Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

スポンサーリンク

海外移籍サッカー選手の市場価値ランキングと日本代表実績

10月3日 最新情報 鎌田選手市場価値倍増で9.0M€

日本人にとって言葉が通じない外国へ旅行するだけでも大変なことだが、プロサッカー選手として海外でプレーを続けることは想像を絶するくらい大変なことと察する。そのような厳しい環境に敢えて身を置いて日々奮闘している日本代表選手若手有望選手の最新市場価値ランキングを紹介。また、世界で市場価値の最も高い10選手も紹介します。

【新着記事】

世界最高峰の舞台で活躍する日本人サッカー選手は4名

2019-20年度UEFAチャンピオンズリーグ:日本人選手の活躍紹介 

市場価値ランキング掲載基準

きちんと数えたわけではないが300人以上の若者が海外でプレーしている。大変申し訳ないが、次の基準に限定してフォローします(漏れがあったらごめんなさい)。

  • 2019年度日本代表招集実績有 又は
  • 24歳以下で市場価値1億円以上

よって、25歳で市場価値2.4億円の久保裕也選手はリストの掲載されていません。漏れがあるかもしれません。気付いた範囲で追加します。

因みに、世界で最もサッカー市場価格の高い選手はフランスのキリアン・ムバッペでなんと244億円中島選手30.5億円で世界ランキングは322位。 

 

海外日本人サッカー選手の市場価値ランキング

 

2019年9月27日現在のデータ (1ユーロ=122円) 

市場価値(M€)順

  • SS:Second Striker
  • AM:Attacking Midfield
  • DM:Defensive Midfield
  • CM:Central Midfield

(www.transfermarkt.com/ サイトより)  

赤字:9月29日追加 

選手名

POS

年齢

M€

億円

中島翔哉

LW

24

25.00

30.5

久保建英

AM

18

10.00

12.2

堂安律

RW

20

10.00

12.2

冨安健洋

CB

20

9.00

11.0

武藤嘉紀

CF

27

9.00

11.0

酒井宏樹

RB

29

8.00

9.8

吉田麻也

CB

31

7.00

8.5

南野拓実

RW

24

5.00

6.1

大迫勇也

SS

29

5.00

6.1

鎌田大地

AM

22

4.50 9.00

5.5 11.0

伊藤純也

RW

26

4.50

5.5

乾 貴士

LW

31

4.00

4.9

岡崎慎司

CF

33

4.00

4.9

香川真司

AM

30

4.00

4.9

昌子 源

CB

26

3.50

4.3

塩谷 司

CB

30

2.50

3.1

原口元気

LW

28

2.50

3.1

鈴木優磨

CF

23

2.20

2.7

遠藤 航

DM

26

2.00

2.4

柴崎 岳

CM

27

2.00

2.4

長友佑都

LB

33

2.00

2.4

北川航也

CF

23

1.80

2.2

豊川雄太

CF

24

1.70

2.1

安西幸輝

RB

24

1.50

1.8

浅野拓磨

LW

24

1.50

1.8

奥川雅也

RW

23

1.25

1.5

シュミット・D

GK

27

1.03

1.3

伊藤達哉

LW

21

1.00

1.2

植田直通

CB

24

1.00

1.2

安部裕葵

LW

20

1.00

1.2

菅原由勢

RW

19

1.8

1.2

三好康児

AM

22

0.90

1.1

権田修一

GK

30

0.80

1.0

前田大然

SS

21

0.80

1.0

中山雄太

CB

22

0.75

0.9

板倉 滉

CB

22

0.70

0.9

川島永嗣

GK

36

0.25

0.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

ご参考までに、  

  • 本田圭佑選手は3.5M€
  • 長谷部誠選手は1.0M€

 

市場価値ランキング世界トップ10 

 

選手名

POS

年齢

M€

キリアン・ムバッペ

CF

20

200

ネイマール

LW

27

180

モハメド・サラー

RW

27

150

ハリー・ケイン

CF

26

150

エデン・アザール

LW

28

150

リオネル・メッシ.

RW

32

150

ラヒーム・スターリング

LW

24

140

アントワーヌ・グリーズマン

CF

28

130

ケヴィン・デ・ブライネ

AM

28

130

サディオ・マネ

LW

27

120

  

海外日本人サッカー選手の日本代表実績

2019年9月27日現在

出場時間(分)順

試合:出場試合数、G:ゴール、A:アシスト  

赤字:9月29日追加 

選手名

試合

出場(分)

G

A

長友佑都

119

10536

3

26

吉田麻也

97

8353

10

0

川島永嗣

90

8188

 

 

岡崎慎司

119

8042

50

13

香川真司

97

6814

31

20

酒井宏樹

58

4205

1

8

原口 元気

50

2960

10

5

柴崎 岳

41

2768

3

5

大迫勇也

45

2737

15

4

昌子 源

18

1536

1

0

冨安健洋

17

1440

1

1

武藤嘉紀

29

1320

3

3

遠藤 航

20

1216

0

2

南野拓実

19

1207

7

3

権田修一

13

1170

 

 

堂安 律

17

1168

3

2

中島翔哉

15

874

5

3

浅野拓磨

18

660

3

1

伊藤純也

15

555

2

0

植田直通

6

495

0

0

シュミット・D

5

450

 

 

塩谷 司

7

386

1

0

北川航也

8

354

0

 

久保建英

6

264

0

0

板倉 滉

3

192

0

0

三好康児

3

189

2

0

中山雄太

2

180

0

0

安部裕葵

3

99

0

0

安西幸輝

3

98

0

0

鎌田大地

2

94

0

0

中山雄太

1

90

0

0

前田大然

2

68

0

0

豊川雄太

0

0

0

0

伊藤達哉

0

0

0

0

菅原由勢

 

未招集

 

 

鈴木優磨

0

ケガで辞退 

 

 

奥川雅也

 

未招集

 

 

 

 

 

 

 

  

ご参考までに、

  • 本田圭佑選手は98試合・7302分・37ゴール・24アシスト
  • 長谷部誠選手は115試合・9278分・2ゴール・12アシスト

 

【関連記事】

久保建英選手のマジョルカや日本代表での活躍

www.ippo-san.com

 

南野選手のザルツブルグや日本代表での活躍

www.ippo-san.com

2019/20 シント・トロイデン ダニエル、鈴木優磨、伊藤達哉

www.ippo-san.com

  

欧州クラブランキングと日本人選手の所属先

www.ippo-san.com

 

海外で奮闘する現・元なでしこ選手

www.ippo-san.com

   

おわりに

 

多くの若いサッカー選手は、どうして文化・習慣が異なり、言葉も通じない、出場機会すら与えられないかもしれない、海外を目指すのだろう

彼らは多くの優れた日本人選手が挫折してきたのを知らないはずがない。それでもなお海外を目指すのは、成功したときに得られるメリット(報酬・名誉・評価など)が桁外れに大きいからだと言われている。

本当にそれだけが理由かどうかは分からないが、失敗する確率の方が圧倒的に高いことを分かっていながらも、それ以上に「若い時にチャレンジしたい」という気持ちが強いからだろうと察する。

やがて彼らの活躍は市場価値という数値で評価される。市場価値を上げる選手もいれば下げる選手もいるが、努力する選手は、皆、たとえ失敗しても大きな財産を手にするだろう。

その財産とは忍耐力・適応力・表現力・精神力・価値観などどんな環境でも生きていける力だ。海外でプレーして得られることは、交通機関の発達していない時代の「可愛い子には旅をさせよ」で得られるものと同じかもしれない。

彼らの活躍と成長を応援しましょう!