2022 アジア チャンピオンズ リーグ、 浦和が決勝進出、対戦相手は?

(2022年3月13日掲載:8月25日更新)

はじめに

4月15日より2022年度ACL グループ・リーグ(GL)がスタート。日本からは川崎フロンターレ横浜Fマリノス浦和レッズ、そして3月15日のPO戦にヴィッセル神戸が出場。結果は川崎Fを除いた3クラブが決勝トーナメント進出。

決勝トーナメントは8月18日(~8月25日、埼玉)より始まる。決勝戦進出には最大のライバルである韓国勢(大邱 or 全北現代)を撃破するしかない。

それでは東地区決勝トーナメントの予想と結果をお伝えしますが、決勝戦(2023年2月19、26日)を除いて一発勝負なので予想は難しい。そこでいつもの通りクラブランキングを参考に横浜FMか全北現代が決勝戦に進むだろうと予想。

ただ、浦和は過去に優勝2回(2007、2017)、準優勝1回(2019)で日本勢では突出した実績がある。神戸は初出場の2020大会でいきなりベスト4。いずれにしても決勝戦に進むのは日本勢であってほしい。

なお、2022 グループ・リーグ(GL)の予想と試合結果についても本記事後半に記載しています。

なお、アジアクラブランキングに関してはこちらの記事をどうぞ!アジアサッカークラブランキングTop 50、Jリーグ勢は何クラブ?

 

ACL チャンピオンとクラブW杯

2016年以降のACL優勝クラブとFIFA クラブワールドカップの成績は下記の表のとおりですが、日本勢は3年間も優勝していないので2022年度は日本勢に何としても優勝して、クラブW杯出場権を獲得してほしい。

2021年FIFAクラブワールドカップには、2021年ACLチャンピオン、サウジアラビアのアル・ヒラル(世界ランク68位、アジア2位)が出場したが、結果は4位。

年度

ACL優勝

クラブW杯

2016

全北現代

5位

開催国枠で出場した鹿島は準優勝

2017

浦和

5位

2018

鹿島

4位

2019

アル・ヒラル

4位

2020

蔚山現代

6位

2021

アル・ヒラル

4位

2022

横浜?

 

決勝トーナメント(東地区)

ラウンド16

リーグ順位と世界ランキングは2022年8月16日現在

2022年8月18日(木)

韓国勢同士の大邱(今シーズンリーグ戦9位) vs 全北現代(2位)戦は全北現代の勝利と見る。直接対決では全北現代29勝11分9敗、ただ、今シーズンのリーグ戦では2戦とも1-1のドロー。クラブ世界ランキングは全北現代123位、大邱484位。

日本勢同士の神戸(18位) vs  横浜FM(1位)では横浜FMの勝利は確実だろう。直接対決では横浜21勝14分10敗、今シーズンのリーグ戦は2-0で横浜。クラブランキングは横浜141位、神戸516位。

  • 大邱FC(韓国)1-2(延長0-1)  全北現代(韓国)
  • 神戸 3-2  横浜FM

2022年8月19日(金)

浦和(7位)は確実に復調しつつある。クラブランキングは浦和の295位に対してジョホール・ダルルは1309位。実績に加え埼玉開催なので間違いなく浦和の勝利と見るが、4月24日川崎Fに0-5で負けてからは15戦13勝2分のジョホール・ダルル。

手倉森誠監督率いるBGパトゥム(クラブ世界ランキング354位)の傑志(1497位)戦勝利は固いだろうが、両チームとも5月以来の公式戦。

  • BGパトゥム(タイ) 4-0  傑志(香港)
  • ジョホール・ダルル(マレーシア)0-5 浦和

準々決勝 8月22日

直近の5試合2勝3敗だが、夏の補強で札幌・横浜FM戦連勝、復調の兆しの見える神戸と直近2勝1分2敗の全北現代。

  •  神戸 1-3(延長0-2) 全北現代

直近の3試合3連勝14得点でようやく上昇気流に乗り始めた浦和とタイ勢初のACLベスト8を決めた手倉森誠監督率いるBGパトゥム。

  • 浦和 4-0 BGパトゥム

準決勝 8月25日

クラブの市場価値では浦和23.25M€、全北現代17.50M€。絶好調の浦和、全北現代を破れば本物、勝ってファイナルへ進め!浦和、決勝進出、おめでとう。

全北現代 2-2(延長1-1 PK1-3) 浦和

news.yahoo.co.jp

 

決勝戦 浦和の対戦相手は?

2023年来年2月19日と26日に行われる。順当なら、浦和の対戦相手はアジアクラブNo.1で2021年ACL王者のアル・ヒラル(サウジアラビア)。他の対戦候補はアジア4位のアル・ドゥハイル(カタール)とアジア17位のアル・シャバブ(サウジアラビア)。

上記の3クラブ以外では考えられない。詳細は後日追記予定。

 

グループリーグ

GL出場チームとランキング

東地区・西地区、それぞれ20チームが出場しますが、

● 前年度の成績

● 現在のアジア・世界ランキング

に関してはこちらの記事をご覧ください。

www.ippo-san.com

 

ACLグループ・リーグ 突破予想と結果(東地区) 

東地区PO戦

日程 2022年3月15日

対戦カード

  • シドニーFC 5-0 カヤFC(長春亜泰PO戦辞退によりPO予選の結果を採用)
  • 神戸 3-3 延長1-0 メルボルン・ビクトリー 3-3延長1-0
  • 蔚山現代 3-0 ポート 横浜FMから蔚山現代に移籍した天野純フル出場
  • 大邱FC 1-1(PK3-2)ブリーラム Utd ブリーラムの監督は石井正忠

結果(GS進出チーム)

全て予想通りの結果となりシドニーFC、神戸、蔚山現代、大邱FCが本戦出場

 

当初のGL突破予想

各組で開幕前(4月12日時点)の世界ランキングの高い太字のチームがGL突破と予想。具体的には、浦和・山東泰山・BGパトゥム・全北現代・横浜FM・川崎・蔚山・神戸。但し、山東泰山が2軍で臨むなら大邱がGL突破。

東地区試合結果

R:2022年4月12日現在の世界ランキング

国内リーグ戦順位は4月11日現在。

F

浦和がF組1位、2位争いが山東泰山と大邱FCと予想。調子の出ない浦和だが戦力は抜きんでている。2021スーパーリーグ優勝の山東泰山は4月22日がシーズン開幕なので2軍で臨む可能性あり。その場合、今シーズンリーグ戦10位の大邱がGL突破か?

結果は浦和と大邱がGL突破。

4月15日 ライオン・シティ 1-4 浦和

4月18日 浦和 5-0 山東泰山

4月21日 大邱 1-0 浦和

4月24日 浦和 0-0 大邱

4月27日 浦和 6-0 ライオン・シティ

4月30日 山東泰山 0-5 浦和

チーム名

勝-分-敗

得失

点差

勝点

R

山東泰山

0-1-5

-22

1

216

浦和レッズ

4-1-1

18

13

470

ライオン・シティ

2-1-3

-6

7

大邱FC

4-1-1

10

13

575

 

G

絶対的に強いチームがいない。現在タイリーグ2位の手倉森監督率いるBGパトゥムとAリーグ1位のメルボルンがG組1位争い。今シーズンK2リーグ5位の全南はやや苦しい。BGパトゥムがGL突破。

チーム名  

勝-分-敗

得失

点差

勝点

R

BGパトゥム

3-3-0

9

12

389

全南ドラゴンズ

2-2-2

0

8

1552

ユナイテッド・シティ

0-0-5

-13

0

メルボルン・シティ

2-3-0

4

9

686

 

H

全北現代横浜の1位争い。ただ、全北は現在4位で調子はイマイチなので横浜がH組1位になりそう。全北現代の邦本宜裕に注目。現在Aリーグ4位のシドニーFCはE組3位か?

全北現代と横浜がGL突破。

4月16日 ホアンアイン 1-2 横浜

4月19日 横浜 0-1 全北現代

4月22日 シドニー 0-1 横浜

4月25日 横浜 3-0 シドニー

4月28日 横浜 2-0 ホアンアイン

5月1日 全北現代 1-1 横浜

チーム名

勝-分-敗

得失

点差

勝点

R

全北現代

3-3-0

3

12

114

横浜FM

4-1-1

6

13

190

ホアンアイン

1-2-3

-3

5

シドニーFC

0-2-4

-6

2

499

 

I組

まさしく死の組。昨年ほどの強さが感じられない川崎と今シーズンも絶好調の蔚山がI組1位争い。広州FCは2軍で臨む可能性あり。そうでなくても戦力的には及ばないだろう。

ジョホール・ダルルがGL突破。

4月15日 川崎 1-1 蔚山現代

4月18日 広州 0-8 川崎

4月21日 川崎 1-1 ジョホール・ダルル

4月24日 ジョホール・ダルル 0-5 川崎

4月27日 蔚山現代 3-2 川崎

4月30日 川崎 1-0 広州

チーム名

勝-分-敗

得失

点差

勝点

R

川崎

3-2-1

13

11

62

広州FC

0-0-6

-24

0

296

ジョホール・ダルル

4-1-1

4

13

2155

蔚山現代

3-1-2

7

10

94

 

J組

今シーズン最悪のスタートを神戸であるが、上海海港と1位争いか?(上海海港は11日出場辞退)神戸がJ組1位と予想。

神戸と傑志がGL突破。

4月16日 上海海港 対 神戸

4月19日 神戸 2-1 傑志

4月22日 神戸 6-0 チェンライ

4月25日 チェンライ 0-0 神戸

4月28日 神戸 対 上海海港

5月1日 傑志 2-2 神戸

チーム名

勝-分-敗

得失

点差

勝点

R

上海海港

 

 

 

209

チェンライUtd

0-1-3

-8

1

716

傑志

2-1-1

1

7

1686

神戸

2-2-0

7

8

562

 

おわりに

2022年ACL本戦(グループ・ステージ)に出場する日本勢は川崎・浦和・横浜。そして神戸はPO戦から本戦出場を目指す。

浦和は昨年夏からの大型補強で選手層が厚くなった。横浜のチーム戦力も厚い。しかし、神戸のチーム戦力は意外と低いので中2日の対戦ではかなりきついだろう。最大のチーム戦力を誇るが最も心配なのが川崎。

旗手の海外移籍に加え、ジェジエウの復帰が遅れれば戦力ダウン。2冠(リーグ優勝・ACL優勝)を狙うならもう一枚の大型補強が必要だろう。

なお、チーム戦力に関してはこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com

いずれにせよ、この4チームは日本の「ビッグクラブ」になる予感がする。この4強が、毎年、国内でリーグ優勝争いを繰り広げ、さらにACLチャンピオンの座を争いうようになれば、Jリーグはさらに面白くなる。

その第一歩となるのが2022年アジア・チャンピオンズ・リーグ。Jリーグ勢が東地区ベスト4を独占するくらいの活躍を期待する。そして、どのチームでもいい、決勝戦で西地区代表に勝利してJリーグのレベルの高さを証明してほしい。

 

Jリーグ関連記事

 

世界サッカー リーグ・クラブ ランキング

リーグランキングは、年2回更新(2月、8月頃)しています。最新情報はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com

 

クラブランキングは、毎月初旬に更新しています。最新情報はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com