【2021年度版】U20市場価値ランキング、久保建英選手は世界何位?

(2021年2月17日掲載:2121年10月7日リライト)

推定市場価値ランキングで日本人サッカー選手3位の久保建英選手は現時点で15M€久保選手と同世代で15M€を超える選手は何人いるのだろう?ということでU20市場価値 世界ランキング50位までを調査。

2回目の調査となったが、ここ8カ月で3分の2の選手が入れ替わった。当然のことながら上の世代に移った選手に替わり多くの18・19歳の選手がTop50入り。

市場価値そのものは前回と比べてやや下がったが、ほとんど変わらない点が2つある。一つは、Top50の選手の多くは、ビッグクラブに集中。もう一点は、サッカー強豪国に集中していること。

それでは久保選手と同じ世代の市場価値世界ランキングTop50を紹介しますが、本記事のターゲットはパリ五輪世代の市場価値ランキング。次回更新する時(2021年2月頃)はU21世代を紹介することになるでしょう。

U20市場価値世界ランキング

 

f:id:Ippo-san:20211007102607p:plain

U20世代では500人だけリストアップされているが、その内Top50を紹介。なお、選手の実績は今シーズン10月6日時点の全公式試合対象とした。

 

主な選手

  • 1位は欧州選手権決勝トーナメント史上最年少出場で東京五輪でも活躍したバルセロナの18歳ペドリで前回比10M€アップの80M€。スペイン代表で10試合1A。連戦がたたって今シーズンはケガであまり出場できていない
  • 2位はバイエルンの20歳アルフォンソ・デイヴィスで5M€ダウンの70M€。カナダ代表として25試合9G14A。誕生日の関係でパリ五輪予選の出場資格なし。
  • 3位はアーセナルの20歳ブカヨ・サカで5M€アップの65M€。イングランド代表で11試合2G3A
  • 4位はバルセロナの18歳アンス・ファティで20M€ダウンの60M€。スペイン代表で4試合1G。今シーズンはケガなどでわずか3試合57分1Gのみ
  • 5位はRマドリードの18歳エドゥアルド・カマヴィンガで5M€ダウンの55M€。フランス代表史上最年少デビューなど3試合1G。今シーズンは13試合466分1G1A
  • 最年少はドルトムント所属のカメルーン出身16歳 Youssoufa Moukoko ユスファ・ムココで8M€アップの18M€でU20世代ランキング35位。ドイツU21代表。今シーズン8試合161分1A

 

項目説明

  • R:ランキング 
  • M€:市場価値で1M€は1.29億円

 

P:ポジション説明

(Transfermarktでは SS、RW、LW、CFがフォワード扱い)

  • GK:Goal Keeper
  • CB: Center Back
  • RB: Right Back
  • LB:Left Back
  • DM: Defensive Midfield
  • RM:Right Midfield
  • LM: Left Midfield
  • CM: Central Midfield
  • AM: Attacking Midfield
  • RW: Right Wing
  • LW: Left Winger
  • SS: Second Striker
  • CF: Center Forward 

 

ランキング

市場価値データは2021年10月7日現在。ただし、パリ五輪世代以外のU20選手は取り消し線で表示。なお、英字表記の選手は今回新たにTop50入りした選手。

追記:10月13日発表では久保選手の市場価値は5M€のダウンの10M€でランキングも75位へ後退

R

選手名

P

国籍/所属

M€

1

ペドリ

CM

西/バルセロナ

80

2

アルフォンソ・デイヴィス

LB

加/バイエルン

70

3

ブカヨ・サカ

LM

英/アーセナル

65

4

アンス・ファティ

LW

西/バルセロナ

60

5

エドゥアルド・カマヴィンガ

CM

仏/Rマドリード

55

6

ジュード・ベリンガム

CM

英/ドルトムント

55

7

メイソン・グリーンウッド

RW

英/マンU

50

8

フロリアン・ヴィルツ

AM

独/レバークーゼン

45

9

Nuno Mendes

LB

葡/PSG

40

10

ウェスレイ・フォファナ

CB

仏/レスター 

40

11

Jamal Musiala

AM

独/バイエルン

38

12

Giovanni Reyna

AM

米/ドルトムント

38

13

ロドリゴ

RW

伯/Rマドリード

35

14

Ryan Gravenberch

CM

蘭/アヤックス

33

15

ハドソン・オドイ

RW

英/チェルシー

32

16

Bryan Gil

LW

西/トットナム

30

17

Curtis Jones

CM

英/リヴァプール

30

18

セルジーニョ・デスト

RB

米/バルセロナ

30

19

Benoit Badiashile

CB

仏/モナコ

28

20

ラヤン・シェルキ

AM

仏/リヨン

27

21

Jeremy Doku

RW

ベルギー/レンヌ

26

22

Ilaix Moriba

CM

西/ライプツィヒ

25

23

ファビオ・シウヴァ

CF

葡/ウルヴァーハンプトン

25

24

ドミニク・ショボスライ

LM

ハンガリー/ライプツィヒ

25

25

ガブリエウ・マルティネッリ

LW

伯/アーセナル

22 

26

Thiago Almada

AM

Argentina/サルスフィエルド

20

27

Karim Adeyemi

AM

独/ザルツブルグ

20

28

Eric Garcia

CB

西/バルセロナ

20

29

Josko Gvardiol

CB

クロアチア/ライプツィヒ

19

30

Rayan Ait Nouri

LB

仏/ウルヴァーハンプトン

18

31

Amad Diallo

RW

伊/マンU

18

32

Noni Madueke

RW

英/PSV

18

33

Khvicha Kvaratsukhelia

LW

ジョージア/ルビン・カザン

18

34

William Saliba

CB

仏/マルセイユ

18

35

Youssoufa Moukoko

CF

独/ドルトムント

18

36

Adam Hlozek

CF

チェコ/スパルタ・プラハ

17

37

Jurrien Timber

CB

蘭/アヤックス

17

38

Reinier

AM

伯/ドルトムント

16

39

Gabriel Veron

RW

伯/パルメイラス

16

40

Charles De Ketelaere

CF

ベルギー/クラブ・ブルッヘ

16

41

Ander Barrenetxea

LW

西/R ソシエダ

15

42

Yeremi Pino

LW

西/ビジャレアル

15

43

Michael Olise

AM

仏/クリスタル・パレス

15

44

Harvey Elliott

RW

英/リヴァプール

15

45

Yunus Musah

RW

米/バレンシア

15

46

Billy Gilmour

CM

スコットランド/ノリッジ

15

47

75

久保建英

RW

日本/ヘタフェ

15

10

48

Kayky

RW

伯/マンC

14

49

Myron Boadu

CF

蘭/モナコ

14

50

Odilon Kossounou

CB

Cote d'Ivoire/レバークーゼン

13

 

久保建英選手と同じRWを主戦場とするライバル

 

久保選手の今シーズンの成績は6試合415分。一方、同じRWを主戦場とするライバルはTop50最多の11名。そして久保選手はRW限定で10番目。RWTop5のライバルは、

  • メイソン・グリーンウッド   マンU、9試合724分3G
  • ロドリゴ   Rマドリード、10試合295分1G
  • ハドソン・オドイ    チェルシー、5試合347分
  • ジェレミー・ドク Jeremy Doku    レンヌ、4試合232分
  • アマド・ディアロ Amad Diallo    マンU、今シーズンの出場実績なし

 

国籍別U20世代トップ50選手

注意:アフリカ出身の選手のほとんどは2重国籍だが、ヨーロッパの国を国籍としてカウント

9カ国で40名(占有率80%)

  • イングランド 7名
  • スペイン          7
  • フランス          7
  • ブラジル          5
  • ドイツ       4
  • USA           3
  • オランダ      3
  • ポルトガル        2
  • ベルギー            2

 

パリ五輪ホスト国フランスには相変わらず有望な若手が多い。自国開催と言う事で彼らの多くはパリ五輪に出場することでしょう。今後の成長が楽しみ。

イングランドやドイツなどのサッカー強豪国には有望な若手が多いが、気になるのはイタリア。現時点ではTop50にランキングされているのはアマド・ディアロのみ。

有望な若手選手層からワールドカップを展望するとフランス、イングランド、ブラジルの将来は明るい

注目すべきはアメリカ。ここ数年、若手の有望選手が欧州でプレーするようになってきた。いずれワールドカップの優勝候補の1つになるでしょう。

  

所属クラブ別U20世代トップ50選手

 

12クラブで30名(占有率60%)

  • ドルトムント      4名
  • バルセロナ                      4
  • ライプツィヒ       3
  • ウルヴァーハンプトン   3
  • Rマドリード                     2
  • マンU         2
  • リヴァプール     2
  • バイエルン      2
  • アーセナル                        2
  • モナコ           2
  • レバークーゼン                2
  • アヤックス                        2 

ドルトムントは若手を成長させてビッグクラブへ売却するというクラブ経営戦略(ビジネスモデル)を進めている。私たちの知る例では2010年、セ大阪らか0.35M€で獲得した香川真司選手を2012年にマンチェスターUtdへ16M€で売却。

ドルトムントは若い才能に投資することで2012年からの7年間で522億円の売却益を得ている移籍市場の“天才”クラブ。このビジネスモデルで将来も安泰のようだ。

才能あふれるタレントは日本にも沢山いる。Jリーグにもドルトムントのようなクラブがあってもいいのでは?

 

パリ五輪世代の日本人選手

 

パリ五輪世代の日本人選手では久保建英選手以外はあまり知られていない。それでも所属クラブでレギュラーとして活躍している選手が10数名いる。下記の記事ではTop40名を紹介。合せてご覧いただければ幸いです。

www.ippo-san.com

 

おわりに

 

[rakuten:nike-official:10000805:detail]

 

U20市場価値ランキングTop50選手はわずか9カ国に集中(占有率80%)。この占有率はU20世代に限ったことではない。今後のFIFAワールドカップを展望すると9カ国以外の国がW杯で優勝するのは非常に厳しい

一方、若手有望株の多くは欧州ビッグクラブに所属。そんなビッグクラブでもチャンスを活かして活躍している。故に、ビッグクラブの将来は安泰と言えるでしょう。

皆さん、どんな世界でも若手の活躍には感動を覚えますね。一緒に応援しましょう!

 

紹介:ランキング・海外選手・アジア最終予選などの記事

 

▼ 男子サッカーランキングなど

【2021年度】サッカーリーグランキング:Jリーグは世界で何位?

■【2021年度】クラブ世界ランキング:川崎F、ついにアジア1位!

【2021年度】欧州サッカークラブのランキング日本人選手

【2021年度】Jクラブランキング:川崎Fは国内で断トツ1位、アジアでも首位

■【21-22】欧州CLグループリーグ突破、ランキング上位クラブが独占?

【2021年度】AFCチャンピオンズリーグ出場クラブのアジアランキング

■【2021年度】日本人サッカー選手推定市場価値ランキングに変化、1位は?

【2021年度】Jリーガーの推定市場価値ランキング五輪世代躍進

■【2021年度】U20(パリ五輪世代)市場価値ランキング、久保建英選手は世界何位?

■【2021年度】パリ五輪世代の日本人選手市場価値ランキング

【2021年度】外国籍Jリーガー市場価値ランキング、1位は?

【2021年度】U23市場価値DFランキング:冨安選手20M€へUp、移籍金と時期?

2021年度】サッカー日本代表選手の実力度を独自の視点でランキング

【2021年度】欧州組サッカー選手ランキング、最も活躍した選手は?

■ Jリーガー活躍度ランキング、しかしプレーヤースタッツが不十分

2021ACL決勝トーナメント情報川崎PK敗け、名古屋グランパスに期待

 

▼ 海外日本人サッカー選手

2021-22 UEFAリーグCL・EL・ECL出場の日本選手一覧と出場実績

21-21UEFA女子チャンピオンズリーグ、熊谷紗希、岩渕真奈の活躍は?

■ 守田英正選手川崎フロンターレブランド確立の立役者となる

■ 海外女子選手現・元なでしこサッカー代表メンバーの活躍をチェック

 

▼ 女子サッカーランキング・なでしこジャパン

女子サッカー:リーグランキング、世界最高峰のリーグは?

女子サッカークラブ世界ランキングと海外日本人選手所属クラブ

WEリーグ成功のため FIFA女子ランキングTop5入りを目指せ!

 WEリーグと 海外女子サッカーリーグとの圧倒的な違い

 なでしこジャパン東京五輪敗因の真相を推察、なぜ弱体化した?

 

▼ 日本代表・W杯アジア2次関連

■ 2022年W杯アジア2次・最終予選は見どころいっぱい、日程・試合結果

■ カタールW杯アジア最終予選 日本代表の日程・対戦成績・結果など

W杯アジア最終予選森保ジャパンの先発メンバーが変わらない理由