Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

スポンサーリンク

東京五輪女子サッカー:FIFAランクTop10キープはベスト4必須条件

これまで何度か「東京オリンピックでなでしこジャパンは決勝Tトーナメントへ進める」そして「決勝トーナメントへ進めば優勝のチャンスはある」と語ってきた。これはファンとしての期待を込めた発言ではない。過去の五輪実績に基づいた根拠ある話である。しかし、それには一つだけ前提条件がある。それがこの記事のタイトルに書いた「Top10キープ」。

この記事では、

  • Top10をキープすれば決勝Tに進出できる確率は91%
  • Top10でないとベスト4になれない
  • ランキングポイントを稼げる大会

などに関する裏付けや必要な成績を紹介したい。

なお、新着記事や関連記事もご覧いただければ幸いです。

また、東京五輪サッカー競技に関して下記の情報記事もご覧いただければ幸いです。

そして五輪世代の起用で注目される「2022年W杯アジア2次・最終予選は見どころいっぱい、日程・試合結果」もよろしくお願いします。

五輪女子サッカーではTop10チームの91%が決勝Tへ進出

五輪開催年の3月発表のFIFA女子ワワールドランキングでオリンピック女子サッカー組み合わせ(ポット分け)が決まる。ここではそのランキングとTop10チーム五輪成績との関連性をチェック。 

リオ・オリンピックでは・・・ 

Top10チームは12チームのうち7チーム。Top10チームは全て決勝トーナメント進出。Top10外チームでは、唯一、中国がベスト8。余談だが、どうして7チーム? それはなでしこジャパンがアジア予選で敗退しリオ五輪に出場できなかったから。

出場国

Rank

成績

アメリカ

1

ベスト8

ドイツ

2

優勝

フランス

3

ベスト8

オーストラリア

5

ベスト8

スウェーデン

6

2位

ブラジル

8

4位

カナダ

10

3位

中国

12

ベスト8

 

ロンドン・オリンピック女子サッカーでは・・・ 

Top10チームは12チーム中8チーム。北朝鮮のみグループ・リーグで敗退。Top10外チームでは、唯一、ニュージーランドがベスト8。

出場国

Rank

成績

アメリカ

1

優勝

日本

3

2位

ブラジル

4

ベスト8

スウェーデン

5

ベスト8

フランス

6

4位

カナダ

7

3位

北朝鮮

8

GS敗退

イギリス

9

ベスト8

ニュージーランド

24

ベスト8

 

北京オリンピック女子サッカーでは・・・

Top10チームは12チーム中8チーム。北朝鮮のみグループ・リーグで敗退。Top10外チームでは、唯一、中国がベスト8。

出場国

Rank

成績

アメリカ

1

優勝

ドイツ

2

3位

スウェーデン

3

ベスト8

ブラジル

4

2位

ノルウェー

5

4位

北朝鮮

6

GS敗退

カナダ

9

ベスト8

日本

10

4位

中国

14

ベスト8

 

Top10キープでなでしこジャパン決勝T進出はほぼ100%

 

過去3回の五輪データを調べて分かった点は、

  • Top10の23チーム中、21チームが決勝T進出(確率91%)
  • Top10外チームでも13チーム中、3チームが決勝T進出(確率23%)

なでしこジャパンのFIFAワールドランキングは、2019年9月時点で10位。このランキングをキープすればほぼ100%決勝トーナメントへ進める。

さらなる裏付けとしてオリンピック女子サッカーで決勝Tに進める国は、

  • アジア:2チーム(3チーム中)
  • ヨーロッパ:3チーム(3チーム中)
  • 北中米カリブ海:2チーム(2チーム中)
  • 南米:1チーム(1.5チーム中)

でほぼ決まっている。

一方、グループ・リーグ敗退は、

  • アジア:1チーム
  • アフリカ:1チーム
  • オセアニア:1チーム
  • 南米・アメリカ:1チーム

これもほぼ決まっている。

アジアからはオーストラリア、北朝鮮、中国のいずれか2チームが東京五輪に出場すると予想。アジア3枠のうち1チームのグループ・リーグ敗退がこれまでの実績。過去の実績からすれば北朝鮮。即ち、なでしこジャパンの決勝トーナメント進出100%はここでも証明さている。

 

ただ、Tope10をキープしないとベスト4になれない

 

上記の五輪成績表でお分かりのように12チーム出場となった北京五輪大会からTop10外でベスト4になったチームはない。これはデータが不足しているからというよりも、Top10は女子サッカーにおいては正真正銘の実力の証しだからだ。過去4回の女子W杯でもベスト4になったのはTop10のチームだけ。もちろん、男子のワールドカップではそんなことはない。ランキング20位以内の1~2チームが過去4大会連続してベスト4になっている。

 

なでしこジャパンがTop10をキープするには・・・

 2020年3月に新しいランキングの発表がある。その発表までにいくつかのランキングポイントを稼げる大会に参加するだろう。そこでTop10をキープするのに必要な成績などを考察しましょう。

2020年3月までの主な大会

国際親善試合をホームで戦って勝利してもランキングポイントはあまり増えないので省略。

カッコ内の数字は2019年9月発表のFIFA女子ワールドランキング。

E-1サッカー選手権(2019年12月10日~17日)

韓国(20)、中国(16)、北朝鮮(9)、日本(10)が東アジア#1をかけて戦う大会だが、なでしこジャパンの成長と課題克服が試される2018年度はアジア大会とアジアカップを制覇してアジアNo.1となったが、圧倒して勝利したわけではない。なでしこジャパンが成長していれば3戦全勝で優勝するはず。そして北朝鮮に代わって9位あるいは8位以内にランクされるだろう。

 

SheBelievesカップ(2020年2月下旬~3月上旬)

2019年度はドイツとフランスがアメリカの招待を断った為、日本とブラジルが招待されたが、2020年度の招待はないと考えた方がよい。というのも本来ならTop4チームが参加する大会だから。

その視点で考えると2020年度はドイツ(2)、オランダ(3)、フランス(4)が招待される可能性が高い。仮に参加できたとしてもランキングポイントを減らすことになる。

 

アルガルベカップ(2020年2月下旬~3月上旬)

SheBelievesカップに招待されないとなれば、アルガルベカップ参加となるだろう。しかも、例年よりもかなりレベルの高い大会になりそうだ。Top10内のカナダ(7)、スウェーデン(5)、それにブラジル(11)あたりが参加するだろう。

この大会で優勝ならランキングポイントをかなり稼げるので2020年3月発表のランキングではTop7くらいになる可能性がある。ただ、この大会でベスト4に入らないと逆にTop10から落ちる可能性もあり。

なでしこジャパンにとってこの大会での優勝が極めて大事。

  • Top10チームから大会での勝利(過去2年間14試合で3勝、勝率21%)

これができないと東京五輪の決勝トーナメント1回戦で当たるであろうTop10チームに勝てそうもない(ベスト4は夢)。

  • 決定力不足解消
  • 先制失点しても勝てるメンタリティと真の強さ

このような悪しき課題が付きまとった過去2年間の実績を覆さないと東京五輪でのメダルの道は長く険しい。

  

【東京五輪関連記事】

東京五輪でメダル獲得はメンバー次第 

www.ippo-san.com

 

2020東京オリンピックサッカー:出場国と過去の五輪成績(男女) 

www.ippo-san.com 

 

 

おわりに

 

FIFA女子ワールドカップと異なり、Top10外のチームが決勝トーナメントに進める余地がほとんどない。これがオリンピック女子サッカーの現実。とにかくTop10のうちほぼ8チームが出場する大会。

男子FIFAランキングと違って女子ランキングはチームの実力を正確に反映している。その証拠にTop10のチームはほとんど変わらない。さらにW杯でもオリンピックでもとTop10外のチームはベスト4になれない(ランキング制度導入直後の大会を除く)。

いかがでしたか? Top10は単なる一過性の価値ではない。むしろ実力を証明する絶対的価値ですね!それ故にW杯やオリンピックでベスト4になるための必須条件。

ガンバレなでしこジャパン! 頼むぞTop10死守!