【2021年度最終版】サッカー日本代表選手の実力度を独自の視点でランキング

(2021年2月11日掲載:2021年12月11日更新)

はじめに

2021年度初版では主に日本代表選手(欧州勢主体)の実力度をランキングしたが、欧州と日本ではサッカーシーズンが異なるので最終版ではシーズンが終わったばかりのJリーグ勢主体でリライトしましたので、欧州組勢はあくまで参考としてご覧ください。

選手の価値を表す指標には推定市場価値があるが、サッカー選手個人の実力度を表す指標は見当たらない。また、見た目の技術だけで選手の実力を評価することは避けたい。

そこで、無鉄砲な手法ではあるが、主に2021年度シーズンに活躍したJリーガーの実力度を独自の視点(ある意味、総合力)でランキング

具体的には、(所属リーグの世界ランキング)、所属クラブの世界ランキング、出場時間、得点などをベースに算出。ただ、FW、MF、DF、GKを同じ基準で評価するのは難しいのでポジション別に分けてランキング

本記事に納得できないと思われる方、沢山いらっしゃるでしょうが、アジア最終予選メンバー招集予想や選考評価の参考にして頂ければ幸いです。7月と1月に更新予定。

なお、こちらの更新記事などをご覧いただければ嬉しい限りです。

推定市場価値と実力は必ずしも一致しない

選手個人の評価となると推定市場価値に頼るしかないが、将来価値を含めた指標なので実力と市場価値は必ずしも一致しない。この点はJリーガーではあまり当てはまらないが、欧州組に関してはその傾向が強い。

つまり、市場価値には選手の年齢が大きく考慮されている同じ実力でもA選手の年齢が34歳、B選手の年齢が24歳なら、B選手の推定市場価値は数倍高くなる。その理由はこれから先活躍できる期間が長い(将来価値が高い)から。

実例として、セリエA・サンプドリアでプレーする33歳の吉田麻也選手(3.2M€)とイングランド・アーセナルでプレーする23歳の冨安健洋選手(20M€)を比べると推定市場価値にはなんと6倍以上の開きがある。

なお、推定市場価値ランキングは本記事最後の見出しにある「【2021年度版】 日本人サッカー選手推定市場価値ランキングに変化、1位は?」をご覧ください。 

推定市場価値はどのように決まるの?

過去の移籍金を参考にするのは勿論のことだが、

主な決定要因は、

  • 年齢
  • リーグ
  • ポジション(評価額はFW>MF>DF>GK)
  • 人気度
  • ケガの頻度
  • ロイヤリティ(現所属チーム満足度)
  • 新環境適応能力
  • 過去の実績(ゴール数など) 

市場価値はこうしたデータを総合的に判断して算定されるが、私は次の4つの尺度で選手の実力度をランキングすることにしました。

 

実力度ランキングに使う4つの尺度

選手の実力度ランキングリーグ点、クラブ点、出場点、ボーナス点の合計点で決めました。活躍度ランキングとも言っていいが、多くの時間プレーするのも実力のうちとみなした。

リーグ点

高いリーグでプレーすると結果(得点など)を出すが難しい。低いリーグで活躍しても、たいてい、高いリーグでは結果を出せない。そのギャップを埋めるため、2021年8月1日時点のリーグ世界ランキングで選手にリーグにポイントを付与(リーグ点)。

  • 欧州4大リーグ所属    50点 イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ
  • 欧州8大リーグ      40点 フランス、ポルトガル、オランダ、ロシア
  • ランキング9位~15位   30点 ベルギー、スコットランド、オーストリアなど
  • ランキング16位~25位 25点 ギリシャ、スコットランド、スイス、J1など
  • ランキング26位~35位 15点 サウジアラビア、日本など
  • ランキング36位~50位 10点 ドイツ・スペイン・フランスの2部、韓国など
  • ランキング50位~   5点 

クラブ点

リーグ点と同様、レベルの高いクラブでの出場時間減などを補う目的で2021年12月5日時点のクラブ世界ランキングで選手にクラブポイントを付与(クラブ点)。

所属クラブのランキングが、

  • 1~10位    100点  (欧州CL決勝Tへ進めるレベルのチーム)
  • 11~20位  90点 (欧州CL決勝or欧州EL決勝へ進める)
  • 21~30位  80点 (欧州EL決勝Tへ進める)
  • 31~45位     70点 (欧州カンファレンスリーグ決勝Tへ進める)
  • 46~60位     60点
  • 61~80位     50点
  • 81~100位      45点
  • 101~150位 40点
  • 151~200位 35点
  • 201~300位 30点
  • 301~450位    25点
  • 451~600位    20点
  • 601~900位 15点
  • 901~1500位  10点
  • 1501位以上 5点

欧州CL決勝トーナメントはランキング上位クラブがほぼ独占している。即ち、英・西・伊・独の欧州4大リーグや仏・露・葡・蘭の1部リーグに所属するクラブと他の国のクラブでは大きな差があるのでリーグ及びクラブランキングをより細分化しました。

尚、シーズン途中に移籍した場合は、移籍後のクラブ及びリーグランキングを適用。欧州からJリーグに戻った選手はJリーグでの実績のみ適用。

出場点 

いくらビッグクラブに所属していても試合に出られなければ意味がない。そこで直近のシーズンにおける試合出場実績を点数化(出場点)。

具体的には、リーグ戦出場時間(分子)をリーグ戦全試合の試合時間(分母)で割った値(%)を付与。最高点は100(リーグ戦全試合フル出場)。但し、ケガ・コロナ隔離、代表試合出場や移籍の影響などで欠場した場合はその時間を分母からを引く。

尚、リーグ戦以外の公式戦(カップ戦やCL・EL・ACLなど)に出場した時間は90分出場毎に1ポイント付与。従って、出場点が100を超える選手もいる。

また、外国籍Jリーガーについては、来日遅れなどで欠場した試合は分かる範囲で対象外(分母から引く)としました。

ボーナス点

全ての公式戦での得点アシスト点を対象。

  • 得点   +2点(2倍)
  • アシスト +1点
  • CS   +2点(GKのクリーンシート)

 

ポジション別ランキング 

合計点リーグ点+クラブ点+出場点+ボーナス点ランキング。但し、ボーナス点はDFに不利になるのであくまでGK、DF、MF、FW別にランキング

参考までに欧州勢を掲載していますが、極力、Jリーグ勢とやや異なる部分は次の2点。

  • 出場点はあくまで現時点での出場実績。例えば、今シーズンのリーグ戦15試合のうち12試合にフル出場した場合は、80%出場なので80点付与。この出場率がシーズン終了まで続くと仮定
  • ボーナス点(B点)は現時点での実績を年間ベースに換算。例えば、シーズン38試合のうち16試合消化時点で3得点2アシストしていれば、年換算では(3点x2倍+2アシスト)x38÷16=19、即ちボーナス点は19と仮定。

項目説明

  • R:部門別ランキング
  • 出場時間:リーグ戦に出場した時間(分)
  • 出場点:出場時間をリーグ戦試合時間(Jリーグ勢は3420分)で割った%に他の公式戦での出場時間を90分で割った値をプラスした点数。例えば、リーグ戦出場2520分、他の公式戦出場518分なら(2520÷3420)x100+518÷90)=79点
  • B点(ボーナス点) GKはクリーンシート
  • LP リーグポイント(Jリーグは15点)
  • CP クラブポイント
  • 太字は2021年度Jリーグベストイレブン

GK

  • リーグ戦38試合にフル出場した選手はランゲラックキム・ジンヒョン東口順昭パク・イルギュ権田修一の5名
  • GK部門で出場点1位はランゲラック 116点 公式戦出場時間 4,860分。これはJリーグ全体でも2位。2位 キム・ジンヒョン 4,590分(全体4位)、3位 チョン・ソンリョン 4,230分(全体7位)

 

R

選手

所属

出場

時間

出場

 点

1

チョン・ソンリョン

川崎

2970

111

2

ランゲラック

名古屋

3420

116

3

キム・ジンヒョン

セ大阪

3420

113

4

東口順昭

G大阪

3420

108

5

高丘陽平

横浜FM

2970

93

6

西川周作

浦和

2880

91

7

パク・イルギュ

鳥栖

3420

103

8

シュミット

シント・トロイデン

1530

100

9

沖  悠哉

鹿島

2970

92

10

波多野豪

FC東京

2790

92

11

村上昌謙

福岡

3330

97

12

菅野孝憲

札幌

3240

100

13

キム・スンギュ

3150

97

14

谷 晃生

湘南

3060

97

15

権田修一

清水

3420

100

  • 総合1位はCP(クラブポイント)で稼いだチョン・ソンリョン
  • B(クリーンシート)で1位は断トツでランゲラックの31、これが2021年度Jリーグベストイレブン受賞の大きな理由でしょう
  • クリーンシート2位 チョン・ソンリョン西川周作高丘陽平の18
  • トップ15に韓国勢4名

R

選手名

B点

LP

CP

合計

1

チョン・ソンリョン

36

15

60

222

2

ランゲラック

62

15

25

218

3

キム・ジンヒョン

34

15

20

182

4

東口順昭

32

15

20

175

5

高丘陽平

36

15

30

174

6

西川周作

36

15

25

167

7

パク・イルギュ

34

15

15

167

8

シュミット

8

30

15

164

9

沖  悠哉

26

15

30

163

10

波多野豪

30

15

20

157

11

村上昌謙

30

15

10

152

12

菅野孝憲

16

15

15

146

13

キム・スンギュ

16

15

15

143

14

谷 晃生

20

15

10

142

15

権田修一

12

15

10

137

 

DF

  • DF部門でリーグ戦38試合にフル出場した選手は酒井高徳のみ
  • 吉田 は全ての公式戦を対象にした出場時間で全体1位の4,946分、まさしく鉄人。2位 中谷進之介 4513分(全体5位)、3位 岩波拓也 4242分(全体6位)

R

選手名

所属クラブ

出場時間

出場 点

1

冨安健洋

アーセナル

1052

97

2

山根視来

川崎

3318

106

3

菅原由勢

AZアルクマール

1045

88

4

吉田 麻也

サンプドリア

1168

87

5

登里享平

川崎

2311

91

6

ジェジエウ

川崎

2492

89

7

谷口彰悟

川崎

2509

91

8

吉田 豊

名古屋

3416

117

9

町田浩樹

鹿島

3042

100

10

A.ショルツ

浦和

1642

114

11

中谷進之介

名古屋

3073

106

12

岩波拓也

浦和

3253

106

13

酒井高徳

神戸

3420

106

14

菊池流帆

神戸

3285

100

15

犬飼智也

鹿島

2707

94

16

伊藤洋輝

シュトゥットガルト

716

59

17

中山雄太

PZCズヴォレ

978

86

18

松田  陸

セ大阪

3060

100

19

T・マルチンス

横浜FM

2880

97

20

森重真人

FC東京

3033

95

21

小池龍太

横浜FM

2855

83

22

田中駿汰

札幌

3285

106

23

畑中慎之介

横浜FM

2239

94

24

丸橋祐介

セ大阪

2836

94

25

小川諒也

FC東京

2705

100

26

酒井宏樹

浦和

1161

94

27

原 輝綺

清水

2674

99

28

エドゥアルド

鳥栖

3195

96

29

長友佑都

FC東京

900

100

30

荒木隼人

広島

3206

96

  • DF部門Jリーガー勢1位~4位は川崎フロンターレ勢が独占ただ、2021年度Jリーグベストイレブンに輝いたのは、山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟。ケガで開幕から7連続欠場した登里享平だけ対象外
  • 山根視来は、B点(得点x2+アシストx1でも2得点14アシストの18ポイントで断トツ1位。2位 原輝綺 6得点2アシストの14ポイント、3位 小池龍太E・サロモンソン 12ポイント。

R

選手名

B点

LP

CP

合計

1

冨安健洋

1

50

80

230

2

山根視来

18

15

60

199

3

菅原由勢

3

40

50

185

4

吉田 麻也

5

50

35

183

5

登里享平

4

15

60

170

6

ジェジエウ

5

15

60

169

7

谷口彰悟

3

15

60

169

8

吉田 豊

7

15

25

164

9

町田浩樹

11

15

30

156

10

A.ショルツ

1

15

25

155

11

中谷進之介

8

15

25

154

12

岩波拓也

7

15

25

153

13

酒井高徳

7

15

25

153

14

菊池流帆

10

15

25

150

15

犬飼智也

10

15

30

149

16

伊藤洋輝

2

50

35

149

17

中山雄太

4

40

10

145

18

松田  陸

8

15

20

143

19

T・マルチンス

1

15

30

143

20

森重真人

11

15

20

141

21

小池龍太

12

15

30

140

22

田中駿汰

4

15

15

140

23

畑中慎之介

0

15

30

139

24

丸橋祐介

10

15

20

139

25

小川諒也

3

15

20

138

26

酒井宏樹

4

15

25

138

27

原 輝綺

14

15

10

138

28

エドゥアルド

9

15

15

135

29

長友佑都

0

15

20

135

30

荒木隼人

3

15

20

134

 

MF

  • MF部門で出場点1位は稲垣祥で114点(4818分)全体3位。2位 奥埜博亮 3,755分、3位駒井善成 3,704分

R

選手名

所属クラブ

出場時間

出場 点

1

鎌田大地

フランクフルト

901

82

2

原口元気

ウニオン・ベルリン

865

81

3

遠藤 航

シュトゥットガルト

1242

101

4

森岡亮太

シャルルロワ

1526

100

5

旗手怜央

川崎

2526

97

6

奥川雅也

ビーレフェルト

983

82

7

稲垣 祥

名古屋

3349

114

8

脇坂泰斗

川崎

2259

76

9

藤本寛也

ジル・ヴィセンテ

1006

88

10

坂元達裕

セ大阪

2840

104

11

山口 蛍

神戸

2762

103

12

守田英正

サンタ・クララ

893

92

13

橋本拳人

ロストフ

660

81

14

荒木遼太郎

鹿島

2293

72

15

樋口雄太

鳥栖

3192

97

16

柴崎 岳

レガネス

1280

89

17

江坂 任

浦和

2542

85

18

橘田健人

川崎

1577

58

19

清武弘嗣

セ大阪

2485

94

20

邦本宜裕

全北現代

1364

65

21

ジョアン・シミッチ

川崎

1874

63

22

明本考浩

浦和

2580

95

23

D・ピトゥカ

鹿島

1926

86

24

駒井善成

札幌

3154

101

25

M・ジュニオール

横浜FM

2168

70

26

奥埜博亮

セ大阪

2729

91

27

中島翔哉

ポルティモネンセ

251

57

28

関根貴大

浦和

2237

75

29

安部柊斗

FC東京

2931

96

30

川辺 駿

グラスホッパー

987

80

  • MF部門Jリーガー勢Top3は、旗手怜央稲垣 祥脇坂泰斗。いずれも2021年度Jリーグベストイレブン受賞
  • ベストイレブンのイニエスタ選手は本記事ではランク外となってしまったが、最大の理由はケガなどの欠場による出場時間の少なさ、リーグ戦だけをとっても50%以下の1,608分
  • B点1位は、34点(13得点8アシスト)で荒木遼太郎だが、FWとしてプレーした時の点が多い。2位 稲垣祥  27点(12得点、3アシスト)、3位 脇坂泰斗 26点(6得点、14アシスト)

R

選手名

B点

LP

CP

合計

1

鎌田大地

7

50

70

219

2

原口元気

4

50

60

201

3

遠藤 航

4

50

35

195

4

森岡亮太

15

30

25

191

5

旗手怜央

15

15

60

187

6

奥川雅也

10

50

30

186

7

稲垣 祥

27

15

25

181

8

脇坂泰斗

26

15

60

177

9

藤本寛也

6

40

25

169

10

坂元達裕

22

15

20

161

11

山口 蛍

17

15

25

160

12

守田英正

3

40

20

160

13

橋本拳人

6

40

25

157

14

荒木遼太郎

34

15

30

151

15

樋口雄太

21

15

15

148

16

柴崎 岳

4

10

40

148

17

江坂 任

21

15

25

146

18

橘田健人

13

15

60

146

19

清武弘嗣

16

15

20

145

20

邦本宜裕

20

10

50

145

21

ジョアン・シミッチ

6

15

60

144

22

明本考浩

9

15

25

144

23

D・ピトゥカ

11

15

30

142

24

駒井善成

10

15

15

141

25

M・ジュニオール

25

15

30

140

26

奥埜博亮

12

15

20

138

27

中島翔哉

6

40

20

133

28

関根貴大

18

15

25

133

29

安部柊斗

2

15

20

133

30

川辺 駿

8

10

25

133

 

FW

  • FW部門で公式戦に出場した時間の多い選手の1位はマテウスの4,042分、2位 金子拓郎 3,886分、3位は何と35歳 家長昭博 3,601分

R

選手名

所属クラブ

出場時間

出場 点

1

古橋亨梧

セルティック

934

91

2

L・ダミアン

川崎

2295

77

3

堂安 律

PSV

598

71

4

家長昭博

川崎

2599

87

5

伊東純也

KRCヘンク

1365

97

6

南野拓実

リヴァプール

38

12

7

前田大然

横浜FM

2812

88

8

マテウス

名古屋

2869

97

9

久保建英

マヨルカ

424

67

10

浅野拓磨

ボーフム

663

70

11

パトリック

G大阪

2106

69

12

D・オリヴェイラ

FC東京

2450

78

13

チアゴ・サンタナ

清水

3191

96

14

エウベル

横浜FM

2864

84

15

上田綺世

鹿島

1754

66

16

金子拓郎

札幌

3212

101

17

武藤嘉紀

神戸

1138

90

18

マルシーニョ

川崎

706

66

19

柿谷曜一朗

名古屋

2414

86

20

土居聖真

鹿島

2782

86

21

レオ・セアラ

横浜FM

1732

66

22

K・ユンカー

浦和

1303

67

23

大迫勇也

神戸

881

89

24

アダイウトン

FC東京

2304

73

25

宇佐美貴史

G大阪

2523

82

  • FW部門Jリーグ勢Top3 ダミアン・家長昭博・前田大然が2021年度ベストイレブン賞を受賞
  • B点1位はレアンドロ・ダミアンで他の選手を圧倒 72ポイント獲得(31得点、10アシスト)。リーグ戦23ゴールでJリーグ得点王を分け合った前田大然は49点(23得点、3アシスト)、3位がパトリックで48点(23得点、2アシスト)、上田綺世も頑張って39点で全体4位。
  • 20-21年度欧州勢B点1位は浅野拓磨の52点、2位が伊東純也の40点であったが、Jリーグ勢も全く引けを取らない。因みに、21-22年度欧州勢で突っ走るのが古橋亨梧。16試合消化時点で27点。残り試合は22試合。ケガがなければ64点のペース

なお、20-21年度欧州勢の活躍度ランキングはこちら!【20-21年度】欧州組サッカー選手ランキング、最も活躍した選手は? 

R

選手名

B点

LP

CP

合計

1

古橋亨梧

27

25

50

230

2

L・ダミアン

72

15

60

224

3

堂安 律

7

40

70

196

4

家長昭博

26

15

60

188

5

伊東純也

13

30

30

188

6

南野拓実

8

50

100

183

7

前田大然

49

15

30

182

8

マテウス

34

15

25

171

9

久保建英

2

50

40

162

10

浅野拓磨

1

50

30

152

11

パトリック

48

15

20

152

12

D・オリヴェイラ

38

15

20

151

13

チアゴ・サンタナ

30

15

10

151

14

エウベル

22

15

30

151

15

上田綺世

39

15

30

150

16

金子拓郎

17

15

15

148

17

武藤嘉紀

18

15

25

148

18

マルシーニョ

6

15

60

147

19

柿谷曜一朗

21

15

25

147

20

土居聖真

15

15

30

146

21

レオ・セアラ

33

15

30

144

22

K・ユンカー

36

15

25

143

23

大迫勇也

13

15

25

142

24

アダイウトン

28

15

20

136

25

宇佐美貴史

15

15

20

132

 

主なサッカー関連記事

ランキング

▼ Jリーグ

海外日本人選手

▼ 2022W杯アジア予選・カタールW杯

 

おわりに

250名以上の選手を調査したのでデータ収集にかなりの時間がかかった。しかし、実力度ランキングができ上がって最も嬉しかった点は、2021年度ベストイレブン受賞者がイニエスタ選手を除いて全て本ランキングのJリーグ勢上位に名を連ねていたこと。

  • ランゲラックは本記事GK部門ランキング2位
  • 山根視来ジェジエウ谷口彰悟はDF部門でそれぞれ1位、3位、4位
  • 旗手怜央稲垣祥脇坂泰斗はMF部門で1位、2位、3位
  • ダミアン家長昭博前田大然はFW部門で1位、2位、3位

独自の視点で計算した実力度ランキングであるが、ほぼ10名を的中させたので、同じ算出方法で来年も挑戦してみたい。

次回は21-22年度欧州リーグ終了後の5月末から6月初旬に欧州勢主体でJリーグ勢は参考程度に本実力度ランキングを作成しますのでよろしくお願いします。