英語の冠詞の使い分けクイズでさらに冠詞感覚を磨こう

英語の冠詞の使い分けをネイティブの冠詞感覚から身につける」をご覧になった方、いかがでしたか?。デイビッド・セイン先生曰く、”英語の冠詞の使い方は「習うよりも慣れよ」”ですが、何となくネイティブの冠詞感覚を実感できたのではないでしょうか!

私達は冠詞のルールをある程度習っている。さらにちょっとだけ冠詞感覚に触れたので、使い分けが少し上達したことと思います。そこで一層冠詞感覚に磨きをかけるため、クイズを用意しました。

クイズは「ネイティブが教える本当の英語の冠詞の使い方」本から借用していますが、最後のクイズだけは、ある本の冒頭の節を使いました。

それでは、クイズにチャレンジして下さい。

 

本の紹介

  • ネイティブが教える本当の英語の冠詞の使い方
  • デイビッド・セイン著
  • 162ページ
  • 一通り読むのに2時間+-

本の構成 

  • 序  章 ネイティブにとって冠詞とは?
  • 第1章 a/an/the/無冠詞とは?
  • 第2章 ルールで覚える冠詞の使い方
  • 第3章 冠詞の違いによるニュアンスの違いを実感する
  • 第4章 冠詞の英訳
  • 第5章 中級編 ビジネス例文に挑戦
  • 第6章 冠詞の仕上げ問題に挑戦! 

ネイティブの冠詞感覚」について詳しく知りたい方は、是非、この本をご覧ください。なお、購入後希望の方は、こちらをどうぞ!

 

  

短文に挑戦しよう

 

空所にあてはまる冠詞を a / an / the  / x(無冠詞)の中から選んで下さい。

 

1. Rome was not built in (     ) day.

ローマは1日にして成らず。

慣用句

 

Rome was not built in a day.

 

2. I slept during (     ) day.

私は昼間寝た。

 

Sleptなので過去の特別の日の昼寝-定冠詞

 

3.I’m watching (     ) TV.

テレビ放送を見ている。

 

慣用-無冠詞

 

4.I’m listening to (    ) radio.

ラジオ放送を聞いている。

慣用-定冠詞

 

5.He gave me (     ) flue.

彼は私にインフルエンザをうつした。

 

慣用-定冠詞

 

6.He gave me (     ) cold.

彼は私に風邪をうつした。

 

慣用-不定冠詞

 

7.He likes to play (     ) basketball.

彼はバスケットをするのが好きだ。

 

強化名やスポーツは無冠詞

 

8.Luck is only (     ) small part of success.

幸運は成功の一部にすぎない。

 

partに修飾語(small)が付いているので不定冠詞が付く。修飾語がなければ冠詞が付かなくてもついてもどちらでもよい。

 

9.He’s at (     ) home today.

彼は今日家にいる

 

無冠詞

 

10.What’s (     ) difference?

違いは何でしょうか?

 

慣用表現-定冠詞

 

11.I always go skiing in (     ) winter.

冬はいつもスキーに行きます。

 

in winterだと曖昧なので、普通はtheをいれる。in the winterで「冬には」と限定したニュアンスが出せる。

 

12.We had (     ) chicken for dinner.

夕食にチキンを食べた。

 

食材の肉になると数えられない名詞(不可算名詞)扱い。無冠詞

 

13.I talked to (     ) Queen.

イギリスの女王と話をした。

 

the Queenでイギリス女王。

 

14.She wants (     ) short hair.

彼女はショートヘアにしたい。

 

無冠詞。a をつけたら一本の短い髪の毛が欲しいとなっていまう。

 

15.She likes to play (     ) piano.

彼女はピアノを弾くのが好きだ。 

 

playやlikeの目的語としての楽器名の場合には 定冠詞をつける。

 

 

長文にも挑戦しよう

 

1.Asking for directions 道をたずねる

 

空所にあてはまる冠詞を a / an / the  / x(無冠詞)の中から選んで下さい。

T: Tourist 観光客 S: Stranger 知らない人

 

T: Hello. We’re looking for (     ) museum.

S: Is that (     ) museum with (     ) Picasso exhibition?

T: I think so, but I’m not sure. I think it’s somewhere near (     ) big park.

S: There are a lot of big parks, and there are two museums near here. One’s (     ) modern arts museum, and (     ) other is (     ) ceramics museum.

T: Oh, then it’s (     ) modern art museum.

S: You’re going in (     ) right direction. Just keep going straight and turn left at (     ) second stoplight. Then go (     ) block, and turn left. Soon you’ll come to (     ) big park. It’s inside (     ) park.

T: Is it (     ) big building?

S: Yes, it’s (     ) big red building with (     ) tower on top.

T: Okay. Can you show me where it is on this map?

S: Um, let me see. We’re here now, and there’s (     ) museum. I think this is (     ) best way.

T: Okay, thanks a lot.

S: Sure. …Oh! I just remembered something. (     ) Queen is visiting (     ) museum today, so you might need (     ) special ticket.

T: Well, actually, I do have (     ) special ticket.

S: You do?

T: Yes, (     ) Queen invited me. We’re good friends.

S: Really? You don’t have (     ) extra ticket, do you?

T: Actually, I do. How about joining me?

S: That sounds like a great fun.

T: Let’s go!

 

和訳と解答

T: Hello. We’re looking for ( the ) museum.

こんにちは。美術館を探しているんですが。

S: Is that ( the ) museum with ( the ) Picasso exhibition?

ピカソ展をやっている美術館のこと?

T: I think so, but I’m not sure. I think it’s somewhere near ( a ) big park.

そうだと思うんですが、わかりません。大きな公園の近くなんですけど。

S: There are a lot of big parks, and there are two museums near here. One’s ( a ) modern arts museum, and ( the ) other is ( a ) ceramics museum.

大きな公園はたくさんあるし、この近くには2つの美術館があるんですよ。1つは現代美術で、もう1つは陶器の美術館です。

T: Oh, then it’s ( the ) modern art museum.

ああ、それじゃあ、現代美術のほうです。

S: You’re going in ( the ) right direction. Just keep going straight and turn left at ( the ) second stoplight. Then go ( a ) block, and turn left. Soon you’ll come to ( a ) big park. It’s inside ( the ) park.

その方向で合っていますよ。そのまままっすぐ行って、2つ目の信号で左に曲がって。それから1ブロック行き、左に。すぐに大きな公園に着くよ。その公園の中にある。

T: Is it ( a ) big building?

大きな建物ですか?

S: Yes, it’s ( a ) big red building with ( a ) tower on top.

そう。てっぺんに塔がある、大きな赤い建物だよ。

T: Okay. Can you show me where it is on this map?

わかりました。この地図でどこになるか教えてもらえますか?

S: Um, let me see. We’re here now, and there’s ( the ) museum. I think this is ( the ) best way.

ええっと、今ここだろう、そしてここが美術館だ。これが一番いい行き方だと思うよ。

T: Okay, thanks a lot.

わかりました。どうもありがとうございます。

S: Sure. …Oh! I just remembered something. ( The ) Queen is visiting ( the ) museum today, so you might need ( a ) special ticket.

どういたしまして。あ、思い出した! 女王陛下が今日、美術館を訪問しているから、特別なチケットが必要かもしれない。

T: Well, actually, I do have ( a ) special ticket.

ええ、実は特別なチケットを持っているんですよ。

S: You do?

あなたが?

T: Yes, ( the ) Queen invited me. We’re good friends.

はい。女王陛下が招待してくれたんです。友人なんですよ。

S: Really? You don’t have ( an ) extra ticket, do you?

本当に? 余分なチケットは持っていないよね?

T: Actually, I do. How about joining me?

実はあるんです。一緒に行きません?

S: That sounds like a great fun.

それはすごい! 

T: Let’s go!

 行きましょう!

 

 

2.Eyes on Tomorrowより

これはP&Gの成長を記した本。その本の冒頭のパラグラフを紹介。なお、日本語は私が適当に訳したものです。

    In (     ) spring of 1837 two earnest men in their mid-thirties worked day after day in (     ) yard behind their small shop in (     ) Cincinnati. Lean, black-bearded William Procter and the shorter, clean-shaven James Gamble stirred (     ) boiling animal fats in (     ) large iron kettle slung over (     ) wood fire. (     ) fats were essential ingredients of (     ) soap and candles they manufactured, products that William Procter himself would later deliver to (     ) local customers in (     ) wheelbarrow.

 日本語訳

1837年春、30代半ばの実直な2人がくる日も来る日もシンシナチにある小さな店舗の裏庭で働いていた。細身で黒ひげをはやしているウイリアム・プロクターと背の低い方のひげのないジェームズ・ギャンブルの二人は、まきストーブの上につるした大きな鉄なべの中で煮え立つ動物油脂をかき混ぜていた。その油脂は彼らの石鹸とろうそく作りに欠かせない原料、そしてウイリアム・プロクターはその製品をあとで手押し車に乗せ、地元のお客様によく自分で配達してた。

解答

         In ( the ) spring of 1837 two earnest men in their mid-thirties worked day after day in ( the ) yard behind their small shop in ( x ) Cincinnati. Lean, black-bearded William Procter and the shorter, clean-shaven James Gamble stirred ( x ) boiling animal fats in ( a ) large iron kettle slung over ( a ) wood fire.  ( The ) fats were essential ingredients of ( the ) soap and candles they manufactured, products that William Procter himself would later deliver to    ( x ) local customers in ( a ) wheelbarrow. 

 

 

 

【TOEIC Part別オンライン無料問題集】

 

 

 

おわりに

 

 

セイン先生曰く、「 冠詞がなかったら、どうやって意味を理解すればいいのか途方に暮れる」「冠詞があるからこそ会話が通じ、筋道だった文章を書くことができる」。

確かに文章では冠詞の使い方が良くなければ、意図を正しく伝えるのは難しい。私はシステム開発に関する提案書をたくさん書いたが、最後のチェックはいつも冠詞だった。

ただ、会話なら冠詞の使い分けを間違えても、たいてい会話の流れで判断できるので、ネイティブが途方に暮れることはなかったと思う。

いずれにしても冠詞の使い分けができるに越したことはない。「ネイティブが教える本当の英語の冠詞の使い方」本にわずか数時間目を通すことで冠詞感覚を実感できるのでおすすめしたい一冊です。

クイズはいかがでしたか? 例外的な使い方は覚えるしかありませんが、それ以外なら感覚を磨くことで使い分けができるようになると思います。

お役に立てたなら幸いです。