パリ発カルカッソンヌ観光!1泊2日の旅 行き方

(2019年1月2日掲載:2020年8月14日運行情報など更新)

フランスでの直近一週間のコロナ新規感染者数は日本より少し少ない。まだ先の話ですが、いずれ旅行できるようになるでしょう。その時、南仏カルカッソンヌへの旅はいかがですか?

  1. 二重の城壁で囲まれたヨーロッパ最大級の世界遺産城塞都市(シテ)
  2. カルカッソンヌを見ずして死ぬな」といわれる人気の観光スポット
  3. 映画『ロビンフッド』など、様々な話の舞台となった街

この旅行プランの2日目に古代ローマ遺跡群とゴッホで有名な世界遺産の街、アルル観光を組み入れました。

  1. パリからの行き方
  2. 行程表(列車やバスの発着時刻)
  3. 市街地散策マップ

などを付けているので誰でも安心して旅を楽しめます。それではさっそく行き方を詳細に紹介しましょう!  

なお、カルカッソンヌ旅行記、「シテの幻想的な情景に魅了される」も合わせてご覧いただければ幸いです。 

行き方調査での考慮点・注意点など

 

考慮事項

下記の点を考慮して最適なルートとスケジュールをあらかじめ選択していますが、日程や都合に合わせてアレンジして下さい。

  • 比較的安い移動料金
  • 無理のない発着時間(+乗継時間)
  • 現地での十分な観光時間

 

移動情報収集ソース

 

 

調査対象運行期間

  • 2020年9月13日~9月19日

 

 

カルカッソンヌ観光日程概要

(コンタル城) 

f:id:Ippo-san:20190421223535p:plain

 

1日目 カルカッソンヌ観光

  • パリからTGVでカルカッソンヌへ
  • カルカッソンヌ城塞都市観光
  • カルカッソンヌ宿泊

 

2日目 アルル観光

  • カルカッソンヌからTGVでアルルへ
  • アルル古代ローマ遺跡観光
  • アルルからTGVでパリへ戻る 

 

 

日程表 1日目 カルカッソンヌ城塞都市観光 

  

観光スポット他

備考

パリからカルカッソンヌへ移動

 

チェックイン

 

旧市街散策

  • ミディ運河沿い
  • カルノ広場

 

旧橋を渡りカルカッソンヌ城塞都市へ

徒歩  25分

  • オード門
  • コンタル城
  • サン・ナゼール・バジリカ聖堂
  • ナルボンヌ門など

9€

夕食(カスレ?)

 

旧橋から夜景観賞

 

  

 

日程表 2日目 アルル観光  

  

観光スポット他

備考

アルルへ移動

 

アルル駅 ⇒ 旧市街

徒歩

  • 円形闘技場
  • 古代劇場跡
  • 地下回廊
  • ゴッホのカフェ
  • 共同浴場跡など

アルル・モニュメント

パス 12€

パリへ移動

 


ローマ遺跡観光にアルルモニュメントパスは超お得

 

 

曜日別移動料金調査で格安チケットをゲット

 

曜日別ベストの発着時間帯

 

パリ →カルカッソンヌ

  • パリ モンパルナス駅 09:47発 
  • カルカッソンヌ駅 15:28着
  • 乗換1回(Bordeaux St-Jean駅)

 

カルカッソンヌ→アルル

  • カルカッソンヌ駅 08:28発
  • ナルボンヌとアヴィニョンセンターで乗換
  • アルル駅 12:03着

 

アルル→パリ リヨン

  • TGV6198で
  • アルル駅 17:18発
  • パリ リヨン駅 21:16着

 

料金(€)

 

曜日

パリ→

カルカッソンヌ

カルカッソンヌ

→アルル

アルル

→パリ

75.5

42.3

105

50

42.7

49

56

42.3

45

50

42.3

45

56

42.3

45

74

42.3

49

74

42.7

45


おすすめ出発曜日 

  • 料金の安い曜日は月曜日~木曜日発

曜日

パリ⇔

カルカッソンヌ

167.2

137.3

143.3

137.3

147.3

161.7

221.3

 

(コンタル城 城壁)

f:id:Ippo-san:20190421223827p:plain

 

1泊2日の総費用 370€はパリ滞在費用とほぼ同額

 

  • 移動料金144€
  • 宿泊費 80€
  • 観光料 21€
  • 食費  120€(2日分)
  • その他 5€
  • 合計  370€ 

旅費はパリ1泊2日の一般的な予算350€より20€高いだけ

つまり20€追加するだけで世界遺産のカルカッソンヌとアルル観光が叶う超お得のプラン

 

 

カルカッソンヌへの行き方 

 

行き方 1日目 パリ→カルカッソンヌ

 

パリ宿泊先 ⇒ パリ モンパルナス駅 

オペラ座界隈に宿泊の場合

  • 徒歩でSaint Lazare駅へ
  • Saint Lazare駅から
  • メトロ13号線で
  • Montparnnase-Bienvenue駅へ
  • 12分
  • 1.9€
  • 3分間隔
  • Montparnnase-Bienvenue駅からモンパルナス駅へは徒歩8分 

パリ市役所界隈に宿泊の場合

  • 徒歩でChatelet駅へ
  • Chatelet駅から
  • メトロ4号線で
  • Montparnnase-Bienvenue駅へ
  • 8分
  • 1.9€
  • 2分間隔
  • メトロのモンパルナス駅からSNCFのモンパルナス駅へは
  • 徒歩で8分
  • モンパルナスタワーを通り過ぎた先

  

パリ モンパルナス駅 ⇒ カルカッソンヌ駅 

  • パリ モンパルナス駅 09:47発 TGV8752で 
  • Bordeaux St-Jean駅 11:56着
  • Bordeaux St-Jean駅 12:30発 Intercities 4661号
  • カルカッソンヌ駅 15:28着

 

カルカッソンヌ駅 ⇒ カルカッソンヌ城塞都市 

  • 駅からヴュー橋経由オード門まで徒歩で1.9km25分

 別掲のシテ(城塞都市)への徒歩ルートとシテ地図 参照

 

行き方 2日目 カルカッソンヌ→アルル→パリ

 

カルカッソンヌ駅 ⇒ アルル駅 

  • カルカッソンヌ駅 08:28発 TGV 6871号
  • ナルボンヌ駅 08:55着
  • ナルボンヌ駅 09:05発 TER 876408で
  • アヴィニョンセンター駅 11:21着
  • アヴィニョンセンター駅 11:44発 TER 17709で
  • アルル駅 12:03着

 

アルル駅 ⇒ 旧市街 

  • 徒歩でアルル旧市街散策

 別掲のアルル旧市街散策マップ 参照 

 

アルル ⇒ パリ 

  • アルル駅 17:21発 TGV 6198号
  • パリ リヨン駅 21:14着(日曜日は21:22着) 

 

パリ リヨン駅 ⇒ 宿泊先 

オペラ座界隈・パリ市役所界隈宿泊とも

  • Lyon駅でメトロ14号線に乗車
  • Pyramides駅やChatelet駅で下車
  • 5分~6分
  • 1.9€
  • 3分~5分間隔で運行                        

(世界遺産なのにどうして?と物議を醸している黄色い同心円状の輪が描かれたコンタル城の城壁。輪は2018年5月に描かれたが、期間限定で撤去された)  

f:id:Ippo-san:20190421223608p:plain

 

【関連情報】

 

アルル・モニュメントパス利用のおすすめ

 最初の施設でLibertéパス(12€)を買えば下記の全ての施設に入場できる

  • 円形闘技場
  • 古代劇場跡
  • 地下回廊
  • サン・トロフィーム教会
  • 共同浴場跡

 アルル・モニュメントパスに関する掲載記事

www.ippo-san.com

 

列車の時刻・料金確認や手配とComparaBUSの使い方

列車の予約は必要ない

ただ、列車の料金は曜日や時間帯で変わることが当たり前

時刻表や料金のチェックにご利用くださいね! www.ippo-san.com

   

 

【参考情報】 

 

シテ(城塞都市)への徒歩ルートとシテ地図 

f:id:Ippo-san:20190421223633p:plain

 

カルカッソンヌ市街地図

f:id:Ippo-san:20190421223654p:plain

 

アルル旧市街散策マップ 

f:id:Ippo-san:20190421223712p:plain

 

(シテの夜景)

f:id:Ippo-san:20190421223745p:plain

 

 

カルカッソンヌとアルルの見どころ

 

カルカッソンヌ城塞都市(シテ)

  • 古代から中世にかけて徐々に築かれたヨーロッパ最大級の2重の城壁は全長3km
  • 入場はオード門かナルボンヌ門(ダム・カルカスの像)
  • 11世紀から13世紀に建造された堅固なコンタル城(Château Comtal)
  • 円窓やステンドグラスが見ごたえのサン・ナゼール・バジリカ聖堂
  • 名物料理である「カスレ」を食べることのできるマルクー広場

 

カルカッソンヌ旧市街

  • シテと城下町を繋ぐ唯一の道であった旧橋ポン・ヴィユー(シテ全景の撮影スポット)
  • カルノ広場(Place Carnot)
  • 大西洋岸から地中海沿岸を結ぶミディ運河(Canal du Midi)

 (アルルの円形闘技場)

f:id:Ippo-san:20200814113602p:plain

 

アルル

  • 古代ローマ時代から中世にかけての歴史の息吹が強く感じられる街
  • 今なお闘牛が行われている2万人が収容可能な円形闘技場
  • 紀元前1世紀に建てられた当時最大級の古代劇場跡
  • コンスタンチヌス共同浴場跡
  • 市庁舎の一角が入口になっている地下回廊
  • 紀元3世紀の遺跡である大規模な古代墓地(アリスカン)
  • ゴッホが晩年過ごした街で代表作は「跳ね橋」、「夜のカフェ・テラス」、「アルルの療養所の庭」
  • 「ミロのヴィーナス」は世界的には有名だが円形闘技場で発見された「アルルのヴィーナス」はほぼ完璧な形で現存していてルーヴル美術館の「ミロのヴィーナス」の近くに置かれている  

 

 

【南仏旅行記の紹介】

 

 

 

まとめ 

 

 

  

1日目のモンサンミッシェルに次ぐ人気観光スポットの世界遺産の城塞都市(シテ)のあるカルカッソンヌ観光と2日目のパリへの帰り道に古代ローマ遺跡群ゴッホの足跡が点在するアルル観光をセットにしたパリ発1泊2日の個人旅行で

  • 行き方
  • 行程表
  • 観光地図

などを本記事に添付しているので安心して旅が楽しめます

さあー古代・中世の世界へタイムスリップしましょう