

高宇洋

 

0

 

18

 

18

田中碧

 

 

157

 

135

292

田中駿汰

 

87

90

 

180

357

 

松本泰志

0

 

 

81

91

172

齊藤未月

 

 

 

 

135

135

中山雄太

90

90

 

90

 

270

 

 

遠藤渓太

 

 

135

 

0

135

 

渡辺皓太

0

 

 

 

 

0

 

岩崎悠人

 

 

 

32

 

32

 

東俊希

 

 

 

81

 

81

 

三笘薫

 

 

 

32

 

32

 

旗手怜央

 

 

 

58

138

196

 

森島司

 

 

180

 

86

266

三好康児

189

28

 

 

 

217

堂安律

 

83

 

 

 

83

食野亮太郎

 

7

 

 

240

247

久保建英

187

90

 

 

 

277

 

田川亮介

 

 

108

 

31

139

安部裕葵

99

 

 

58

 

157

 

上田綺世

126

45

186

 

108

465

小川航基

 

45

84

 

162

291

 

一美和成

 

 

 

32

 

32

前田大然

68

3

 

58

 

129

 

 

3月のU-23国際親善試合にOA候補招集?

大迫だ、柴崎だ、などOA候補としてリストアップしているが私の推す候補と違う。いずれにしてもリオ・オリンピックの失敗を活かして早めにOA候補と五輪世代候補の融合・連携を進めチーム力アップを図るのが唯一のメダルへの道

ニュースはこちら

headlines.yahoo.co.jp

 

リオ・オリンピックの失敗とは

同じU-23アジア選手権で優勝したリオ五輪世代があえなくリオ五輪ではグループ・ステージで敗退、その理由はOA組とU-23組の融合の遅れ(実質ゼロ)。

www.ippo-san.com

 

融合時間が取れないならOA枠は使わない方が良い

www.ippo-san.com

 

指揮を執る時間がないなら森保監督は交代すべき

次の記事で「3月のU-23国際親善試合にOA候補を招集すべき」と唱えたが、仮に森保氏がこのまま五輪監督も続けるならば、おそらく、6月にウルトラC級の対策が出るだろう(後日紹介)。

www.ippo-san.com

 

OA枠を使うならポジションで判断(戦略ファースト)

www.ippo-san.com

 

【五輪サッカー関連特集】 

W杯・五輪データで分かる東京五輪勝利への道

www.ippo-san.com

 

東京五輪開催前は出場国・メンバー・結果予想を楽しもう

www.ippo-san.com

 

東京五輪開催前:日本と出場国の最新情報特集

www.ippo-san.com

 

【W杯アジア2次・最終予選は見どころ・日程・試合結果】

www.ippo-san.com



 

おわりに 

3月の強化試合はFIFAが認める国際マッチデーなので欧州勢も召集可能。2回目のベストチームで臨むことになるので強豪相手の結果も楽しみだが、この2試合に五輪世代のだれが収集されるのか、最大の注目点

更にもう一つの大きな注目点はOA候補の招集戦略ファーストならDFとボランチだが、はたしてどのポジションの選手が招集されるのか、誰なのか?

多少の入れ替わりがあるとしてもこの記事で紹介した23名が東京五輪代表メンバーのベースとなるのは間違いない。

いかがでしたか?皆さんの予想とほぼ同じだったでしょうか?少しでも参考になったならうれしい限りです。