Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

スポンサーリンク

【第3版】女子ワールドカップ2019: なでしこジャパン代表メンバー予想!

FIFA女子ワールドカップ2019フランス大会まで2カ月を切った。2週間以内に予備登録メンバーが発表され、5月初旬に本登録メンバーが発表されるであろう。予備登録メンバー発表前に予想すべき、と早めに思い筆を執った。

2月末のアメリカ遠征と4月初旬の欧州遠征に招集されたメンバーをベースに女子ワールドカップ2019:なでしこ代表メンバーが決まるだろう。これまで若手中心の招集が繰り返されたため、今回のなでしこジャパン代表メンバー予想はかなり難しいと言われている。

しかし、これまで2回予想した実績があるので90%は当たるだろう。

因みに、第1版では私の希望を盛り込んだメンバー予想(第1版)女子ワールドカップ2019 なでしこジャパン代表メンバー予想! 

第2版ではこれまでの招集メンバーをベースに予想【第2版】女子ワールドカップ2019: なでしこジャパン代表メンバー予想!

結果的に言えば、最も難しかったのがFWの予想、次がMFの予想であった。今回の予想でもやはりFWが難しいが、第3版は2019年度に入ってからの招集・試合実績・個人的期待をベースにワールドカップ招集メンバーを予想

なでしこジャパン2019W杯メンバー決定!

23名中18名的中。GKは予想に反して山根でなく池田がメンバー入り。DFは予想通り大賀に代わりケガの回復した市瀬、サプライズは試合に復帰できていない阪口夢穂のメンバー入り。攻撃陣では敢えて外した最年少の遠藤、そして植木がメンバー入り。上記以外の選手は予想通り。

詳細はこちらの記事をどうぞ! 

なでしこジャパン2019W杯メンバー:5月10日午後2時発表

また、なでしこジャパン2019W杯の選考を徹底解剖しましたのでその記事もご覧ください。

なでしこジャパン2019W杯メンバー選考を徹底解剖、JFA中期計画に沿ったベストの選択!

残念ながら、なでしこはW杯で敗退しましたがその総括と五輪に向けての課題や修正点はこちら!

なでしこジャパン2019女子サッカーW杯総括と東京五輪に向けて 

FIFA女子ワールドランキングと優勝国の関連性などを調べていますので興味本位でご覧ください。

サッカー女子ワールドカップ:FIFAランキング1位の優勝はない!?

さらに、なでしこジャパンや強豪国に関する情報を18本紹介していますので関連記事なでしこジャパン2019 W杯特集」もどうぞ!

なでしこジャパン代表メンバー:3つの予想ベース

① 招集実績

2019年度に入って3度の招集実績がある。

  • TCは今年1月31日~2月4日、代表候補を集めたトレーニングキャンプ
  • 米国遠征は今年2月27日~3月4日、アメリカ遠征 SheBelievesカップ(USA戦、ブラジル戦、イングランド戦)
  • 欧州遠征は4月5日(フランス戦)と4月9日(ドイツ戦)の強化試合

3回とも招集された選手はW杯代表に当確と言っていいでしょう。そうでなければ「選手を見る目がない」ということだ。

従って、清水、大賀、南、中島、松原、長谷川、杉田、三浦、遠藤、横山、小林の11名は当確

なお、市瀬と坂口夢穂はケガのため召集対象外とする。

△招集されたがケガなどで不参加

 

選手

TC

米国

遠征

欧州

遠征

GK

山根

×

×

 

池田

 

山下

 

平尾

×

×

DF

熊谷

×

 

鮫島

 

有吉

×

 

三宅

 

清水

 

大賀

 

 

市瀬

×

 

北村

×

×

 

宮川

×

MF

坂口夢

×

 

阪口萌

×

 

宇津木

×

 

中島

 

松原

 

長谷川

 

杉田

 

三浦

 

長野

×

×

 

宮澤

×

 

遠藤

 

猶本

×

×

 

籾木

 

植木

×

 

川澄

 

 

 

 

永里

 

 

 

FW

菅澤

×

 

横山

 

岩渕

 

 

 

 

池尻

×

 

小林

 

田中

 

 

 

  

② 直近の試合実績

米国遠征・欧州遠征合わせて3試合以上した選手は当確と言っていいでしょう。ただし、それぞれの遠征で最低1試合出場。

従って、鮫島、熊谷、宮川の3名は当確。なお、鮫島は3回とも召集されたがTCはケガで辞退。熊谷は所属クラブの事情でTCに召集できず。 

表の見方:数字はプレー時間(分)。赤の数字は先発。DHはDefenciveHalf(守備的MF)。

 

 

USA

Bra

Eng

Fra

Ger

GK

山根

90

90

90

 

 

GK

山下

 

 

 

90

 

GK

池田

 

 

 

 

 

GK

平尾

 

 

 

 

90

DF

鮫島

90

30

90

90

90

DF

清水

90

 

80

61

72

DF

有吉

59

60

 

 

 

DF

熊谷

90

 

 

90

90

DF

大賀

31

90

46

 

 

DF

宮川

 

90

10

29

18

DF

 

90

90

90

90

DF

三宅

 

 

 

 

 

DH

杉田

90

23

90

90

90

DH

宇津木

 

67

 

 

 

DH

三浦

 

 

44

90

83

DH

松原

90

 

90

 

 

DH

猶本

 

 

 

 

7

MF

籾木

10

90

44

 

 

MF

中島

82

90

 

79

83

MF

遠藤

8

30

46

 

55

MF

長谷川

90

31

90

87

90

MF

阪口萌

 

60

46

 

 

MF

植木

 

 

 

3

7

MF

宮澤

 

 

 

11

 

MF

川澄

 

 

 

 

 

MF

永里

 

 

 

 

 

FW

菅澤

 

 

 

28

56

FW

横山

80

59

44

62

35

FW

小林

59

31

44

90

34

FW

池尻

31

59

46

 

 

FW

岩渕

 

 

 

 

 

FW

田中

 

 

 

 

 

 

③ 過去の試合実績

山根、山下、有吉、宇津木、坂口萌、籾木、菅澤、池尻は当確と見るが・・・・。GKのポジションは池田と平尾が競うことになるが、直近での実績があり且つ若い平尾だろう。

DFは7人なのでもう1名は三宅を入れたい。

DHは4人なのでそのまま。

MFは5人いるので1人削除する。坂口萌乃を外す。

FWは4人なのでそのまま。

以上で予想終了と言いたいところだが、この機会的な選考ではあまりにも味も素っ気もない。そこで少し自分自身の考察と希望を踏まえて数名の選手を入れ替えたい

 

これで決まり:なでしこジャパン代表メンバー!

DFのメンバー変更したいがそれはないだろう

まず、DFの大賀。SheBelievesカップのイングランド戦で若さ(未熟さ)を露呈して後半開始早々後退させられた。ケガがなければ市瀬菜々が当確。多分予備登録して、ぎりぎりまで待ってダメなら大賀というところ。要は代わりがいない。個人的には今冬のオーストラリアWリーグでほぼ全試合に出場しDFながら3得点あげた近賀ゆかりを選ぶが、小娘でないのでそれはないだろう。

MFのメンバー変更はある 

予想を的中させるなら遠藤を残すべき。しかし、一番若い遠藤を外すべきであろう。私の一押しはワールドクラスのプレーヤーである永里優季

なぜドイツ戦で長谷川をトップ下でプレーさせたのか? 4-2-3-1システムなどほとんど採用しなかったのに、今頃になって試しても遅すぎるが、強豪国に勝つシステムと考えるなら、そのポジションがこなせるのは永里だけ。しかし、確執があった?のでその確率は0に近い。

むしろ、「若手重視はいいがそれで勝てるのか」という批判をかわすため川澄奈穂美の招集は充分あり得る。昨年4月のアジアカップに川澄が招集されたのと同じ理由からだ。遠藤選手に申し訳ないが川澄選手に変えよう

FWのメンバー変更もある

最後はもっとも難しいFW。池尻選手は相当期待されていたようだがSheBelievesカップのイングランド戦で後半開始早々後退させられた。3試合出場したにもかかわらず無得点。そして欧州遠征には召集されなかった。信頼を失ったようだ。であるならば誰を代わりにするのか?本来なら若手と言う視点からすれば、なでしこリーグ3年連続得点王の田中美南のはずだが、どういう訳かあまり期待されていないようだ。であるならば、実績からして岩渕でしょう。彼女を外してW杯でベスト8に進めなかった場合、相当の批判の嵐に見舞われるだろう。それは避けたいところなので岩渕で決まりだ。 

 

2019女子W杯:なでしこジャパンメンバープロフィール 

選手データ(所属、国際Aマッチ、得点など)

☆2011年W杯優勝経験選手

★2015年W杯準優勝経験選手 

簡易得点率:1点取るのに要する試合数(試合数÷得点) 

代表試合数:出場試合数(ベンチ入りだけではカウントされない)

正規得点率:ゴール数÷出場期間(分)x 90分 

データは2019年4月9日現在

GK 3名

山根恵理奈★

  • スペイン レアル・ベティス
  • 187cm / 76kg
  • 28歳
  • 代表試合: 9試合

山下杏也加

  • 日テレ・ベレーザ
  • 170㎝ / 60kg
  • 23歳
  • 代表試合: 23試合

平尾知佳

  • アルビレックス新潟レディース
  • 172cm / 64kg
  • 22歳
  • 代表試合: 2試合

DF 8名

熊谷紗希☆★

  • フランス オリンピック・リヨン(ヨーロッパ最強)
  • なでしこキャプテン
  • 172cm / 60kg
  • 28歳
  • 代表試合: 49試合
  • リヨンではMF

鮫島 彩☆★

  • INAC神戸レオネッサ
  • 163cm / 53kg
  • 31歳
  • 代表試合: 56試合
  • 3得点
  • MFもOK

有吉佐織★

  • 日テレ・ベレーザ
  • 159cm / 51kg
  • 31歳
  • 代表試合: 28試合
  • 1得点
  • MFもOK

三宅 史織

  • INAC神戸レオネッサ
  • 165cm / 52kg
  • 23歳
  • 代表試合: 15試合

大賀理紗子

  • ノジマステラ神奈川相模原
  • 169cm / 54kg
  • 22歳
  • 代表試合: 3試合

宮川麻都

  • 日テレ・ベレーザ
  • 159cm / 50kg
  • 21歳
  • 代表試合: 4試合

清水梨紗

  • 日テレ・ベレーザ
  • 156cm / 47kg
  • 22歳
  • 代表試合: 22試合

南 萌華

  • 浦和レッズ・レディース
  • 169
  • 169cm / 62kg
  • 20歳
  • 代表試合: 4試合
  • U-20日本代表キャプテン

MF 8名

中島依美

  • INAC神戸レオネッサ
  • 158cm / 48kg
  • 28歳
  • 代表試合: 45試合
  • 11得点
  • 簡易得点率: 4.1試合

長谷川 唯

  • 日テレ・ベレーザ
  • 154cm / 48kg
  • 22歳
  • 代表試合: 34試合
  • 6得点
  • 得点率: 5.7試合

三浦成美

  • 日テレ・ベレーザ
  • 155cm / 48kg
  • 21歳
  • 代表試合: 7試合
  • 0得点

宇津木瑠美☆★

  • アメリカ シアトル・レイン
  • 168cm / 59kg
  • 30歳
  • 代表試合: 45試合
  • 2得点
  • 簡易得点率: 22.5試合

松原有沙

  • ノジマステラ神奈川相模原
  • 168cm / 66kg
  • 23歳
  • 代表試合: 2試合
  • 0得点

川澄奈穂美☆★

  • スカイブルーFC 
  • 157cm
  • 33歳
  • 代表試合: 30試合
  • 5得点
  • 簡易得点率: 6試合 

杉田妃和

  • INAC神戸レオネッサ
  • 160cm / 53kg
  • 22歳
  • 代表試合: 6試合
  • 0得点

籾木結花

  • 日テレ・ベレーザ
  • 151cm / 49kg
  • 23歳
  • 代表試合: 24試合
  • 8得点
  • 簡易得点率: 3.0試合
  • 正規得点率: 0.72 

FW 4名

横山久美

  • 長野パルセイロ・レディース
  • 155cm / 52kg
  • 25歳
  • 代表試合: 32試合
  • 14得点
  • 簡易得点率: 2.3試合
  • 正規得点率: 0.82(1試合当たりの得点)
  • 1得点に要する出場時間:90÷0.81=110分

岩渕真奈☆★

  • INAC神戸レオネッサ
  • 156cm / 52kg
  • 25歳
  • 代表試合: 39試合
  • 14得点
  • 簡易得点率: 2.8試合
  • 正規得点率: 0.58

菅澤優衣香

  • 浦和レッズ・レディース
  • 168cm / 65kg
  • 28歳
  • 代表試合: 34試合
  • 8得点
  • 簡易得点率: 4.3試合
  • 正規得点率: 0.43

小林里歌子

  • 日テレ・ベレーザ
  • 158cm
  • 21歳
  • 代表試合: 5試合
  • 2得点
  • 簡易得点率: 2.5試合
  • 正規得点率: 0.70 

 

なでしこジャパン代表チーム プロフィール

ピカピカの1年生チーム主体

  • W杯・五輪 経験者:8名
  • 平均年齢:24.9歳(3月時点よりさらに低い)
  • 22歳以下:9名
  • 30歳以上:4名 
  • 主力は国際大会やW杯などの経験値不足(強豪国の中で最も低い)
  • 平均年齢は強豪国の中で極端に低い
  • 4月に入ってからやっと先発メンバーが固定
  • W杯でなく東京五輪を目標にした発展途上チーム

 

【紹介記事】なでしこのイングランド戦展望+スタメン予想等

アルゼンチン戦(6月10日) 

2019女子サッカーW杯アルゼンチン戦:なでしこジャパンのスタメン予想 

スコットランド戦(6月14日) 

2019女子W杯:スコットランド戦展望+なでしこジャパンのスタメン予想

イングランド戦6月20日) 

2019女子サッカーW杯イングランド戦展望+なでしこジャパンのスタメン予想(6月20日)

 

【最新情報】強豪国のW杯チームプロフィール

W杯参加国から招集メンバーの発表がそろいましたのでそれをベースに寸評しました。なでしこジャパンの最新チームプロフィールや強豪国のチームプロフィールを知ってより楽しく試合観戦して下さい!   

FIFA女子W杯2019:強豪国・対戦国の代表チーム プロフィールほか

【関連記事】なでしこジャパン2019 W杯特集 

紹介する記事は下記の内容。 

  • なでしこジャパンW杯メンバー・選考解剖・試合日程・結果
  • なでしこジャパンのW杯メンバー予想・成績予想
  • なでしこジャパン2019年度強化試合結果D組対戦国の最新情報
  • 永里優季はなぜ召集されない? なでしこジャパンの課題そして課題は解消されたか?
  • 強豪国(FIFAランキングTop10)強化試合結果とプロフィール決勝T進出国・ベスト8・優勝国予想、FIFAランキング1位の優勝はない? 

www.ippo-san.com

 

まとめ

 

FIFA女子ワールドカップ2019フランス大会なでしこジャパンメンバーを予想したが、

  • 第1版は個人的期待値を込めた予想
  • 第2版はこれまでの招集データを基にした予想
  • 第3版は2019年度の招集・試合実績+個人的期待値を基に予想

また、強豪国の代表メンバープロファイルを直近のスタメンを基に考察。

  • W杯・五輪経験者数
  • 平均年齢
  • スタメン寸評

その結果、

  • 経験値の高い国はカナダ、スウェーデン
  • 一方、経験値の低い国は日本とドイツ
  • USAは3月よりも平均年齢・経験値上昇
  • 平均年齢が高いのはブラジルとスウェーデン。世代交代が進んでいない裏返しとも言える
  • 平均年齢が低い国が日本とドイツ。世代交代進行中と言える
  • 日本はやっと先発メンバーが固まってきた
  • ドイツは相変わらずスタメン模索中
  • イギリスは昨年11月の敗戦で思い切ってスタメン変更。それが功を奏してかSheBelievesカップで優勝。しかし、平均年齢の割には経験値が低い。そのためか4月の試合では不安定さ露呈

ということで強豪国のFIFA女子ワールドカップ2019フランス大会に向けてチーム作りは終了した。

興味深いのはなでしこジャパンとドイツ。平均年齢・経験値が低い両国がどこまで結果を残すかは大きな見どころだ。

なでしこジャパンは東京五輪に向けたチーム作りの最中なので今回のW杯はあくまで経験を積み上げるための大会。チャレンジャー精神で戦うだけ。

結果が悪ければ監督交代論が出るだろう。何故なら五輪までの1年で強くなるのは簡単でないから。思い出すのは2018年のTournament of Nationsでの3敗と今年のSheBelievesカップでの1勝1分1敗。一見成績はずいぶんよくなったが内容的には3敗に等しく、実力がアップした実感はない。1年くらいではなかなか強くならない証拠だ。

しかし、結果が良ければ東京五輪は大いに楽しみになる。

選ばれた選手には代表としての責任と誇りを自覚して精いっぱい頑張ってほしい。

ガンバレなでしこジャパン!