東京オリンピックサッカー:今回も欧州勢の優勝はない!?

皆さん、オリンピックでは欧州勢の優勝がないことはご存知ですか?。そんなはずはない・・・とお思いでしょうが、1992年バルセロナ五輪(OA枠導入前)でのスペインの優勝を最後に連続6大会優勝していません(東京五輪でも理由は別にして欧州勢の優勝はありませんでした)

FIFAワールドカップでは過去4大会連続で優勝している欧州勢、東京オリンピックではどうなるでしょうね?欧州勢以外の国が優勝する確率は100%?と言うことは日本にもチャンスがある?

それでは東京オリンピック優勝国予想のため、オリンピックの歴史を振り返りながらメダル獲得国なども合わせて紹介します。   

オリンピック成績上位3カ国(1996年~)

 

過去6回のオリンピックサッカー競技の成績

  • 南米勢:優勝3回、準優勝3回、3位3回 どの大会でもメダル獲得
  • アフリカ勢:優勝2回、準優勝1回、3位1回 4大会でメダル獲得
  • 欧州勢:準優勝2回、3位1回 メダル獲得は3大会のみ
  • 北中米勢:優勝1回
  • アジア勢:3位1回 

下記の表でお分かりと思うが、OA枠が採用されてからの五輪での欧州勢の優勝はない。まさしくジンクスである。

2020

東京

     

2016

リオデジャネイロ

ブラジル

ドイツ

ナイジェリア

2012

ロンドン

メキシコ

ブラジル

韓国

2008

北京

アルゼンチン

ナイジェリア

ブラジル

2004

アテネ

アルゼンチン

パラグアイ

イタリア

2000

シドニー

カメルーン

スペイン

チリ

1996

アトランタ

ナイジェリア

アルゼンチン

ブラジル

1992

バルセロナ

スペイン

ポーランド

ガーナ

1988

ソウル

ソ連

ブラジル

西ドイツ

1984

ロサンゼルス

フランス

ブラジル

ユーゴスラビア

1980

モスクワ

チェコスロバキア

東ドイツ

ソ連

1976

モントリオール

東ドイツ

ポーランド

ソ連

1972

ミュンヘン

ポーランド

ハンガリー

ソ連

1968

メキシコ

ハンガリー

ブルガリア

日本

  

1996年大会からオーバーエイジ枠が認められる

 

1992年バルセロナ大会から23歳以下の選手で構成するチームが出場することになったが、1992年のバルセロナ大会で集客が伸びなかったため1996年大会でOA選手の出場をFIFAがしぶしぶ了承。それ以来今日に至っている。

 

1980年まではソ連・東欧諸国がメダルを独占

 

IOCは1984年のロサンゼルス大会からプロ参加を容認。但し、ワールドカップ予選および本大会に出場した選手の出場は認められなかった。

それまではステート・アマ(名目上プロ選手ではないが国や企業から報酬・物質的援助・身分保障をされ競技に専念できるスポーツ選手)を擁するソ連・東欧などがメダルを独占

1964年東京大会から1980年モスクワ大会までの5大会においてソ連・東欧以外の国で唯一メダルを獲得したが国が日本。ただ、日本も「企業アマ」選手。

 

欧州はオリンピックサッカーを軽視

 

こうしたIOCとFIFAの対立が現在の欧州サッカークラブのオリンピック軽視につながっている。

現在でも欧州はオリンピック予選を実施していない。2年間にわたって開催されるUEFA U-21欧州選手権の上位4カ国に五輪出場権が与えられるが、オリンピックが開催される年には24歳になる選手も含まれている。

さらに欧州クラブに所属する有力選手のオリンピック参加は所属チームの許可が必要。そのため優秀な五輪世代のほとんどはオリンピックに参加できない。これがメダルを獲れない主因である。

 

オリンピックでは欧州勢以外が活躍

 

欧州外では優秀な五輪世代でも国内クラブ所属選手が多い。また、国内リーグに優秀なオーバーエイジ候補も沢山いる。従ってほぼ最強のオリンピックチームを作れる

さらに、「オリンピックで活躍すれば欧州移籍はもはや夢ではなくなる」。この点が大きなモチベーションとなり、ここ6大会で南米勢とアフリカ勢がオリンピックで活躍している。一方、

 

FIFAワールドカップでは欧州勢がメダルを独占

 

オーバーエイジ枠が認められた1996年以降のワールドカップでは、欧州勢のメダル獲得数は実に18個中15個(6大会x3個)。これは欧州勢が優秀な五輪世代をオリンピックに出場させていない実態の証しと言える。

さらに、1980年まではソ連・東欧諸国が五輪でメダルを独占していたにも拘わらず、1966~1982年のワールドカップでメダルを獲れたソ連・東欧諸国はポーランドのみ(2回)。

今も昔もオリンピッックとワールドカップの成績は、少なくても、欧州大陸連盟内ではほとんどリンクしていないと言える。

 

 

開催国

優勝  準優勝  3位 

2018

ロシア

フランス

クロアチア

ベルギー

2014

ブラジル

ドイツ

アルゼンチン

オランダ

2010

南アフリカ

スペイン

オランダ

ドイツ

2006

ドイツ

イタリア

フランス

ドイツ

2002

韓国・日本

ブラジル

ドイツ

トルコ

1998

フランス

フランス

ブラジル

クロアチア

1994

アメリカ

ブラジル

イタリア

スウェーデン

1990

イタリア

西ドイツ

アルゼンチン

イタリア

1986

メキシコ

アルゼンチン

西ドイツ

フランス

1982

スペイン

イタリア

西ドイツ

ポーランド

1978

アルゼンチン

アルゼンチン

オランダ

ブラジル

1974

西ドイツ

西ドイツ

オランダ

ポーランド

1970

メキシコ

ブラジル

イタリア

西ドイツ

1966

イングランド

イングランド

西ドイツ

ポルトガル

 

東京オリンピックで欧州勢の優勝はあるか?

 

欧州からは、フランススペインドイツ、そしてルーマニアが出場するが、OA枠でスター選手が出場するのは考えにくいので五輪世代(現在23歳以下に限定)の推定市場価値を調べてみた。

(2021年4月1日現在)

 

フランス

  • 10M€以上51名(世界一の若手タレントの宝庫) 

スペイン

  • 10M€以上21名 

ドイツ

  • 10M€以上9名 

ルーマニア

  • 10M€以上では1名
  • 1M€以上では20名

トップクラスの五輪世代が東京オリンピックに出場するかどうかは微妙だが、仮にフランスが推定市場価値10M€以上の五輪世代選手を多数招集できれば間違いなく優勝候補筆頭となるだろう。 

なお、東京五輪にメンバー登録された出場国の市場価値はこちら!(東京五輪サッカー:出場国のチーム市場価値ランキング、日本は何位?」。

 

フランスは思うように招集できなかったが、スペインは予想に反して実力選手をそろえた。まさしくドリームチーム。ワールドカップカタール大会に向けて経験を積ませるためのようだ。

スペインはオヤルサバルほか欧州選手権に出場したメンバー6名を召集。1992年バルセロナ五輪以来の金メダル獲得に超本気モードだが、欧州選手権出場メンバーらは疲労困ぱいで実力通りのパーフォーマンスは無理でしょう。

それでもスペインは決勝戦でブラジルと対戦、残念ながら銀メダルとなった

 

優勝候補の大本命は?

 

ブラジル

  • 10M€以上29名

アルゼンチン

  • 10M€以上16名

メキシコ

  • 10M€以上2名
  • 1M€以上40名

エジプト

  • 10M€以上0名
  • 1M€以上2名

コートジボワール

  • 10M€以上0名
  • 1M€以上2名

南アフリカ

  • 10M€以上0名
  • 1M€以上2名

日本

韓国

  • 10M€以上1名
  • 1M€以上2名

こうしてみるとやはりブラジルアルゼンチンメキシコ、そして日本が優勝候補と言える。加えて招集メンバー次第でフランス、スペイン、ドイツ。

しかし、ほとんどの国が五輪直前になってオーバーエイジを加えた急造チームで臨む。そういうチームでは1人で守備網を突破できる力のあるFWを擁した国が強い。

日本には個の力で守備網を突破できるFWはいないが、最大の強みはチーム力。日本がオーバーエイジを含めた五輪候補チームで強化試合を重ねれば優勝候補の大本命となるだろう。  

 

まとめ

 

 

 

ワールドクラスの選手が多数参加すれば東京オリンピックサッカー競技はかなり盛り上がるだろう(IOCの願望)。しかし、プロ選手が五輪に出場することでワールドカップの存在意義が薄まるのを恐れるFIFA。

欧州にはU-23選手でさえ五輪出場を拒否したクラブがある。リオ五輪でもスイス・スーパーリーグのヤングボーイズ所属のU-23日本代表FW久保裕也の五輪参加がクラブに拒否されている。

東京オリンピックではどうなるのか? おそらくこれまでと変わらない。多くの優秀な五輪世代は参加できないだろう。

となると、日本金メダル獲得条件は、

  • チーム力(成熟度)アップ
  • 海外組五輪世代招集

これらの2点に大きく左右されそうだ。