Ippo-san’s diary

余生を楽しくがモットー。フランス旅行のお得な行き方、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病改善、ヨーグルトの作り方、ホストファミリーガイドなどの記事。よろしくね!

スポンサーリンク

海外でプレーしている 現・元なでしこサッカー代表メンバーに注目しよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メディアで取り上げられることはほとんどないが海外で黙々とプレーしている現・元なでしこジャパンのサッカー選手たち。 

なでしこ魂を発揮して異国に地で頑張っている彼女たちの最新情報をお伝えしましょう

なお、なでしこジャパン海外強化制度について最後に触れます。

海外でプレーしている現・元なでしこジャパンのサッカー選手は今何人いるかご存知ですか?  

 なお、東京五輪でメダルを獲る為に招集すべきメンバー(海外組から3名)を紹介します。2019年W杯後の初戦に収集されることを期待。

東京五輪へのリスタート:カナダ戦に期待するなでしこジャパンメンバー

海外でプレーする女子サッカー選手数

そうです、2019年8月現在、たったの6名。少ないですね!特に若い選手は皆無。マスコミが彼女たちのニュースを取り上げる時は決まって

  • 移籍の時
  • なでしこジャパンでプレーする時
  • 引退の時

普段は彼女たちの

  • 海外での活躍
  • サッカーに関する話題

がマスコミで取り上げられることは残念ながらほとんどない。

海外で頑張っている日本人女子サッカー選手がもっと注目されるようになれば国内での女子サッカー人気も再び盛り上がるのではないでしょうか?

そんな思いから海外でプレーする女子サッカー選手の2018年度からのサッカー関連の情報を調査することにしました。 

 

海外でプレーする女子選手の今シーズンの成績

データ項目名説明

  • 試合:出場試合数
  • 出場:出場時間(分)
  • G:得点
  • A:アシスト数

(アイウエオ順に掲載) 

宇津木瑠美 MF

 

今週の成績

対戦チーム

出場

G

A

リーグ戦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019シーズン通算

 

試合

出場

G

A

リーグ戦

3

252

0

0

 

 

 

 

 

 

川澄奈穂美 FW/MF

  • 所属チーム:スカイ・ブルーFC
  • リーグ:アメリカ NWSL
  • ニュース:出場時間が少ないのが気になる
  • ソース: 

 

9.8

対戦チーム

出場

G

A

リーグ戦

 ノース・カロライナ

 21

 

 

 

 

 

 

 

 

2019シーズン通算

 

試合

出場

G

A

リーグ戦

15

830

0

0

 

 

 

 

 

 

熊谷紗希 DF/MF

  • 所属チーム:オリンピック・リヨン
  • リーグ:フランス 1部リーグ(ディヴィジオン・アン)
  • ニュース:出場時間が少ないのが気になる
  • ソース:

2019年8月19日 女子International Champions Cup 優勝(2018年度は同じNorth Carolina Courgeと対戦して準優勝)

  • 準決勝・決勝に途中出場、計39分

 

9.7

対戦チーム

出場

G

A

リーグ戦

Stade de Reims 

 9

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/20シーズン通算

 

試合

出場

G

A

リーグ戦

2

53

 

 

Club世界一

2

39

0

0

 

田中陽子 MF

  • 所属チーム:スポルティング・ウエルバ
  • リーグ:スペイン1部
  • ニュース:
  • ソース: 

9.8

対戦チーム

出場

G

A

リーグ戦

Tacon 

 46

 0

 

 

 

 

 

 

8月10日プレシーズンマッチ

背番号18番を付けてTop下でプレー。絶妙のアシストで先制点演出(27分)。チームは優勝。https://www.youtube.com/watch?v=zQLGRfFtw7E

 

2019/20シーズン通算

 

試合

出場

G

A

リーグ戦

 2

 121

 

 

 

 

 

 

 

 

田中陽子選手の海外移籍について 

7/2 移籍先はスペイン1部リーグのウエルバ(CD Sporting de Huelva) 

6月30日(日)付けでノジマステラ神奈川相模原を退団し、スペイン1部リーグのウエルバ移籍した。 
いろんなスポーツで若い選手が海外で活躍しているが、ここ数年若い女子サッカー選手の海外挑戦は皆無である。現在25歳で若くはないが、これからの活躍次第ではなでしこジャパンに復帰する可能性は十分にある。素晴らしい挑戦と思う。

なでしこジャパンがW杯で大活躍するにはもっと若い選手の挑戦が必要不可欠。残念なことに海外挑戦してもっと上手くなろうという若い選手はいない。環境面や待遇面で現状よりも恵まれないからだろう。

田中選手の成功を心より応援します。

 

猶本 光 MF

  • 所属チーム:SCフライブルク
  • リーグ:ドイツ ブンデスリーガ 1部
  • ニュース:
  • ソース: us.soccerway.com

 

8.26

対戦チーム

出場

G

A

リーグ戦

レバークーゼン

90

0

0

 

 

 

 

 

 

2019/20シーズン通算

 

試合

出場

G

A

リーグ戦

2

180

0

0

 

 

 

 

 

 

永里優季 FW/MF

  • 所属チーム:シカゴ・レッドスターズ
  • リーグ:アメリカ NWSL
  • 賞:2019年4月度NWSL月間ベスト11
  • ニュース:アシストランキング1位に浮上
  • ソース:

http://www.nwslsoccer.com/players/yuki-nagasato

  

9.8

対戦チーム

出場

G

A

リーグ戦

ヒューストンダッシュ

90

0

1

 

 

 

 

 

 

2019シーズン通算

 

試合

出場

G

A

リーグ戦

20

1763

5

6

 

 

 

 

 

 

NWSL4月度月間ベストイレブン

世界から50名以上の代表選手がしのぎを削る中での受賞、おめでとう!

(nwslsoccer.comより拝借)

f:id:Ippo-san:20190511221050p:plain

 

2019年度なでしこリーグへ復帰した選手

  • 川村優  2019年度アルビレックス新潟レディースへ移籍
  • 近賀ゆかり 2019年度オルガ鴨川FCへ移籍 
  • 山根恵理奈 8/1 千葉レディースへ復帰

 

なでしこジャパン海外強化指定選手制度

プロサッカー選手といえども女子の年俸は欧米でも男子に比べて極端に低い。そこで

  • なでしこジャパンの強化を目的に
  • 2010年度より始めた
  • 海外移籍選手を経済的に支援する制度で
  • 支度金20万円と滞在費1万円/日が支給される

過去に認定を受けた選手(漏れがあるかも)

  • 澤 穂希
  • 安藤 梢
  • 宮間あや
  • 山口麻美
  • 永里優季
  • 宇津木瑠美
  • 岩淵真奈
  • 永里亜紗乃
  • 熊谷紗季
  • 大野 忍
  • 鮫島 彩

せっかくいい制度があるのに若い女子サッカー選手で制度を利用して海外で活躍するという強い意志となでしこ魂を持った気概ある選手はいないのだろうか?それとも認定のハードルが高いのか?

 

【新着記事】

東京五輪女子サッカー:出場国と組み合わせ予想

www.ippo-san.com

 

2020東京五輪サッカー競技の準々決勝進出条件

www.ippo-san.com

 

2020東京五輪でメダルを取るに欠かせないメンバー考察

www.ippo-san.com

 

 

【参考記事】FIFA女子 W杯2019特集

開始前 :強豪国の試合結果・チーム情報・優勝国などの予想

www.ippo-san.com

 

開始後 :強豪国試合結果や勝利への道を分析 

www.ippo-san.com

  

【紹介記事】欧州サッカークラブランキングと日本人選手

www.ippo-san.com

 

おわりに 

海外で頑張ってプレーしている現・元なでしこジャパンのサッカー選手たちが何故かあまり注目されていない。マスコミに取り上げられないからだ。

彼女たちがもっと注目されるようになれば、海外を目指す女子選手が増えるだろう。いや、何がなんでも増やさなければならない。 

FIFA女子W杯2019フランス大会を通じて分かったのは、世界の女子サッカーのレベルは確実に上がっている、ということだ。特に欧州勢のレベルアップが目立ち。

これでは日本女子サッカーは海外勢に後れを取ってしまう。女子サッカーのプロ化も一つの対応策だが、若い選手に魅力ある海外強化指定選手制度にすることで海外チャレンジを志す若い女子選手が出てくるはずだ。

そして海外プレーヤーが増えれば、日本女子サッカーのレベルアップは間違いなし。国際大会で負ける度に体格の差・スピードの差に驚いた、と言い訳してもなにも変わらない。しかし、海外でプレーすることで、自ずと、そうしたハンディーを乗り越えられるようになる。

ということで少しでも多くの方に知って頂くため、引き続き6選手の情報を収集し皆さんとシェアしていきますのでよろしくお願いします。