なでしこジャパン:ランキング10位キープは2つの理由で極めて重要

なでしこジャパン:ランキング10位キープ、この10位キープが何故重要かご存知でしょうか?結論から言うと「東京五輪サッカーでベスト4に入る為の必須条件」だからだ。

12月13日、FIFA女子ワールドカップ2019フランス大会終了後3回目のFIFA女子ワールドランキングが発表されたが、なでしこジャパンのランキングは予想通りで前回9月発表と同じく10

それでは、FIFA女子ワールドランキングTop10キープが重要な理由を考察しましょう。

なお、なでしこジャパン関連記事、

  1. NWSL永里:大活躍中の永里はチームをチャンピオンに導く!?
  2. 東京五輪:メダルを獲る為に招集すべきメンバー(海外組から3名)

また、東京五輪サッカー競技の特集、

  1. W杯・五輪データを調べたら勝利への道があった!:こちら   
  2. 東京五輪の出場国・メンバー・結果予想を楽しもう
  3. 東京五輪開催前:日本と出場国の最新情報特集:こちら  

もご覧いただければ幸いです。

最新ランキング表(2019年12月13日)

上位陣のランキングの変動は少なかったが、イングランドとカナダはポイントを大きく失った。前回はイングランドとスェーデンは5位タイ。イングランドはブラジルとドイツに負けて19ポイントも失った。その結果6位へ後退。一方、ブラジルはポイントを稼いで11位から9位へ躍進。

 

チーム

今回

前回

1

USA

2174

2180

-6

2

ドイツ

2078

2064

14

3

オランダ

2035

2036

-1

4

フランス

2033

2031

2

5

スウェーデン

2022

2020

2

6

イングランド

2001

2020

-19

7

オーストラリア

1963

1965

-2

8

カナダ

1958

1976

-18

9

ブラジル

1956

1931

25

10

日本

1942

1937

5

11

北朝鮮

1940

1940

0

12

ノルウェー

1929

1925

4

 

東京五輪出場or出場予想国のランキング考察

USAとカナダの出場は未決定だが、東京五輪出場は決まっているも同然。アジアからはオーストラリアと中国(or 韓国)の可能性が高い。なお、主な出場(予想含む)国の最新試合情報はこちらをどうぞ!

 

USAは国際親善試合4試合

  • 韓国 2-0
  • 韓国 1-1
  • スウェーデン 3-2
  • コスタリカ 6-0

3勝1分けなのに6ポイント減。韓国との引き分けが期待値を下回った?

 

オランダはUEFA欧州女子選手権4試合

  • スロバニア 4-2勝
  • ロシア 2-0勝
  • トルコ 0-8勝
  • スロバニア 4-1勝

4勝なのに1ポイント減。期待値に届かなかった? 

 

スウェーデンはUEFA欧州女子選手権2試合とアメリカとの親善試合

  • ハンガリー 5-0勝
  • スロバキア 7-0勝
  • アメリカ 3-2負

アメリカに負けはしたが期待値通りという事で2ポイント増?

 

イングランドはUEFA欧州女子選手権2試合とドイツ・ブラジルとの親善試合

  • ブラジル 1-2負
  • ポルトガル 1-0勝
  • ドイツ 1-2負
  • チェコ 2-3勝

下位チームに対して辛勝なのでポイント減。それにトップ10との試合に負けているのでこれまたポイントを失った。合計19ポイント減で6位後退。

 

オーストラリアはチリとの親善試合

  • チリ 2-1勝
  • チリ 1-0勝

格下相手に2勝したがポイントは-2。しかしカナダがポイントを大幅に落としたので7位浮上。

 

カナダはいずれも親善試合

  • なでしこジャパン 4-0負
  • ブラジル 4-0負
  • ニュージーランド 3-0勝

アウェイとは言え、日本戦、ブラジル戦の大敗がひびいて18ポイント減。ニュージーランドからの勝利は+-ゼロポイントというところだろう。

 

ブラジルは親善試合だが強豪国との2試合に勝利

  • イングランド 1-2勝
  • ポーランド 1-3勝
  • カナダ 4-0勝
  • 中国 0-0 PK負

25ポイントアップしたが、イングランド戦アウェイの勝利でかなりポイントを稼いだ。結果11位から2ランクアップの9位。元アメリカ代表監督のピア・スンドハーゲ(Pia Mariane SundhageがW杯直後の7月末にブラジル女子代表監督に就任してからかなり粘り強くなった。

 

なでしこジャパン

  • カナダ 4-0勝
  • 南アフリカ 2-0勝

カナダ戦の勝利でかなりポイントを稼いだ(+9?)が南アフリカ戦で期待値に届かずポイントを失った(-4?)。結果は5ポイント増。なお、E-1選手権優勝で10~15ポイント稼いだでしょう。

 

北朝鮮は試合なし

当然ポイント変わらなかったが、ブラジルと日本がポイントを上げたためブラジルと入れ替わり11位へ後退。なお、北朝鮮は東京オリンピックアジア予選に参加しないと発表した。

 

なでしこジャパンはTop10の座をキープできる?

これから先、大会がないのでポイントを稼ぎにくいが、2020年3月SheBelievesカップに招待された。ここで2位以上に入ればそれなりのポイントを稼げる。3月発表時点で8位くらいまでアップする可能は十分ある。ただし、例年、Top10内の強豪国が参加するので全敗の可能性もある。

 

東京五輪でメダル獲得にはTop10キープが必須条件

Top10キープー1つ目の理由

12チーム出場となった過去3回の五輪成績を分析すると、

  • Top10外のチームのグループリーグ(GL)突破の確率は23%
  • Top10チームのGL突破の確率は91%
  • Top10外のチームのメダル獲得はない

さらに過去4回のW杯でもTop10チームしかメダルを獲得していない。詳細はこちらをどうぞ!

 

なでしこジャパンと同組になるチームは?

なでしこジャパンはE組、そのE組で戦う強豪国は2チーム。出場国の中でランキングが3~5番目のチーム、そして、6~8番目のチーム。残り1チームはかなり格下のチームになるので無視して良い。

 2020年3月に発表されるFIFA女子ワールドランキングが組み合わせのベースになるが、ランキング予想は現在と同じ。

  • アメリカ 1位
  • オランダ 2位
  • スウェーデン 5位
  • イングランド 6位
  • オーストラリア 7位
  • カナダ 8位
  • ブラジル 9位
  • 日本 10位

 従って、なでしこと同組になるのは、

  • スウェーデン or イングランド
  • カナダ or ブラジル (or ニュージーランド)

詳細はこちらをどうぞ!

 

FIFA女子ワールドカップ2019直後のランキング記事

www.ippo-san.com

 

 

おわりに 

 

JFAの壮大なプラン、 

  • 2021年度から女子サッカーのプロ化
  • 2023年度FIFA女子ワールドカップ開催

これらを進めるには東京五輪での活躍が大きく左右する。そのためにはメダル獲得は必須。何故なら、

  • 女子サッカーの人気回復(すでに欧米では人気沸騰)
  • プロ化
  • FIFA女子ワールドカップ誘致(日本、ブラジル、オーストラリアなどが立候補)
  • ファンのみならず海外選手にとっても魅力あるプロリーグ設立

これらが達成できてこそ活気あるプロリーグになると考える。単になでしこリーグの名前だけを替えたようなプロリーグでは成功はおぼつかない。

JFAはもちろん東京五輪代表なでしこメンバーの責任は重い。 

Top10キープー2つ目の理由

東京五輪で金メダルを獲ること。これは目標ではない必達すべきノルマである。ノルマを達成すれば間違いなくFIFA女子ワールランキング5位以内になる。そうなれば誇り高いワールドクラスのプロリーグとなり得る。

勝ち取れ、東京五輪金メダル!