22-23 UEFA女子チャンピオンズリーグ、熊谷紗希、岩渕真奈、南萌華の活躍は?

はじめに

22-23UEFA女子チャンピオンズリーグの予選が始まりました。ローマに移籍したばかりの南萌華選手は1次予選を突破し2次予選へ進んだ。他にはバイエルン・ミュンヘンの熊谷紗希、アーセナルの岩渕真奈選手が2次予選から参戦する。

熊谷選手はバイエルン・ミュンヘンで主力の一角。岩渕選手はアーセナルで前年チャンピオンズリーグ予選4試合に出場、3得点。南選手は既にローマの主力として1次予選を戦っている。

9月20から始まる2次予選を突破すれば10月19日からのGS(グループ・ステージ)に出場できるが、南・熊谷・岩渕選手のチームはGS突破が叶うでしょうか?

本記事では熊谷・岩渕・南選手の活躍に加えて22-23UEFA女子チャンピオンズリーグ決勝戦(2022年6月4日)までの勝敗予想と実績をお伝えします。

なお、こちらも合わせてご覧いただければ幸いです。

 

最新ニュース

  • 4大女子リーグチャンピオンのリヨンバルセロナヴォルフスブルクチェルシーはグループ・ステージから登場
  • 2次予選チャンピオンズパスには中・下位リーグのチャンピオン14チームが出場、7チームがGS進出
  • リーグパスには上位・4大リーグの強豪10チームが登場、5チームがGS進出。バイエルン熊谷紗希、アーセナル岩渕真奈、ローマ南萌華ともにリーグパスで登場
  • 2次予選1stレグ アーセナル引き分け、バイエルン・ローマ勝利
  • 9月30日 2次予選2ndレグ アーセナル、バイエルン、ローマともに勝利で本戦出場決定

 

22-23 UEFA女子CL:2次予選

祈りが通じて日本人所属のローマ・アーセナル・バイエルン・ミュンヘンの対決は回避された。この組み合わせなら3チームとも勝利の可能性が高い。他にはPSGとレアル・マドリードがGSに進むでしょう。

GSに出場すれば、上記5チームのうち4チームの決勝T進出は固い。何故なら、チャンピオンズパスから勝ち上がったチームの決勝T進出は極めて難しい。

(日本人選手所属のチームのみ掲載)

レアル・ソシエダ 対 バイエルン・ミュンヘン

  • 1stレグ 9月21日 0-1 バイエルン・ミュンヘン勝利  熊谷フル出場
  • 2ndレグ 9月30日 3-1 バイエルン・ミュンヘン勝利  熊谷4分出場

アーセナル 対 アヤックス

  • 1stレグ 9月21日 2-2 岩渕 ベンチ外
  • 2ndレグ 9月29日 0-1 アーセナル勝利 岩渕 ベンチ

プラハ 対 ローマ 

  • 1stレグ 9月22日 1-2 ローマ勝利 南フル出場
  • 2ndレグ 9月29日 4-1 ローマ勝利 南フル出場 1G

 

22-23 UEFA女子CL:グループ・ステージ 

決勝トーナメント進出条件

各組上位2チーム

決勝トーナメント(ベスト8)進出予想

欧州女子4大リーグ(ドイツ・スペイン・イングランド・フランス)と他のリーグでは格差かなりあるので、欧州女子4大リーグのチームは90%以上の確率で決勝トーナメントに進むだろう。順位は当初の予想。 なお、組み合わせ抽選会は10月3日。

A

予想

 

日程

  • 10月19-20日 
  • 10月26-27日 
  • 11月23-24日
  • 12月7-8日 
  • 12月15-16日 
  • 12月21-22日

チーム

勝分敗

G

D

         
         
         
         

 

B

 

C

 

D

 

22-23 UEFA女子CL:決勝トーナメント

準々決勝

日程

2022年3月21-22日、29-30日

予想と結果

 

準決勝 

日程

2022年4月22-23日、4月29-30日 

予想と結果

 

決勝 

日程

2023年6月3 or 4日

予想と結果

 

 

女子サッカーリーグ世界ランキング

個人的視点での女子サッカーリーグ世界ランキングであるが、世界最高峰はアメリカのNWSL、そして欧州4大リーグ(イングランド、ドイツ、スペイン、フランス)。そしてWEリーグはどのくらいのレベルなのか?詳細はこちらの記事をご覧ください。

www.ippo-san.com

 

女子サッカークラブ世界ランキング

これも個人的視点での女子サッカークラブ世界ランキングであるが、世界の一流プレーヤーはアメリカNWSLと欧州4大リーグに集中。そのため女子サッカークラブ世界ランキングの上位国は全てNWSLか欧州4大リーグ所属のクラブ。

とは言うものの、浦和レッズレディース日テレ・東京ヴェルディベレーザINAC神戸 レオネッサのクラブ世界ランキングは何位くらいだろうか? 詳細はこちらの記事をご覧ください。

www.ippo-san.com

 

おわりに

 

UEFA女子チャンピオンズリーグの優勝チームはおよそ1.6M€(2億円)をゲット。Rewardはそれ程でもないが、戦いの厳しさはワールドカップやオリンピック大会と同等である。

こうした大舞台の経験が個人の成長(特にメンタル面)や代表チームのレベルアップにつながる。

UEFA女子チャンピオンズリーグ本戦に出場する日本人選手は22-23年度最大3名(熊谷岩渕、南)。彼女らの活躍が楽しみ。

現在欧州でプレーする選手でCL予選出場の可能性の高い選手は、熊谷、岩渕、南以外では、長谷川唯清水梨紗籾木結花宝田沙織三橋真奈選手。みんな大活躍して23-24年のUEFA女子チャンピオンズリーグ予選・本戦出場を勝ち獲ってほしい。

海外の日本人女子サッカー選手の活躍はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com

 

大舞台で活躍する日本人女子サッカー選手が増えることはジャパンのレベルアップにつながるので、欧州クラブやアメリカNWSLリーグに移籍する選手がもっと現われることを切に願う。

なお、21-22 UEFA UEFA女子チャンピオンズリーグについてはこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com