Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

フランス リヨンへ日帰り:パリからの行き方は簡単、TGV or バス?

(2020年3月22日:移動手段料金等更新)

フランス第2の都市・世界遺産の街、リヨンを観光してみたいがパリからはちょっと遠い、という印象をお持ちではありませんか?

  1. フランス リヨンは距離で466km、ドライブで4.5時間
  2. 一方、モンサンミシェルは距離で362km、ドライブで4時間

ところが、列車で比較してみると

  1. リヨンへTGVで1時間57分
  2. モンサンミシェルへTGV(レンヌ経由)と列車で最短 3時間23分

モンサンミシェルは日帰りなら最大で3~4時間の観光が可能。しかし、リヨン観光は日帰りでも少なくても5~6時間の観光が可能だ。

それではパリからフランス リヨンへ日帰りの行き方を紹介しましょう。

なお、パリ旅行ではパリ観光モデルコースで Top10 名所を効率よく無理なく廻ろう及びパリ観光モデルコースの姉妹版、パリ近郊への日帰り・前泊・1泊をお考えの方旅行先選びが簡単で①追加費用がわずか節約できる裏ワザなどを紹介したパリ発小旅行プラン集これらも合わせてご覧いただければ幸いです。

パリからリヨンへの移動手段は実質2通り 

フルヴィエール大聖堂からの旧市街展望

(手前右がサン・ジャン大聖堂 右上の建物前がベルクール広場)

f:id:Ippo-san:20190408212026p:plain

  • TGV
  • バス

飛行機もあるがパリからではあまり効率的でないので無視。

皆さんの都合や日程によって移動手段を使い分けるのがベストなのでTGVとバスの2つに絞って詳しく紹介しましょう。

 

 

パリからフランス リヨンへの移動料金

 

曜日別TGV料金 

 

パリ・リヨン駅⇔リヨンPart Dieu駅  

日・火・水は高いですね。

 

往路 (€)

復路(€)

 

07:49

09:56

08:57

10:56

17:34

19:34

19:04

21:04

45

 

83

83

48

45

38

38*

45

 

83

83

48

45

52

52*

45

45

45

83*

45

45

45

48

48

45

38

45*

 *リヨン18:04発パリ20;15着

曜日によってはリヨン旧市街に近いPerrache駅行き(Lyon Part Dieu経由)もあります。

 

曜日別FLiXBUSバス料金 (往復とも深夜発)

 

パリ Bercy Seine ⇔ リヨン Perrache駅

 

 

往路(€)

復路(€)

 

23:25-05:55

23:55-05:55

19

15

19

15

39 25

15

15

15

15

19

25

19

19

 

 

パリからでフランス リヨンへの行き方

 

パリ市内宿泊エリアからパリ リヨン駅・バスターミナルへ 

  • TGV利用の場合はパリ リヨン駅で下車
  • バス利用の場合はリヨンの次のBercy駅で下車

 オペラ座界隈に宿泊の場合

  • メトロ14号線で
  • Pyramides駅から
  • Lyon駅/Bercy駅まで
  • 5分~6分
  • 1.9€
  • 3分間隔で運行                        

 パリ市役所界隈に宿泊の場合

  • メトロ14号線で
  • Chatelet駅から
  • リヨン駅/Bercy駅まで
  • 3分~4分
  • 1.9€
  • 3分間隔で運行

 

パリ リヨン駅からフランス リヨンへ 

 

 TGVの場合

  • パリ リヨン駅発
  • フランス リヨン Part- Dieu駅着
  • Part Dieu駅よりタクシー(5分)か徒歩(30分)で
  • ベルクール広場まで行き、そこから観光開始

バスの場合

  • パリBercy駅のOUIBUS(現BlaBlaBUS)ターミナル発
  • フランス リヨン Perrache(ペラーシュ)駅着又はベルクール広場下車
  • Perrache駅から徒歩で
  • ベルクール広場へ(1km、13分程度)

 

TGV or バスがおすすめ?

 

観光時間は4時間~

リヨン観光は4時間あれば旧市街の主な史跡や観光スポットを見学できる

例えば、旧市街にある世界遺産の史跡や施設

  • ベルクール広場
  • サン・ジャン大聖堂
  • フルヴィエール・ノートルダム大聖堂
  • 古代ローマ劇場跡
  • トラブールなど

上記の以外の観光スポット(+α)

  • リヨン美術館
  • リヨン中央市場 
  • テロー広場・リヨン市庁舎

などを訪れたい場合は少なくても6時間みましょう。

なお、有料観光名所を4つ以上見学するならリヨン・シティ・カードがおすすめ、こちらをご参考に!  

www.ippo-san.com

  

おすすめの移動手段

往復ともTGV利用がおすすめ

  • バスの場合、パリ発は08:30分でリヨン着は14:30なので観光時間が4時間ほど(当日パリへ戻るなら復路はTGV利用)
  • 観光可能時間が6時間以内なら旧市街中心
  • 6時間超なら+αのスポットの観光も可能
  • TGV往復料金は83€~90€(日・火・水除く)

 

お土産代分が節約できる裏ワザ

 

往路又は復路の深夜バス利用で移動費が40€位節約できる。節約分はお土産代にあてられる。さらに、片道だけでも深夜バスを利用するとパリ1泊分の宿泊費170€がまるまる浮く。体力に自信のある方はチャレンジして下さい。

 

 

行き方調査での考慮点・注意点など

 

考慮点

下記の点を考慮して最適なルートとスケジュールをあらかじめ選択していますが、日程や都合に合わせてアレンジして下さい。

  • 比較的安い移動料金
  • 無理のない発着時間
  • 現地での十分な観光時間

 

移動情報収集ソース

 

 

調査対象運行期間

  • 2020年7月12日~7月18日

 

 

列車やバスの時刻表・料金確認と予約

 

列車はSNCFの他、thetrainline・ComparaBUS・omioで予約

ただ、ピークシーズンや土曜日以外では列車の予約は必要ないと思う。

www.thetrainline.com

 

www.ippo-san.com

  

www.ippo-san.com

 

バスはComparaBUSか直接BlaBlaBus(旧OUIBUS)か直接FLiXBUSで予約 

 

FLiXBUSの予約サイト

global.flixbus.com

  

OUIBUSの予約サイト

www.ouibus.com

 

 

パリOUIBUS、FLiXBUSターミナル周辺地図

 

Bercy駅はパリ・リヨン駅から1駅

f:id:Ippo-san:20190326104738p:plain

 

 

リヨン OUIBUS、FLiXBUS周辺地図

 

OUIBUSならBellecour広場で下車すると便利 

f:id:Ippo-san:20190326104826p:plain

 

 

リヨン市の概要と旧市街の見どころ

 

リヨン市の概要

「美食の都」「絹の街」「金融の街」「ハイテクの街」でパリに次ぐフランス第2の都市

  • ローヌ川とソーヌ川の2本の川が街を横切る
  • ソーヌ川の背後にローマの遺跡を残すフルヴィエールの丘がそびえる
  • ソーヌ川とフルヴィエールに挟まれた旧市街一帯が世界遺産
  • 国際刑事警察機構(インターポール)の本部がある
  • 映画の父リュミエール兄弟はリヨン出身で映画発祥の地と言われる

 リヨン旧市街の見どころ

  • 石畳の道
  • 建物の回廊や中庭を伝って他の道に抜けるトラブールと(抜け道)
  • バラ窓が美しいサン・ジャン大聖堂
  • ルイ 14 世の騎馬像やサン・デグジュぺリと「星の王子様」の像が立つベルクール広場
  • リヨンのシンボルでもあるフルヴィエール・ノートルダム大聖堂
  • 大聖堂から見下ろすリヨン市街地の展望
  • 紀元前15年に建造された古代ローマ劇場跡 

 

 

【フランス旅行情報特集:おすすめサイト 60+の紹介】

 

観光地への行き方+お役にたつ情報(航空券・ダイナミックパッケージ・持ち物チェックリスト・移動手段検索・お土産・入場割引券)などの記事概要とアクセス先の紹介。

www.ippo-san.com 

 

 

 

まとめ 

パリからフランス第二の都市リヨンへ日帰りでの行き方紹介。

曜日別に移動手段別料金と発着時間を付けています。

移動手段として2つを調査。

  • TGV
  • バス(移動費節約の場合の深夜バス利用に限りおすすめ

深夜バスおすすめ理由に移動費節約以外にもう一つ。現地で13時間もの観光時間が確保できるので思い切って中世にタイムスリップした気分が味わえるペルージュ村観光はいかがでしょうか? 

皆さんの都合や日程に合ったベストの移動手段を選択してパリ発日帰りリヨン観光を楽しんでください。なお、リヨン旧市街の見どころの詳細については旅行ガイドブックを見てね!