Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

スポンサーリンク

英語を学ぶ理由は? 将来の選択肢を増やす為に必要:何それ?

英語を勉強するのは何の為?、という疑問に関して上位にランクされている英語を学ぶ理由は、

  • グローバル化が進み仕事で英語が必要
  • 昇進・就職・転職で有利
  • 海外旅行を楽しみたい
  • 異文化コミュニケーション
  • 留学目的
  • 教養、など

しかし、それぞれの理由を自分の体験・見聞+主観で検証したが、

  • 対象者がせいぜい日本人の1%
  • 個人的な趣味や志向

「英語を勉強するのは何の為?」の理由としては納得できないという結論の記事を紹介した。あまりにも納得がいかないので自分なりに英語を学ぶ理由を考えたのがこの新記事。働く選択肢(職業、海外)が増えるのは間違いないが、次の記事では英語の勉強と全く結びつかない年金の話から始めて、いずれ「年金が英語を学ぶ理由と深く関係してくる!?」という非現実的な?話を紹介したい。

年金問題:老後は2,000万円不足

記憶に新しいところでは、金融庁の「人生100年時代。年金では満足な生活水準に届かない可能性があり、老後は2,000万円不足する。その分を投資などで自助努力・・・」という報告書で世間は大騒ぎとなった。しかし、現在の保険料・給付額・支給年齢などを維持するならその通りで、何らかの方法で不足分をカバーしなければならない。

現状のままなら年金制度の財源は底を尽き制度は破綻する。というのも現在の年金のしくみは「現役世代の人口増」を当てにした制度。まあ、破綻までいかなくても現状維持は不可能。

年金は破綻しないはウソ、年金は破綻させないが現実

年金の破綻は現実には起きない」と言われているが、実際は、「 破綻させない」が正しい。破綻させない程度に次の4本の矢を放つことになる。

  • 保険料を上げる
  • 給付額を減らす
  • 支給年齢を引き上げる
  • 納付期間を延長する

 

10人に6人は国民年金未納者

「国民年金第1号被保険者」の納付率は2018年度で68.1%。しかし、低所得などで保険料を免除・猶予されている人を未納者に加えると実質的な納付率は40.7%。えっ、うそだろう・・・・。今後、

  • 非正規労働者の増加に伴い納付率は上がらない
  • 少子化が進み増々現役世代の人口が減る
  • 生活保護受給者が増える

という事情で遠くない将来に間違いなく数本の矢が放たれるでしょう。

 

高齢夫婦の月額平均支出26万円、収入は21万円

前述の年金報告書は、月額平均で26万円余りの支出がある一方、年金を中心とする収入は月21万円ほど。毎月およそ5万円の赤字となる。単純計算すると今後30年間に2000万円が必要と指摘。

皆さんには影響ない話かもしれませんが、やがて年金給付額が減るのは間違いなさそうですね!

 

あなたなら5万円と言われる差額をどう埋めますか?

報告書に従い投資で確保しますか? それも一案ですね。でもリスクがある。

いずれにせよ、差額を埋める方法は2通りしかない。

  • 収入を増やす(いずれ死ぬまで働くことになるかも知れません)
  • 支出を減らす

ここでは支出を減らす方法の1つを紹介したい。

 

支出を減らせる海外生活

海外生活には一長一短がある。しかし、国を選べば確実に支出を減らせる。

例えば、マレーシアやタイでの生活。これなら月5万円の不足分は全く心配する必要がない。日本と比べると物価は3分の1くらい。アルコール飲料は日本の6割程度の価格だが、食料品はメチャ安い。地方なら散髪代は100円~。現地なら間違いなく年金収入だけで上流階級の生活ができる。

 

英語を学ぶ理由:海外生活には英語が必須 

海外生活は「英語が話せる」ことが大前提。英語が話せれば、海外生活という選択肢が手に入る。年金の減額が進めば、「英語を学ぶ理由は、海外生活という選択肢を確保するため」となる時代がやってくるかもしれない。

どうして英語が必要なのか?

海外移住の最大の問題点は、病気になった時の不安。マスコミが海外ロングステイ・海外移住を扇動した時期があったが今は下火。その理由は病気に対する不安。英語が話せなければ現地で治療を受けることさえ困難だ。

弟の話だが、日本人旅行客がモンブランで病気になり、現地病院入院手続きなどのサポート(ガイド)を頼まれたそうだ。最初は別の方がサポートしていたそうだが、書類作成でクレームが付いて埒が明かない。そこでサポート登録をしたばかりの弟に話が舞い込んだ。入院手続きもスムーズに進み日本人観光客も無事退院できた。そしたら旅行保険会社からバイト代とは別に数万円の謝礼が送られてきたそうだ。保険会社にとっては極めて安い費用で対処できたようだ。

短期の海外旅行でさえこれくらい大変だから現地生活で病気になったらもっと大変。よって英語が話せないなら海外生活は考えるな!

 

おわりに

このまま年金が減り続ければいずれ海外生活オプションを真剣に検討せざるを得なくなる時がくるかも知れない。日本政府が年金問題の解消策として海外生活を奨励するかも知れない。その時に英語の勉強を始めたのでは遅すぎる。将来の大きな不安(年金不安)を1つ減らし、将来の選択肢(海外生活オプション)と夢を増やすために英語を学ぶ、いずれこんな時代がやってくると思いませんか?

日本人は英語を話すのが苦手と言われている。性格的な理由(間違った英語を話したら恥ずかしい)もあるだろうが、苦手というよりも

  • 実践する機会がない
  • 必要性がない

必要は英語の母」のような環境やニーズがないから英語を話せないだけ。

理由はともあれ、英語を話せるメリット・必要性を誰もが感じられる時代、(そんな時代はお断りと考えている方もいらっしゃるでしょうが、)その時には多くの日本人が英語を話せるようになり、海外生活は「国内旅行?それとも海外旅行?どっちにしよう?」レベルの身近なオプションになる。

非現実的?な話、最後までお付き合いいただきありがとうございました。