Ippo-san’s diary

サッカー(なでしこ・日本代表・ランキング)・健康(ヨーグルトの作り方・血糖値改善記)・TOEIC無料サイト・フランス旅行・留学生受入などに関する情報を提供。お役に立てれば幸いです。

21-22 UEFA女子チャンピオンズリーグ、熊谷紗希、岩渕真奈の活躍は?

(2021年10月12日掲載:2021年12月17日更新)

21-22UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)グループ・ステージが10月6日よりスタート。熊谷紗希選手と岩渕真奈選手が出場

熊谷選手はシーズン前にオリンピック・リヨンからバイエルン・ミュンヘンへ移籍。既に不動のレギュラーとして活躍している。岩渕選手はアストン・ビラからアーセナルに移籍。リーグ戦の出場機会は少ないが、UWCL予選では4試合に出場して3得点。

本記事では熊谷・岩渕の活躍に加えて21-22UEFA女子チャンピオンズリーグ決勝戦(2022年5月22日)までの勝敗予想と実績をお伝えします。

なお、こちらも合わせてご覧いただければ幸いです。

最新ニュース

 

21-22UEFA女子チャンピオンズリーグ:グループ・ステージ

 

決勝トーナメント進出条件

各組上位2チーム

 

決勝トーナメント(ベスト8)進出予想

欧州女子4大リーグ(ドイツ・スペイン・イングランド・フランス)と他のリーグでは格差かなりあるので、欧州女子4大リーグのチームは間違いなく決勝トーナメントに進むだろう。順位は当初の予想

 

A

世界No.1のストライカー、サマンサ・カー(米国NWSL3年連続得点女王、20-21英国女子スーパーリーグ得点女王)を擁する前回準優勝のチェルシーが1位でしょう。チェルシーはヴォルフスブルクとの直接対決で大会前までは2勝1分5敗(2連勝中)。

予想:チェルシーとヴォルフスブルクが決勝T進出

結果:予想に反してチェルシーが最終節で1位から3位に転落。ユヴェントスとヴォルフスブルクが決勝T進出

チーム

勝分敗

G

D

チェルシー

3-2-1

5

11

ユヴェントス

3-2-1

8

11

 3

セルヴェットFC シェノワ

0-0-6

-23

0

 4

ヴォルフスブルク

3-2-1

10

11

 2

 

B

前回ベスト4のPSGは今シーズンも順調な滑り出し。一方、前回スペインリーグ2位のR・マドリードは今シーズンリーグ戦5試合で1勝の最悪の滑り出し。

予想:PSG、そして、不安はあるがR・マドリードが決勝T進出

結果:予想通りPSGとレアル・マドリードが決勝T進出

チーム

勝分敗

GD

ブレイザブリク

0-1-5

-18

1

4

PSG

6-0-0

25

18

1

レアル・マドリード

4-0-2

6

12

2

ジットロバッド-1・ハリコフ

1-1-4

-13

4

3

 

C

前回のCL覇者バルセロナは今期も健在。岩渕所属のアーセナルは現在リーグ戦首位で好調。2位争いはアーセナルとCL本戦初出場のホッフェンハイム

予想:FCバルセロナと期待を込めてアーセナルが決勝T進出

岩渕選手出場実績

10月6日 FCバルセロナ戦(4-1負)11分 0G 0A

10月15日 ホッフェンハイム戦(4-0勝)5分 0G0A

11月11日 ケーエ戦 1-5勝 0分

11月18日 ケーエ戦 3-0勝 ベンチ外

12月10日 バルセロナ戦 0-4敗 30分

12月16日 ホッフェンハイム戦 1-4敗  61分 0G0A

結果:最終順位は予想通りでバルセロナとアーセナルが決勝トーナメント進出。特にバルセロナの力は突出している。CL戦6試合で23得点、スペインリーグ戦では13試合75得点。PSG、リヨンとともに優勝候補の筆頭格でしょう。

チーム

勝分敗

GD

ホッフェンハイム

3-0-3

-4

9

3

FCバルセロナ

6-0-0

23

18

1

アーセナル

3-0-3

1

9

2

ケーエ

0-0-6

-20

0

4

 

D

前回準々決勝でPSGに敗れ6連覇を逃したリヨンはリーグ戦好調、熊谷前所属先オリンピック・リヨンと現所属先のバイエルン・ミュンヘンの一戦がどうなるか、非常に楽しみ。なお、直接対決の成績はバイエルンの2勝1敗。

予想:リヨンとバイエルン・ミュンヘンが決勝T進出

熊谷選手出場実績

10月6日 ベンフィカ戦(0-0分)90分 0G 0A

10月15日 ヘッケン戦 (4-0勝)90分 0G0A

11月11日 リヨン戦 2-1敗 90分 0G0A

11月18日 リヨン戦 1-0勝 90分 1G0A

12月10日 ヘッケン戦 1-5勝 76分 0G0A

12月16日 ベンフィカ戦 4-0勝 90分  0G0A

(最終順位は予想通りでリヨンとバイエルンが決勝トーナメント進出)

チーム

勝分敗

GD

オリンピック・リヨン

5-0-1

17

15

1

バイエルン・ミュンヘン

4-1-1

12

13

2

ベンフィカ

1-1-4

-14

4

3

ヘッケン

1-0-5

-15

3

4

  

21-22UEFA女子チャンピオンズリーグ:決勝トーナメント

 

準々決勝

決定次第掲載 

日程

2022年3月22日・23日

2022年3月30日・31日

予想と結果

 

 

準決勝

 

日程

2022年4月23日・24日

2022年4月30日・5月1日

 

予想と結果

 

 

決勝

 

日程

2022年5月22日

 

予想と結果

 

女子サッカーリーグ世界ランキング

 

個人的視点での女子サッカーリーグ世界ランキングであるが、世界最高峰はアメリカのNWSL、そして欧州4大リーグ(イングランド、ドイツ、スペイン、フランス)。そしてWEリーグはどのくらいのレベルなのか?詳細はこちらの記事をご覧ください。

www.ippo-san.com

 

女子サッカークラブ世界ランキング

 

これも個人的視点での女子サッカークラブ世界ランキングであるが、世界の一流プレーヤーはアメリカNWSLと欧州4大リーグに集中。そのため女子サッカークラブ世界ランキングの上位国は全てNWSLか欧州4大リーグ所属のクラブ。

とは言うものの、浦和レッズレディース日テレ・東京ヴェルディベレーザINAC神戸 レオネッサのクラブ世界ランキングは何位くらいだろうか? 詳細はこちらの記事をご覧ください。

www.ippo-san.com

 

おわりに

 

 

 

UEFA女子チャンピオンズリーグの優勝チームはおよそ1.6M€(2億円)をゲット。リウォードはそれ程でもないが、決勝トーナメント戦はワールドカップやオリンピック大会と同等の厳しい戦いとなる。

こうした大舞台の経験が個人の成長(特にメンタル面)や代表チームのレベルアップにつながる。

UEFA女子チャンピオンズリーグに出場する日本人選手は21-22年度から岩渕真奈選手が加わり熊谷紗希選手と合わせて2名となった。非常に嬉しく彼女らの活躍が楽しみ。

ただ、現在欧州でプレーする長谷川唯選手、籾木結花選手、林穂之香選手、田中陽子選手、三橋真奈選手にはもっと活躍して、UEFA女子チャンピオンズリーグ常連クラブへ移籍してほしい。

海外の日本人女子サッカー選手の活躍はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com

 

大舞台で活躍する日本人女子サッカー選手が増えることはジャパンのレベルアップにつながるので、欧州クラブやアメリカNWSLリーグに移籍する選手がもっと現われることを切に願う。

 

【なでしこジャパン・WEリーグ記事の紹介】    

 

WEリーグ・FIFAランキング

代表メンバー・世代交代

ワールドカップ・オリンピック

SheBelievesカップ