Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、英語・TOEIC学習、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

【エア旅行】古代ローマ建築の傑作、ポン・デュ・ガール水道橋

今回の旅では夜の観光に出かけることが多い。前日のカルカッソンヌシテ見学もそうであったが、この夜も民宿先にチェックインしてからポン・デュ・ガールに向かう。

夜の観光では美術館等の施設入場はできないが、3つのメリットがある。

1つ目入場無料。ポン・デュ・ガールも閉館した後の入場は無料。この時期、日没は9時過ぎ。それまでは十分に明るい。

2つ目は夜に観光するので暑さ対策に良いこと。日中の散策では汗をかくが、夜間の散策で汗をかいた記憶はない。

3つ目、これが最大のメリット。観光客がグッと少なくなること。

時計は午後7時を回っている。それでは古代ローマ建築の傑作ポン・デュ・ガール水道橋の「エア旅行」を楽しみましょう。 

ポン・デュ・ガール Pont du Gard

 

ポン・デュ・ガールの村

 

  • 人口 1,850人
  • 平均標高 52m
  • 年間観光客:100万人以上
  • アヴィニョンから西へ直線距離で22km、モンペリエから北東に直線距離で65km

 

ポン・デュ・ガール水道橋

 

紀元50年頃、ユゼスの水源からニーム約50㎞の導水路として建設された3層の水道橋でローマ人の土木建築技術レベルの高さを物語る。

ガルドン川にかかる巨大な橋で600年以上に渡って飲料水を運ぶ。1985 年に歴史的価値からユネスコの世界遺産に登録される。 

 

水道橋のデータ

 

  • 下層:6つのアーチ   長さ142m 幅6m、高さ22m
  • 中層:11のアーチ  長さ242m、幅4m、高さ20m
  • 上層:35のアーチ  長さ275m、幅3m、高さ7m (導水路)

 

 

ポン・デュ・ガール水道橋周辺散策

 

観光案内図

 

右下の駐車場 P からはほぼ1km。入場口を通り抜け遊歩道を歩いていると二股に分かれる。このあたりから水道橋が木々の間から見え隠れする。ガルドン川の方角は頭に入っているので左手の道を選ぶ。水道橋の姿がどんどん大きくなる。歩く事、5分、ついに手前までやってきた。

 

(ポン・デュ・ガールのサイトより)

f:id:Ippo-san:20200606075704p:plain

   

高さに圧倒される。水道橋の手前からカシャッ

 

f:id:Ippo-san:20200606075635p:plain

 

水道橋から100mほど下った川辺の大きな石の上からカシャッ

 

f:id:Ippo-san:20200604095930p:plain

 

もう少し水道橋に近寄ってカシャッカシャッ

 

f:id:Ippo-san:20200604101038p:plain

 

f:id:Ippo-san:20200604100530p:plain

 

水道橋の下まで戻りカシャッ

 

f:id:Ippo-san:20200604100432p:plain 

 

3層目の通路を通って反対側の川辺へ降りる。

100mほど下ったところからカシャッ

 

f:id:Ippo-san:20200604170547p:plain

 

すこし薄暗くなるが、お構いなしにカシャッ

何とか写っていてよかった。

 

f:id:Ippo-san:20200604101452p:plain

  

少し移動してカシャッカシャッ

 

f:id:Ippo-san:20200606075551p:plain

 

f:id:Ippo-san:20200604101627p:plain

 

橋まで戻り2層目のアーチをカシャッ

 

f:id:Ippo-san:20200604101659p:plain

 

突然空の様子がヘン。今まで見たことのない雲だ。やばい、雷雨になるかも、という事でポン・デュ・ガールを後にする。

 

f:id:Ippo-san:20200604101729p:plain

 

  

ユゼス Uzes へ向かう

 

こんな時間だからユゼスの水源を見ようという意図はない。夕食のため15km北のユゼスへ車を走らせる。食事をしたのはオー・エルプ広場にある地元客で賑わうレストラン。

お客さんはロシアワールドカップのドイツ対スウェーデン戦を大画面で見ながら食事と会話を楽しんでいる。

 

f:id:Ippo-san:20200604102022p:plain

 

 

水道橋はライトアップされていた?

 

実は、食後、ライトアップされた水道橋が見れるかも知れない、という事で再度観光に向かう。23時半ころだ。今度は観光案内図の左下の駐車場 P にとめる。しかし、水道橋は見えるもののライトアップはされていない。遅かったのかな?残念!

 

 

ガルドン川下流の風景

 

ガルドン川ローヌ川の支流のひとつでこの先12km南でローヌ川に合流。やがてカマルグ湿地帯を通り地中海に注ぐ。                     

散歩に出かける。水面には雲が映っている。実に穏やかな朝の風景だ。

 

f:id:Ippo-san:20200604102423p:plain

  

 

ルムーランの民泊先

 

実際は写真よりもお城っぽいイメージの家。

 

f:id:Ippo-san:20200606075510p:plain

 

 

アヴィニョンからポン・デュ・ガールへの行き方(バス)

 

こちらの記事をどうぞ!

 

www.ippo-san.com

 

ポン・デュ・ガールの公式観光案内サイト

 

www.pontdugard.fr

 

 

【エア旅行関連記事】

 

  

【海外旅行・フランス旅行関連記事の紹介】

 

観光地への行き方お得な情報(航空券・ダイナミックパッケージ・持ち物チェックリスト・移動手段検索・お土産・割引入場券など)の概要とアクセス先の紹介)

 

 

おわりに

 

 

カルカッソンヌよりもポン・デュ・ガールの方がよく知られていると思う。観光資源としては水道橋のみ。しかし、古代ローマ時代の歴史的建造物であり古代建築の傑作に魅かれる。

古代ローマ時代の建造物をいくつか見てきた。ポンペイ遺跡、ローマのコロッセオ、リヨンの古代ローマ劇場跡、北イタリア・アオスタの古代ローマ遺跡群、そしてアヴィニョンの隣のアルルの古代ローマ劇場円形闘技場

徒歩圏内に複数の遺跡が見れるのはアルルアオスタだ。しかし、保存状態という視点から考えるとポン・デュ・ガールは傑出している。

ポン・デュ・ガール水道橋の「エア旅行」、いかがでしたか?

アヴィニョンまで来たら、是非、訪れてみて下さい。