欧州CL決勝トーナメントはランキング上位クラブが独占!アジアは?

2020年12月10日、欧州CL(チャンピオンズリーグ)戦のグループステージが終了。ベスト16決定。2021年2月16日から決勝トーナメントが始まる。

一方、アジアチャンピオンズリーグ戦は、東地区の1位決定戦(蔚山現代対ヴィッセル神戸)の勝者と西地区勝者のペルセポリスが決勝戦を戦う。19日には2020年度AFCチャンピオンが決まる。

本記事では、欧州とアジアチャンピオンズリーグにおけるベスト16進出クラブとランキングの関連性を紹介します。

ベスト16に進んだクラブを見ると欧州ではほぼクラブ世界ランキング通りの結果であることが分る。なお、ランキングの情報源はこちら:footballdatabase

これが分かったからといって役に立つようなことはないが、スポーツベッティングをしている方には、各種大会の優勝予想(outrights)などにかなり参考になると思う。

それでは詳しく見てみましょう。

欧州チャンピオンズリーグ

(2021年2月14日現在:1月1日比Top10に変動、リヴァプール、リーグ戦成績を反映して2位から9位に後退)

f:id:Ippo-san:20210214164949p:plain

4大リーグ(スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ)からはそれぞれ2019-20シーズン上位4チームが予選免除でチャンピオンズリーグに参戦できるが、ラウンド16(決勝トーナメント1回戦)に進んだのは、16チーム中14チーム。

  • イングランド 3チーム
  • スペイン   4チーム
  • イタリア   3チーム
  • ドイツ    4チーム

さすが、4大リーグだ。

なお、番狂わせ(世界ランキング上位なのにグループリーグ敗退)は、B組のインテル(9位)のみ。この組ではインテルとシャフタル・ドネツク(15位)が敗退。24位のボルシアMGが決勝T進出。

また、当然のことながら死の組(ランキング16位内のチームが3チーム)なので決勝トーナメントに進出できなかったチームは、

  • D組のアヤックス(14位)
  • H組のマンチェスターUTD(16位)

一方、F組ではラツィオ(31位)より上位のチームはドルトムント(10位)のみ。抽選に恵まれてめでたく決勝Tへ進めた。

 

グループリーグを突破した16チーム

  • Ranking:リーグ戦開始前の2020年7月19日の欧州内クラブランキング
  • 順位:欧州CLの最終順位(各組上位2チームが決勝Tへ)
  • 赤字のチームは準々決勝進出チーム

順位

A組のチーム名

Ranking

バイエルン・ミュンヘン

ドイツ

1

2

アトレチコ・マドリッド

スペイン

6

3

RBザルツブルク

オーストリア

27

 

順位

B組のチーム名

Ranking

1

レアル・マドリッド

スペイン

5

2

ボルシアMG

ドイツ

24

3

シャフタル・ドネツク

ウクライナ

15

4

インテル

イタリア

9

  

順位

C組のチーム名

Ranking

マンチェスター・シティ

イングランド

4

2

FCポルト

ポルトガル

23

3

オリンピアコス

ギリシャ

34

 

順位

D組のチーム名

Ranking

1

リヴァプール

イングランド

2

2

アタランタ

イタリア

11

3

アヤックス

オランダ

14

 

順位

E組のチーム名

Ranking

チェルシー

イングランド

19

2

セビージャFC

スペイン

13

 

順位

F組のチーム名

Ranking

1

ボルシア・ドルトムント

ドイツ

10

2

ラツィオ

イタリア

31

 

順位

G組のチーム名

Ranking

ユヴェントス

イタリア

17

2

FCバルセロナ

スペイン

7

 

順位

H組のチーム名

Ranking

1

パリ・サンジェルマン

フランス

3

2

RBライプツィヒ

ドイツ

12

3

マンチェスターUTD

イングランド

16

 

 

アジアチャンピオンズリーグ

 

アジアにおけるランキングとの関連性は、欧州チャンピオンズリーグほどでない。何しろランキング30位以下のチームがベスト16に5チーム入った(欧州では抽選に恵まれたラツィオのみ)。

現時点でのランキング上位チームでは、

  • アジア1位の昨年度AFCチャンピオンのアル・ヒラル(サウジアラビア)は、チーム内に新型コロナウイルス感染者が多数確認され今大会は失格処分となった
  • 2位の全北現代はグループリーグで敗退
  • 3位の川崎フロンターレは2019年度リーグ4位で出場権逸す
  • 6位のアル・ドゥハイルはグループリーグで敗退

 

グループリーグを突破した16チーム(東西地区8チームずつ)

  • Rank:2020年12月12日現在のアジアランキング
  • PTS(2020年7月19日現在のアジア内ランキングポイント)順に掲載

ヴィッセル神戸はリーグ戦の成績が影響してランクキングポイントを7月比41ポイントダウン。もしアジアチャンピオンとなればまさに4度の欧州チャンピオンズリーグ優勝のイエニスタ様のお蔭。トーナメント戦に強い神戸の優勝はある!

 

チーム名

Rank

PTS 

 

蔚山現代

韓国

5

1586

東1or2位

ペルセポリス

イラン

4

1584

西1位

上海上港

中国

11

1580

 

アル・ナスル

サウジアラビア

12

1570

西2位

アル・サッド

カタール

7

1569

 

パフタコール

ウズベキスタン

9

1540

西ベスト4

エステグラール

イラン

14

1532

 

アル・アハリ

サウジアラビア

21

1530

西ベスト4

北京国安

中国

10

1512

東ベスト4

横浜F・マリノス

日本

15

1504

 

FC東京

日本

30

1496

 

アル・アハリ

UAE

18

1490

 

タアーウン

サウジアラビア

63

1448

 

ヴィッセル神戸

日本

72

1413

東1or2位

水原三星

韓国

38

1407

東ベスト4

メルボルン

オーストラリア

89

1343

 

 

 

【サッカーリーグの世界ランキング】

 

詳細なリストについては世界50位+まで掲載しているこちらの記事をご覧ください。

www.ippo-san.com

  

 

【サッカークラブのランキング】

 

 

 

【サッカー選手のランキング】

 

 

 

【海外日本人サッカー選手の活躍記事】

 

      

 

【東京五輪サッカー関連記事】  

 

 

 

【日本代表・W杯アジア2次関連記事】

  

 

 

 

おわりに

 

 

欧州チャンピオンズリーグ及びアジアチャンピオンズリーグのグループステージから決勝トーナメントへ進んだクラブとランキングの関連性を調べたが、欧州とアジアでは違いがあることが分かった。アジアでは絶対的な存在のクラブが少ないのが一番の違いでしょう。

欧州ではチャンピオンズリーグの下位リーグとしてヨーロッパリーグが開催されているが、こちらでも決勝トーナメント(各組上位2チームx12組)へ駒を進めたクラブは全て各組におけるランキング上位の2チームで例外なし。なんと24チーム中21チームは欧州ランキングで50位以内のチーム。残り3チームは組み合わせに恵まれた結果の決勝トーナメント進出であった。

2021年度のAFCチャンピオンズリーグ戦には川崎フロンターレが出場するが、是非、そ圧倒的な強さをAFCでも示して欲しいものだ。もし優勝すれば、現在世界ランキング55位のアル・ヒラルを抜いて世界ランキング50位(欧州ランキングに当てれば40位くらい)が見えてくる。

今から楽しみだ!