Ippo-san’s diary

静かに余生を送っています。フランス国内旅行のお得な行き方等を日程表・散策地図付で紹介。サッカー関連(特になでしこジャパン)や少しだけTOEICや糖尿病などを紹介。よろしく!

スポンサーリンク

我が家の留学生 Lesson 2:受け入れてこんなトラブルを体験した!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

留学生のホームステイを始めて十数年になる。その間、ほぼ50人の留学生を受け入れた。

ホストファミリーとして留学生のトラブルは大きな心配事である。

留学生を受け入れたいと思っても躊躇してしまう理由の一つがトラブル。

しかし、我が家では大きなトラブルを体験したことはない

家庭によっては同じトラブルでも重大かどうかの基準が異なるでしょう。

そこで、一体どんなトラブルがあったのか、体験談を紹介しますので参考にしていただきたい。

なお、留学生の国のイメージと実際の留学生は大きく違います!

ステレオタイプはNG、お国のイメージと大きく異なる我が家の留学生

小さなトラブルはあったよ!

小さくても何回か起こったトラブルは覚えているが、大きなトラブルではなかったと思う。一つ一つ思い出しながら書きますね! 

交換情報が不正確だとトラブルが起こりやすい

交換情報って何のこと?

ホストファミリーになるには条件があり、募集元(学校)に家族に関する情報や受け入れ条件の資料(ホストファミリー・プロフィール)を提出する。その情報は留学生に送られる。

一方、留学生は自身が書いた好き嫌い・趣味・日本語レベルなどに関する留学生・プロフィールを学校に提出する。そのプロフィールは学校からの留学生の紹介時に送られてくる。

この2つのプロフィールが交換情報。

トラブルになりやすいのは喫煙と家族構成

例えば、喫煙。

留学生のプロフィールに「喫煙します」、一方、ホストファミリーのプロフィールには「喫煙不可」と書いてあったらトラブルの原因になりますよね!その逆のケースもあり得ますね。

また、「子供は好きじゃない」という留学生もいる。

実例 プロフィールでは喫煙可なのに喫煙できない

とある喫煙家の留学生があるホストファミリーの家で生活を始めた。ホストファミリーのプロフィールには「喫煙可」と書いてあったようだ。

家の中では吸えないとのことでホストファミリーから指定された場所で喫煙することになった。何日か経って近所の住民から「ココで喫煙してはいけません」と言われた。

困った留学生は学校に相談してホストファミリーを変えることにした。

新たな受け入れ先が我が家であった。

プロフィールは条件も含めて正確に書きましょう!  

来日初日に迷子になる

成田から電車かバスで来る学生には要注意

留学生の多くは学校が提供している出迎えサービス(ハイヤー)を利用しない。安心だが料金が高いから。

そこで独力でホストファミリーの家へ行こうとする。

最近はほとんどいないが、過去には4~5人に1人の留学生が成田からの途中駅で迷ってしまっていた。

迷子になる主な原因は、

  • 乗換駅でホームを間違えた
  • バスを途中下車した

我が家では成田からベストの交通手段を事前に伝えることにした。

実例 指定のバスが到着しても留学生は降りてこなかった

  • 学校に聞いたり
  • 駅員に聞いたり
  • 家族に電話して連絡が入ったかどうか確認したり

でドタバタでした。連絡がつかなかったらどうしよう?時間の経過とともに不安が募る一方。

後で知ったが、一つ手前のバス停で降りてしまったことが原因。

親切な日本人が電車に乗せてくれたので2時間遅れだったが、何とか指定の場所近くでピックアップできた。

最寄り駅までの経路・出迎え時間・出迎え場所・緊急連絡先などを事前に伝えておきましょう! 

登校初日の帰り道で迷う

  • 電車の乗り換え時
  • 最寄り駅からの家までの経路

この2点をよく経験した。最近では、スマホを利用する学生が増えたので少なくなっているのであまり心配する事でないが、

我が家では2つの対策を取っている。

  • 通学の経路図(Door to Door)や乗換案内情報の提供
  • 投稿日前日(たいていは日曜日)に実際の経路を使って学校まで案内

迷ったとしても連絡先と住所を伝えておけば大丈夫! 

警察から電話、エッー、何ゴト?

私自身、国境を超える日程の時以外はパスポートを携帯しないことが多いのでエラそうには言えない。

とある大柄の留学生が学校帰りに警察官5~6人に取り囲まれた。

パスポート不携帯だったため不審者扱い

「警察官から連絡先は?」と聞かれても日本語は不十分だし動揺しているのでスムーズに返答できない。ますます不審に思われる。

そのうち、母国語のできる警官が現れ母国語での会話となった。そして我が家の連絡先がスマホに記録されていることを思い出した。

電話が鳴った。家電(イエデン)にはめったに応答しないがたまたま受話器を取った。

エッー、警察、(私が)何か悪い事でもしたのかな?

留学生がパスポート不携帯という事で身元確認をしただけだった。

後で本人から聞いた話だが、異国の地で警察官に取り囲まれ不安で泣きそうになったそうだ。

留学生本人の為にもパスポートは必携ですよ! 

家具を壊した。補償は?

我が家にはまれに巨漢の留学生が来る。

ロシア・中東・韓国からの留学生が多い。

留学生の部屋掃除をしている時だった。ベッドが何となくおかしいことに気付いた。チェックしてみたらマットレスを支える横板が数枚割れていた。

これはたいへん、放っておいたらマットレスが床に落ちてしまう?

原因は明らかだったので留学生に聞いてみたら、過去にも2回ほどいとこの家のベッドを壊したことがあると話してくれた。

学校にこの件を伝えた。そして留学生本人も納得し補償してくれたので一件落着。

もちろん、即、横板の全取り換えをしたので不便をかけたのは1~2日だけ。

留学生は何らかの海外保険に入っている為、損害事故があっても補償が受けられる! 

突然、留学生が病気になった、どうしよう?

結果的にたいしたことにならなかったのでよくは覚えてないが、風邪か腹痛だったと思う。

2人ほど我が家に滞在中に病気になった。

了解を得た上で近くのクリニックに連れて行ったが、

  • 保険がきかないので診察してもらうと高額になる
  • 旅行保険でカバーされるか本人に確認する
  • 本人の意思を尊重し、それに従う
  • できれば学校に相談して学校のアドバイスに従う(休日や夜は無理?)

なお、学校では英語が通じる病院リストを持っているとのことだが、そのうちの1つの病院に行った留学生の話では、英語は通じなかったそうだ。

近所に住んでいる外国人に英語の通じる病院を聞いてみることをおすすめ!

弟の話だが、フランスでは日本人旅行者が病気になった場合の病院への付添いサービスがあるらしい。調べたら日本にもあるようだ。

なお、政府発行の外国人旅行者受入可能な医療機関リストはこちら。

www.mlit.go.jp

 

可能な限り英語の通じる病院リストを作っておきましょう!  

トラブルがあったら真っ先にこうする!

ベッドの件では学校に連絡する前に留学生に聞いたが、

  • 原因が分からない時
  • 留学生との信頼関係が構築できていない時
  • コミュニケーションが取れない時
  • 対応が分からない時

にトラブルが発生した場合は、真っ先に学校にトラブルの内容を伝えることをおすすめする。

対応を間違えると

  • トラブルがこじれる
  • 先行きの共同生活が双方にとってやりづらくなる

かも知れない。

トラブルに直面したら真っ先に募集元(学校)と相談しましょう!

【関連記事】留学生受け入れおすすめ記事集

ホームステイを希望する留学生受け入れに関するプロセス・準備リスト・心得・会話などについて9つの記事紹介 

www.ippo-san.com

 

まとめ

Lesson 2: 留学生を受け入れたらこんなトラブルを体験した!

ホストファミリーになって体験したトラブル情報の共有とトラブル対応策を書きました。

トラブル対応策や心配ごとに関しては、

  • ホストファミリーに関するプロフィールは条件も含めて正確に書く
  • 迷子にならないように最寄り駅までの経路・出迎え時間・出迎え場所・緊急連絡先などを来日前に伝えておく
  • ただ、迷ったとしても連絡先と住所を伝えておけば大丈夫
  • 留学生本人の為にもパスポートを携帯するようにすすめる
  • 留学生は何らかの海外保険に入っているので事故があっても補償に問題はない
  • 可能な限り英語の通じる病院リストを作っておく
  • トラブルに直面したら真っ先に募集元(学校)と相談する

以上ですが、

  • 留学生受け入れに不安を持っている方
  • 東京五輪の時に観光客に宿泊してもらおうと考えている方
  • 留学しようと考えている方に

少しでもお役に立てたなら幸いです。次のLessonもよろしくね!