【2021年前半】日本人Jリーガーランキング、最も活躍した選手は?

2020-21年度における欧州組の活躍に関してはこちらの記事「欧州組サッカー選手ランキング、最も活躍した選手は? 」で紹介しました。本記事では日本人Jリーガーの2021年度前半戦における活躍度をランキング

近年若いJリーガーの欧州移籍が増え、既に50名ほどの日本人選手がプレーしているが、活躍しているのは15名前後。国内組にも欧州に行ってすぐに活躍できる選手は沢山いるのと思うので海外組と同じ尺度で主な国内組の活躍度を紹介します。 

欧州組の活躍度評価と同じ尺度を使って算定 

リーグ点

欧州組活躍度ランキングで使った2021年1月29日時点のリーグ世界ランキングでポイントを付与 ただ、Jリーガーには一律10点付与。

  • 欧州4大リーグ       50点
  • 仏・露・葡の1部リーグ   30点
  • ランキング8位~15位   20点(ベルギー、オランダ)
  • ランキング16位~30位 15点(セルビア、ノルウェー)
  • ランキング31位~50位 10点(J1リーグ、ドイツ2部、スペイン2部)
  • ランキング50位~    5点 

 

クラブ点

選手の活躍度を算定する尺度の1つが出場時間。レベルの高いクラブにおける出場減を補てんする目的で2021年5月23日時点の最新のクラブ世界ランキングでポイントを付与。

  • 1~16位   100点(欧州CL決勝Tへ進めるレベルのチーム)
  • 17~50位   70点(フランクフルト、AZアルクマール)
  • 51~100位    50点(ウニオン・ベルリン、川崎F、パルチザン、サンプドリア)
  • 101~200位     45点
  • 201~300位     40点(鹿島、横浜FM)
  • 301~400位     35点(広島、セ大阪)
  • 401~500位  30点(名古屋、FC東京、浦和)
  • 501~750位  25点(G大阪、神戸、柏、鳥栖、札幌)
  • 751~1000位   20点
  • 1001~1500位 15点(清水、仙台、大分、湘南)
  • 1501位~    10点(福岡、横浜FC、徳島)

   

出場点 

クラブによってリーグ戦の消化試合数が違うが、前半戦ということで19試合を分母としたが、そこまで達していないクラブには5月30日までの消化試合数を分母。ただし、ケガでチームを離れた場合の試合は分母から除外。

なお、ルヴァンカップやゼロックススーパーカップなどの公式戦プレー時間は分子のみに加算。

 

ボーナス点

得点・アシスト数を下記の通り活躍度に反映。 

  • 得点   +2点(全公式試合対象)
  • アシスト +1点(全公式試合対象)
  • CS   +2点(GKのクリーンシート)

 

合計点

まとめると、選手の活躍度ランキングを下記の合計で算定。

  • リーグ点(Jリーグは10点)
  • クラブ点
  • 出場点
  • ボーナス点

 

ポジション別ランキング 

 

合計点で算出した日本人サッカー選手の活躍度ランキングは下記の通り。なお、彼らの推定市場価値ランキングは【2021年度版】日本人サッカー選手推定市場価値、Top50川崎勢8名をご覧ください。

 

所属クラブ・ランク・出場期間

表内の太字の選手は6月の親善試合・アジア2次予選・U24親善試合の招集メンバー。 

 

GK

  • 推定市場価値M€は西川0.9、東口0.9、大迫0.9、林0.65、上福元0.65の順
  • 西川周作選手は18歳の鈴木彩艶選手にポジションを奪われ出場時間減少でついにTopの座を滑り落ちてしまったがまだまだやれる
  • クリーンシート数は沖悠哉選手と谷晃生選手がリード
 

選手名

年齢

所属 クラブ

出場時間

1

沖 悠哉

21

鹿島

1620

2

大迫敬介

21

広島

1710

3

東口順昭

35

G大阪

1350

3

谷 晃生

20

湘南

1530

5

権田修一

32

清水

1530

6

上福元直人

31

徳島

1620

7

西川周作

34

浦和

1170

 

 

選手名

|グ点

クラブ点

出場点

ボ|ナス点

合計点

1

沖 悠哉

10

40

106

12

168

2

大迫敬介

10

35

100

10

155

3

東口順昭

10

25

108

10

153

3

谷 晃生

10

15

100

12

137

5

権田修一

10

15

100

6

131

6

上福元直人

10

10

100

8

128

7

西川周作

10

30

76

10

126

 

DF

  • 推定市場価値は昌子2、谷口1.8、進藤1.5、車屋1.5、酒井高1.3、福森1.3、槙野1.2の順
  • 山根視来選手の合計点は凄い。年間に換算すればボーナスポイントが倍になると考えられるので欧州組が加わっても堂々2位にランクインする活躍
  • ベテランの槙野智章選手、出場点で堂々の1位。タフさがうかがえる
  • 五輪世代では町田浩樹選手が断トツの1位。得点力はDF陣でNo1
  • アジア2次予選など6月の国際試合に召集された国内組DF陣4名は活躍度が低いのにどうしてなのだろう? 
 

選手名

年齢

所属    クラブ

出場時間

1

山根視来

27

川崎

1800

2

槙野智章

34

浦和

1844

3

町田浩樹

23

鹿島

1539

4

犬飼智也

28

鹿島

1546

5

谷口彰悟

29

川崎

1537

6

畠中槙之輔

25

横浜FM

1437

7

福森晃斗

28

札幌

1581

 

松田 陸

29

セ大阪

1620

9

森重真人

34

FC東京

1530

10

荒木隼人

24

広島

1694

11

酒井高徳

30

神戸

1673

12

古賀太陽

22

1633

13

丸橋祐介

30

セ大阪

1422

 

小川諒也

24

FC東京

1460

15

三浦弦太

26

G大阪

1260

 

登里享平

30

川崎

796

 

昌子 源

28

G大阪

1260

18

中谷進之介

25

名古屋

1363

19

佐々木翔

31

広島

1188

 

 

選手名

|グ点

クラブ点

出場点

ボ|ナス点

合計点

1

山根視来

10

50

105

11

176

2

槙野智章

10

30

121

4

165

3

町田浩樹

10

40

101

9

160

4

犬飼智也

10

40

101

2

153

5

谷口彰悟

10

50

90

2

152

6

畠中槙之輔

10

40

100

0

150

7

福森晃斗

10

25

110

4

149

 

松田 陸

10

35

100

4

149

9

森重真人

10

30

100

8

148

10

荒木隼人

10

35

99

2

146

11

酒井高徳

10

25

110

0

145

12

古賀太陽

10

25

107

2

144

13

丸橋祐介

10

35

88

3

136

 

小川諒也

10

30

95

1

136

15

三浦弦太

10

25

100

0

135

 

登里享平

10

50

74

1

135

 

昌子 源

10

25

100

0

135

18

中谷進之介

10

30

80

0

120

19

佐々木翔

10

35

69

2

116

   

MF

  • 推定市場価値は清武1.9、三竿1.6、江坂1.5、田中碧、1.5、山口1.4、大島1.4、川辺1.3の順
  • 田中碧選手の合計点は海外勢と比較しても全く遜色がない。この点数なら欧州の中小クラブでプレーすれば守田英正選手のように4カ月で市場価値が倍になるような活躍が期待できる
  • 19歳の荒木遼太郎選手、得点力はFW選手並み。CFとしてもプレーするが激戦区の中盤のプレーヤーなので次の五輪に期待 
 

選手名

年齢

所属 クラブ

出場時間

1

田中 碧

22

川崎

1652

2

荒木遼太郎

19

鹿島

1408

3

山口 蛍

30

神戸

1729

4

坂元達裕

24

セ大阪

1143

5

森島 司

24

広島

1610

6

旗手怜央

23

川崎

1379

7

稲垣 祥

29

名古屋

1645

8

川辺 駿

25

広島

1476

 

明本考浩

23

浦和

1534

10

清武弘嗣

31

セ大阪

1521

11

江坂 任

28

1443

12

三竿健斗

25

鹿島

1227

13

岸本武流

23

徳島

1590

14

菅 大輝

22

札幌

1256

  

 

選手名

|グ点

クラブ点

出場点

ボ|ナス点

合計点

1

田中 碧

10

50

97

7

164

2

荒木遼太郎

10

40

92

20

162

3

山口 蛍

10

25

113

9

157

4

坂元達裕

10

35

98

9

152

5

森島 司

10

40

94

5

149

6

旗手怜央

10

50

81

7

148

7

稲垣 祥

10

30

96

10

146

8

川辺 駿

10

35

91

7

143

 

明本考浩

10

30

100

3

143

10

清武弘嗣

10

35

94

2

141

11

江坂 任

10

25

94

6

135

12

三竿健斗

10

40

80

2

132

13

岸本武流

10

10

98

7

125

14

菅 大輝

10

15

87

2

114

  

FW 

  • 推定市場価値は仲川2、古橋1.8、三苫1.6、小林1.5、土居1.5、 興梠1.3、家長1.2の順
  • 三苫薫選手は若干出場時間が少ないのでその分合計点が低い。年間換算なら合計点は楽に180点台になるので欧州中小クラブで十分活躍できるだろう
  • オナイウ 阿道選手は得点出稼ぎFW1位、年間換算なら欧州組を含めてもTop5に入る。日本代表に招集されないのが不思議
  • 前田大然選手は五輪世代で活躍度No1、欧州再挑戦を期待したい 
 

選手名

年齢

所属 クラブ

時間

1

オナイウ 阿道

25

横浜FM

1313

2

前田大然

23

横浜FM

1357

3

三苫 薫

24

川崎

1240

4

家長昭博

34

川崎

1250

 

古橋亨梧

26

神戸

1435

6

土居聖真

29

鹿島

1164

7

仲川輝人

28

横浜FM

783

8

林 大地

24

鳥栖

1239

 

上田綺世

22

鹿島

817

10

宮代大聖

21

徳島

1487

11

田川亮介

22

FC東京

1106

12

相馬勇紀

24

名古屋

976

  

 

選手名

|グ点

クラブ点

出場点

ボ|ナス点

合計点

1

オナイウ 阿道

10

40

91

28

169

2

前田大然

10

40

94

20

164

3

三苫 薫

10

50

73

23

156

4

家長昭博

10

50

73

15

148

 

古橋亨梧

10

25

94

19

148

6

土居聖真

10

40

86

10

146

7

仲川輝人

10

40

79

11

140

8

林 大地

10

25

76

12

123

 

上田綺世

10

40

57

16

123

10

宮代大聖

10

10

92

10

122

11

田川亮介

10

30

72

8

120

12

相馬勇紀

10

30

57

6

103

 

冨安健洋、鎌田大地、遠藤航など欧州移籍前の活躍はどうだった?

 

冨安健洋選手

  • 20歳でシント・トロイデン(ランキング500位前後~800位台)へ移籍(2018年1月)する前の2017年アビスパ福岡(J2)での活躍度は、U20代表試合参加で欠場した5試合を除き全37試合のうちた35試合に全て先発フル出場、合計点は123点
  • 移籍初年度の半年間はほとんどベンチ外。移籍2年目から活躍。そして市場価値は51倍強の18M€にアップ

鎌田大地選手

  • 22歳でフランクフルトへ移籍(2017年7月)する前の2017年前半戦サガン鳥栖での活躍度は、全16試合に先発出場、5G2Aで合計点は140点
  • フランクフルト(当時ランキング100位前後)ではほとんど出場できず、2018年8月シント・トロイデンへローン移籍してから大活躍。そして市場価値は21倍強の16M€にアップ

遠藤航選手

  • 25歳で2018年7月シント・トロイデンへ移籍、2018年前半戦浦和での活躍度は合計点188点
  • 移籍1年目から活躍の道を歩む。そして市場価値は5.5倍の8M€にアップ 

板倉航選手

  • 2018年2月川崎フロンターレから仙台(当時802位)にローン移籍してレギュラーとなり合計148点
  • 2019年1月22歳直前にフローニンゲン(当時418位)へ移籍。1年目はベンチウォーマーであったが2年目からレギュラーとなり今日に至る。市場価値はその間5倍の3.5M€へアップ

 

2021年1月に欧州クラブに移籍したJリーガーは活躍している?

 

守田英正選手

  • 2020年川崎フロンターレ(移籍当時89位)の優勝に貢献(合計点172点
  • 1月7日25歳でポルトガルの小クラブ、サンタ・クララ(当時470位)へ移籍
  • 期待通りの活躍で市場価値は4カ月で倍の3M€。市場価値は1年後に4倍(6M€)になると予想したが、既に2倍になったので来シーズンの活躍が楽しみ

橋岡大樹選手

  • 2020年度浦和での活躍度は135点
  • 浦和(当時496位)からでシント・トロイデンへ2021年1月31日21歳で移籍。移籍後4試合は出場できなかったが、5試合目にデビューを果たし、6試合目から最終節までの5試合連続スタメンフル出場
  • 出場試合は少なかったので活躍度は低かったが、6月末までの期限付き移籍が延長になれば間違いなく活躍し、市場価値は倍(2M€)にはなるだろう

鈴木冬一選手

  • 湘南ベルマーレではほとんど実績を残せなかった(合計点60点
  • 20歳1月13日に湘南ベルマーレ(現在1461位)と同程度のローザンヌ(現在1751位)へ移籍
  • ほぼレギュラーで頑張った(合計点94点)。20歳なので焦ることはない。いずれステップアップが期待できる

齊藤水月

  • 湘南ベルマーレ(現在1461位)である程度実績を残した(合計点108点
  • ロシア一部の中堅クラブ、ルビン・カザン(現在272位)へ1月11日22歳で移籍したが、ケガで今シーズンを棒に振った。来季に期待したい

原大智

  • FC東京(現在455位)では控え選手なので2020年度の活躍度は合計点79点
  • 2月10日に21歳で小クラブ、NKイストラ(現在2376位)に移籍
  • かなり下位のチームなので移籍後4試合目からスタメン。今シーズンの合計点は123点。結果、6月10日発表の市場価値はわずか3カ月で2.6倍の1.2M€へアップ。さらなる活躍とステップアップが楽しみ


欧州に移籍して活躍が期待できる必要条件は? 

 

環境適応能力などサッカー以外の要素も活躍に影響するでしょうが、ここではサッカーに絞って考察したい。

上述の移籍選手の例でお分かりのように、チャレンジのため欧州に移籍するなら条件に当てはまらなくてもよいが、活躍したいと思うなら、

  • Jリーグチームレギュラーとして実績を残す(合計点150以上)
  • 同等または下位の欧州ランキングクラブを選ぶ

そうすれば移籍先で間違いなくレギュラーになりいずれステップアップできるだろう。その典型が遠藤航選手と守田英正選手。

ここでは触れていないが、鈴木優磨選手もシント・トロイデンで大活躍。移籍前の2018年シーズンにはAFCチャンピオンズリーグで優勝するなど大活躍(236点)。

 

まとめ

 

 

Jリーグはしばらく中断するのでこれまでの実績を活躍度ランキングにして紹介しましたが、欧州に移籍しても活躍できそうな選手がたくさんいることがお分かり頂けたと思います。

ポジション別活躍度ランキング1位は下記の通り。

  • GK 沖 悠哉
  • DF 山根視来
  • MF 田中 碧
  • FW オナイウ 阿道

欧州移籍前の活躍度を紹介しましたが、Jリーグ上位クラブのレギュラーとして活躍度150点以上を獲得すれば、クラブ選択さえ間違いなければ即戦力として欧州クラブで活躍できるでしょう。

これに該当しそうな比較的若いJリーガーが山根視来三苫薫田中碧町田浩樹荒木遼太郎オナイウ 阿道前田大然坂元達裕など。
ところで、阿道選手、どうしてCFの手薄な日本代表に選ばれないのだろう?超格下相手に大勝しているので「決定力不足」という言葉を忘れてしまったようだ。底上げをしたいなら3選手(大迫・鈴木・阿道)を競わせるべきと思うが? 

最近ようやくJリーガーを代表チームに招集するようになったが、レギュラーでない欧州組よりもJリーグで活躍している選手をもっと招集すべきだったと思う。互いの刺激になり競争を促したでしょう。

アジア最終予選・ワールドカップに向けて個人の成長と代表チームの底上げには活躍中の選手を招集するのが最も効果的な方法と思うが・・・
独断と偏見に基づいた国内組Jリーガーランキングでしたが、今後の活躍予想や海外組と比較する上で少しでも参考になったならば幸いです。

 

紹介:サッカーランキング・東京五輪などの記事

 

▼ランキング

【2021年度版】サッカーリーグランキング:Jリーグは世界で何位?

2021年度版クラブ世界ランキング川崎F、ついにアジア1位

【2021年度版】欧州サッカークラブのランキング日本人選手

【2021年度版】Jリーグクラブのランキング:川崎、断トツの1位

【2021年度版】AFCチャンピオンズリーグ出場クラブのアジアランキング

【2021年度版】日本人サッカー選手推定市場価値、Top50川崎勢8名

【2021年度版】Jリーガーの推定市場価値ランキング五輪世代躍進

【2021年度版】東京五輪日本代表候補の市場価値ランキング三苫32倍アップ

【2021年度版】外国籍Jリーガー市場価値ランキング、1位は?

【2021年度版】U23市場価値DFランキング:冨安健洋選手の移籍金と時期?

2021年度版】U20市場価値ランキング、久保建英選手は世界何位?

【2021年度版】サッカー日本代表選手の実力度を独自の視点でランキング

■ Jリーガーの活躍度ランキング、しかしプレーヤースタッツが不十分

 

▼海外日本人サッカー選手

■ 2020-2021:欧州チャンピオンズリーグで戦う日本人選手の活躍

■ 2020-2021:UEFAヨーロパリーグ 羽ばたけ!若きサムライ

■ 守田英正選手は 川崎フロンターレブランド確立の立役者となる

■ 海外でプレーしている 現・元なでしこサッカー代表メンバー

■ 女子W杯2019 永里優季のなでしこ代表復帰は消滅

       

▼東京五輪サッカー関連

東京五輪女子なでしこジャパンの組み合わせ決定、イギリス、カナダと同組

■ 東京五輪女子メダルを獲る為に招集すべきメンバー(海外組から3名)

■ 東京五輪女子なでしこジャパンメンバーはこれで決まり?

■ 東京五輪女子決勝トーナメント進出国予想

東京五輪女子なでしこジャパン決勝トーナメント進出確率は91%!

■ 東京五輪女子なでしこジャパンのメダルの可能性は17%

■ 東京五輪男子日本代表メンバーはこれで決まり?

■ 東京五輪男子組み合わせ抽選のポット分け決定

■ 東京五輪男子組み合わせ決定、日本はフランス・メキシコ・南アフリカと同組

■ 東京五輪男子決勝ラウンド進出に必要なGS成績は?

■ 東京五輪男子決勝トーナメント進出国予想

■ 東京五輪男子日本代表:メダルの可能性60%、その条件は?

東京五輪男子優勝国予想、日本代表の可能性は?

■ 東京五輪男子サッカーU-23日本代表候補20名リストアップ

■ 東京五輪男子サッカーOA枠活用DF重視が金メダルへの道!

■ 東京五輪男子現状では金メダルへの扉は開けられない、どうする?

■ 東京五輪男子OA枠活用はDF重視が金メダルへの道!

■ 東京五輪男子オーバーエイジ候補選びは戦略ファースト

■ アルゼンチン戦:U-24日本代表メンバーは国内組から三苫薫ら16名

 

▼東京五輪まとめ記事

■ 過去のW杯・五輪データ分析で知る勝利への道

■ 組み合わせ・メンバー・優勝など予想

■ 日本と出場国の強化試合などをチェック

  

▼日本代表・W杯アジア2次関連

■ 2022年W杯アジア2次・最終予選は見どころいっぱい、日程・試合結果

■ アジア2次予選:モンゴル戦日本代表メンバーは欧州組9名、国内組14名