【最新】 日本人サッカー選手市場価値ランキング、1M€以上は70名

(2019年12月1日初掲載:2022年9月26日一部選手更新

はじめに

欧州組の推定市場価値は6月中旬までに更新済。そしてJリーグ勢も6月28日に更新がされましたが、多くのJリーガーはダウン。パーフォーマンスがその理由かも知れませんが円安の影響もあるようだ。

ここ半年で2倍以上になった選手が2名いますが、誰でしょうか?

推定市場価値はおおむね年に2回(Jリーガーは年一回)ほど発表(夏と冬の移籍期間中)されますが、マイナーチェンジも含めて本記事最の内容を年5~6回更新しますのでよろしくお願いします。

 

日本人選手市場価値Top70(1M€~)

アップ組は70名中20名、ダウン組みは21名、変わらずは29名で日本人サッカー選手の市場価値はやや下がりました。1.2M€以上は前回1月時点と比較すると5名減の52名。なお、 J2新潟(7月16日クルブ・ブルッヘ移籍、当面Club NXTでプレー)の本間至恩選手はJ2日本人トップ、全体51位の1.2M€

更新組

9月以降発表(アップ額は2022年6月前後と比較。それ以外の選手は2022年6月発表で

アップ額は2022年1月比)

板倉 滉  7.5M€(+2.5M)

 久保建英 9.0M(+1.5)

 中村 敬斗、3.5M(+2.0) ここ1年で4.3倍

 冨安 健洋 22M(-3.0)

南野 拓実  10M(-2.0)

 伊東 純也 8.5M(+1.0)

 中島 翔哉 3.0M(-0.5)

三笘 薫 3.0M(+0.5)

橋岡 大樹 1.5M(0.5)

林 大地 1.5M(0.3)

 シュミット・ダニエル 1.2M(0.4)

 中山雄太 1.2M(0.6)

初のTop50入り選手

● 旗手怜央、中村敬斗、町田浩樹、上田綺世、森島 司、瀬古歩夢、原大智、橋岡大樹

項目説明

● V:推定市場価値(1M€≒1.43億円)

● +-:前回発表からの市場価値増減額。0は変わらず

● クラブは現所属クラブ or 前所属

P(ポジション)説明

(Transfermarktでは SS、RW、LW、CFがフォワード扱い)

● GK:Goal Keeper

● CB: Center Back

● RB: Right Back

● LB:Left Back

● DM: Defensive Midfield

● RM:Right Midfield

● LM: Left Midfield

● CM: Central Midfield

● AM: Attacking Midfield

● RW: Right Wing

● LW: Left Winger

● SS: Second Striker

● CF: Center Forward 

(2022年7月30日現在:クラブはその後の移籍を反映、*保有元クラブ)

左から選手名(クラブ/ P ) V/+-

  1. 冨安健洋(アーセナル/ CB ) 22/-3
  2. 鎌田大地(フランクフルト/ AM ) 22/0
  3. 南野拓実(モナコ/ LW ) 10/-2
  4. 久保建英(ソシエダ/ RW ) 9.0/+1.5
  5. 伊東純也(ランス/ RW ) 8.5/+1
  6. 遠藤 航(シュトゥットガルト/ DM ) 8/-2
  7. 堂安 律( ボルシアMG/ RW ) 8/1.5
  8. 板倉 滉(ボルシアMG/ CB ) 7.5/2.5
  9. 古橋亨梧(セルティック/ LW ) 6/0.5
  10. 奥川雅也(ビーレフェルト/ LW ) 5/0
  11. 伊藤洋輝(シュトゥットガルト/ CB ) 4.5/1.5
  12. 守田英正(スポルティング/ DM ) 4/0
  13. 中村敬斗(LASK/ LW ) 3.5/2.0
  14. 前田大然(セルティック/ LW ) 3.5/1.9
  15. 中島翔哉(Antalyaspor/ LM ) 3.0/-0.5
  16. 浅野拓磨(ボーフム/ RW ) 3/0.5
  17. 菅原由勢(アルクマール/ RB ) 3/0
  18. 三笘 薫(ブライトン/ LW ) 3.0/+0.5
  19. 原口元気(ウニオン​ベルリン/ AM ) 2.5/-0.5
  20. 酒井宏樹(浦和/ RB ) 2.5/-1
  21. 三好康児(アントワープ/ AM ) 2.5/0.3
  22. 旗手怜央(セルティック/ CM ) 2.5/1.3
  23. 橋本拳人(ウエスカ/ DM ) 2.2/-0.3
  24. 武藤嘉紀(神戸/ CF ) 2.2/-0.3
  25. 森岡亮太(シャルルロワ/ AM ) 2/0
  26. 鈴木優磨(鹿島/ CF ) 2/0
  27. 藤本寛也(ジル・ヴィセンテ/ AM ) 2/0
  28. 谷口彰悟(川崎/ CB ) 1.7/0
  29. 三竿健斗(鹿島/ DM ) 1.6/0
  30. 吉田麻也(シャルケ/ CB ) 1.5/-1.5
  31. 川辺 駿(グラスホッパー/ CM ) 1.5/0
  32. O.阿道(トゥールーズ/ CF ) 1.5/0
  33. 橋岡大樹(シント・トロイデン/RB)1.5/0.5
  34. 町田浩樹(サンジロワーズ/ CB ) 1.5/0.5
  35. 田中 碧(デュッセルドルフ/ CM ) 1.5/0
  36. 上田綺世(サークル・ブルージュ/ CF ) 1.5/0.3
  37. 林 大地(シント・トロイデン/ CF ) 1.5/0.3
  38. 清武弘嗣(C大阪/ LM ) 1.4/-0.2
  39. 仲川輝人(横浜/ RW ) 1.4/-0.1
  40. 坂元達裕(オーステンデ/ RM ) 1.4/0
  41. 土居聖真(鹿島/ SS ) 1.3/-0.2
  42. 中谷進之介(名古屋/ CB ) 1.3/0
  43. 稲垣 祥(名古屋/ DM ) 1.3/0
  44. 森島 司(広島/ AM ) 1.3/0.1
  45. 江坂 任(浦和/ AM ) 1.3/-0.2
  46. 山根視来(川崎/ RB ) 1.3/0
  47. 瀬古歩夢(グラスホッパー/ CB ) 1.3/0.4
  48. 原 大地(アラベス*/ CF ) 1.3/0.4
  49. 酒井高徳(神戸/ LB ) 1.2/-0.2
  50. 山口 蛍(神戸/ DM ) 1.2/-0.2
  51. シュミット・ダニエル(シント・トロイデン/GK ) 1.2/0.4
  52. 福森晃斗(札幌/ CB ) 1.2/-0.1
  53. 昌子 源(G大阪/ CB ) 1.2/-0.3
  54. 中山雄太(ハダースフィールド/CB)1.2/+0.6
  55. 本間至恩(クラブ・ブリュージュ/ LM ) 1.2/0.1
  56. 岩波拓也(浦和/ CB ) 1.1/0
  57. 喜田拓也(横浜/ DM ) 1.1/0
  58. 香川真司(シント・トロイデン/ AM ) 1/-0.2
  59. 柴崎 岳(レガネス/ CM ) 1/0
  60. 大島僚太(川崎/ CM ) 1/-0.2
  61. 塩谷  司(広島/ CB ) 1/-0.3
  62. 室屋 成(ハノーファー/ RB ) 1/0
  63. 松田 陸(セ大阪/ RB ) 1/-0.1
  64. 前 寛之(福岡/ DM ) 1/0
  65. 畠中槙之輔(横浜/ CB ) 1/-0.1
  66. 車屋紳太郎(川崎/ LB ) 1/-0.2
  67. 菅 大輝(札幌/ LM ) 1/0
  68. 岩田智輝(横浜/ CB ) 1/0
  69. 田川亨介(サンタクララ/ CF ) 1/0.35
  70. 古賀太陽(柏/ CB ) 1/0.1
  71. 脇坂泰斗(川崎/ AM ) 1/0
  72. 樋口雄太(鹿島/ RM ) 1/0.2

TOP71~の主な海外組など

左から選手名(クラブ/ P ) V/+-

  • 邦本宜裕(カーザ・ピア/ AM ) .0.93/0
  • 大迫 勇也(神戸/ CF ) 0.9/-0.1
  • 久保裕也(シンシナティ/ CF ) 0.9/0
  • 前田直輝(ユトレヒト / RW ) 0.9/0
  • 遠藤渓太(ブラウンシュワイク/ LW ) 0.9/-0.1
  • 天野 純(蔚山現代/ AM ) 0.8/0.2
  • 長谷部誠(フランクフルト/ DM ) 0.8/0
  • S.ダニエル(シント・トロイデン/ GK ) 0.8/0.15
  • 鈴木冬一(ローザンヌ/ LM ) 0.8/0
  • 斉藤光毅(ロッテルダム・スパルタ/ SS ) 0.8/0.1
  • 井手口陽介(セルティック/ CM ) 0.75/-0.2
  • 植田直通(ニーム/ CB ) 0.7/-0.1
  • 渡辺 剛(コルトレイク/ CB ) 0.65/-0.2
  • VM.際(ズヴォレ/ RB ) 0.55/-0.4

 

日本人GKランキング

2022年9月22日現在

シュミット・ダニエル、0.4M€アップで1位に躍進

● 中村航輔、リーグ戦出場不足で2018年自己最高額の1.5M€から大きく後退

川島永嗣の自己最高額は2013年の3M€(日本人GK最高額?)

● Top5常連の西川周作東口順昭がTop10外

左から選手名(クラブ/  ) V/+-

  1. シュミット(シント・トロイデン/  ) 1.2/0.4
  2. 大迫敬介(広島/  ) 0.85/0
  3. 高丘陽平(横浜FM/  ) 0.8/0.1
  4. 谷 晃生(湘南/  ) 0.8/0
  5. 上福元直人(徳島/  ) 0.55/0
  6. 村上昌謙(福岡/  ) 0.55/0.15

6位以下の主なGK

  • 権田修一(清水/  ) 0.5/0
  • 西川周作(浦和/  ) 0.35/-0.4
  • 東口順昭(G大阪/  ) 0.35/-0.4
  • 中村航輔(ポルティモネンセ/  ) 0.35/-0.1

 

世界ランキング:トップ 10

●ネイマール、75M€でトップ10外の23位へ後退 

(H22年6月18日現在)

左から選手名(所属/ P ) M€/+-

  1. エムバペ(PSG/ CF ) 160/0
  2. アーリング・ハーランド(ドルトムントマンチェスターC/ CF ) 150/0
  3. ヴィニシウス(Rマドリード/ LW ) 100/0
  4. フィル・フォーデン(マンチェスターC/ CM ) 90/0
  5. モハメド・サラー(リヴァプール/ RW ) 90/-10
  6. ハリー・ケイン(トッテナム/ CF ) 90/-10
  7. ヴラホヴィッチ(ユヴェントス/ CF ) 85/0
  8. ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスターU/ AM ) 85/-5
  9. ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスターC/ AM ) 85/-5
  10. ペドリ(バルセロナ/ CM ) 80/0

  

アジアランキング:トップ 10 

● ソン・フンミン選手は断トツのアジア1位、世界全体でも22位

● 日本人選手Top10に5名

● 冨安健洋、25M€キープで2位へ躍進

● 久保建英、2.5Mダウンの7.5M€でTop10外の13位へ後退

( 2022年6月18日現在の市場価値) 

選手名(所属/ P ) M€/+-

  1. ソン・フンミン(トッテナム/ LW ) 75/-5
  2. 冨安健洋(アーセナル/ CB ) 25/0
  3. サルダル・アズムン(バイエル・レバークーゼン/ CF ) 22/-3
  4. 鎌田大地(フランクフルト/ AM ) 22/-3
  5. メフディ・タレミ(FCポルト/ CF ) 20/3
  6. ファン・ヒチャン(ウルヴァーハンプトン/ CF ) 16/0
  7. キム・ミンジェ(フェネルバフチェナポリ/ CB ) 14/3
  8. 南野拓実(リヴァプール/ LW ) 12/0
  9. 遠藤航(シュトゥットガルト/ DM ) 8/-2
  10. 堂安律(PSVフライブルク/ RW ) 8/1.5

推定市場価値とは

 

推定市場価値はどのように決まるの?
かなり複雑らしいが、主な決定要因は、

● 過去の移籍金

● 年齢(低い方が長く貢献できる可能性が高い)

● リーグ

● ポジション(FW>DF・GK)

● 人気度

● ケガの頻度

● ロイヤリティ(現所属チーム満足度)

● 新環境適応能力

● 過去の実績(ゴール数など) 

こうしたデータを総合的に判断して算定される。

サッカー選手の価値を計る物差しの一つだが、個人的には人の価値を算定するのはどうかと思う。ただ、興味津々ですね!  

推定市場価値(M€)の入手先と検索可能情報

データはドイツの移籍専門サイト「Transfermarkt」のサイトより入手。リストに掲載されていない選手の推定市場価値をご覧になりたい方は下記のサイトへアクセスして下さい。Most valuable players | Transfermarkt。

 

おわりに

サッカー選手の推定市場価値はあくまでサッカーに関する事であり、サッカー選手の「人」としての価値を示すものではない。この点は十分理解しているつもり。才能だけではなかなか辿り着けないのが一流と言われるレベル。 

海外でプレーする選手が増えているが、現時点で主な選手だけリストアップすると53名。そのうち最近移籍したのは6名。この傾向は当面続くでしょう。

多くの若いサッカー選手は飛躍の場を求めて欧州へ移籍。成功した時に得られるメリット(報酬・名誉・評価など)は桁外れに大きいが、成功しない確率のほうが高い。

それを承知の上で「若い時にチャレンジしたい」という気持ちが強いので海外でプレーする夢を追い求めるのだろう。

チャレンジして得られるものはお金やステータスだけではない。選手自身が認識しているかどうかは分からないが、海外チャレンジに失敗したとしても大きな財産を手にすることができる。

その財産とは忍耐力・適応力・表現力・精神力・価値観などどんな環境でも生きていける力だ。海外でプレーして得られることは、交通機関の発達していない遠い昔の時代の「可愛い子には旅をさせよ」と同等かそれ以上の財産を手にすることができる。

サッカー選手の活躍と成長を応援しましょうね! 

 

世界サッカー リーグ・クラブ ランキング

リーグランキングは、年2回更新(2月、8月頃)しています。最新情報はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com

 

クラブランキングは、毎月初旬に更新しています。最新情報はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com