Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、英語・TOEIC学習、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

英語は間違えれば間違えるほど上手くなる

再び、デイビット・セイン氏の著書を使って英語を紹介します。前回は「日本人のヘンな英語を読めば正しい英語を簡単に覚えられる」でネイティブにはちょっとヘンに聞こえる日本人の使う英語を紹介。

今回は「日本人のちょっとヘンな英語2:日本人のあるある英語編」で紹介されている日本人の間違いやすいものを厳選して取り上げます。

セイン先生も強調されているが、英語は間違いを恐れずにどんどん使ってみることが上達のコツ。ミスすることで記憶に残り、結果として正しい表現が覚えられるからだ。英語をただ暗記するだけでは面白くも楽しくもない。

それより「間違えて当然」という意識を持って、「だったら、ネイティブはこんなシチュエーションではどんな表現をするの?」という感覚で学べばより楽しくなるし、覚えるのも早くなると思う。 

それでは、早速、20例を紹介しましょう。 

日本人のあるある英語編の紹介

 

  • 表紙のタイトルは『爆笑! 英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語2 日本人のあるある英語編』
  • 6章150ページ。1時間程度で読める

 

ご購入希望の方はこちら!

 

適切な表現を考えてみよう!

 

次の表現は間違っているか誤解される可能性がある英語。正しい、あるいは、より適切な表現を考えてみましょう。

 

1.「新宿に行きたいんですけど」と訊かれて

駅まで送りましょう

I’ll send you to the station.

(            )

 

2.新宿駅に向かう途中

何の先生ですか?

What kind of teacher are you ?  

(            )

 

3.一通りの挨拶が終わって

おかけください

Sit down, please.

(            )

 

4.同僚に「大丈夫?」と訊かれて

気分が悪い 

I feel bad.

(            )

 

5.デパートの店員に

これを試着してもいいですか?

Can I wear this?

(            )

 

6.担当が不在なので代りに

どのようなご用件でしょうか?

What do you want ?

(            )

 

7.ちょっと同僚の様子が気になって

どうしたんですか?

What’s your problem?

(            )

 

8.友人から「 What's new? 最近どう?」と訊かれて 

運転免許をとったんです

I took a driver’s license. 

(            )

 

9.騒がしいレストランで自分が招待した客に

注文しますか?

Do you want order ?

(            )

 

10.電車の中で

窓を開けて頂けませんか?

Could you open the window ?

もちろんです

I’m willing to help.

(            )

 

11.機内で

毛布を貸してくれませんか?

Could I take a blanket ?

(            )

 

12.混んでいるレストランで

どのくらい待たなあかんの?

How long do we have to wait ?

(            )

 

13.ホームパーティーに招待する友人に

「手ぶらで来てね!」と伝えたる

Don’t bring anything with you.

(            )

 

14.職場の人事異動で

ボスが変わったんです

My boss changed.

(            )

 

15.パーティーが終わってホストから

今日はいかがでしたか?

How was the party?

(            )

 

16.待ち合わせで3時に着こう、という意味で

3時に行きましょう

Let’s go there at 3:00.

(            )

 

 

どのように意味が異なるか考えてみましょう。

 

17. 彼女と遊んだが

I played tennis with her.

I played with her.

 

18.「取締役はいらっしゃいますか」と電話がかかってきて

He left office

He left the office.

 

19.「 彼女はどこ?」訊かれて

She is in the hospital.

She is at the hospital.

 

 

適切な返答表現をリストアップしましょう。

 

20.資料を作成しているあなたに同僚が

プレゼンまでに間に合うかな?

Do you have time to prepare the materials before the presentation?

間に合うと伝える適切な表現は?

 

 

解答編 

 

会話のシーンをイメージして英文とセットにすると覚えやすい。

 

適切な表現を考えてみよう!

 

1.駅まで送りましょう。

I’ll send you to the station.

sendは物や手紙などを送る場合に使う単語。

I’ll take you to the station. 〇

車で

I’ll drive you to the station.

一緒に歩いて

I’ll walk you to the station.

 

2.何の先生ですか?

What kind of teacher are you ?  

これでは「それでも先生ですか」と伝わる。

What do you teach ? 〇

 

3.おかけください。

Sit down, please.

これでは生徒に「座りなさい」と指示しているニュアンス。

Please have a seat. 〇

 

4.気分が悪い 

I feel bad.

「悪いと思っている」、「後悔している」の意味合い

I don’t feel very well. 〇

I’m not feeling so well.

 

5.これを試着してもいいですか?

Can I wear this?

「このまま着て持ち帰る」の意味が含まれるので誤解の元。

Can I try this on ? 〇

I’d like to try this on.

 

6.どのようなご用件でしょうか?

What do you want ?

うるさい相手に「何か用?」という意味で使う。

How can I help you ? 〇

How may I help you ?

 

7.どうしたんですか?

What’s your problem?

相手の機嫌次第では「何か気に入らないの?」と責める感じ

Is everything okay ? 〇

What’s the matter ?

 

8.運転免許をとったんです。

I took a driver’s license.

「運転免許を盗んだ」の意味

I got my driver’s license. 〇

 

9.騒がしいレストランにて自分が招待した客に

注文しますか?

Do you want order ?

「静かにさせようか?」と伝わってしまう。orderは名詞形で「規則・秩序」

Would you like to order ? 〇

 

10.電車の中で

窓を開けて頂けませんか?

Could you open the window ?

もちろんです。

I’m willing to help.

「まあ、かまいませんけどね・・・」と伝わる

I’d be happy to help. 〇

 

11.機内で

毛布を貸してくれませんか?

Could I take a blanket ?

「持って帰っていい?」と思われてしまう。

Could I have a blanket ? 〇

 

12.混んでいるレストランで

どのくらい待たなあかんの?

How long do we have to wait ?

「どのくらい待たせるつもりよ」と不満を言っている印象

How long do we need to wait ? 〇

 

13.ホームパーティーに招待する友人に

「手ぶらで来てね」と伝える

Don’t bring anything with you.

ちょっと命令的な口調。

Just bring yourself. 〇

 

14.職場の人事異動で

ボスが変わったんです。

My boss changed.

ボスの性格が変わったというふうに捉えられてしまう。

I have a new boss. 〇

 

15.パーティーが終わって主催者から

今日はいかがでしたか?

How was the party?

It was good.

パーティーはまあまあでした。

It was great. 〇

素晴らしかったと言えれば

Please come again.

又、来て下さいね、となる。

 

16.待ち合わせで3時に着こう、という意味で

3時に行きましょう。

Let’s go there at 3:00.

「3時に出発するのかな」と誤解されてしまう。

Let’s get there at 3:00. 〇

Let’s be there at 3:00.

 

どのように意味が異なるか考えてみましょう。

 

17.彼女とテニスをした

I played tennis with her.

もし tennisを省略したら・・・

I played with her.

彼女と性的な関係を持った?と勘ぐられる可能性がある。

 

18.「取締役はいらっしゃいますか」と電話がかかってきて、

He left office

彼は辞任した。

He left the office.

彼は社外です(退社しました)。

 

19.どちらも病院にいるのは間違いないが、

She is in the hospital.

彼女は入院している。

She is at the hospital.

彼女は病院にいる(働いているのかも?)。

 

 

適切な返答表現をリストアップしましょう。

 

20.資料を作成しているあなたに同僚が

プレゼンまでに間に合うかな?

Do you have time to prepare the materials before the presentation?

間に合うと伝える適切な表現は?

Yesを強く言うと「わかったよ」と怒った感じを与える

より良い表現は、

もちろん。

Sure.

Of course.

No problem. など

 

 

【英語関連記事の紹介】

 

 (Part1~Part6もあります)

 

 

おわりに

 

 

「間違いを恐れずに会話しましょう」と言われても私たち日本人には簡単なことではない。間違ったら「周りの日本人にヘタな英語を聞かれるので恥ずかしい」と思うからだ。

余談だが、大昔の留学時代、よく夢の中に中学時代の仲間が登場したものだ。彼ら同級生は皆英語をペラペラ話す。誰一人「恥ずかしい」という意識は持っていない。さらに「間違っている」「間違っていない」、そんなことを考えるやつは一人もいない。普通に英語を話している。

現実にはそんなふうにいかないことは百も承知だが、正しい英語を話そうとする意識を失くせば英語を話すことにさほど抵抗を感じなくなるはず。英語の世界だけ「当たって砕けろ!」が通じないはずはない。

今の日本ならネイティブと英語を話す機会は作ろうと思えば作れる。相手は外人だ。日本人ではないので恥ずかしがる理由はない。さらに、レベルアップする度に海外旅行で試すのはいかがでしょうか?

少しでもお役に立てたなら幸いです。