【2022年度版】外国籍Jリーガー市場価値ランキング、1位は?

(2021年2月2日掲載:2022年8月3日更新)

はじめに

2022年度J1リーグでは96名の外国籍選手がプレーする。1クラブ当たりおよそ5人。昨年よりも1チーム当たり0.5人減っている。

皆さん、外国籍Jリーガー市場価値ランキング1位は誰だと思いますか?2022年1月比で最もアップした選手は誰でしょうか?

それでは2022年J1でプレーする外国籍選手の最新市場価値ランキングを詳しくお伝えします。

    

外国籍Jリーガー市場価値ランキングサマリー

市場価値トップ3

昨年6月時点では、2021年神戸に新加入した当時20歳のリンコン選手の3.1M€でしたが、2022年度現時点では、昨年7月16日浦和に加入した現在29歳のアレクサンダー・ショルツ選手の2.3M€。今シーズン公式戦30試合2569分5Gの成績。ほぼ全試合フル出場。

2位浦和のブライアン・リンセン2.2M€、3位神戸マテウス・トゥーレル、鹿島ディエゴ・ピトゥカ、名古屋シュビルツォク2.0M€

アップ額トップ3

2022年1月14日比

  • 柏マテウス・サヴィオ0.3M€
  • 神戸ステファン・ムゴシャ0.2M€
  • 福岡ジョルディ・クルークス0.2M€

1.2M€以上

  • 昨年は24人。2022年度は20人。因みに、日本人Jリーガーで1.2M€以上は17人
  • 1.2M€以上の外国籍選手のポジション別内訳は、FW13人、M5人、DF2人
  • 1.2M€以上の選手のクラブ別内訳ではJリーグ3強との呼び声の高い?川崎2人、横浜FM3人、浦和4人。なお、神戸3人、名古屋・清水が2人

アップ・ダウン内訳

為替の影響でしょうか?6割以上の選手画市場価値を下げました。

  • アップ11名
  • イーブン26名
  • ダウン59名

外国籍内訳

  • ブラジル55名、韓国8名(内GK4名)スペイン4名、ナイジェリア・タイ3名

ポジション内訳

  • GK9名
  • DF17名
  • MF21名
  • FW49名

 

外国籍Jリーガーリスト

2022年度全外国籍Jリーガーを紹介

www.ippo-san.com

 

左から ランク. 選手名:クラブ名/POS/最新市場価値/前回比(22.1.14)

上位20名

  • 1.アレクサンダー・ショルツ : 浦和/DF/2.3/0
  • 2.ブライアン・リンセン : 浦和/FW/2.2/0
  • 3.マテウス・トゥーレル : 神戸/DF/2/0
  • 3.ディエゴ・ピトゥカ : 鹿島/MF/2/-0.2
  • 3.シュビルツォク : 名古屋/FW/2/-0.7
  • 6.ヤゴ・ピカチュウ : 清水/MF/1.8/0
  • 6.カスパー・ユンカー : 浦和/FW/1.8/-0.2
  • 6.ダヴィド・モーベルグ : 浦和/FW/1.8/-0.2
  • 9.マルコス・ジュニオール : 横浜FM/MF/1.7/-0.2
  • 10.   リンコン : 神戸/FW/1.7/-0.7
  • 11.  マテウス : 名古屋/FW/1.6/0.1
  • 11.  チアゴ・サンタナ : 清水/FW/1.6/-0.1
  • 11.  レアンドロ・ダミアン : 川崎/FW/1.6/-0.3
  • 14.  アンドレス・イニエスタ : 神戸/MF/1.5/-0.5
  • 14.  ルイス・フェリペ : FC東京/FW/1.5/-0.5
  • 14.  ジョン・マリ : 福岡/FW/1.5/-0.8
  • 17.  チャナティップ : 川崎/MF/1.4/-0.1
  • 18.  アンデルソン・ロペス : 横浜FM/FW/1.3/0.1
  • 18.  ディエゴ・オリヴェイラ : FC東京/FW/1.3/-0.2
  • 20.  エウベル : 横浜FM/FW/1.2/0

21位~39位

  • リカルド・グラッサ : 磐田/DF/1.1/-0.1
  • ジェジエウ : 川崎/DF/1.1/-0.1
  • マテイ・ヨニッチ : セ大阪/DF/1/0
  • ダワン : G大阪/MF/1/0
  • ステファン・ムゴシャ : 神戸/FW/1/0.2
  • アルトゥール・カイキ : 鹿島/FW/1/0.05
  • カルリーニョス・ジュニオ : 清水/FW/1/-0.4
  • ヤクブ・スウォビィク : FC東京/GK/0.9/0.05
  • マテウス・サヴィオ : 柏/MF/0.9/0.3
  • セルジ・サンペール : 神戸/MF/0.9/-0.1
  • レアンドロ : FC東京/FW/0.9/-0.2
  • エヴェラウド : 鹿島/FW/0.9/-0.2
  • シャビエル : 札幌/MF/0.85/-0.1
  • ランゲラック : 名古屋/GK/0.8/-0.1
  • ルーカス・フェルナンデス : 札幌/MF/0.8/0
  • ジョアン・シミッチ : 川崎/MF/0.8/-0.2
  • レオ・セアラ : 横浜FM/FW/0.8/0
  • アダイウトン : FC東京/FW/0.8/0
  • アダム・タガート : セ大阪/FW/0.8/-0.045

40位~

  • パク・イルギュ : 鳥栖/GK/0.75/0
  • ドウグラス・グローリ : 福岡/DF/0.75/0
  • エドゥアルド : 横浜FM/DF/0.75/-0.05
  • クォン・ギョンウォン : G大阪/DF/0.75/-0.1
  • アラン・カリウス : 京都/MF/0.75/-0.1
  • ジョルディ・クルークス : 福岡/FW/0.75/0.15
  • マルシーニョ : 川崎/FW/0.75/0
  • ルキアン : 福岡/FW/0.75/-0.1
  • キム・ミンテ : 鹿島/DF/0.7/0
  • ファン・アラーノ : G大阪/MF/0.7/0
  • ドッジ : 柏/MF/0.7/-0.2
  • アレックス・シャルク : 浦和/FW/0.7/0
  • オ・セフン : 清水/FW/0.7/-0.05
  • ブルーノ・メンデス : セ大阪/FW/0.7/-0.05
  • レアンドロ・ペレイラ : G大阪/FW/0.7/-0.1
  • フアンマ・デルガド : 福岡/FW/0.65/-0.045
  • エレケ : 鹿島/FW/0.625/-0.075
  • アレクセイ・コシェレフ : 磐田/GK/0.6/-0.2
  • スパチョーク・サラチャート : 札幌/MF/0.6/0.1
  • ホナウド : 清水/MF/0.6/-0.1
  • ジュニオール・サントス : 広島/FW/0.6/-0.1
  • ボージャン・クルキッチ : 神戸/FW/0.6/-0.1
  • ウェリントン・シウバ : G大阪/FW/0.6/-0.15
  • ドウグラス : 柏/FW/0.6/-0.3
  • ジエゴ : 鳥栖/DF/0.55/0.1
  • ヴァウド : 清水/DF/0.55/-0.1
  • ドゥドゥ : 磐田/MF/0.55/-0.15
  • レオナルド : 名古屋/FW/0.55/0.05
  • キム・ジンヒョン : セ大阪/GK/0.5/-0.3
  • ファン・ソッコ : 鳥栖/DF/0.5/0
  • ベンジャミン・コロリ : 清水/MF/0.5/-0.1
  • ファビアン・ゴンザレス : 磐田/FW/0.5/0
  • エゼキエウ : 広島/FW/0.5/-0.1
  • マイケル・ウッド : 京都/GK/0.45/-0.05
  • チアゴ : 名古屋/DF/0.45/-0.05
  • ヘナト・アウグスト : 清水/MF/0.45/-0.15
  • ジェアン・パトリッキ : セ大阪/FW/0.4/0
  • ドウグラス・ヴィエイラ : 広島/FW/0.4/-0.1
  • ナシム・ベン・カリファ : 広島/FW/0.4/-0.1
  • パトリック : G大阪/FW/0.4/-0.4
  • マルティノス : 京都/FW/0.375/-0.075
  • メンデス : 京都/DF/0.35/0
  • エンリケ・トレヴィザン : FC東京/DF/0.35/0
  • チョン・ソンリョン : 川崎/GK/0.3/-0.4
  • ブエノ : 鹿島/DF/0.3/-0.05
  • ジョアン・オマリ  : 鳥栖/DF/0.3/-0.1
  • イスマイラ : 京都/FW/0.3/-0.05
  • タリク・エルユヌシ : 湘南/FW/0.3/-0.3
  • チャウワット : セ大阪/MF/0.25/0.05
  • ミラン・トゥチッチ : 札幌/FW/0.25/-0.05
  • ウェリントン・ルイス : 湘南/FW/0.25/-0.2
  • ダン・バン・ラム : セ大阪/GK/0.2/-0.025
  • レオ・シルバ : 名古屋/MF/0.2/-0.3
  • クォン・スンテ : 鹿島/GK/0.15/-0.15
  • アンジェロッティ : 柏/FW/0.15/0
  • ドウグラス・オリヴェイラ : 札幌/FW/0.15/0
  • ピーター・ウタカ : 京都/FW/0.1/-0.15

市場価値0.1M€未満の外国籍選手は掲載していません。

 

市場価値ランキング関連記事

www.ippo-san.com

 

www.ippo-san.com

 

www.ippo-san.com

 

www.ippo-san.com

 

www.ippo-san.com

 

www.ippo-san.com

 

おわりに

[rakuten:d-book:11424110:detail]

2021年度ベストイレブンには外国籍選手から4名(GK ランゲラック、DF ジェジエウ、MF イニエスタ、FW レアンドロ・ダミアン)が選出されましたが、いずれも各部門のランキング上位選手。2022年度も同様にランキング上位選手から選出されるでしょう。

しかし、特に注目したい選手は3名。強豪スパルタ・プラハから加入のダヴィド・モーベルグ(浦和)、ブラジルセリエAで2021年後半にバリバリ活躍したダワン(G大阪)そして、2021年度J2得点王のルキアン(福岡)。

Jリーグのクラブは即戦力として外国籍の選手を獲得するが、彼らの活躍はクラブばかりでなくJリーグ全体にもプラスになる。

特に、日本人若手選手のお手本となるプレーでJリーグをどんどん活性化してもらいたい。また、ACL出場のクラブ(川崎、横浜、浦和、神戸)所属の外国籍選手にはクラブをベスト8以上に導き、JリーグがアジアNo.1であることを証明して欲しい。

 

世界サッカー リーグ・クラブ ランキング

リーグランキングは、年2回更新(2月、8月頃)しています。最新情報はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com

 

クラブランキングは、毎月初旬に更新しています。最新情報はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com