サッカー選手市場価値 世界ランキング・アジアランキング

はじめに

(2023年2月13日掲載:2024年2月10日現在)

Transfermarktが2024年2月10日現在の選手市場価値世界ランキングとアジアランキングを紹介します。

かつては、 メッシ、ネイマール、ケヴィン・デ・ブライネがTop10の常連でしたが、最近ではTop50に入っていません。実力は健在でも年齢には勝てませんね。

実際、30歳以上でTop100の選手はハリー・ケイン(30歳、110M€)とデ・ブライネ(32歳、60M€)のみ。一方、今回初めてTopに立ったのはジュード・ベリンガム(20歳)でハーランドエムバペと同額の180M€。
なお、22歳以下でTop75の選手は15名。嬉しいことにその一人が久保建英でついに世界Top100にランクイン、はたして世界何位でしょうか

また、日本人選手でアジアTop50に入っているのは何人でしょうか? 20人以上?
それでは、世界及びアジアの市場価値上位選手を紹介しますが、本記事は少なくとも年2回(1月・6月頃)更新しますのでよろしくお願いします。

なお、こちらの記事もご覧いただければ幸いです。

 

世界 Top50 サマリー

  • 世界Top15クラブに所属する選手は39名、マンCが最多で8名
  • 年齢層では21歳~25歳が最多で28名(56%)
  • ポジションではMFがFW(ウィング含む)より1名多い22名
  • 前回(23年6月)よりアップした選手は20名
  • イングランド国籍選手が最多の9名

 

サッカー選手市場価値世界ランキング

項目説明

  • MV:2024年2月10日現在の推定市場価値(1M€≒1.61億円)
  • クラブは現所属クラブ
  • 増減:前回(23年6月)比
  • 市場価値60M€以上の選手を掲載

ランキング

10代でTop50はガビ(19歳)だけ。

(Top1~Top50)

(Top51~Top79)

10代はファーガソン(19歳)、ラミン・ヤマル(16歳)、ザイール・エメリ(17歳)

 

アジア Top50 サマリー

(2024年2月10日現在)

  • 世界Top30クラブに所属する選手は12名
  • 年齢層では26歳~30歳が最多で26名(52%)
  • ポジションではFW(ウィング含む)が最多で24名
  • 前回(23年6月)よりアップした選手は26名
  • 国籍では日本選手が最多の23名

 

アジア選手市場価値ランキングTop50

キム・ミンジェ久保建英がアジア最高額の60M€で世界62位タイ。三笘 薫ソン・フンミンが50M€でアジア3位タイ、世界88位タイ。 
久保選手が、今季、これまでの活躍を続ければ80M€になりアジア最高額の選手になると同時に、世界トップ30にランクインするでしょう。

 

おわりに

推定市場価値は年齢で大きな開きがありますが、世界とアジアのTop50選手を比較すると次のような違いもあります(左世界、右アジア)。

  • 20歳以下   5    1
  • 25歳以下 28  18
  • 30歳以下 17  26 
  • 31歳以上   0   5

世界では25歳以下の選手が64%、一方、アジアでは38%.。特に、20歳以下はアジアはわずか1人。

23-24シーズンは、久保建英選手と三笘選手がアジア最高額を競う展開となりそうですね。さらに、世界Top50ランクインを期待しましょう。

 

主なサッカー関連記事

▼ リーグ・クラブ ランキング

選手ランキング

▼ 日本代表

リーグレベル

▼ 欧州組

Jリーグ

▼ 女子サッカー