2020東京五輪サッカー女子:出場国の最新試合情報をチェック

(2019年8月29日掲載:2020年11月6日更新)

FIFA女子世界ランキングTop10国の東京五輪出場は全て予想通りに決定したが、コロナの影響で2020東京五輪は1年延期となった。

FIFA女子ワールドカップ2019からほぼ14カ月が経った。2019女子W杯直後に女子のTop10ランキングに変動があったが、トップ10から脱落した日本を除けば同じ顔ぶれ何の変化も無いように見える。

ただ、FIFA女子ワールドカップ2019後に大きく変わった点が一つある。それは観客動員数である。

W杯2連覇を達成したアメリカでは代表メンバー23名によるVictory Tour全米5都市で国際親善試合を通してその強さをファンに披露するイベント)における観客動員数はすごかった。

2019年8月4日のアイルランド戦には3万7千人以上のファンがローズ・ボウル・スタジアムに押し掛けて代表メンバーのプレーを楽しんだ。同じく8月30日のポルトガル戦のチケットは4万枚以上が売れた。想像を絶する盛り上がりでありファンの関心の高さがうかがえる。

この盛り上がりはアメリカだけの話ではない。ヨーロッパでも2019年11月イングランド対ドイツ戦で「サッカーの聖地」と称されるウェンブリー・スタジアムでイングランド女子サッカー史上2位の77,768人が観戦。

因みに、1位はロンドンオリンピック決勝戦アメリカ対なでしこジャパン戦でなんと80,023 人

余談はこれくらいにして、間もなく再開される欧州女子選手権予選結果を含め東京五輪に出場する強豪チームの最新試合情報などを随時更新しますのでよろしくお願いします。

 なお、最も最新の強豪国の試合結果の詳細はこちらをどうぞ!

関連ニュース

  • 前アメリカ女子代表監督のピア・スンドハーゲ(Pia Mariane Sundhage)が2019年7月末にブラジル女子代表監督に就任
  • ジル・エリス Jill Ellis女史が勇退後のアメリカ女子代表(USNWT)監督ヴラトコ・アンドノフスキ Vlatko Andonovski氏が就任(10月28日)。前シアトル・レイン監督
  • オーストラリアではチリ戦で20,029人の新記録
  • 一方、なでしこジャパンは南アフリカ戦で8,453人

 

強豪国の最新動向や試合結果

 

アメリカ 

  • 2019FIFA女子W杯優勝
  • FIFA女子ランキング1位

寸評

前監督Jill Ellisの後任はヴラトコ・アンドノフスキ Vlatko Andonovski氏(10月28日)に決定。

  • 8.4-10.4はアリカ女子代表チームのVictory Tourでの国際親善試合
  • 1.29-2.10は東京五輪予選 
  • 3.5-3.11はSheBelievesカップ

( )内のシュートは対戦国の数字 、S:シュート

対戦国

月日

勝敗

枠内

アイルランド

8.4

3-0〇

29(2)

9(0)

ポルトガル

8.30

4-0〇

18(4)

8(2)

ポルトガル

9.4

3-0〇

21(1)

10(0)

韓国

10.4

2-0〇

19(6)

7(3)

韓国

10.7

1-1△

15(5)

5(3)

スウェーデン

11.8 

3-2〇

16(7) 

10(4) 

コスタリカ

11.11 

6-0〇

17(6) 

7(2) 

ハイチ

1.29 

4-0〇

 

 

パナマ

2.1 

8-0〇

 

 

コスタリカ

2.4

6-0〇

 

 

メキシコ

2.8

4-0〇

 

 

カナダ

2.10

3-0〇

18(4)

5(2)

イングランド

3.6

2-0勝

23(8)

6(3) 

スペイン

3.8

1-0勝

9(9)

4(3) 

日本

3.11

3-1勝

7(11)

4(4) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

オランダ 

  • 2019FIFA女子W杯準優勝
  • FIFA女子ランキング4位(2020年6月26日発表)

寸評

守備力は堅調。

  • *UEFA欧州女子選手権 
  • 3.5-3.11 Tournoi de France 

対戦国

月日

勝敗

枠内

エストニア*

8.31

 7-0〇

7(0) 

7(0) 

トルコ*

9.4

 3-0〇

32(2)

13(2) 

スロバニア*

10.5 

 4-2〇

 

 

ロシア*

10.9 

 2-0〇

 

 

トルコ*

11.8 

 0-8〇

 

 

スロバニア*

11.13

 4-1〇

 

 

ブラジル

3.5

 0-0△

11(6) 

4(0) 

カナダ

3.8

 0-0△

13(4) 

4(1)

フランス

3.11

 3-3△

7(20)

3(7) 

ロシア*

9.18 

 0-1〇

15(5) 

 6(2)

エストニア*

10.24

 7-0

 

 

 コソボ*

10.28 

 6-0 

 

 

 コソボ*

12.2

 

 

 

 

スウェーデン 

  • 2019FIFA女子W杯第3位
  • FIFA女子ランキング5位

寸評

相変わらず堅守のようだ。

  • *UEFA欧州女子選手権 
  • 3.5-3.11 アルガルベカップ

対戦国

月日

勝敗

枠内

ラトビア*

9.4

4-1〇

41(4)

13(3)

ハンガリー*

10.4

5-0〇

17(7)

8(3) 

スロバキア*

10.9

7-0〇

25(10) 

13(4)

アメリカ

11.8

3-2負 

7(16)

4(10) 

ドイツ

3.5

0-1負

12(5)

3(1) 

デンマーク

3.7

1-2負 

 

 

ポルトガル

3.11 

2-0勝

13(6)

5(2) 

ハンガリー*

9.18

8-0勝

32(1)

14(0) 

アイスランド*

9.23

1-1分

14(12) 

4(2) 

ラトビア*

10.23

7-0

 

 

アイスランド*

10.28

2-0 

 

 

スロバキア*

12.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスイングランド)  

  • 2019FIFA女子W杯第4位
  • FIFA女子ランキング56

寸評

ボール支配率ではかなり上回っているのに勝てない、先行き心配だね。スペインやブラジルに負け。完全に下降気味!決定率不足!  

  • 3.5-3.11 SheBelievesカップ

対戦国

月日

勝敗

枠内

ベルギー

8.30

3-3△

13(7)

9(5)

ノルウェー

9.4

1-2●

15(11)

1(5)

ブラジル

10.5

1-2●

14(6)

8(3)

ポルトガル

10.9

1-0〇

19(3)

5(0)

ドイツ

11.10

1-2負 

6(21)

4(7) 

チェコ

11.13 

2-3〇

18(8) 

8(3) 

USA

3.6 

2-0負 

8(23) 

3(6) 

日本

3.8

1-0〇 

10(10) 

6(3) 

スペイン

3.11

0-1負

7(9) 

0(3)

ノルウェー

12.2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ 

  • 2019FIFA女子W杯ベスト16
  • FIFA女子ランキング78

寸評

なでしこジャパン戦:移動の疲れ?で動きが悪く近年にない大敗。しかし、守備力は健在。決定力は相変わらず酷い。

  • * 東京五輪予選 
  • 3.5-3.11 Tournoi de France   

対戦国

月日

勝敗

枠内S

なでしこジャパン

10.6

4-0負

7(21)

2(9)

ブラジル

11.7 

4-0負 

 

 

ニュージーランド

11.10 

3-0〇 

 

 

ST. KITTS AND NEVIS*

1.30

11-0 

 

 

ジャマイカ*

2.2

9-0

 

 

メキシコ*

2.5

2-0

 

 

コスタリカ

2.8

1-0

 

 

アメリカ

2.10

0-3負

4(18)

2(5)

フランス

3.5

1-0負

2(15) 

0(3) 

オランダ

3.8

0-0分 

4(13) 

1(4) 

ブラジル

3.11

0-0分

9(11) 

2(5) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

オーストラリア 

  • 2019FIFA女子W杯ベスト16
  • FIFA女子ランキング87

寸評

W杯前の監督騒動から立ち直れるか?強豪国との対戦でわかる。

  • 2.7~3.11アジア予選

対戦国

月日

勝敗

枠内S

チリ

11.9

2-1勝

 

 

チリ 

11.12

1-0〇

18(7) 

7(2) 

台湾

2.7

7-0〇

 

 

タイ

2.10

6-1〇

 

 

中国 

2.9 

1-1△ 

15(19)

3(7) 

ベトナム 

3.6 

5-0 

28(7)

9(0) 

ベトナム

3.11

2-1

23(6)

10(4)

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ブラジル

  • 2019FIFA女子W杯ベスト16
  • FIFA女子ランキング108

寸評

前アメリカ女子代表監督のピア・スンドハーゲ(Pia Mariane Sundhage)が監督に就任。スコア的に見て初采配おみごと。監督が代わり世代交代して東京五輪を目指す。

因みに、アルゼンチン戦ではW杯最終戦と比べて先発メンバーは4名変わっていた(いずれも30台)。それでも平均年齢は28.1歳。実績豊富な監督のもと、もはやブラジルは侮れないね!

急遽イングランド戦とポーランド戦が組まれた!やる気満々!ブラジルのシュートが6本なんて信じられない。これまでと違い攻撃を抑えて守備重視?

アウェーでイングランドに勝利。カナダにも勝利、しかし中国戦はPK負。FIFAランキング26位のメキシコに圧勝。いずれにしても東京五輪ではメダル候補になるだろう。

  • 3.5-3.11 Tournoi de France 

対戦国

月日

勝敗

枠内

アルゼンチン

8.30

5-0〇

 

 

チリ

9.2

0-0△

(PK負)

 

 

イングランド

10.5

2-1〇

6(14)

3(8)

ポーランド

10.8

3-1〇

17(13)

6(5)

カナダ

11.7 

4-0〇

 

 

中国 

11.10 

0-0 PK× 

 

 

メキシコ

12.13

6-0 

 

 

メキシコ

12.16

4-0

 

 

オランダ

3.5

0-0分 

6(11)

0(4) 

フランス

3.8

0-1負

6(15) 

4(6) 

カナダ

3.11

0-0分 

11(9) 

5(2) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

五輪サッカー関連記事集 

 

 

特集記事

  

 

   

ランキングとなでしこ関連記事

 

 

 

W杯アジア2次・最終予選は見どころ・日程・試合結果

 

www.ippo-san.com

 

 

まとめ

 


 

五輪女子サッカーで優勝するのはW杯よりも難しいと言われている。それもそのはずだ。女子W杯と比べ出場国は半数の12チームだが、その内 8チームくらいがFIFA女子ランキングトップ10の強豪国である。

2020東京五輪が開催されるまでの強豪国試合情報などをフォローして、

  • 優勝国
  • なでしこジャパンンは目標としているメダル獲得ができるのか
  • 決勝ラウンド進むチーム

などの予想を楽しんでみたい。

冒頭のVictory Tourに関連した話だが、シーズン真っ最中にも拘らず所属チームの試合よりVictory Tourを優先させた米国女子サッカープロリーグ(NWSL)の判断には驚かされた。

また、代表チームへのサポートもすごい。W杯前には、代表メンバーは5月初旬から召集され、W杯優勝に向けて数週間にわたるトレーニングキャンプを実施しそのままW杯に臨んだ。

ミーガン・ラピノー共同キャプテンにいたっては、2019年度シーズンに所属チーム(シアトル・レインFC)のリーグ戦に1度も出場していない。アレックス・モーガン共同キャプテンも出場はわずか5試合である。

こうしたNWSLの代表チームへのサポートの手厚さを知るとW杯優勝に向けて万全な体制を取ったことがうかがえる。そして女子サッカーファンの関心の高い時にVictory Tourでファンと優勝の喜びを分かち合う。ファンが増えて当然だ。

このツアーを最後に、5年以上代表チームを指揮し、初めて女子W杯連覇を成し遂げたJill Ellis監督が勇退。新監督の元でのリスタートは順調である。 

そんなアメリカの本気度を知って気になる点がある。JFAはなでしこジャパン東京五輪メダル獲得に向けてどんな環境・サポートを用意するのか?非常に興味深い点である。メダル獲得の為、選手の活躍に加えてJFAの大活躍(最大級のサポート)を期待してやまない。