Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

スポンサーリンク

ベトナム旅行に必要な持ち物リストや注意事項を準備しました


初めてのベトナム旅行
(ハノイ、ホーチミン、ホイアン)を2020年2月に予定。そこで必要と思われるアイテムを持ち物チェックリストとしてまとめてみた。初めての海外旅行される方には必見の情報ばかりですので是非参考にしてください。

ベトナム旅行持ち物チェックリストを作成にする上でベースとなったのはフランス旅行持ち物リスト

フランス旅行でもベトナム旅行でも持ち物リストに大きな違いはなかった。どこの国を旅行しても持ち物リストの90%は変わらないという感じ。

ただ、出張でもそうだが慣れた人ほど何か大事なものを忘れる(私もパソコンの電源アダプターを忘れたことがある)。お互い気を付けましょうね!

お、フランス旅行に興味のある方、

パリ旅行ではパリ旅行者必見:費用を抑えるコツ?+おすすめ予算はいくら? 及びパリ観光モデルコースの姉妹版、

また、パリ近郊日帰り・前泊・1泊をお考えの方旅行先選びが簡単で①追加費用がわずか節約できる裏ワザなどを紹介したパリ発小旅行プラン集

そして、最後の「紹介記事」掲載内容をリストした 南仏を含むランス旅行に役立つ実用的且つお得な情報が得らえるおすすめサイト集

これらも合わせてご覧いただければ幸いです。

ベトナム旅行とフランス旅行で違いがあった持ち物など

 f:id:Ippo-san:20190509214318p:plain

  • パスポートの有効期限は6カ月以上。長いね! 因みにフランスは滞在日数+3カ月以上の残存有効期間があればいい
  • ベトナムは15日以内の観光旅行ならビザ不要。因みフランスは3ヵ月以内の観光目的ならビザ不要。国によって違うからチェック要ですね!
  • ベトナムの電源コンセントはA型、C型が主流。フランスはC型。A型なら日本と同じだね。変圧器・変換用プラグは持っていく必要はないね!

ベトナムの紙幣について分かった注意点

  • ラフな換算レートは200ドン=1円。即ち、20,000ドンが100円
  • 使用頻度の高い紙幣は 5万ドン、2万ドン、1万ドン
  • 20万ドン、25万ドン、50万ドンなどの使いにくい高額紙幣(20万ドン以上)は持ち歩かない方が良い

20万ドンと言っても1000円。しかし、ベトナムでは時給100円前後。泥棒にとっては高額? 泥棒に目をつけられないことがまず大事。 

ベトナム旅行でもクレジットカードが必須

クレジットカードが必須なわけ

  • 現金は盗難や紛失の恐れがある
  • 海外旅行保険付きクレジットカードであれば海外旅行保険に加入する必要はない
  • 現金が必要な時はATMでキャッシングできる 

海外旅行保険付きのカードのない方

  • ネットで保険に申し込む
  • 忘れた場合は割高になるが空港で保険を掛ける

両替と現金は必要最低限に留める

ATMは便利で盗難のリスクが低い

両替とATMでどちらがお得か、という議論の必要ない。現地で食事やお土産などに現金でしか支払えないケースがあるとしても日本円にして1日5千円。5日で2.5万円。両替とATMの手数料の差が1%であっても5日間で250円。

私はフランス旅行でも日本円はせいぜい2~3万しか持って行かない。もちらろん、両替が目的ではない。

クレジットカードなら

  • 現金が必要になった時にキャッシングできる
  • 盗難のリスクが減る
  • ただ、到着時にタクシー代など小銭が必要。空港で50万ドン(2,500円)両替すれば十分だろう

1万円も両替したら両替店でごまかされることを覚悟

1万円=200万ドン。5万ドン札で40枚。

確かタイかフィリピンで耳にしたごまかしの手口は、目の前で札を数えながらお客に気付かれないように札を床に落とすやり方。現地通貨を受け取ったらその場で確かめる

財布はどこにしまう?

  • 財布は後ろポケットに入れない
  • ズボンの前ポケットに入れて持ち歩く
  • バッグの底にしまう(底じゃないと意味ないよ!)

なお、財布には常に5万ドンくらい入れておく(ベトナムに限って強盗に遭遇する事はないと思うが 5万ドンがあなたの命を守るかも?)

海外旅行で盗難に遭う確率の高い場所は 3箇所

  1. 長い入場待ち行列や入場口付近(誰でも入れて混むところ
  2. 鑑賞に夢中になっている美術館内や教会内
  3. 混雑している電車や地下鉄の車両内 

外務省海外安全ホームページ

スリ(ひったくりや)に注意しましょう!

www.anzen.mofa.go.jp

機内持ち込み禁止・制限アイテム

一般的に知られている国際線の基準

100ml以下の容器に入った液体物なら合計最大1リットルまで入るジッパー付ビニール袋に入れると機内に持ち込める

でもそれだけの知識では不十分!

液体物の定義が実際はもっと広いゼリー状も含まれる

成田空港で手荷物検査を通ったとしても海外の入国時の検査で没収されることがある。恥ずかしいながら私も没収されたしまった(天野屋の甘酒)経験がある。

成田国際線を利用する場合の機内持ち込み禁止・制限アイテム

次のサイトに目を通しておきましょう!

www.narita-airport.jp

 

ベトナム旅行の持ち物チェックリスト 

 

確認

貴重品 

説明

□ 

パスポート

写真のあるページのコピー1枚保管。紛失対策

ビザ(査証)

15日以内ならビザ不要

航空券

 Eチケットは2枚印刷。別々に保管

現金(ドン)

 空港で50万ドンくらい換金

現金(円)

クレジットカードがあれば1~2万円で十分

クレジットカード

2枚用意し別々に保管。紛失・盗難対策

国際運転免許証

国際免許条約に加盟していないので国際免許は使えない

写真2枚

パスポート紛失の際、再発行に必要

戸籍謄本

自宅のカギ

 

海外旅行保険証

海外旅行保険付きクレジットカードがない場合

財布

 

 ホテル予約確認書

 

確認

カバン・バッグ・袋など

 説明

スーツケース 鍵付

 

スーツケースベルト

目印用

ネームタグ

バッグ

体の前に抱えて持てるサイズ 

セキュリティポーチ

貴重品管理(紙幣、カード、パスポートなど)

服の下につける

袋(エコバッグなど)

 

 

 

確認

衣類

説明

下着

 4~5日分用意。使い捨ての下着も持って行こう

靴下

 4~5日分用意。使い捨ての靴下も持って行こう

パジャマ

 

帽子

 熱中症・日焼け対策に必須

サングラス

 

運動靴 

 

雨具

100円ショップで十分

フォーマルウェア

情報なし

カジノ、高級レストランで必要かも?

フォーマルシューズ

厚手のジャンパー

乾季では最低気温は15℃。不要だね!

 

 

確認

電気製品類

 説明

スマホ+充電器

撮影用や市街地散策に便利、通信費に注意

カメラ+充電器/電池

 

メモリーカード

予備用

プラグ変換器

日本のA型対応なので不要

ドライヤー

海外対応品なら変圧器不要。高級ホテルなら置いてあるかも

シェーバー

 

 

 

確認

日用品類

 説明

歯ブラシ

置いてない場合がある

タオル

割れ物の荷造りになどに使える

ボディウォッシュタオル

 

ハンカチ・ティッシュ

 

くし・ブラシ 

 

練歯磨き

機内持ち込み制限アイテム

シャンプー

コンディショナー

ボディソープ

洗顔料

化粧品

生理用品

 

コンタクトレンズ一式 +予備

洗浄液は機内で使う分量は持ち込み可

メガネ+メガネケース

必要ならメガネ拭き

日焼け止め

 

絆創膏

 

スプレー類

用途やサイズによっては機内持ち込み可。夜の観光もあるので虫よけスプレーは持って行った方が良さそう

鏡・メイク落とし

 

綿棒・コットン

 

アイマスク・耳栓

 

スリッパ 

機内や宿泊先でくつろぐのに便利

確認

その他

説明

腕時計

 

ガイドブック

 

旅行プラン

 

チャック付袋

液体物機内持ち込み用

お土産

手荷物として持ち込む100g以上のペースト状・ゼリー状の物は入国時の手荷物検査で没収される

常備薬

 

筆記用具

 

マスク

ハノイやホーチミンなどではバイクがものすごいらしい。未舗装道路もありホコリがい上がるとのこと

 ムヒ

 

 

 

ほぼ全てリストしたつもりですが、個人的に必要と思われるものは追加してね!  

持ち物を減らすには厳選するか現地調達

たくさんのアイテムをリストアップしましたが、本当に必要なものはもっと少ないはず。これもいるかも、と荷物を増やしていくと、最後には荷物が増えすぎて収拾がつかなくなる。

  • できるだけ荷物を厳選
  • 日用品は現地で調達、

などを実施すればスーツケースは軽くなる。

 

【関連記事】ベトナム・カンボジア旅行:航空券や現地ツアー徹底調査など

  • ハノイ・ホーチミン・アンコールワット旅行企画とその概要
  • ベトナム・カンボジア周遊:ベトナムビザ不要ルート
  • おすすめ旅行サイトと予約のコツ
  • ダイナミックパッケージは個人手配よりお得か?
  • 誰でも利用するベトナム・カンボジアの現地ツアー:ハロン湾、サパ、メコン川クルーズ、ホイアン近郊、アンコール遺跡群など
  • 【必須】ベトナム旅行に必要な持ち物リストや注意事項

www.ippo-san.com

 

【紹介記事】フランス旅行のこんな情報を知りたい

  • フランス旅行・パリ旅行のおすすめ予算はどのくらい?
  • パリ観光を35で効率よく名所巡りしたい!
  • 海外航空券検索・予約おすすめサイトはどちら? コツは?
  • ダイナミックパッケージは個人で手配するよりお得?!
  • パリ市外への1日観光なら日帰りよりも現地前泊がおすすめ
  • パリから日帰り・1泊で行ける観光地はどこ?(16観光地域
  • パリから観光地までのお得な移動手段・詳しい行き方を知りたい
  • 現地オプショナルツアーを利用したいパリの日本人向け旅行会社
  • ドライブ旅行がおすすめ11観光地:ドライブルートと旅行記
  • 個人旅行プラン(日程表・行程表)の作り方
  • 列車やバスの時刻表や料金の確認・予約の方法
  • フランス旅行向け持ち物チェックリスト
  • 最小限知っておきたい、フランスの食事マナーや注意事項
  • 知らないと損、超お得な観光割引券(パリ、リヨンなど)
  • スーパーで買える人気のお土産は?
  • 航空券・ホテル・レストラン・レンタカー検索おすすめサイト
  • パリや観光地で荷物を預かってくれる場所があるか知りたい 

www.ippo-san.com

 

まとめ

 

ベトナム旅行の持ち物一般的な海外旅行とほぼ同じ

違いがあるのは、

  • パスポートの有効期限は6カ月以上
  • 15日以内の旅行ならビザ不要
  • ベトナムの電源コンセントはA型対応なので変圧器・変換用プラグは必要はない

留意事項・注意事項でもほとんど変わらない。 

  • クレジットカードが必須!
  • 現金(円)は1~2万円、両替は50万ドンくらい
  • バッグは必ずしも安全ではない
  • 貴重品は原則持ち歩かない
  • パスポート・紙幣・カードなどはセキュリティポーチに入れて服の下につける
  • 財布はバッグの底か前ポケットにしまう
  • 機内持ち込み禁止・制限アイテムのサイトにしっかり目を通す
  • 持ち物チェックリストで忘れ物防止
  • 荷物を減らすには厳選するか日用品を現地調達

忘れ物・お土産没収・偽の慈善団体寄付・妹のスリ被害目撃などの苦い経験があるのでくれぐれも注意しないとね! 

ベトナム旅行に限らず初めて海外旅行をする方には必見の情報。

少しでもお役に立てたなら幸いです!

お詫び:来年早々、愚妻が足の手術で入院することになりましたのでこの旅行は当面延期することにしました。愚妻が元気になったら実行しますのでよろしくお願いします。