Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

スポンサーリンク

失敗しないAirBnB宿泊先選びのポイントやチェック項目 (フランス旅行)  

2018年6月のフランス旅行で15泊中AirBnB宿泊先を13泊利用した。その時に実践したAirBnB宿泊先選びのポイントやチェック項目をシェアしたい。なお、宿泊先にAirBnBサイトを検討するにはそれなりの予備知識と覚悟がいる。この点については「AirBnB体験から学んだ予約前に知っておくべき5点(フランス旅行)」で紹介済み。こちらも合わせてお読みいただければ幸いです。

それでは失敗しないAirBnB宿泊先の選び方などを具体的に紹介します。

(マントンMentonの朝の風景) 

f:id:Ippo-san:20191114174317p:plain

AirBnB掲載の宿泊先紹介は日本語だが・・・

AirBnBサイトに掲載されている宿泊先の紹介は日本語で表示される。実態は原文(フランス語)を機械翻訳している。「Google翻訳でフランス語から自動翻訳されたものですので、内容は100%正確でない場合もあります」とご丁寧に日本語訳の上に表示されている。長文になると無茶苦茶な翻訳もあるが、それでも何となく理解できる。しかし、重要な情報で不明確な場合は、AirBnBサイトの「ホストに連絡」を使ってホストと確認することをおすすめしたい。

 

AirBnB掲載宿泊先紹介の実例

これは2018年6月20日(水)に宿泊した宿泊先の現在の紹介。機械翻訳をそのまま掲載します。

www.airbnb.jp

 

エリアを探索するのに最適な場所にあり、マントンビーチ、ロクブリュネの入り江、海辺の観光スポットに近く、魅力的な中世の村のサントアニェスとゴルビオに近く、モナコ公国とイタリアからわずか15kmです。ジャグジー(ハイシーズン)とサウナへのアクセスが含まれています。朝食と夕食はリクエストに応じて。

スペース

私たちは休息とリラクゼーションを促すクールで落ち着いたインテリアデザインを提供し、リビングルームで地域に関する包括的なドキュメントを自由に利用できます。

ゲストの立入り範囲

ベッドアンドブレックファーストのお客様は、自家栽培のハーブティーを入れたリフレッシュメントトレイがあるキッチンにアクセスできます。

 

当時と同じ紹介情報かどうかはわからないが機械翻訳としては素晴らしい出来であり、内容は実態にマッチしている。当時、この宿泊先を選んだ理由はジャグジー(ハイシーズン)。ただ、宿泊した時はハイシーズンではなかったようだ。

出迎えてくれたホスト役の50~60歳のおばさんはとても親しみやすく自慢の庭園を案内してくれたのを覚えている。周囲は静かで自然に満ち溢れた環境。しかも、高台に立地しているので30mも歩けば地中海を背にしたマントン市街が一望できる。登録上「スーパーホスト」ではないが私たちはとってはスーパーホストでした。

 

失敗しない宿泊先選びのポイント

エリア(立地)

  • 予約後でないと住所は分からないがおおよその見当はつく。地図上の円の中心部分と考えて間違いない
  • 自前の移動手段(車など)を持たないのであれば駅から徒歩10分圏内が望ましい。小さな街になるとタクシーがなかなか見つからない。さらにタクシー利用となれば、約10ユーロ必要な他に1kmあたり平均1.88ユーロかかる。(田舎の駅ではタクシー会社を呼び出して場所と時間を予約して来てもらうのが一般的)

口コミ・評判

  • 宿泊先情報に明記されてなくてもここで疑問点が解消されることが多いので口コミ・評判に目を通すことをおすすめ
  • ネガティブな情報(ホスト側の突然のキャンセルなど)にも注意

スーパーホスト

  • 高い評価を得ている経験豊富なホストに与えられる称号とのこと
  • こだわる必要はないと思うが、AirBnBに登録した年月レビュー件数はチェックしたほうが良い
  • ただ、フランスでは7月と8月はバカンス最盛期。この時期の予約は早めにしたほうが良い。なお、短期間の滞在は断られやすい

 

掲載情報のチェック項目

部屋数を除きチェックポイントをリストアップ。全ての宿泊先に掲載されているとは限らないが、

アメニティ・設備

  • 特に「含まれないもの」をチェック
  • なかにはリネン類が有償のところがある
  • 必要なら洗濯機・乾燥機の有・無
  • 3人以上のグループならトイレ・シャワー数(朝、複数あると便利)
  • ベッド数では床引きマット(Futon)を含めて宿泊人数を最大限に記載しているケースもある
  • 必要なら駐車場(有料の場合や敷地外もある)

注意事項

  • チェックイン(通常16:00~21:00)とチェックアウト(朝10:00)時間のチェック
  • 日程に合わない時は、先ず、ホストに問い合わせる事、要望を聞いてくれると思う

ハウスルール・その他

  • 建物・家財破損の場合の保証金の有・無
  • 保証金の支払い時期(予約時?)

キャンセル条件

一般的には、

  • 全額返金(予約から48時間以内)
  • サービス料返金なし(予約48時間後からチェックイン数日前まで)
  • 50%返金(チェックイン数日前からチェックインまでの期間)

宿泊費

「予約する」をクリックして宿泊費の内訳をチェック

  • 一般的には基本宿泊料+清掃料金+サービス料+宿泊税
  • 清掃料金がない場合は、ハウスルールで清掃義務が記載されているかチェック。ただ、記載されていなくてもチェックアウト前に清掃したほうが良い

支払方法(VISA以外の場合)

宿泊先の外観写真

  • これは大いに役立つというよりも必須。ネットで即確認できない場合、AirBnBサイトに掲載されている写真をコピーしておく

 

質問事項

  • 予約後のホストからのメールに明確に記述されていない場合は、チェックイン・チェックアウト時刻や鍵の受け取り方、返し方の問合せする
  • 家やマンションに入るゲートは閉まっている。チェックイン前に到着予定時刻や出迎え有無を確認しておかないと敷地内に入れない
  • 気になる点・不明確な点は質問する事、など

 

まとめ

 

この記事を書くにあたって13泊した宿泊先をAirBnBサイト検索してみたら2カ所を除いて今での掲載されている。紹介情報をチェックしたが実際と相違ないので機械翻訳でもそれなりに正確に紹介されていることを確認できた。余談だが、紹介情報をチェックしながら宿泊先での記憶が頭に浮かんで懐かしく感じた。

ところでセキュリティ(鍵)に関して少し触れておきましょう。一般的に次のうち2~3の鍵を受け取る。

  • ゲート(宿泊先の8割にはゲート有り)
  • 玄関(マンションの出入り口) 
  • ガレージ(シャッター付きの場合)
  • 部屋(マンションの場合)

くれぐれも紛失しないように!

なお、地方やホストが隣に住んでいる一軒家の場合は玄関の鍵だけで、ホストが出迎えてくれるところが多い。一方、鍵の保管場所を知らせてくるホストもいる。「パスワードを使って鍵をゲットしどうぞご自由に出入りください」という趣旨だろう。このような場合ホストと顔を合わせることはない。

最後にAirBnB宿泊先を利用するにあたって失敗しないために最重要の3点だけリストアップ。

  • ホストとミュニケーションは避けられない(英語又は仏語が必須)
  • 宿泊先の立地
  • 宿泊先を探し当てるのに思っている以上の時間がかかる

この3点を理解された方にはAirBnB宿泊を強くおすすめします。

いかがでしたか?読者のみなさんのお役に少しでも立てたなら光栄です!