2023FIFA女子W杯展望:優勝候補はどこだ?なでしこジャパンは?

はじめに

(2022年11月12日更新)2023年7月20日から8月20日まで開催されるオーストラリア・ニュージーランド共催の第9回FIFA女子ワールドカップまで10カ月を切った。すでに29カ国の出場が決定。予想通り欧米の強豪国は全て出場。

そこで優勝国を予想するが、W杯優勝国となると非常に限られる。FIFA女子ワールドカップ1991年第1回以降の8大会における優勝はわずか4カ国(アメリカ4回、ドイツ2回、日本1回、ノルウェー1回)。

ところが2023年大会の優勝はこれら以外の国になる予感がする。それって、なでしこジャパンなの?

本記事では、2022年以降の強豪国の試合結果をベースに2023女子W杯優勝国を予想をしますが、W杯直前までの試合結果などを加味して都度更新します。時々アクセスして頂ければ幸いです。

 

女子サッカー強豪国に変動?

2020東京オリンピック女子サッカーでカナダが優勝。これを大きなサプライズとして受け止めたのは私だけではないでしょう。2023年女子W杯でもそのようなことが起こる可能性は十分にある。

現時点で優勝を狙える強豪国と言えば、2022年10月13日発表のFIFAランキング順にアメリカ、スウェーデン、ドイツ、イングランド、フランス、スペイン、カナダ、オランダの上位8カ国。

それでは強豪国などの現在地をチェックして優勝候補を探りましょう。

 

強豪国の現在地

2022年以降の強豪国(FIFA女子ランキングトップ10)対戦成績のみ掲載。強豪国名の後の( )内の数字は2022年10月13日発表のFIFA女子ランキング。

 

アメリカ(1

2021年11月末に世代交代を実施。新チームの成績は14勝2分2敗。スピードと迫力不足。10月のイングランド戦(2-1)とスペイン戦(2-0)、11月のドイツ戦(1-2)で3連敗。強豪国に勝てないのは世代交代が順調でない証し? それでも優勝候補の筆頭と言ってよい。 

  • 2022年対戦成績 2勝3敗
  • 2023W杯優勝可能性 20%

 

イングランド(4

Arnold Clark Cup(2022/2/17-2.23)で優勝。招待したチームは、カナダ、スペイン、ドイツですべて強豪国。しかし、準優勝のスペイン戦(0-0)ではボール支配率そしてシュート数ともに圧倒された。

ただ、Euro2022ではスペイン(2-1延長)、スウェーデン(4-0)、ドイツ(2-1延長)に勝利して優勝。

6月25日の親善試合オランダ戦では5-1の圧勝。そして10月のアメリカ戦も2-1の勝利。なんと対強豪国戦6連勝

  • 2022年対戦成績 6勝2分
  • 2023W杯優勝可能性 20% 

 

スペイン(6

前述のArnold Clark Cupで準優勝。ドイツ(1-1)、イングランド(0-0)、カナダ(1-0勝)との対戦でいずれもボール支配率・シュート数で圧倒。

Euro2022(7月開催)ではドイツ(2-0敗)、イングラン(2-1延長敗)でベスト8止まり。チーム運営などへ不満が積り代表監督の解任を訴えるなど前代未聞の異常事態が発生したが、10月スウェーデンに1-1、アメリカに2-0勝利。やはり影の優勝候補。

  • 2022年対戦成績 2勝4分2敗
  • 2023W杯優勝可能性 15%

なお、スペイン女子の2023女子W杯優勝予想についてはこちらの記事をどうぞ!

www.ippo-san.com

 

フランス(5

tour noi de france 2022(2022/2/17-2/23)で優勝。招待チームはフィンランド(当時のFIFAランキング28位)、ブラジル(9位)、オランダ(5位)。そしてブラジル(2-1)、オランダ(3-1)に勝利。

強豪国対戦では最近になって3連敗。Euro2022ドイツ戦(2-1敗)と10月のドイツ戦(2-1敗)、スウェーデン戦(3-0敗)。4強の一角と言えるが、今の状態では無理。

  • 2022年対戦成績 3勝3敗
  • 2023W杯優勝可能性 15%

 

ドイツ(3

前述のArnold Clark Cupではイングランド(3-1敗)とカナダ(1-0敗)に敗けて4位。6月25日にイングランドと対戦し5-1で惨敗。

2023女子W杯欧州予選でもFIFAランキング38位のセルビア(6月24日なでしこジャパンと親善試合予定)に3-2で敗れている。Euro2022でスペイン(2-0)、フランス(2-1)に勝利して準優勝。決勝戦ではイングランドに2-1敗。

10月の親善試合では再びフランスに2-1勝利。11月アメリカ遠征では1勝1敗。

世代交代で若返ったがパーフォーマンスが不安定。

  • 2022年対戦成績 4勝1分4敗
  • 2023W杯優勝可能性 10%

 

スウェーデン(2

Algarve Cup 2022(2022/2/16-2/23)で優勝したが、対戦チームはポルトガル(29位)、デンマーク(15位)、イタリア(14位)の中堅国ばかり。

欧州の強豪国と比べて攻撃力が高いわけではない。EURO2022ではオランダに1-1、しかしイングランドに4-0敗。最も気になるのはチーム平均年齢、現メンバーを入れ替えないとW杯時には平均年齢30歳くらい。

10月にはスペイン戦1-1分、フランス戦3-0勝利。ところが11月強豪国ではないオーストラリアに4-0敗は信じられない。それでも優勝候補の一角であることは確かだ。

  • 2022年対戦成績 2勝2分1敗
  • 2023W杯優勝可能性 10%

 

オランダ(8

tour noi de france 2022で1勝1分1敗の2位。ブラジルに1-1、フランスに3-1敗。ただ、ボール支配率・シュート数ともに大差はなかった。6月25日イングランドとの親善試合を5-1で落とした。

EURO2022ではスウェーデン(1-1)、フランス(1-0敗)で2022年度対強豪国未勝利。10月にはノルウェーに0-2敗。

オランダも世代交代の真っ最中だが、2023W杯に間に合うのか心配。

  • 2022年対戦成績 0勝2分3敗
  • 2023W杯優勝可能性 5%

 

カナダ(7

前述のArnold Clark Cupで3位。ドイツ(1-0勝)、イングランド(1-1)、スペイン(1-0敗)と対戦して1勝1分1敗。相変わらず、守備はしっかりしているが、攻撃力はやや物足りない。ボール支配率でもシュート数でも全て対戦相手が上回った。

優勝候補の一角には違いないが、あのアメリカでさえ五輪優勝後のワールドカップでは優勝したことがない。この点を考えると2023女子W杯優勝は極めて難しいだろう。

  • 2022年対戦成績 2勝1分3敗
  • 2023W杯優勝可能性 5%

  

上記8カ国の優勝可能性を足すと100%。ブラジル(9)・開催国のオーストラリア(13)・なでしこジャパン(11)の優勝はないだろう

因みに、2022年からの強豪国との対戦はブラジル1勝2分3敗、日本2敗、オーストラリア1勝3敗。いずれにしても過去のデータで明らかなのはFIFAランキングでTop8内でなければ優勝の可能性はゼロ

なお、2023W杯出場国のグループ・リーグ展望はこちら!

www.ippo-san.com

 

強豪国の世代交代は順調か?

東京五輪後に思い切って世代交代に踏み切ったのがアメリカとブラジル。オランダはやや早いペースで世代交代。スウェーデン・スペイン・カナダはゆっくりの世代交代。イングランド、フランス、ドイツは少しだけ世代交代。

世代交代後のアメリカ・ブラジル・オランダ・ドイツのパーフォーマンスは期待以下。そこで、7月のW杯最終予選にベテランを多く召集して臨んだので平均年齢は大幅にアップ。

その結果、ドイツは準優勝であったが、オランダは準々決勝でフランスに1-0で敗れてベスト8止まり。オランダはその後も苦戦している。

フランススペインは欧州女子選手権はやや若手で臨んだ。スペインはホスト国のイングランド(優勝)に2-1で破れベスト8。フランスは準決勝戦でドイツに2-1で敗れてベスト4止まり。

その後スペインは復調しているが、フランスは低調のまま。

スウェーデンは最近好調であるが、2023W杯時に平均年齢がほぼ29.5歳になるスウェーデンの優勝はないと思う。

(直近とは2022年4月と7月のデータ。2023W杯時には直近の平均年齢よりもおよそ1.2歳アップ)

チーム

19W杯

東京OL

直近の変化

アメリカ

28.6

29.7

25.8

→27.4

スペイン

24.6

 

25.8

→25.0

フランス

26.3

 

26.4

→26.0

スウェーデン

26.6

27.4

27.7

→28.6

イングランド

26.2

26.7

26.3

→26.4

カナダ

25.7

27.0

27.2

オランダ

25.5

26.5

24.4

→25.3

ブラジル

27.5

28.7

24.9

→26.0

ドイツ

24.4

 

24.5

→25.8

オーストラリア

25.3

26.5

26.6

日本

24.0

25.4

25.2

なお、米国チームの世代交代の詳細はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com

 

ランキング5位以下のチームが優勝?

FIFAランキング導入後の過去5大会のW杯では直前のFIFAランキングが全て4位以内のチームが優勝。内訳は次の通り。

年度

優勝チーム

Rank

2003

ドイツ

3

2007

ドイツ

2

2011

日本

4

2015

USA

2

2019

USA

1

あくまで直感だが、2023W杯では5位以下のチームの優勝がありそう。その筆頭が成長著しいスペイン。東京五輪でFIFAランキング8位のカナダがおおかたの予想に反して優勝したように、2023年W杯でFIFAランキング5位以下から優勝チームが出てくるかも?

 

おわりに 

2023FIFAワールドカップ(オーストラリア・ニュージーランド共同開催)に関する個人的な見解としてFIFA女子ランキングTop8以外の優勝はないと言い切りました。さらに、優勝は、アメリカスペインイングランドフランスのいずれかと思います。

一方、FIFAランキング11位のなでしこジャパンは、2023 W杯までにTop8以内にランインできなければ優勝の可能性はないと綴りましたが、Top8への時間は少ない。

11月11日イングランド戦(0-4完敗)、そして16日のスペイン戦(0-1敗)に勝利すれば約30pts獲得しTop10入り。2023年アメリカ主催のShebelievesカップに参戦できてその大会で全勝優勝すれば約40pts獲得できTop8にランクインするだろうが、それは奇跡に近い。

優勝はさておいて、なでしこジャパンはグループリーグ(GL)突破さえ危ぶまれていたが、グループ分け抽選がラッキーだった。GL突破は確実と言ってよい。

www.ippo-san.com

 

女子サッカー関連記事 

なでしこジャパン・WEリーグ・海外日本人選手

 

女子サッカーリーグ世界ランキング

 

www.ippo-san.com

 

女子サッカークラブ世界ランキング

 

www.ippo-san.com