2023FIFA女子W杯グループ・リーグ展望、なでしこJの突破は確実!

はじめに

(2022年10月22日更新)2023年7月20日~8月20日にオーストラリア・ニュージーランド共催で第9回FIFA女子ワールドカップが開催される。過去の大会との最大の相違点は今大会から出場枠が24カ国から32カ国に拡大した点。

ホスト国を含めて既にアジア5チーム、欧州11チーム、北中米カリブ海4チーム、南米3チーム、アフリカ4チーム、計29チームの出場が決定。残り3枠は来年2月下旬決定。

なお、2022年10月22日の組み分け抽選結果、なでしこジャパンはスペイン・コスタリカ・ザンビアと同組。

本記事では、グループ別にW杯グループ・リーグ(GL)展望や試合結果などを掲載しますのでよろしくお願いします。

 

2023FIFA女子W杯出場国情報

組み合わせ抽選結果も反映した情報でお伝えします。

  • ランキング:最新(2022年10月13日)
  • 回:今大会を含めた出場回数

出場国

R

W杯展望

オーストラリア

13

8

ホスト国。東京五輪では4位。世界一のストライカー、サマンサ・カーを擁して悲願の優勝を目指すが、Best 16止まり?

ニュージーランド

22

6

組み合わせ結果でGL突破の可能性が出てきた

日本

11

9

ベスト8以上を目指したいが、若手が多く、ベスト16止まりだろう。ただ、11月の親善試合イングランド戦、スペイン戦に勝利すればBベスト8以上の可能性あり。

スペイン+欧州の中堅国(デンマーク、スイス、アイルランドなど)が同国だったらGL敗退もあり得たが、Pot3からは全体23番目のコスタリカ、Pot4からは全体最下位のザンビア。強運で良かった。

なでしこジャパンの2023FIFA女子W杯GL突破に黄色信号点滅?

中国

15

8

GL突破は五分五分。デンマークに勝利すればGL突破間違いなし

韓国

17

4

組み合わせに恵まれGL突破はぼ確実

フィリピン

53

GL3位なら上出来

ベトナム

34

GL3位なら上出来

スウェーデン

2

9

優勝候補の一角だが、平均年齢が高すぎる。10月フランスを破るなど好調だが、よくてベスト 4

スペイン

6

3

強豪国との対戦ではアメリカとドイツ以外負け知らず。影の優勝候補。出場辞退などの騒動が気になるが、10月にUSA戦勝利

2023FIFA女子ワールドカップ、影の優勝候補はこのチーム!

フランス

5

5

優勝候補の3~4番手だが、10月にはドイツとスウェーデンに負けるなどやや低調

デンマーク

18

5

近年力をつけてきている。GL突破の可能性は高いが、中国戦が鬼門

ノルウェー

12

9

ノルウェーはベスト16止まり?

ドイツ

3

9

UERO2022準優勝。パーフォーマンスが不安定だが、10月フランスを破る。ベストが期待できる

スイス

21

1

GL突破にはニュージーランド戦勝利が必須

イタリア

14

4

ベスト16止まり

イングランド

4

6

UERO2022優勝。W杯では優勝候補3~4番手

オランダ

8

3

若手に世代交代。10月ノルウェーに敗れるなどチーム力がやや低下。ベスト16止まり

アイルランド

24

1

GL突破は厳しい

アメリカ

1

9

以前ほど強さが感じられない。世代交代は順調でないようだ。10月にはイングランド戦、スペイン戦で連敗。ただ、今回も優勝候補の筆頭

アメリカ女子サッカー代表、2023年W杯優勝に向けて世代交代が始まる

コスタリカ

37

2

GL3位も厳しい

カナダ

7

8

守備力は相変わらず高いが、攻撃力アップは見られない。ベスト4はキツイ

ジャマイカ

43

2

GL突破は厳しい

モロッコ

76

GL3位も厳しい

南アフリカ

54

2

GL突破は厳しい

ナイジェリア

45

9

GL 突破は厳しい 

ザンビア

81

GL3位も厳しい

コロンビア

27

3

GL突破は厳しい

ブラジル

9

9

ベストBest16止まり

アルゼンチン

29

4

GL突破は厳しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なお、優勝国展望についてはこちらの記事をどうぞ!

www.ippo-san.com

 

2023FIFA女子W杯組み合わせと試合結果

現時点での出場未決定

大陸間PO勝者①=ポルトガル対(カメルーン 対 タイ の勝者)の勝者
大陸間PO勝者②=チリ対(セネガル 対 ハイチ の勝者)の勝者
大陸間PO勝者③=(チャイニーズ・タイペイ 対 パラグアイ の勝者)対(パプアニューギニア 対 パナマ の勝者)の勝者

A

強豪国不在でニュージーランドにも決勝トーナメント(決勝T)の可能性あり。

試合

得失

勝点

順位

ニュージーランド

 

 

 

 

ノルウェー

 

 

 

 

フィリピン

 

 

 

 

スイス

 

 

 

 

 

B

文句なしでオーストラリアとカナダ

試合

得失

勝点

順位

オーストラリア

 

 

 

 

アイルランド

 

 

 

 

ナイジェリア

 

 

 

 

カナダ

 

 

 

 

 

C

スペインと日本のGL突破確実。ヨーロッパ勢がスペインでけで日本にはラッキーな抽選結果であった。

  • 7月22日 ザンビア戦
  • 7月26日 コスタリカ戦
  • 7月31日 スペイン戦

試合

得失

勝点

順位

スペイン

 

 

 

 

コスタリカ

 

 

 

 

ザンビア

 

 

 

 

日本

 

 

 

 

 

D

イングランドの決勝T進出は固い。PO②勝者はどこになってもGL突破は難しいので、もう一枠はデンマークと中国の争い。

試合

得失

勝点

順位

イングランド

 

 

 

 

PO勝者②

 

 

 

 

デンマーク

 

 

 

 

中国

 

 

 

 

 

E

PO①勝者はどこになってもアメリカとオランダのGL突破になるだろう。

試合

得失

勝点

順位

アメリカ

 

 

 

 

ベトナム

 

 

 

 

オランダ

 

 

 

 

PO勝者①

 

 

 

 

 

F

PO③勝者はどこになってもフランスとブラジルのGL突破は確実。

試合

得失

勝点

順位

フランス

 

 

 

 

ジャマイカ

 

 

 

 

ブラジル

 

 

 

 

PO勝者③

 

 

 

 

 

G

スウェーデンのGL突破は確実、もう一枠はイタリアと見る。 

試合

得失

勝点

順位

スウェーデン

 

 

 

 

南アフリカ

 

 

 

 

イタリア

 

 

 

 

アルゼンチン

 

 

 

 

 

H

ドイツのGL突破は確実、もう一枠は韓国でしょう。韓国にラッキーな組み合わせ。

試合

得失

勝点

順位

ドイツ

 

 

 

 

モロッコ

 

 

 

 

コロンビア

 

 

 

 

韓国

 

 

 

 

 

女子サッカー関連記事

 

おわりに

2023FIFAワールドカップ(オーストラリア・ニュージーランド共同開催)は、従来から出場している24チームに加えて新たに弱小の8チームが参加するというイメージ。何故ならば、女子サッカーでは実力の変化はほとんど見られない傾向があるから。

ただ、5年単位でみると変化は確実に起こっている。最近では、アジア勢の衰退と欧州勢の躍進が目立ちますね。特にアジアでは北朝鮮(ここ3年国際舞台登場なし)の衰退と日本のTop10転落。

さらに、ここ1年でFIFAランキング13位から6位に急浮上しているのが、出場わずか3回目のスペイン。影の優勝候補(現時点ではアメリカにつぐ2番手とみている)。

個人的には、2023FIFA女子ワールドカップにおけるスペインの活躍が最大の注目点と思っていますが、やはり、最大の楽しみは、なでしこジャパンの活躍。是非、頑張ってほしい。