アジアサッカークラブランキングTop 50、Jリーグ勢は何クラブ?

はじめに

(2023年2月7日更新)本記事はアジア各国のリーグ戦成績やアジアチャンピオンズリーグ(ACL)戦成績などを反映したアジアサッカークラブランキング

およそ355クラブの順位を掲載しているfootballdatabase.comよりアジアTop 50+のクラブを紹介します。

  • 谷口彰悟選手の移籍先、アル・ラーヤンの順位が気になりますね
  • Jリーグ勢はアジアTop 50に何チーム入っているでしょうか?

アジアにおけるJリーグ勢の現在地やACL対戦チームの情報の1つとしてご参考にして頂ければ幸いです。

なお、こちらもご覧いただければ幸いです。

 

Top 50クラブの国別内訳と優勝回数

( )内の数字は現行フォーマットになった2003年以降19大会での優勝回数

東地区

タイの4クラブには驚きますが、オーストラリアが1とは意外ですね。中国は実質4チーム(江蘇足球は資金難で活動停止)

  • 日本 9(4)
  • 韓国 6(6)
  • 中国 5(2)
  • タイ 4
  • オーストラリア 1(1)

西地区

インドのクラブは意外と多いですね。

  • サウジアラビア 5(4)
  • イラン 6
  • UAE 4(1)
  • カタール 3(1)
  • インド 3
  • ウズベキスタン 2

 

アジアサッカークラブランキングTop 50+

ACL実績区分

  • - グループステージ出場なし
  • GS 敗退
  • R16 ラウンド16で敗退
  • R16~ ラウンド16進出
  • B4~ 準決勝進出
  • GS 23-24グループステージ出場
  • PO 23-24プレーオフ出場

それにしてもJ2のヴァンフォーレ甲府がJ1勢5連続撃破で天皇杯優勝したのには驚きましたね。甲府のアジアランキングは149位。このランキングでGL突破なるか、J2のレベルを知る上でも興味深い。

なお、23-24ACLの開催時期は2023.8~2024.5。既に32チーム中19チームのGS 出場が決まっている。

アジア順位

  • 天野 純選手、アジア3位の全北現代へ移籍。昨季は蔚山現代で公式戦38試合2508分12G2A。攻撃的MFとして素晴らしい活躍。今季も期待大
  • 江坂 任選手、昨季17年ぶりのK1リーグ制覇したアジア5位の蔚山現代へ移籍
  • 浦和は22ACL決勝進出でアジアランキング17位
  • 鳥栖はTop50から後退し57位
  • 武漢三鎮は22年度スーパーリーグ優勝でアジア36位に躍進、23-24ACLグループ・リーグ初出場
  •  アル・ラーヤン (カタール 63位) 移籍の谷口彰悟とBGパトゥム(タイ 28位)へ期限付き移籍(1月1日~5月31日)の丸橋祐介 に期待

左から今回2月5日時点のアジアランク(世界ランキング)クラブ名(国)海外日本人選手 22-23ACL成績 23-24ACL出場

1. (66) アル・ヒラル (サウジアラビア)  Final / GS
2. (79) 川崎 (J1)  GS / GS
3. (95) 全北現代 (韓国) 天野 純 B4 / GS
4. (106) アル・ドゥハイル (カタール)  R16~ / PO
5. (121) 蔚山現代 (韓国) 江坂 任  / GS
6. (127) ペルセポリス (イラン)   / 
7. (160) 横浜FM (J1) R16 / GS
8. (161) アル・ナスル (サウジアラビア)   / 
9. (169) アル・サッド (カタール)  GS / GS
10. (188) エステグラール (イラン)   / GS
11. (196) ブリーラムUtd (タイ)   / GS
12. (239) Al Ittihad (サウジアラビア)   / 
13. (244) 上海海港 (中国)   / PO
14. (246) セパハンFC (イラン)  GS / 
15. (250) アル・シャバブ (サウジアラビア)  R16~ / 
16. (261) アル・アイン (UAE)   / GS
17. (262) 浦和 (J1) Final / ?
18. (272) パフタコール (ウズベキスタン)  GS / GS
19. (292) 鹿島 (J1)   / 
20. (293) 山東泰山 (中国)   / GS
21. (339) 浦項スティーラース (韓国)  GS / GS
22. (352) Al Ahli (UAE)  R16~ / 
23. (355) 江蘇足球活動停止) (中国)   / 
24. (376) 広島 (J1)    / PO
25. (401) Nasaf Qarshi (ウズベキスタン)  R16~ / GS
26. (405) Al Wahda (UAE)   / 
27. (426) セ大阪 (J1)  / 
28. (431) BGパトゥム (タイ) 丸橋祐介 B8 / PO
29. (444) 名古屋 (J1)  / 
30. (452) Bangkok United (タイ)   / 
31. (465) AL Ahed (レバノン)   / 
32. (466) フーラード (イラン)  R16~ / 
33. (487) GOL Gohar (イラン)   / 
34. (497) 大邱FC (韓国) 鈴木圭太 R16 / 
35. (504) Al-Wehdat (ヨルダン)  GS / PO
36. (517) 武漢三鎮 (中国)   / GS
37. (519) Muangthong United (タイ)   / 
38. (529) Dempo SC (インド)   / 
39. (532) 神戸 (J1)   B8 / 
40. (534) Al Taawon (サウジアラビア)   / 
41. (537) 済州ユナイテッド (韓国)   / 
42. (541) El Jaish (Doha) (カタール)   / 
43. (556) FC東京 (J1)  / 
44. (561) メルボルンC (オーストラリア)  GS / 
45. (562) 北京国安 (中国)   / 
46. (587) Tractor Sazi (イラン)   / 
47. (588) シャールジャ (UAE)  GS / PO
48. (624) Mohun Bagan (インド)   / 
49. (633) Mahindra United (インド)   / 
50. (638) 仁川ユナイテッド (韓国)   / PO
51. (650) 水原三星 (韓国)   / 
52. (682) Al-Jazira (UAE)   / 
53. (686) Persib Bandung (インドネシア)   / 
54. (687) 浙江 (中国)   / PO
55. (698) 江原FC (韓国)   / 
56. (700) Al-Ahli (サウジアラビア)   / 
57. (708) 鳥栖 (J1)  / 
58. (709) Pune FC (インド)   / 
59. (715) ポート (タイ)  GS / 
60. (717) FCソウル (韓国)   / 
63. (734) アル・ラーヤン (カタール) 谷口彰悟 R16~ / 
81. (826) Al-Faisaly Amman (ヨルダン)   / GS
98. (963) アデレードUtd (Australia) 指宿洋史  / 
109. (1086) FK AGMK (ウズベキスタン)   / PO
124. (1242) Navbahor (ウズベキスタン)   / PO
131. (1302) Al Feiha (サウジアラビア)   / PO
149. (1407) 甲府 (J2)   / GS
154. (1450) ジョホール・ダルル (マレーシア)  R16 / GS
170. (1564) 傑志 (香港)  R16 / 
198. (1735) Istikol (タジキスタン)   / GS
215. (1864) ライオンシティ (シンガポール)   / PO
263. (2146) アハル (トルクメニスタン)   / GS
272. (2216) ハノイ (ベトナム)   / GS
-. (-) Bashundhara Kings (バングラデシュ)   / PO
-. (-) Al-Seeb (オマーン)   / PO
-. (-) ハイフォン (ベトナム)   / PO

 

2022 ACL 情報

www.ippo-san.com

 

www.ippo-san.com

 

おわりに

クラブランキング情報としてこれまでに3つ紹介してきました。

  • クラブ世界ランキング
  • 欧州クラブランキング
  • 国内クラブランキング

そして2022年8月にアジアクラブランキングを追加。

ご覧頂いた通り、Top 50ではJリーグ勢が多いが、その割にはACL優勝回数が少ない。不思議なことにイランのクラブの優勝がない。東と西で比較すると東地区クラブの優勝がほぼ7割。秋春制と春秋制の違いが影響?

UEFAと比較すると、2022年アジアチャンピオンズリーグR16進出チームは開催前のTop16のうち、わずか4クラブ。欧州CLならTop16のうち毎大会10クラブくらい決勝トーナメントに進みますが、アジアでは上位クラブの実力にバラツキがありますね。

ACL以外ではほとんど参考にすることはないと思いますが、ACLグループステージや決勝トーナメントの前後に更新しますのでよろしくお願いします。

 

主なサッカー関連記事

▼ ランキング

海外組

Jリーグ

女子サッカー