アジアサッカークラブランキングTop 50、Jリーグ勢は何クラブ?

2024年4月30日更新

はじめに

本記事はアジア各国のリーグ戦やアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の成績などを反映したアジアサッカークラブランキング

400+のアジアクラブを掲載しているfootballdatabase.comよりアジアTop 50+のクラブを紹介。ところで、Jリーグ勢はアジアTop 50に何クラブ入っているでしょうか?

アジアにおけるJリーグ勢の現在地やACL対戦チームを知る上で参考にして頂ければ幸いです。本時期は月末前後に更新予定。

なお、こちらの記事もご覧いただければ幸いです。

 

Top 50クラブ サマリー

Top 5+

  • アル・ヒラル(サウジ)、アジア1位を約2年キープ。FIFAクラブW杯準優勝直後の世界35位を更新して世界30位まで躍進。現在は世界36位。今季26勝2分でリーグ戦断トツの1位。ネイマール、ネヴェス、サヴィッチなどスター選手加入でも23-24ACL準決勝敗退
  • アル・ナスル(サウジ)アジア2位C・ロナウドと新加入のマルセロフォファナオタヴィオなどを擁し今季23勝2分4敗でリーグ2位。23-24ACLでは準々決勝敗退。世界95
  • ペルセポリス(イラン)、アジア3位。今季15勝7分2敗でリーグ2位。世界123
  • 江坂 任の蔚山現代、アジア4位。23-24ACL準決勝敗退。リーグ戦は5勝2分1敗で3位。世界131
  • エステグラール(イラン)、アジア5位。今季15勝8分1敗でリーグ1位
  • 横浜FM、23-24ACL決勝進出。アジア6位。今季4勝3分2敗でリーグ7位
  • 川崎、アジア9位に後退。今季リーグ戦は2勝3分5敗で16位に低迷
  • アル・アイン(UAE)、アジア7位。23-24ACL決勝進出。今季11勝3分5敗でリーグ3位
  • アル・イテハド(サウジ)、アジア14。昨季リーグ優勝。今季ベンゼマファビオカンテ加入したのに15勝5分9敗でリーグ4位。23-24ACLでは準々決勝敗退
  • 谷口アル・ラーヤン(カタール )、アジア48位。今季15勝2分5敗でリーグ2位

サマリー

  • 現行フォーマットになった2003年以降20大会での優勝回数は、2022年度浦和の優勝で日本勢は5回優勝、最多は韓国の6回
  • アジアTop50最多は前回より1増えたJリーグで9クラブ
  • 中国スーパーリーグは7クラブだが、実質は6チーム(江蘇足球は資金難で活動停止)

 

アジアサッカークラブランキング Top 50+

Top 1位~50位

ACL:B8は準々決勝進出、GSはグループリーグ敗退

Top51位~

アジアチャンピオンズリーグGS出場チームとJリーグクラブを掲載。

 

2023-24 ACL 情報

出場クラブとランキング情報など

www.ippo-san.com

 

おわりに

クラブランキング情報としてこれまでに3つ紹介してきました。

  • クラブ世界ランキング
  • 欧州クラブランキング
  • 国内クラブランキング

そして2022年8月にアジアクラブランキングを追加。

ご覧頂いた通り、Top 50ではJリーグ勢が多いが、その割にはACL優勝回数が少ない。不思議なことにイランのクラブの優勝がない。東と西で比較すると東地区クラブの優勝がほぼ7割。秋春制と春秋制の違いが影響?

UEFAと比較すると、2022年アジアチャンピオンズリーグR16進出チームは開催前のTop16のうち、わずか4クラブ。欧州CLならTop16のうち毎大会10クラブくらい決勝Tに進みますが、アジア上位クラブの実力は不安定ですね。

23-24ACLではTop16(2023年9月時点)のうち、14チームが出場したが、何チームが決勝Tに進んだでしょうか?( 結果は7チーム進出

その一つ横浜FMはついに決勝進出、あと1つ勝って優勝して欲しい。そうなれば2025年FIFAクラブワールドカップにJから2チーム参加(浦和・横浜)となり楽しみ10倍増。

ACL以外ではほとんど参考にすることはないと思いますが、また見に来て下さい。

 

主なサッカー関連記事

▼ リーグ・クラブ ランキング

選手ランキング

▼ 日本代表

リーグレベル

▼ 欧州組

Jリーグ

▼ 女子サッカー