2022年W杯アジア2次・最終予選は見どころいっぱい、日程・試合結果など

(2019年8月25日掲載:2022年3月30日更新)

はじめに

FIFAワールドカップ2022カタール大会アジア最終予選は10試合中6試合を消化。我々の日本代表は4勝2敗でB組2位。2次予選では、8試合で46ゴールをあげたチームが最終予選では5試合でわずか5得点と想定外?の苦戦を強いられている。

本記事では、最終予選の見どころ・日程・メンバー・結果についてお伝えしますのでよろしくお願いします。

追記:7大会連続7度目のW杯出場、おめでとう!

なお、こちらの記事もご覧いただければ幸いです。

(jfaサイトより)

f:id:Ippo-san:20191116105220p:plain

 

 

アジア最終予選の見どころ・日本代表メンバー予想

 

見どころ

  • 東京五輪世代の新規招集
  • Jリーグ勢の招集

東京五輪世代の新規招集とは、従来からの日本代表である五輪世代(久保、堂安、板倉)を除いた新たな選手(田中碧、三笘薫、前田 大然、旗手怜央、上田 綺世、中山雄太など)の招集があるのか?

Jリーグ勢では2021年夏にJリーグに復帰の元欧州組(酒井宏樹、長友佑都、大迫勇也)を除いた選手(谷口彰悟、山根視来、稲垣祥、中谷進之介、小川 諒也など)の招集があるのか?

おそらく毎回数人の招集はあるだろうが、新規召集組の起用は、主力メンバーのケガなどの特別な事情がない限り、期待できそうもない。

その原点は、2019年のアジアカップにさかのぼる。当大会の主力メンバーがほぼ3年経過した現在でも、監督から絶大な信頼を得ているからである。そして最大の理由は監督の性格(ゼロリスク:リスクと足らない)。詳細はこちらの記事をご覧ください。

www.ippo-san.com

 

因みに、主観ですが日本代表を実力で選んだらこうなりました。

www.ippo-san.com

 

オーストラリア戦・ベトナム戦召集メンバー 

 

キャプテンの吉田麻也や三笘薫が復帰。冨安健洋、古橋亨梧、大迫勇也らがケガのため招集外。長友佑都、南野拓実、柴崎 岳、原口元気、浅野拓磨ら常連組以外に東京五輪世代の上田綺世、林大地が招集された。

GK

  • 権田修一(清水エスパルス)
  • 川島永嗣(ストラスブール)
  • シュミット・ダニエル(シント・トロイデン)
  • 谷 晃生(湘南ベルマーレ) ケガ

DF

  • 酒井宏樹(浦和)RB ケガ
  • 冨安健洋(アーセナル)CB ケガ
  • 中谷進之介(名古屋) 追加招集
  • 室屋 成(ハノーファー)RB
  • 吉田麻也(サンプドリア)CB
  • 植田直通(ニーム)CB
  • 板倉 滉(シャルケ)CB
  • 長友佑都(FC東京)LB
  • 中山雄太(ズヴォレ)LB
  • 山根視来(川崎)
  • 谷口彰悟(川崎)
  • 佐々木翔(広島)

MF/FW

  • 遠藤 航(シュツットガルト)DM
  • 守田英正(サンタクララ)DM/CM
  • 田中 碧(デュッセルドルフ)DM/CM
  • 柴崎 岳(レガネス)CM
  • 原口元気(ウニオン)AM/LW
  • 鎌田大地(フランクフルト)AM
  • 久保建英(マジョルカ)AM/RW
  • 堂安 律(PSV)AM/RW
  • 伊東純也(ヘンク)RW
  • 浅野拓磨(ボーフム)RW
  • 南野拓実(リヴァプール)LW/AM
  • 三笘 薫(サン・ジロワーズ)LW
  • 大迫勇也(神戸)CF ケガ
  • 古橋亨梧(セルティック)LW/CF ケガ
  • 前田大然(横浜Fマリノス)CF/LW ケガ
  • 旗手怜央(セルティック)CM/LB
  • 上田綺世(鹿島)FW
  • 林 大地(シントトロイデン)FW

元も含めた欧州組の招集が多いですが、独自に選んだ21-22シーズン前半の欧州組ベストイレブンはこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com

 

最終予選 日本代表の日程と試合結果

 

グループB 

  • 9月2日(木)日本 vs オマーン 0-1 敗 権田を除いてコンディッションの悪い選手ばかりの起用、Jリーグ軽視の選手選考、硬直的な采配など負けるべくして負けた」試合
  • 9月7日(火)中国 vs 日本 0-1 勝 久保初先発、無得点ながら今後は攻撃の核となるだろう。次節サウジアラビア戦とオーストラリア戦、2連勝に期待。連敗すれば解任か?
  • 10月7日(木)サウジアラビア vs 日本 0-1敗 案の定、予想通りの先発メンバーとシステム(4-2-3-1)選手交代も疲弊のためで戦術的なものではなかった。しかも再三ボールロスするなど疲れ切った柴崎のバックパスミスからの失点。監督の采配ミスで早くも2敗目
  • 10月12日(火)日本 vs オーストラリア 2-1勝 4-3-3のフォーメーションをぶっつけ本番で採用、田中碧と守田英正の元フロンターレコンビ、田中の代表初出場初得点などで競り勝つ。これで森保一監督(53)の進退問題はひとまず”封印”でしょう
  • 11月11日(木)ベトナム vs 日本 0-1勝。17分南野のクロスにゴールエリア手前まで猛スピードで走り込んだ伊藤が合わせてゴール。40分伊藤がドリブルで持ち込みDFをかわしてペナルティエリアに入った位置からのシュートが決まり2点目と思いきや不可解?なオフサイド判定で取り消し
  • 11月17日(水)オマーン vs 日本 0-1勝  代表デビュー三笘薫の鮮烈アシストで伊東純也が決勝弾。三苫選手、人情家の監督を救いましたね。次からは先発起用でしょう
  • 1月27日(木)日本 vs 中国 2-0 勝 吉田・冨安不在で懸念されたが、伊藤の1G1Aで勝利。ただ、相変わらずの決定力不足。これがサイジアラビア戦だったら大変なことになっていたかも?
  • 2月1日(火)日本 vs サウジアラビア 2-0 勝 伊東純也の4戦連続ゴールなどでW杯出場に王手
  • 3月24日(木)オーストラリア vs 日本 2-0 勝 三笘薫の2得点でW杯出場決定
  • 3月29日(火)日本 vs ベトナム 1-1 。控えメンバー主体(久保、三苫、上田、中山、旗手など体で臨む。怒涛の攻めも吉田のゴールで同点止まり

 チーム

勝分敗

点差

勝点

日本

7-1-2

8

22

オーストラリア

4-3-3

6

15

サウジアラビア

7-2-1

6

23

中国

1-3-6

-10

6

オマーン

4-2-4

1

14

ベトナム

1-1-8

-11

4

 

FIFAワールドカップ2022カタール大会への進出条件

 

3次予選 (最終予選)では、2次予選を勝ち上がった12チームが6チームずつ2グループに分かれてホーム・アンド・アウェー方式で戦う。

  • 各グループ1位と2位チーム、計4チームがワールドカップ出場権獲得

なお、各グループ3位のチームはプレーオフへ進むが、2つのプレーオフを勝ち抜かなければならない。

 

アジアプレーオフ

  • 3次予選各グループ3位のチーム同士がホーム&アウェー方式で対戦一発勝負
  • 勝者 (2戦合計) 1チームが大陸間プレーオフへ進む

 

大陸間プレーオフ

  • 4チーム (アジア、オセアニア、北中米カリブ海、南米)が2チームずつ2グループに分かれてホーム&アウェー方式で対戦中立地で一発勝負
  • アジアのチームは南米のチームと対戦(アジア最終予選を勝ち抜くよりも高い壁になりそう)
  • 各グループ勝者 (2戦合計) 2チームがワールドカップの出場権獲得

 

アジア2次予選の見どころと試合結果

 

見どころ

 

最大の見どころは、森保監督がどれだけ若手にチャンスを与え、それに対して若手がどう応えるか?これに関しては「おわりに」で詳しく紹介。

そしてもう一つの見どころは、日本以外のチームの活躍。我々にとっても目が離せない人物が2次予選に参戦する。

選手としてではなく監督・GMとして登場するのだ。

本田圭佑

ご存じの通りカンボジア代表GM。イラン、イラク、バーレーン、香港と同じグループCでジャイアントキリングを期待したい。

0勝-1分-7敗で2次予選敗退。

 

西野 朗

タイ代表監督。UAE、ベトナム、マレーシア、インドネシアと同じグループGで3次予選進出を狙う。元日本代表監督としての腕の見せ所である。1位通過は難しいとしてもG組2位で成績上位4チームに入れるか?

7試合終わって2勝-3分-2敗。2次予選突破ならず。

 

吉田達磨

柏・新潟・甲府で指揮を執ったがいずれも途中解任となった。今度はシンガポール代表監督としてD組の中東勢(サウジアラビア、パレスチナ、イエメン)やウズベキスタンと戦う。3回連続解任の汚名返上となるか?

2勝-1分-5敗で2次予選突破ならず。

  

試合結果

 

グループA

最終予選進出チーム

 チーム

勝分敗

中国

8

6-1-1

30

3

27

19

シリア

8

7-0-1

22

7

15

21

 

 グループB

最終予選進出チーム

チーム

勝分敗

オーストラリア

8

8-0-0

28

2

26

24

  

グループC

本田圭佑GMのカンボジア、残念ながらC組最下位で2次予選敗退

チーム

勝分敗

イラン

8

6-0-2

34

4

30

18

イラク

8

5-2-1

14

4

10

17

バーレーン

8

4-3-1

15

4

11

15

香港

8

1-2-5

4

13

-9

5

カンボジア

8

0-1-7

2

44

-42

1

 

 グループD

吉田達磨監督のシンガポール、D組4位で2次予選敗退

チーム

勝分敗

サウジアラビア

8

6-2-0

22

4

18

20

ウズベキスタン

8

5-0-3

18

9

9

15

パレスチナ

8

3-1-4

10

10

0

10

イエメン

8

1-2-5

6

18

-12

5

シンガポール

8

2-1-5

7

22

-15

7

  

グループE

最終予選進出チーム。カタールは開催国なので最終予選なし

チーム

勝分敗

オマーン

8

6-0-2

16

6

10

18

カタール

8

7-1-0

18

1

17

19

  

グループF

日本8戦全勝で首位通過

チーム

勝分敗

日本

8

8-0-0

46

2

44

24

キルギス

8

3-1-4

19

12

7

10

タジキスタン

8

4-1-3

14

12

2

13

ミャンマー

8

2-0-6

6

35

-29

6

モンゴル

8

2-0-6

3

27

-24

6

  

グループG

西野朗監督のタイ、G組4位で2次予選敗退

チーム

勝分敗

アラブ首長国連邦

8

6-0-2

23

7

16

18

ベトナム

8

5-2-1

13

5

8

17

タイ

8

2-3-3

9

9

0

9

マレーシア

8

4-0-4

10

12

-2

12

インドネシア

8

0-1-7

5

27

-22

1

  

グループH

最終予選進出チーム

チーム

勝分敗

韓国

6

5-1-0

22

1

21

16

レバノン

6

3-1-2

11

8

3

10

 

アジア2次予選の結果は評価に値しない

 

JFAは「2022年ワールドカップで過去最高の成績の達成を目指す」、つまりベスト8が目標である。

2次予選の組み合わせ抽選に恵まれたので若手(五輪世代)やJリーグ勢を起用しても難なくグループF 1位通過できたのにそうはしなかった。つまり、彼らの成長と代表チーム活性化の絶好のチャンスを放棄してしまった。

セルジオ越後氏は、アジア2次予選の組み合わせ結果に関して、「弱小国ばかりのW杯2次予選森保ジャパンのグループは”最悪”」と相変わらずの辛口コメント。理由はこうだ。

仮に5-0で勝ったとしても、レベルに明らかな差があれば、チームとしての収穫も少ないだろう・・・・・・・・なによりも選手のモチベーションを上げるのも難しいのではないかな。

ベストメンバーを組むのは最終予選からでよいはずなのに、2次予選1位通過決定後の2試合を除いて、固定メンバー(監督曰くベストメンバー)で臨んだため、Jリーグ勢や若手の招集はほとんどなかった。

ワンチーム、ツーカテゴリー」と言いながら、実態は、ただのツーカテゴリー。2次予選で若手とJリーグ勢を4~5人だけでも起用していれば、チームの成長とモチベーションを保てたはずなのに残念でならない。

さらに、2次予選では弱小チームとの対戦にも拘らず、4-4-2以外の戦術オプションをほとんど試行しなかった。

固定メンバーでしかもワンパターンの戦術しか持たないチームでは、活力とモチベーションを保てないため、チームの成長はあり得ない。よって、圧勝した2次予選であったが評価できない。

むしろ新戦力の発掘や新戦術の試行ができなかった分、マイナス評価してもおかしくない。何故なら、それが最終予選で苦戦を強いられている根本的原因だからだ。

 

まとめ

 

2次予選(計40チーム)を勝ち上がった12チームがA組・B組に分かれて最終予選を戦っているが、過去の6回のワールドカップで出場回数の多い韓国、イラン、サウジアラビア、オーストラリアは各組上位2チームに入っている。
一方で、韓国と並び連続6回出場を誇る日本は4勝2敗でB組の2位。W杯無条件出場の「B組2位以上」の成績ですが、厳しい状況に変わりはない。個人としては日本代表の実力からしてW杯出場を確信している。その訳はこちらの記事をどうぞ!

www.ippo-san.com