Ippo-san’s diary

余生を楽しくがモットー。フランス旅行のお得な行き方、サッカー(日本代表、なでしこ)、TOEIC無料サイト、糖尿病改善、ヨーグルトの作り方、ホストファミリーガイドなどの記事。よろしくね!

スポンサーリンク

パリ発 日帰り リヨン観光!歴史地区の旧市街散策! 行程表・地図付

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フランス第二の都市リヨンを観光してみませんか?

リヨンの魅力は

  • 歴史地区にある世界遺産の旧市街
  • 映画発祥の街
  • 博物館・美術館

フルヴィエール(ノートルダム)大聖堂からのリヨン旧市街展望は必見! 

リヨンはパリから意外と時間的に近い。TGVを利用すればわずか2時間

  • リヨン日帰り観光はTGVを使えば十分可能
  • TGVを利用してモンサンミッシェルへ行くよりもずっと早い
  • しかも7時間のリヨン旧市街観光時間が確保できる

そして何よりも

  • 行き方
  • 詳細な行程表
  • リヨン旧市街散策ルート地図

付けているので簡単楽々な旅。行程表を参考すれば切符の手配だけでリヨン観光を楽しめるよ! それではさっそくパリ発の個人で行く「日帰り」リヨン観光プランを紹介しましょう。 

なお、フランス旅行に役立つ実用的且つお得な情報が得らえるおすすめサイト50以上紹介しています。皆さんの知りたい情報が紹介記事の「フランス旅行のこんな情報を知りたい」で見つかるかもしれません。どうぞリストだけでもご覧ください。

リヨン日帰り観光の概要 

(フルヴィエール・ノートルダム大聖堂)

f:id:Ippo-san:20190605143933p:plain

 

  • パリからTGVでリヨン駅へ
  • 徒歩あるいはタクシーで歴史地区へ移動
  • リヨン歴史地区散策
  • 徒歩あるいはタクシーでリヨン駅へ
  • リヨンからTGVでパリへ

リヨン歴史地区・旧市街 日帰り観光の特徴

パリ発日帰り個人旅行

TGV利用

  • 11時までにフランス リヨン着
  • 7時間の観光時間が取れる
  • パリ帰着が遅くても21時頃

費用は総額116€~181€

費用内訳

  • 移動費 TGV 89€(最少)~151€(最大)
  • 交通費 18€
  • 観光料 9€ 

(フルヴィエール大聖堂裏からリヨン旧市街展望) 

f:id:Ippo-san:20190605143953p:plain

 

パリからリヨンへの行き方

行程は

  • パリ市内宿泊エリアからパリ リヨン駅へ
  • 7:29、7:53、8:59発のいずれかがおすすめ
  • 夜 パリ リヨン駅からフランス リヨンへ
  • 17:34、19:04のどちらかがおすすめ

日程や都合に合わせてお選び下さい。

行き方の詳細に興味のある方はこちらの記事「フランス リヨンへ日帰り:パリからの行き方は簡単、TGV or バス?」を見てくださいね! 

リヨン観光 日程・行程表 

移動費が最も安い月曜日を例にとって紹介。 

リヨン旧市街観光(リヨン滞在時間が6時間以内)

スケジュール

備考

TGV INOUI 6681

パリ Lyon駅→

Lyon Part-Dieu駅

48€

07:53発

09:56着

徒歩(30分)又は

タクシー(5分)で

  • ベルクール広場へ
  • ベルクール広場散策

8€

 

Vieux Lyon駅から

ケーブルカーで

フルヴィエール

(Fourviere)駅へ

 

 

2€

  • フルヴィエール大聖堂
  • 旧市街展望

 

  • 散策しながら
  • 古代ローマ劇場跡へ

 

Minimes - Théâtres Romains駅から

ケーブルカーで

Vieux Lyon駅へ

 

 

2€

旧市街を散策しながら

  • サン・ジャン大聖堂
  • ミニチュア・映画装飾博物館
  • トラブール

 

 

9€

 

 

コードリエ(Cordeliers)へ徒歩で移動

カフェ 

徒歩(30分)又は

タクシー(5分)で

Lyon Part Dieu駅へ

 

6€

 

TGV INOUI 6630

Lyon Part Dieu駅

→パリ Lyon駅

41€

19:04発

21:02着 

 

リヨン滞在時間が6時間超なら

上記の旧市街観光以外に

  • リヨン美術館
  • テロー広場・リヨン市庁舎
  •  だまし絵
  • リヨン中央市場

などの一部またはすべてを滞在時間次第で観光できます。

なお、リヨン美術館

  • 閉館時間は午後6時
  • 入館は5時半までに
  • 入館料 8€ 

移動費を80€以内に抑えたいが?

往復TGV利用では叶いませんが、

往路にバスを使うなら月曜日、火曜日、木曜日が可能。 

  • OUIBUSで
  • Quai de Bercy7:15発
  • リヨン到13:10着
  • 観光時間約6時間
  • 復路はTGV利用
  • リヨン19:04出発

フルヴィエール大聖堂からの旧市街展望

(手前右がサン・ジャン大聖堂 右上の建物前がベルクール広場)

f:id:Ippo-san:20190605144019p:plain

 

【関連情報】

リヨン旧市街 散策用地図 3

普通に歩けば7.7kmで1時間44分かかるが7時間くらいかけて散策しながらの観光を楽しんでね!

先にベルクール広場へ行き観光案内所で地図をもらうことをおすすめ!

地図1

  • リヨン Part-Dieu駅からベルクール広場へ
  • ベルクール広場から旧市街を散策してPart-Dieu駅に戻るルート

f:id:Ippo-san:20190605144101p:plain

 

地図2

  •  旧市街にあるケーブルカーに乗ってフルヴィエール丘を散策
  • その後、旧市街のトラブールなどを見学してPart-Dieuへ戻る  

f:id:Ippo-san:20190605144139p:plain

 

地図3

リヨン美術館・市役所・だまし絵は地図1の上の方に位置する

f:id:Ippo-san:20190605144306p:plain

列車やバスの時刻表・料金確認と予約

列車やバスの料金は時刻・曜日・季節によって大きく異なる

特に週末は発車時刻も平日と変わること多い。

必ずComparaBUSを使って確認や予約をしてね! 

  • 土曜日以外は列車の予約は必要ないと思う
  • バスを利用するなら予約はおすすめ 

www.ippo-san.com

 

リヨン市の概要と旧市街の見どころ

リヨン市の概要

「美食の都」「絹の街」「金融の街」「ハイテクの街」でパリに次ぐフランス第2の都市

  • ローヌ川とソーヌ川の2本の川が街を横切る
  • ソーヌ川の背後にローマの遺跡を残すフルヴィエールの丘がそびえる
  • ソーヌ川とフルヴィエールに挟まれた旧市街一帯が世界遺産
  • 国際刑事警察機構(インターポール)の本部がある
  • 映画の父リュミエール兄弟はリヨン出身で映画発祥の地と言われる

 リヨン旧市街の見どころ

  • 石畳の道
  • 建物の回廊や中庭を伝って他の道に抜けるトラブールと(抜け道)
  • バラ窓が美しいサン・ジャン大聖堂
  • ルイ 14 世の騎馬像やサン・デグジュぺリと「星の王子様」の像が立つベルクール広場
  • リヨンのシンボルでもあるフルヴィエール・ノートルダム大聖堂
  • 大聖堂から見下ろすリヨン市街地の展望
  • 紀元前15年に建造された古代ローマ劇場跡

(ベルクール広場のルイ 14 世の騎馬像)

f:id:Ippo-san:20190605144335p:plain

  

【紹介記事】フランス旅行のこんな情報を知りたい

  • フランス旅行・パリ旅行のおすすめ予算はどのくらい?
  • パリ観光を35で効率よく名所巡りしたい!
  • 海外航空券のおすすめ検索・予約サイトを知りたい!コツは?
  • ダイナミックパッケージは個人手配よりお得、良いこと尽くめ?
  • パリ市外への1日観光なら日帰りよりも現地前泊がおすすめ
  • パリから日帰り・1泊で行ける観光地はどこ?(16観光地域
  • パリから観光地までのお得な移動手段・詳しい行き方を知りたい
  • 現地オプショナルツアーを利用したいパリの日本人向け旅行会社
  • ドライブ旅行がおすすめ11観光地:ドライブルートと旅行記
  • 個人旅行プラン(日程表・行程表)の作り方
  • 列車やバスの時刻表や料金の確認・予約の方法
  • フランス旅行向け持ち物チェックリスト
  • 最小限知っておきたい、フランスの食事マナーや注意事項
  • 知らないと損、超お得な観光割引券(パリ、リヨンなど)
  • 航空券・ホテル・レストラン・レンタカー検索おすすめサイト
  • パリや観光地で荷物を預かってくれる場所があるか知りたい

  

まとめ 

パリとは違った歴史や街並みに触れられるフランス第二の都市リヨン歴史地区にある世界遺産の旧市街観光を紹介。

この旅行プランは

  • パリ発日帰り観光
  • 往復ともTGV利用
  • 観光時間は6~7時間

行き方や詳細な行程表を付けたので簡単楽々な旅 

なお、リヨン観光に関する見どころや地図に関する資料や情報を提供

  • リヨン旧市街の見どころ
  • リヨン旧市街地図 3枚

見どころの詳細は旅行ガイドブックを見てね!