【エア旅行】アルザスワイン街道沿いの美しい村を訪ねる

(2019年1月22日掲載:2020年5月27日リライト)

今日はフランスのアルザス・ワイン街道をドライブしながら街道沿いの「美しい村」を観光。そしてストラスブールに1泊する予定。

アルザス地方はドイツに隣接するぶどう栽培の盛んな地方。『ワイン街道』は南北に170キロ続く。街道沿いには「フランスで最も美しい村」が点在。

思いがけない出会いが待っている。まさか、更なる出会いを求めて探し回ることになるとは全くの想定外。ただ、皆さんにも幸せを運んでくれると思いますのでこの「エア旅行」を楽しんで下さい。 

アウトバーンを走る

 

f:id:Ippo-san:20200525115431p:plain

 

スイスのバーゼルを抜けたので国道83号線に入って人気の観光地、コルマールに向かう。いや、違う。ドイツのアウトバーン 5 に入る。

どうして?速度制限のないアウトバーンのドライブを楽しむ。それでエンディンゲン・アム・カイザーシュトゥール(Endingen am Kaiserstuhl)までおよそ80km。工事中などで減速の区間が多いが、時速200kmで走るとスピード感が違う。

昼食のためカイザーシュトゥールに立ち寄る。この村は人口 1万人弱。標高186m。私にとっては初めてのドイツ。村はこんな感じ。

 

f:id:Ippo-san:20200526065036p:plain

 

 

アルザスワイン街道ドライブ・ルート

 

昼食後、カイザーシュトゥールを発ってライン川を渡り、最初の観光地、ケゼルスベールへ向かう。

それではワイン街道沿いの美しい村を見学しましょう。

 

f:id:Ippo-san:20190715090309p:plain

  

 

シュヴァイツァー博士の生まれ故郷 ケゼルスベール

  

ケゼルスブール Kaisersberg

 

ケゼルスブール(皇帝の山という意味は平均標高240m。人口は5,000人足らず。アルザス地方の特徴である木組みの家がメルヘンチックな雰囲気を醸し出す。 

 

f:id:Ippo-san:20190715090542p:plain

 

ケゼルスベール散策

  

左:八角形の噴水池の中に立つ十字架を抱えたコンスタンティヌス帝の像 

右:サント・クロワ教会正面ファザード入口の上のタンパンは聖母マリアの戴冠式を表す彫刻

 

f:id:Ippo-san:20190715090617p:plain

 

16世紀に造られた4mの巨大なサント・クロワ教会内のキリスト像

 

f:id:Ippo-san:20190715090636p:plain

 

廃墟となっているケゼルスベール城跡の塔(ブドウ畑が一望できる)

 

f:id:Ippo-san:20190715090655p:plain

 

アルバート・シュヴァイツアー記念館(Musee Albert Schweitzer) 

アフリカでの医療活動に生涯を捧げたシュバイツァー博士の生家。

 

 

f:id:Ippo-san:20190715090715p:plain

 

 

美しい村コンテストで優勝したリクヴィール Riquewihr

 

リクヴィールへ向かう途中の斜面のぶどう畑

 

f:id:Ippo-san:20190715090829p:plain

 

リクヴィールは城壁に囲まれた村で「アルザスの真珠」と言われている。人口は 1,200人ほど。平均標高 295m。フランスの「一番美しい村コンテスト」優勝したこともある街並みの美しい村でおとぎの国にタイムスリップしている気分になる。

壁面に柱や梁がむき出しの木骨の家とバルコニーや窓の飾りが目につく旧市街地の中心、ジェネラル・ド・ゴール通り

 

f:id:Ippo-san:20200526075143p:plain

 

リグヴィール散策

 

f:id:Ippo-san:20190715090757p:plain

   

観光客用にプチ・トレインが走っている

 

f:id:Ippo-san:20190715091023p:plain

 

村全体を見下ろす高さ25メートルの見張りの塔「ドルデル塔」

 

f:id:Ippo-san:20190715091051p:plain

 

2~5メートルの厚い壁でできた旧リクヴィール監獄の盗人の塔(Tour des voleurs)の入り口(博物館となっている)。強そうな騎士には見えないな!

 

f:id:Ippo-san:20190715091127p:plain

 

ワイン樽の測定が行われたシンヌの噴水(Fontaine de la Sinne)

 

f:id:Ippo-san:20190715091202p:plain

 

ヨーロッパ一古いとされる落とし格子の城門、ポート・オート

 

f:id:Ippo-san:20200525144223p:plain

 

思いがけない出会い

村のあちこちでコウノトリの飾り物やぬいぐるみのお土産をたくさん見かるが、本物は見かけない。一羽くらい見たいなと思い、駐車場へ戻る際に、メインストリートのジェネラル・ド・ゴールを通らずに裏道を歩く。諦めかけた頃にコウノトリを発見。大感激!

 

f:id:Ippo-san:20190715091307p:plain

 

コウノトリは肉食で湿地帯を好む

 

f:id:Ippo-san:20190715091329p:plain

 

 

出会いを求めてユナヴィール Hunawihr

 

次はストラスブールに向かうことになっているが、もっとコウノトリを見たい。そこでコウノトリに出会えると言われているユナヴィールに寄る。人口わずか600人。標高285m。「フランスの美しい村」に認定されている小さな村であるが、コウノトリ保護センターがある。

 

保護センターのある公園

(atlas.obscuraサイトより拝借) 

f:id:Ippo-san:20200526092126p:plain

 

コウノトリ、また、会えました。ヤッター・・・

 

f:id:Ippo-san:20190715091545p:plain

 

コウノトリは渡り鳥。アフリカの方で越冬、春にアルザスに戻ってくる

 

f:id:Ippo-san:20190715091635p:plain

 

 

ワインで有名なリボヴィレ Ribeauville

 

平均標高240m。人口5,000人ほどの村。アルザスワインのぶどう畑に囲まれ特級クラスのアルザスワインで有名。

木組みの美しい建物が連なる旧市街 。背後に見えるのがサントゥルリッシュ城(Chateau de Saint Ulrich)。

 

f:id:Ippo-san:20190715091713p:plain

 

リボヴィレのランドマーク 肉屋の塔

 

f:id:Ippo-san:20190715091752p:plain

 

毎年9月に「笛吹の祭り」されるがその関係で村のところどころに笛吹の像や看板がある

 

f:id:Ippo-san:20190715091846p:plain

 

旧市街のメインストリートGrand’Rue通りには窓飾りをたくさん見かける

 

f:id:Ippo-san:20190715092055p:plain

 

ラテン語で「聖マリア、恵みに満ちた方」という意味の祈祷文が刻まれている出窓

 

f:id:Ippo-san:20190715092022p:plain

 

リボヴィレにもコウノトリ

 

一旦夫婦となったら一生その相手と添い遂げると言われているコウノトリ

 

f:id:Ippo-san:20190715092211p:plain

 

コウノトリの体長は 100~129cm

 

f:id:Ippo-san:20190715092322p:plain

 

体重4~5キロ、翼を広げると2メートル前後

 

f:id:Ippo-san:20190715092353p:plain

 

沢山の出会い、大満足。1970年代にはわずか5組のコウノトリに減ってしまったらしいが、コウノトリ保護センターのお蔭で、今は、800組くらいやってくるそうだ。

 

【参考情報】美しい村へのアクセス 

  • コルマール ⇒ ケゼルスブール バス 145線 23分
  • コルマール ⇒ リクヴィール バス 27分
  • リクヴィール ⇒ ユナヴィール バス 7分
  • ユナヴィール ⇒ リボヴィレ バス 3分

ケゼルスブールからリクヴィールへ行くバスないようだ。一旦、コルマール戻ってからリクヴィールへ向かうことになる。

それでも一日あればゆっくり観光できるでしょう。

帰りは、

  • コルマールへ戻るのであればバス109線で25分
  • ストラスブールへ行くのであればバスでセレスタまで行き、そこからストラスブール行の列車に乗る。所要時間は1時間

 

 

【エア旅行関連記事】

 

 

  

【海外旅行・フランス旅行関連記事の紹介】

 

観光地への行き方お得な情報(航空券・ダイナミックパッケージ・持ち物チェックリスト・移動手段検索・お土産・割引入場券など)の概要とアクセス先の紹介)

  

 

まとめ 

 

アルザス地方ワイン街道沿い美しい村コウノトリを探しならが旧市街を観光。美しい村とは、

  • シュヴァイツァー博士の生まれ故郷、ケゼルスベール
  • 最も美しい村第6位、リクヴィール
  • コウノトリの村、ユナヴィール
  • ワインで有名なリボヴィレ

コウノトリが幸せを運んできてくれそうな「エア旅行」でしたか?