Ippo-san’s diary

静かに余生を送っています。フランス国内旅行のお得な行き方等を日程表・散策地図付で紹介。サッカー関連(特になでしこジャパン)や少しだけTOEICや糖尿病などを紹介。よろしく!

スポンサーリンク

パリ発モンサンミッシェル日帰り観光!格安の個人旅行 行程表付

スポンサーリンク
11

スポンサーリンク

フランス世界遺産観光地でトップにランクされているモンサンミッシェル観光はいかがですか?

モンサンミッシェル修道院の外壁を歩いてサン・マロ湾の展望やサン・マロ湾を散策するなどゆったりした思い出深い旅ができます。

行き方紹介と詳細な行程表付きなので簡単楽々の旅。現地オプショナルツアーと比べてほぼ半額モンサンミッシェル観光を紹介します。  

(モンサンミッシェル修道院 曇りで映りが悪かった)

f:id:Ippo-san:20190422104430p:plain

   

モンサンミッシェル観光の日程概要 

  • パリから直行バスでモンサンミッシェル駐車場へ
  • 無料シャトルバスでモンサンミッシェル島へ
  • モンサンミッシェル島内観光
  • シャトルバスで駐車場へ戻り
  • バスでパリへ

モンサンミッシェル観光の特徴

パリ発日帰りの個人旅行 

  • 往復ともバスを利用して
  • モンサンミッシェル島を
  • およそ4時間観光できる
  • 格安の旅行プラン
  • ただし火曜日のバスは運休

旅費 71€

  • 移動費 46€ 2019年6月23日~6月29日のデータで最も高い料金
  • 観光料 10€
  • 昼食費 15€

(現地ツアーと同一条件で比較した旅費) 

モンサンミシェル日帰り観光の日程表

観光スポットほか

備考

パリからFLiXBUSバスで

モンサンミシェルへ

 

モンサンミッシェル駐車場からモンサンミッシェル島へ無料のシャトルバスで移動

 

モンサンミッシェル島内自由散策

(ランチタイム含む4時間)

修道院入場料

10€

シャトルバスで

モンサンミッシェル駐車場へ移動

 

FLiXBUSバスでパリへ

 

パリからモンサンミシェルへの行き方

パリ バスターミナルからモンサンミッシェル島へ

  • FLiXBUSバスで
  • 土・日観光なら La Defence(Jules Verne)07:55発
  • また、運休の火曜日以外は Quai de Bercy 07:05発
  • モンサンミッシェル駐車場 12:40着
  • モンサンミッシェル駐車場から
  • モンサンミッシェル島へ無料シャトルバスで10分

復路について

  • モンサンミシェル駐車場17:20発
  • 日・金・土曜日はLa Defense バスターミナルへ22:10着
  • 日・金・土曜日はParisBercyターミナルにも23:00着
  • 即ち、日・金・土曜日はターミナルを選べる
  • 月・水・木曜日はParis Bercyターミナルへ22:50着

バスでの行き方の詳細はこちらのサイト見てね!

www.ippo-san.com

 

パリ発オプショナルツアーと比べてどう?

パリ発現地ツアーの方が楽でいいんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますのでパリ発オプショナルツアーと比較しましょう。

大手旅行代理店が催行するパリ発日帰りツアーは個人旅行と比べて

・実質観光時間は半分の2時間

・費用はほぼ倍

・どちらもバス利用

・どちらもモンサンミッシェル駐車場に到着

・島にはどちらも駐車場から無料のシャトルバスで行く

詳細は次の比較表をご覧ください。 

パリ発現地ツアー vs 個人旅行 比較表

比較項目

現地

ツアー

個人

旅行

パリ出発時間

 7:10

   7:05/ 

   7:55 

旅費

 135€~

 71€

観光時間

 2時間

 4時間

移動手段

 バス

 バス 

移動時間

 5h30m (*)

 4h45m/

   5h35m

催行会社

 VELTRA

 n/a

旅行可能日

 毎日

 火曜日X 

現地出発時間

 16:40

 17:20

帰着時間

 20:40?

 22:10/

   22:50

その他

(*)往路の途中にノルマンディー村40分散策 

 

注意事項

 

ご納得いただけたでしょうか?

修道院見学後のおすすめは?

  • グラン・リュ参道の外側の外壁の上を散策しながらの湾や対岸展望
  • サン・マロ湾内散策
  • 名物料理:羊肉のプレ・サレを食す

【関連情報】

観光時間を長くしたい時は復路にTGV利用(夏季)

  • ポントルソン駅出発時刻は18:05
  • バスより費用はかなり高くなる
  • バスより観光時間を1時間延ばせる
  • ただし、一般的にはモンサンミシェル観光に必要な時間はおよそ3時間

火曜日に日帰り観光したい場合はどうする?

オプションは2つ

①列車を利用

  • 移動費はバスと比べてほぼ倍
  • パリ出発は8時過ぎ
  • ポントルソン到着は11:35
  • 観光時間は実質5時間
  • ポントルソン出発は18:05
  • パリ到着は午後9時過ぎ

②パリ発現地ツアーを利用

  • VELTRA社やJTBが催行
  • 旅行代金は140€前後
  • 実質2時間+の観光時間

モンサンミッシェルの夜景観賞したいが?

夜景観賞が可能なのは冬季(11月~3月)だけ

2つ方法がある

  • パリ発夜景観賞ツアー利用
  • 1泊する

①夜景観賞ツアー(冬季限定)の場合

  • VELTRA社が催行
  • 「モンサンミッシェル 夜景観賞ツアー VELTRA」で検索

②1泊の場合

往路はバスでもよいがパリをゆっくり出発したいなら列車を利用する手もある。

観光時間がたっぷり取れるので

  • サン・マロ湾の散歩
  • モンサンミッシェル島の夜景の鑑賞と撮影を楽しめる
  • しかし翌日モンサンミッシェル周辺で観光するところはない
  • モンサンミッシェル上空の遊覧飛行などにお金を掛ければ別
  • 観光しないで時間をつぶすのはもったいない

バスや列車の時刻表・料金確認や手配

列車やバスの時刻・料金の確認や予約はomio(旧goEuro)www.omio.com

 

goEuroの使い方 

www.ippo-san.com

直接FLiXBUSのサイトで予約する場合

バスのスケジュールを選んだあとは支払画面へ。

ここではスケジュールの選び方を添付画面で説明。

www.flixbus.com

 

画面1

f:id:Ippo-san:20190422104544p:plain

 

画面 2

f:id:Ippo-san:20190422104639p:plain

 

【参考情報】

モンサンミッシェル島の観光地図 

f:id:Ippo-san:20190422104709p:plain

モンサンミッシェルの見どころ

サン・マロ湾に浮かぶ小島

  • カトリックの巡礼地として知られる修道院
  • 潮の干満の差は激しい所で15メートル以上
  • 満潮時には陸と完全に切り離されて孤立する
  • 潮の満ち引きで変わる神秘的な美しさと潮が満ちていく様子は圧巻

 主な観光スポットは

  • 島の入り口にあるラヴァンセ門、大通り門、王の門の3つの門
  • 王の門を抜けると石畳の参道グランド・ リュ通り
  • モンサンミッシェル修道院まで続く
  • 参道の途中にサンピエール教会の入口に立つ百年戦争に勝利したジャンヌ・ダルクの像
    修道院内部のラ・メルヴェイユ(驚異)と呼ばれる3層構造の居住空間とその中庭の緑
    モンサンミッシェル修道院の付属教会の尖塔にある高さ4.2mの黄金の大天使ミカエル像(尖塔の上のミカエル)
    島の西側には見張り塔として建築されたが現在は灯台として使用されている「ガブリエルの塔」
  • オムレツで有名なレストランはラ・メール・プラールで島の入口付近

f:id:Ippo-san:20190422104733p:plain

 (モンサンミッシェル島の外壁の上から撮影)

f:id:Ippo-san:20190422105053p:plain

 

【紹介記事】

パリ観光が簡単楽々になるモデルコース 

 まだパリ観光スケジュールなどを具体的に決めていない方におすすめ。

パリ観光計画の時間を徹底排除したパリ市内観光名所ランキングTop10をムダ・ムリなく効率的に巡れる最適なモデルコース 

www.ippo-san.com

 

パリ旅行費用の目安や予算を抑えるコツ紹介 

www.ippo-san.com

 

パリ発フランス国内小旅行厳選 日帰り・お得な前泊・周遊など特集

www.ippo-san.com

 

まとめ

パリ近郊観光で一番人気のモンサンミッシェル観光プランを紹介

  • 個人で
  • バスを使って
  • 日帰りだが
  • 4時間観光できる
  • 格安プラン

行き方や詳細な行程表付きなので簡単楽々な旅

なお、現地ツアーとの比較表を添付

TGV利用はバスが運行されない火曜日がおすすめ

モンサンミッシェル観光に関する添付資料や情報提供

  • モンサンミッシェルの見どころ
  • モンサンミッシェル島内観光地図

スポンサーリンク