東京五輪男子サッカー:優勝国予想、日本代表の可能性は?

東京五輪サッカー競技開幕まで残り3カ月を切った。東京五輪日本代表は金メダル獲得をにしているが、その可能性はどうなのだろう?

日本代表に関してこれまでに過去の五輪サッカー競技データなどを根拠に「決勝ラウンド進出に必要なGS成績は?」及び「メダルの可能性60%、その条件は?」の記事で1次ラウンドに必要な成績などを考察。

本記事では、4月21日の組み合わせ抽選会の結果「日本はフランス・メキシコ・南アフリカと同組」を考慮したうえで、過去2年間の金メダル候補同士の直接対決などをベースに優勝国を予想

金メダル候補はブラジル、アルゼンチン、メキシコ、そして日本に絞りました。フランス・スペインなどを候補にあげる人がいますが、過去6回の五輪で欧州勢の優勝はありません。その理由は本文で紹介します。

なお、本記事は6月度の国際試合の結果で踏まえて更新する予定。

推定市場価値10M€以上の国別五輪世代選手

 

東京五輪出場国で推定市場価値10M€以上の選手を二人以上抱える国をリストアップ。フランスが断トツで多いですね。

(2021年4月1日現在)

出場国

選手数

フランス

51

ブラジル

29

スペイン

21

アルゼンチン

16

ドイツ

9

メキシコ

2

日本

2

この表を見るかがり、「フランス最強」と考えるが、キリアン・ムバッペ(160M€)選手は五輪出場を決める2年前のUEFA U-21欧州選手権に出場していない。また、スペインのミケル・オヤルサバル(70M€)選手は同選手権に出場したが、レアル・ソシエダの主力なったが現在、クラブが五輪出場を認めるとは思えない。

 

フランス・ドイツ・スペインの優勝はない、どうして?

 

所属クラブが有力選手の五輪出場を拒否

国別に推定市場価値10億円以上の選手一覧をみたが、有力選手のほとんどは五輪に参加する事はないだろう。特にヨーロパのクラブに所属している選手はほぼ無理。詳細は「東京五輪においても欧州勢の優勝はない」をご覧ください。

 

推定市場価値10M€以上の五輪出場選手 

東京五輪登録メンバーの発表は6月末頃になると思いますが、発表され次第、推定市場価値10M€以上の出場選手を掲載予定。

(2021年6月??日現在) 

出場国

人数

選手名

フランス

 

 

ブラジル

 

 

スペイン

 

 

アルゼンチン

 

 

ドイツ

 

 

メキシコ

 

 

日本

 

 

 

決勝トーナメント表をみれば日本のメダル獲得の可能性は高い

 

日本のメダル獲得の可能性は60%と書いたが、その変更はない。1次ラウンドでA組1位でも2位でも準々決勝で対戦する相手はB組の2位又は1位。

 

f:id:Ippo-san:20210422134723p:plain

準々決勝進出予想

  • A組から日本とメキシコ(フランスと南アフリカが敗退)
  • B組から韓国とホンデュラス(ニュージーランドとルーマニアが敗退)
  • C組からスペインとアルゼンチン(エジプトとオーストラリアが敗退)
  • D組からブラジルとドイツ(コートジボワールとサウジアラビアが敗退) 

 

準決勝の対戦相手を考えるとA組は1位でも2位でもどちらでもよい

A組1位通過なら準々決勝は韓国かホンデュラス、準決勝はおそらくアルゼンチンかスペインだが、A組2位通過なら準々決勝は韓国かホンデュラスに変わりはないが、準決勝でブラジルかドイツに当たる可能性が高い。

どちらにしても東京五輪日本代表のこれまでの国際試合などの実績を考えれば、ブラジルとアルゼンチンは勝てない相手ではない。

過去の五輪と同様、スペインとドイツはベストメンバーを組めない。しかも19-21 UEFA U-21欧州選手権予選メンバー主体で平均年齢22歳未満のチームとなるだろう。

ただ、気になるのはルーマニア。1964年東京五輪以来の56年ぶりの出場と合って国に挙げてベストメンバーで臨むかもしれない。そうなると国内選手だけ推定市場価値1M€以上の選手は10名以上いるので韓国よりはるかに強力なチームとなる。

  

優勝候補同士の直接対決(H2H)で日本の実績をチェック

 

エジプトと韓国は大陸間での国際親善試合が2試合だけなので省略。また、ブラジルとアルゼンチンの五輪南米予選決勝戦は消化試合でしかも大陸間の試合でないので除外。

 

日本

対戦相手

得点

失点

2019

メキシコ

2

2

 

ブラジル

1

1

 

メキシコ

0

0

2020

ブラジル

3

2

2021

アルゼンチン

0

1

 

アルゼンチン

3

0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

勝点

得点

失点

合計

9

9

6

平均

1.5

1.5

1.0

 

メキシコ

対戦相手

得点

失点

2019

日本

2

2

 

アルゼンチン

2

2

 

アルゼンチン

1

1

 

日本

0

0

2021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

勝点

得点

失点

合計

4

5

5

平均

1.0

1.25

1.25

 

アルゼンチン

対戦相手

得点

失点

2019

メキシコ

2

2

 

メキシコ

1

1

2021

日本

1

0

 

日本

0

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

勝点

得点

失点

合計

5

4

6

平均

1.25

1.0

1.5

 

ブラジル

対戦相手

得点

失点

2019

日本

1

1

 

日本

2

3

2020

韓国

3

1

 

エジプト

1

2

2021

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

勝点

得点

失点

合計

4

7

7

平均

1.0

1.75

1.75

 

優勝候補同士の結果比較、日本が半歩リード

 

試合数が違うので1試合平均で比較

まとめ

勝点

得点

失点

日本

1.5

1.5

1.0

メキシコ

1.0

1.25

1.25

アルゼンチン

1.25

1.0

1.5

ブラジル

1.0

1.75

1.75

 

この数字がそのまま実力を反映しているとは言い難いが、日本が半歩リード

  • 日本:最少失点率で1位。3月26日のアルゼンチン戦でもほぼ圧倒されていたにもかかわらず失点1。固い守備が大舞台で最も重要
  • メキシコ:引き分けばかりだが、攻守のバランスのとれた負けないチーム
  • アルゼンチン:以外にも得点が少ない。攻撃が課題
  • ブラジル:得点も失点も多い。守備が課題

 

こうして見ると最強は日本のようだ。もちろん、OA選手が加わったチームで戦うことになるだろうから、上記の実績が五輪優勝予想にそっくり当てはまるとは思わないが、現時点では日本が半歩リード、しかし「4チームとも優勝可能性は20%とくらい」と言っておこう。

 

日本が金メダル筆頭候補になるには

 

① 早いタイミングでのOA融合

東京五輪サッカー日本代表:メダル獲得可能性60%の条件は?」で述べたが、DF重視のOA選考早いタイミングでのOA融合が条件。これができれば、連係プレーなど16カ国で最も高いチーム力が備わる。

 

② 6月の強化試合におけるOA招集実績

全力でメダルを狙う国は、6月の国際Aマッチデー期間にOA候補を加えた五輪世代の強化試合を組むはず。

金メダルの狙うなら当然のことだが、6月の五輪日本代表の強化試合にOA選手を招集するようだ。しかし、ほとんどの国はそうしないだろう。

この点を注目して6月の強化試合の結果を「東京五輪サッカー男子:出場国の予選結果・最新試合情報」に追記、そしてOA招集実績を下記に掲載します。

 

6月の強化試合におけるOA招集実績

後日記載します。

出場国

OA

日本

 

メキシコ

 

アルゼンチン

 

ブラジル

 

 

7月からのOA招集では遅すぎる

6月の期間を逃すとOA選手と五輪世代選手の融合できる時間はなくなる。あってもそれは五輪開催直前のWarm-up Match(調整試合)の2試合だけ。

リオ五輪では五輪日本代表チームにOA選手が加わったのはブラジルに移動してからの2試合だけ。結果、メダルを期待されたリオ五輪代表チームは1次ラウンドで敗退。詳細は「東京五輪男子サッカー:現状では金メダルへの扉は開けられない、どうする? 」をご覧ください。

いずれにしても日本が金メダルの筆頭候補になるには

この2点が必要条件と考える。そうなれば金メダルの可能性は30%とみる。

 なお、現時点で私が考えているOAを含む東京五輪サッカー日本代表18名は「東京五輪男子サッカー:日本代表メンバーはこれで決まり?」をご覧ください。

 

おわりに 

 

 

金メダル候補のアルゼンチンは直近の五輪4大会で2度優勝している。2004年と2008年。この2大会はOA選手を招集している。ところが2016年の大会ではOA枠を使わず(使えず?)ベスト16で敗退。

東京五輪ではどうか? 既に3月の日本との親善試合でOA選手(GK)を起用したのは記憶に新しいが、この点からもアルゼンチンの本気度(金メダル狙い)がわかる。

ところが日本はこのアルゼンチン戦にOA招集なし。日本代表の生命線はチーム力。これを磨きあげる時間を減らしてしまったのは非常にもったいない。

そのロスを取り戻すために6月の五輪代表強化試合をもう1試合(6月15日)増やしてOA選手と五輪世代の融合を完成させてほしいものだ。

いずれにせよ、東京五輪優勝候補のうち、どのチームが6月の国際AマッチデーにOA候補を招集するかどうか、この点に注目しましょう。

いかがでしたか? お役に立てたでしょうか? 東京五輪男子サッカー優勝候補予想の参考にして頂ければ幸いです。

 

【ランキング・東京五輪などの記事一覧】

 

リーグ

2021年度版サッカーリーグランキング:Jリーグは世界で何位?

クラブ

2021年度版クラブ世界ランキング川崎F、ついにアジア1位

【2021年度版】欧州サッカークラブのランキング日本人選手

【2021年度版】Jリーグクラブのランキング:川崎、断トツの1位

【2021年度版】AFCチャンピオンズリーグ出場クラブのアジアランキング

選手

【2021年度版】日本人サッカー選手推定市場価値、Top50川崎勢8名

【2021年度版】Jリーガーの推定市場価値ランキング五輪世代躍進

【2021年度版】東京五輪日本代表候補の市場価値ランキング三苫32倍アップ

【2021年度版】外国籍Jリーガー市場価値ランキング、1位は?

【2021年度版】U23市場価値DFランキング:冨安健洋選手の移籍金と時期?

2021年度版】U20市場価値ランキング、久保建英選手は世界何位?

【2021年度版】サッカー日本代表選手の実力度を独自の視点でランキング

■ Jリーガーの活躍度ランキング、しかしプレーヤースタッツが不十分

 

【海外日本人サッカー選手】

■ 2020-2021:欧州チャンピオンズリーグで戦う日本人選手の活躍

■ 2020-2021:UEFAヨーロパリーグ 羽ばたけ!若きサムライ

■ 守田英正選手は 川崎フロンターレブランド確立の立役者となる

■ 海外でプレーしている 現・元なでしこサッカー代表メンバー

■ 女子W杯2019 永里優季のなでしこ代表復帰は消滅

       

【東京五輪サッカー関連】 

東京五輪女子なでしこジャパンの組み合わせ決定、イギリス、カナダと同組

■ 東京五輪女子メダルを獲る為に招集すべきメンバー(海外組から3名)

■ 東京五輪女子なでしこジャパンメンバーはこれで決まり?

東京五輪女子なでしこジャパン決勝トーナメント進出確率は91%!

■ 東京五輪女子なでしこジャパンのメダルの可能性は17%

■ 東京五輪男子日本代表メンバーはこれで決まり?

■ 東京五輪男子組み合わせ抽選のポット分け決定

■ 東京五輪男子組み合わせ決定、日本はフランス・メキシコ・南アフリカと同組

■ 東京五輪男子決勝ラウンド進出に必要なGS成績は?

東京五輪男子決勝トーナメント進出国予想

■ 東京五輪男子日本代表:メダルの可能性60%、その条件は?

■ 東京五輪男子サッカーU-23日本代表候補20名リストアップ

■ 東京五輪男子サッカーOA枠活用DF重視が金メダルへの道!

■ 東京五輪男子現状では金メダルへの扉は開けられない、どうする?

■ 東京五輪男子OA枠活用はDF重視が金メダルへの道!

■ 東京五輪男子オーバーエイジ候補選びは戦略ファースト

■ アルゼンチン戦:U-24日本代表メンバーは国内組から三苫薫ら16名

まとめ記事

■ 過去のW杯・五輪データ分析で知る勝利への道

■ 組み合わせ・メンバー・優勝など予想

■ 日本と出場国の強化試合などをチェック

  

【日本代表・W杯アジア2次関連】  

■ 2022年W杯アジア2次・最終予選は見どころいっぱい、日程・試合結果

■ アジア2次予選:モンゴル戦日本代表メンバーは欧州組9名、国内組14名