クイズ de ネイティブの英語表現の使い分けを復習

これまでデイビッド・セイン先生の本をたくさん紹介してきましたが、特に日本人の間違いやすい英語表現について復習できるよう7冊の本からリストアップしました。 

皆さんの良く知っている間違いやすい英語表現ばかりをクイズ形式で紹介。使い分けのポイントもつけていますので復習にちょうど良いと思います。 

本記事で紹介する表現以外にもたくさんありますが、リストに加えられないのが残念。詳しくお知りになりたい方は、セイン先生の本をご覧ください。

「日本人の知らないネイティブ英会話 130 のルール」より

 

記事

 

 

 

質問1

 

ホストに「パーティーは楽しかった」と伝えるのにどちらがより適切な表現でしょうか?

 

I had a great time at your party.

I had a good time at your party.

 

質問2

 

友人に「妻は料理がいまい」と言うのにどちらがより適切な表現でしょうか?

 

My wife is a great cook.

My wife is a good cook.

 

ポイント

自分や身内には 謙遜の goodを使う

相手をほめる場合は greatや fantastic を使う

 

正解

順に great、good

 

 

質問3

 

What are you doing(何しているの?)と尋ねて、

次のどちらの返答をもらったら話しかけても大丈夫?

 

Watching TV.

Just watching TV.

 

ポイント

Just があると「話していいよ」という気遣いが込められている

 

正解

Just watching TV.

 

 

質問4

 

ちょっと具合の悪そうな同僚をみて声をかけるとしたらどちらの表現が適切?

 

What’s the matter?

What’s the matter with you?

 

ポイント

with youをつけると「おまえ、一体何やってんだ?」「何考えているんだ?」を表す。

 

正解

What’s the matter?

 

 

質問5

 

上司に

Do you think you’ll be able to finish by Friday?

(金曜日までに終えられそうかな?)

と訊かれて返答する時のより適切な表現は?

 

I’ll try.

I’ll do my best.

 

ポイント

I’ll try. には「ムリだと思うけど」というネガティブな結果予測を含む表現。

 

正解

I’ll do my best.

 

 

質問6

 

電話が鳴っているので「自分がでる」と伝えたい。適切な表現は?

 

I will get it.

I’ll get it.

I am going to get it.

 

ポイント

I will は強い意志、I’ll は今決めたことI am going to は前もって決めていることに使う表現。

 

正解

I’ll get it.

 

 

質問7

 

ディナーに招待され、珍しい料理をみて言う場合、どちらの表現が適切でしょう?

 

What’s that?

What’s this?

 

ポイント

that を強調して言うと「それは何?」ではなく、「それ、何!? なんか気持ち悪い~」というニュアンスに使われることが多い。

 

正解

What’s this?

 

 

 「英会話 その勉強ではもったいない!」より

 

記事

 

  

 

質問8

 

「その電車に乗ることができた」の適切な表現はどちら?

 

I was able to catch the train.

I could catch the train.

 

ポイント

過去に可能であった能力を表す場合には could一度きりの可能な動作は was / be able toで表す。

 

正解

I was able to catch the train.

 

 

質問9

 

「(たとえ嫌でも)3時までにこのレポートを仕上げなくてはいけない」に適した表現は?

 

I must finish this report by 3:00.

I have to finish this report by 3:00.

I need to finish this report by 3:00.

 

ポイント

mustは最も強い義務や必要性を表す、have to は外的要因により「・・・せざるを得ない」と嫌がるニュアンスneed to は「・・・しなくては」という一般的な義務を表す。

 

正解

I have to finish this report by 3:00.

 

 

質問10

 

「前もって飛行機を予約したほうがいい」と軽いアドバイスをするのに適した表現は?

 

You should book your flight in advance.

You’d better book your flight in advance.

 

ポイント

had betterは「・・・したほうがいいぞ(さもないと大変なことになる)」と警告に近いニュアンスをもつ。

 

正解

You should book your flight in advance.

 

 

質問11

 

食事の席でお酒をすすめられて断るのに適した表現は?

 

No, thank you.

I’m fine.

 

ポイント

No thank you.は強い拒絶に聞こえる。やんわり丁寧に断れる表現は I’m fine.

 

正解

I’m fine.

 

 

質問12

 

上司に訊かれて「もう少しで終わりそうです」と答えるのに適切な表現は?

 

I almost finished.

I’m almost finished.

 

ポイント

I almost finished. は「もう少しで終わりそうだったのに(終わらなかった)」という意味。

 

正解

I’m almost finished.

 

 

質問13

 

「ハンバーガーいかがですか?」と尋ねるのに適切な表現は?

 

Would you like a hamburger?

Would you like hamburger?

 

ポイント

a hamburgerは「1個、2個と数えられる」が hamburger は冠詞がないので「数えられない不定形」のハンバーグを指す。

 

正解

Would you like a hamburger?

 

 

「英文法、ネイティブがもっと教えます」より

 

記事

 

 

 

質問14

 

「どうぞお座りください」と言う場合の適切な表現は?

 

Please sit down.

Please have a seat.

 

ポイント

Please sit down はかなり高圧的で相手をけん制するようなイメージhave a seat は控えめで冷静・客観的な視点での表現

 

正解

Please have a seat.

 

 

質問15

 

恋人に「昨晩、君の夢を見たよ」と言うのにふさわしい表現は?

 

Last night, I dreamed about you.

Last night, I had a dream about you.

 

ポイント

「have a xxx」は控えめで冷静・客観的な視点での表現

 

正解

Last night, I dreamed about you.

 

 

質問16

 

テーブルの上にあるお茶をすすめるのに適した表現は?

 

Do you want a cup of tea?

Would you like a cup of tea?

 

ポイント

Would you like~? は仮定法なので、おそらくテーブルの上には何も用意されていない状況がイメージされる。目の前にお茶が入ったティーポットが置かれていて「あとは注ぐだけ」の場合は Do you want~?

 

正解

Do you want a cup of tea?

 

 

「もしもネイティブが中学英語を教えたら」より

 

記事

「ネイティブが中学英語を教えたら」間違いなく楽しくなる!(前編)

「ネイティブが中学英語を教えたら」間違いなく楽しくなる!(後編)

 

 

質問17

 

富士山の高さを訊く場合、どちらが適切でしょうか?

 

How high is Mr. Fuji? 

How tall is Mt. Fuji?

 

ポイント

「How high・・・」はネイティブにはぽっかり浮かんだイメージ。即ち、(地面から離れて)高いところにあるイメージ。一方、tallは「背(身長)が高い」というイメージ

 

正解

How tall is Mt. Fuji?

 

 

質問18

 

「英語を話しますか」と訊くのに適切な表現は?

 

Can you speak English?

Do you speak English?

 

ポイント

Can you・・・? は実は相手の能力に言及している失礼な言い方。能力でなく習慣として話すかを尋ねるならば、現在形の Do you・・・? を使う

 

正解

Do you speak English?

 

 

質問19

 

「私は宿題をやらなければいけない」と言う場合、どちらが適切でしょうか?

 

I have to do my homework.

I must do my homework.

 

ポイント

must は自主的に「~せねばならないのだ」。 外的な要因で何とかしなくてはいけない場合、have to を使うと「嫌々な感じ」が出せる

 

正解

I have to do my homework.

 

 

質問20

 

「私はとてもおなかがへっている」と言う場合、どちらが適切でしょうか?

 

I’m very hungry.

I’m really hungry.

 

ポイント

客観的な very主観的な really考えや感想を述べる際にreallyを使う。

 

正解

I’m really hungry.

 

 

質問21

 

「いい旅でしたか?」と尋ねる場合、どちらが適切でしょうか?

 

Have you had a nice trip?

Did you have a nice trip?

 

ポイント

「まだ動作が完了していない」なら現在完了形に。「動作が終わったあと」なら過去形

 

正解

Did you have a nice trip?

 

 

「マンガで分かる形容詞・副詞」より

 

記事

「マンガで分かる形容詞・副詞」からネイティブの使い方を学ぼう

 

 

質問22

 

「彼は食品を冷凍するうまい方法を発明した」と言う場合、どちらが適切でしょうか?

 

He invented a clever way to freeze food.

He invented a wise way to freeze food.

 

ポイント

wise は「経験に基づいた人生の知恵」というニュアンスを含む「賢さ」。clever は「巧妙な」「頭の回転がよい」という意味。

 

正解

He invented a clever way to freeze food.

 

 

質問23

 

「今日は、これが最後の授業です」と言う場合、どちらが適切でしょうか?

 

This is the last lesson today.

This is the final lesson today.

 

ポイント

final は「次がない/決定的に終わる」という意味の最後。last はある連続した順序の中の最後で「完結」を示してはいない場合の使い方。

 

解答

This is the last lesson today.

 

 

質問24

 

「映画に行ける時間が滅多にありません」と言う場合、どちらが適切でしょうか?

 

I seldom have time to go to the movies.

I hardly have time to go to the movies.

 

ポイント

seldom は「頻度・回数」を表し「発生が滅多にないこと」を伝える。hardly は「量・程度」が少ないことを表す。

 

正解

I seldom have time to go to the movies.

  

 

「英文法、ネイティブが教えるとこうなります」より

 

 記事

英文法、2時間の復習で自信を取り戻そう!

 

 

質問25

 

「手伝おうか?」と言う場合、どちらが適切でしょうか?

 

Do you need some help?

Do you need any help?

 

ポイント

some は「ある」という肯定的な返事を予期any は「ない」という否定的な返事を予期して使い分ける。any を使うと冷たいやつと思われる。

 

正解

Do you need some help?

 

 

質問26

 

「今年は新しいことにチャレンジするぞ!」と言う場合、どちらが適切でしょうか?

 

I will try something new this year.

I will challenge something new this year.

 

ポイント

日本語と違い「新しいことに挑戦する」には try を使う。challenge は「異議を唱える」「抗議する」という挑戦的な言葉。

 

正解

I will try something new this year.

 

 

「ざんねんな学校英語」より

  

 

[rakuten:book:19239988:detail]

 

質問27

 

「彼はなぜお坊さんになったの?」と訊く場合、どちらが適切でしょう?

Why did he became a monk?

How come he became a monk?

 

ポイント

Why~?は否定的なニュアンスを含むので、失礼な印象になることもある。ただ、尋問には Why を使う。会話の中で尋ねる時は、What makes や What brings、 How come などを使う。

 

正解

How come he became a monk?

余談:今でも思い出す。18歳、高校レスリング代表(親善試合)の日本選手団に潜り込んでアメリカ初入国。入国審査官に「Why did you come to USA?」と訊かれたが、聞き取れなかった。私を見て審査官は「こいつレスラーじゃないな」と感じて問いただしたのだろう。同僚が質問の意味を教えてくれたので助かった。

 

 

質問28

 

「これを速達で送りたいのですが」と伝える場合、どちらが適切でしょう?

I want to send this by express.

I'd like to send this by express.

 

ポイント

I want to~は人に頼むためのフレーズではなく、「私は~したい」と言う自己発信的な表現 I 'd like to~は、「~したい」と伝えつつ、相手に暗に対応をお願いする表現

 

正解

I'd like to send this by express.

 

 

質問29

 

名前を訊きたいとき、どちらが適切でしょう?

(名乗ってから訊きましょうね)

What's your name?

Could I have your name?

 

ポイント

What's your name?(名前は何だ?)は感じの悪い言い方で Who are you?(誰だ?)と同じくらい失礼な表現。

 

正解

Could I have your name?

 

 

質問30

 

「どういたしまして」と伝える場合、どちらが適切でしょう?

You're welcome.

My pleasure.

 

ポイント

 You're welcome. は冷たい響き。 

 

正解

My pleasure.

 

 

おわりに


[rakuten:espritline:10000276:detail]

 

いかがでしたか?これまで紹介した記事をお読みいただきた方には、簡単だったかもしれませんが、少しでもプラスになったなら幸いです。

「間違いやすい英語表現を間違えてはいけない」という事ではありません。英会話で一番大事なのは「トライ」する事。間違いを恐れずにトライして下さい。

もし、自分の英語表現が気になったときは「Did I say it right?」と尋ねれば、たいてい、丁寧に応えてくれるでしょう。頑張って下さい!