Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

スポンサーリンク

キリンチャレンジカップ2019:パラグアイ戦 日本代表メンバー予想

 

2022年ワールドカップ カタール大会 アジア2次予選F組初戦が9月10日(ミャンマー戦)からスタートする。そして招集メンバーは今週中に発表されるかもしれない(30日午後2時発表予定)。

その壮行試合と言うべきか、日本代表は9月5日にFIFAワールドランキング39位のパラグアイ代表と対戦する。日本の最新ランキングは33位。しかし、2019年6月のコパアメリカ大会パラグアイはアルゼンチンとカタールに引き分けて8強に入った。なお、準々決勝のブラジル戦ではPK負け。一方、日本は予選敗退。よってこの壮行試合?ではかなりの接戦が予想される

パラグアイとの国際親善試合に招集されるメンバーは、アジア2次予選初戦のミャンマー戦メンバーという点に加えて、東京五輪代表メンバーになる可能性が極めて高い。そうした意味でオーバーエージ選手も含めてどの選手が招集されるのか非常に興味深い。 

8月20日、森保一監督は「パラグアイ戦とミャンマー戦のメンバーについて若手の比重を高めた編成」を示唆した。

パラグアイ戦は、あくまで親善試合。勝つことも大事だが、ミャンマー戦で勝利するためいろいろなシナリオをテストして欲しい。

それではパラグアイ戦の代表メンバーを予想しましょう。

予想は見事に外れた。その結果はこちら!パラグアイ戦の試合経過や結果も紹介

なお、五輪世代の起用で注目される「2022年W杯アジア2次・最終予選は見どころいっぱい、日程・試合結果」もよろしくお願いします。

また、東京五輪サッカー競技に関して下記の情報記事をご覧いただければ幸いです。

そして新着・関連記事もご覧いただければ幸いです。 

 (JFAサイトより)f:id:Ippo-san:20190822000609p:plain

パラグアイ戦日本代表メンバー予想の選定基準

おそらくW杯ミャンマー戦のメンバーを想定した上でコパアメリカ大会のメンバー選定を行ったと思われる。そこで次のような選定基準でもって代表メンバーを予想した。

  • コパアメリカ大会招集メンバーから消去法でメンバー選考
  • 不足分はトリニダード・トバゴ戦とエルサルバドル戦メンバーから選出

なお、パラグアイ戦メンバー発表会見では、9月2日(月)から9月11日(水)まで北中米に遠征するU-22日本代表メンバーも発表される。試合期間が重なるので若手のパラグアイ戦代表メンバーに影響が出そうだ。

 

パラグアイ戦代表メンバー予想

  • コパアメリカ招集メンバー:太字
  • トリニダード・トバゴかエルサルバドル戦出場メンバー:赤字
  • コパアメリカ戦出場メンバーのは出場時間を数字で表示
  • 予想欄の〇印がパラグアイ戦の召集メンバー予想

コパアメリカ大会の

  • 第1戦:チリ
  • 第2戦:ウルグアイ
  • 第3戦:エクアドル

 

選手名

1戦目

2戦目

3戦目

予想

GK

川島 永嗣

 

90

90

 

小島 亨介

 

 

 

 

オビ・パウエル

 

 

 

 

大迫 敬介

90

 

 

 

D.シュミット

 

 

 

DF

立田 悠悟

 

4

 

 

冨安 健洋

90

90

90

 

岩田 智輝

 

86

90

 

畑中慎之介

 

 

 

 

室屋 成

 

 

 

 

昌子 源

 

 

 

 

菅   大輝

 

 

 

 

杉岡 大暉

90

90

90

 

植田 直通

90

90

90

 

板倉 滉

 

90

87

 

中山 雄太

90

 

 

MF

原  輝綺

90

 

 

 

久保 建英

90

8

90

 

安部 裕葵

25

66

19

 

柴崎 岳

90

90

90

 

三好 康児

25

82

71

 

堂安 律

 

 

 

 

伊東純也

 

 

 

 

松本 泰志

 

 

 

 

南野拓実

 

 

 

 

中島 翔哉

65

90

90

 

渡辺 皓太

 

 

 

 FW

岡崎 慎司

 12

90

65

 

前田 大然

65

 

3

 

上田 綺世

78

24

25

 

鈴木 武蔵

 

 

 

 

大迫 勇也

 

 

 

 

選手プロフィール

  • オーバーエージは1996年12月末以前生れの選手
  • A代表歴は実際にプレーしたデータ
  • 2019年8月現在

シュミット・ダニエル

  • 生年月日           1992.02.03
  • 身長/体重    197cm/88kg
  • 所属       シント・トロイデン(ベルギー)
  • A代表歴            5試合450分

 

大迫 敬介 

  • 生年月日         1999.07.28
  • 身長/体重     186cm/86kg
  • 所属     サンフレッチェ広島
  • A代表歴          1試合90分

 

オビ・パウエル・オビンナ 

  • 生年月日     1997.12.8
  • 身長/体重    193cm/83kg
  • 所属                流通経済大学
  • A代表歴            なし

 

冨安 健洋

  • 生年月日          1998.11.05
  • 身長/体重     187cm/84kg
  • 所属              ボローニャFC(イタリア)
  • A代表歴          15試合1260分1ゴール

 

畠中 槙之輔 

  • 生年月日          1995.08.25
  • 身長/体重      184cm/80kg
  • 所属               横浜F・マリノス
  • A代表歴           3試合239分

                                    

岩田 智輝 

  • 生年月日          1997.04.07
  • 身長/体重      178cm/73kg
  • 所属              大分トリニータ
  • A代表歴          2試合177分

 

杉岡 大暉 

  • 生年月日          1998.09.08
  • 身長/体重      182cm/75kg
  • 所属              湘南ベルマーレ
  • A代表歴           3試合270分

 

植田 直通

  • 生年月日          1994.10.24
  • 身長/体重      186cm/77kg
  • 所属                  サークル・ブルッヘ(ベルギー)
  • A代表歴            7試合630分

 

板倉  

  • 生年月日          1997.01.27
  • 身長/体重      186cm/75kg
  • 所属                  FCフローニンゲン(オランダ)
  • A代表               2試合178分

 

室屋

  • 生年月日       1994.04.05
  • 身長/体重 176cm/69kg
  • 所属            FC東京
  • A代表歴        9試合608分1アシスト

 

昌子  

  • 生年月日       1992.12.11 
  • 身長/体重   182cm/76kg 
  • 所属              トゥールーズFC(フランス)
  • A代表歴          18試合1536分1ゴール

 

久保 建英 

  • 生年月日          2001.06.04
  • 身長/体重      173cm/67kg
  • 所属              レアル・マドリード・カスティージャ
  • A代表歴          4試合210分

 

安部 裕葵 

  • 生年月日          1999.01.28
  • 身長/体重      171cm/65kg
  • 所属      FCバルセロナB
  • A代表歴           3試合99分

  

柴崎  

  • 生年月日          1992.05.28
  • 身長/体重      175cm/64kg
  • 所属               デポルティーボ・ラ・コルーニャ(スペイン)
  • A代表歴           39試合2600分3ゴール5アシスト

 

三好 康児 

  • 生年月日          1997.03.26
  • 身長/体重      167cm/64kg
  • 所属      ロイヤル・アントワープFC(ベルギー)
  • A代表歴          3試合189分2ゴール

 

堂安  

  • 生年月日          1998.06.16
  • 身長/体重      172cm/70kg
  • 所属      FCフローニンゲン(オランダ)
  • A代表歴          15試合1084分3ゴール2アシスト

 

伊東 純也 

  • 生年月日     1993.03.09  
  • 身長/体重    176cm/68kg 
  • 所属       KRCヘンク(ベルギー)
  • A代表歴           14試合531分2ゴール

 

南野 拓実 

  • 生年月日      1995.01.16  
  • 身長/体重  174cm/68kg 
  • 所属             ザルツブルク(オーストリア)
  • A代表歴         14試合1040分5ゴール3アシスト

 

中島 翔哉 

  • 生年月日        1994.08.23 
  • 身長/体重    167cm/62kg 
  • 所属                   FCポルト(ポルトガル)
  • A代表歴            13試合748分4ゴール3アシスト

 

前田 大然 

  • 生年月日          1997.10.20
  • 身長/体重      173cm/67kg
  • 所属               CSマリティモ(ポルトガル)
  • A代表歴           2試合68分

 

岡崎 慎司 

  • 生年月日          1986.04.16
  • 身長/体重      174cm/70kg
  • 所属                 マラガCF(スペイン)
  • A代表歴           119試合8042分50ゴール13アシスト

 

 上田 綺世 

  • 生年月日          1998.08.28
  • 身長/体重      180cm/72kg
  • 所属                 法政大
  • A代表歴           3試合126分

 

大迫 勇也 

  • 生年月日     1990.05.18
  • 身長/体重 182cm/71kg
  • 所属             ヴェルダー・ブレーメン(ドイツ)
  • A代表歴         43試合2581分14ゴール4アシスト

 

2019年度の日本代表日程

  • 9月10日   2020W杯アジア2次予選 ミャンマー戦 
  • 10月10日 2022W杯アジア2次予選 モンゴル戦
  • 10月15日 2022W杯アジア2次予選 タジキスタン戦
  • 11月14日 2022W杯アジア2次予選 キルギス戦
  • 11月19日 キリンチャレンジカップ2019 未定
  • 12月10日 E-1 サッカー選手権 中国戦
  • 12月14日 E-1 サッカー選手権 香港戦
  • 12月18日 E-1 サッカー選手権 韓国戦 

なお、E-1選手権は国際Aマッチデー期間の開催でないため欧州で活躍している選手を招集するのは困難である。その為、RCストラスブール所属の川島 永嗣選手やJリーグでプレーするベテラン選手はE-1選手権に召集されると推察する。

2020年度以降の日程についてはこちらをご覧ください!

www.ippo-san.com

 

【関連情報】

日本人サッカー選手の所属する欧州クラブのランキング

www.ippo-san.com

  

 

ザルツブルグで活躍する南野拓実の活躍をフォロー

www.ippo-san.com

 

海外で奮闘する若き日本人サッカー選手の活躍をフォロー

www.ippo-san.com

  

シント-トロイデンのサムライ:ダニエル・鈴木優磨・移動達哉

 

www.ippo-san.com

  

【紹介情報】週刊海外日本人サッカー選手ニュース:女子編 

 

www.ippo-san.com

 

おわりに

 

2020年W杯アジア2次予選の直後には2020年には東京五輪が控えている。JFAは東京五輪での男女メダル獲得を目標に掲げているが、そのためにはアジア2次予選を東京五輪メンバー主体で戦えるのが理想。幸い2次予選の組み合わせ抽選に恵まれた。

グループF組の最新FIFAワールドランキングは、

  • 日本     33位
  • キルギス   95位
  • タジキスタン 119位
  • ミャンマー  135位
  • モンゴル   187位

このような国との対戦なら十分に若手主体で戦える

つまり、アジア2次予選は若手主体(2017年1月1日以降に生れた選手)15名+オーバーエージ候補8名(1996年以前に生まれた選手)で勝利するのが理想。オーバーエージ候補はポジション別に2~4人が招集されるだろうが、今回はアジア2次予選の初戦という事で多めに選んだ。

東京五輪に向けて日本A代表監督と日本五輪代表監督を兼任するメリットがメンバー選考において最大限に活かされそうだ。

次はそのメリットをアジア2次予選(2019年9月~2020年6月)全勝と東京五輪でのメダル獲得に活かしてもらいたい。

大いに期待しよう!