【2021年度版】 日本人サッカー選手推定市場価値ランキングに変化、1位は?

(2019年12月1日初掲載:6月30日国内組更新:10月11日三好選手大幅アップなどでTop50リストのみ更新

海外組については2021年6月10日までに最新情報をお伝えしました。国内組については6月29日に本年2回目となる最新市場価値が発表されました。そこで国内組を中心に最新の日本人Top50の推定市場価値ランキングを紹介します。

推定市場価値はおおむね年に2回ほど発表(夏と冬の移籍期間中)されます。マイナーチェンジも含めて年5~6回更新しますのでよろしくお願いします。

なお、こちらも合わせてご覧いただければ幸いです。

日本人選手市場価値Top50、最高額は鎌田大地選手

 
追記:10月13日発表では久保選手の市場価値は5M€のダウンの10M€でランキングも75位へ後退
(10月11日現在)

f:id:Ippo-san:20211011132852p:plain

 

サマリー

  • 三好康児、10月6日付けで2.0M€から3.0M€へ
  • 鎌田大地が日本人最高の25M€
  • 冨安健洋が20M€で日本人第2位
  • 鈴木優磨が0.5M€ダウンで3.0M€
  • 鈴木優磨・原大智Top50圏外へ

項目説明

  • M€:推定市場価値(1M€≒1.31億円)
  • 所属クラブは現所属クラブ or 移籍先 or 保有元

P(ポジション)説明

(Transfermarktでは SS、RW、LW、CFがフォワード扱い)

  • GK:Goal Keeper
  • CB: Center Back
  • RB: Right Back
  • LB:Left Back
  • DM: Defensive Midfield
  • RM:Right Midfield
  • LM: Left Midfield
  • CM: Central Midfield
  • AM: Attacking Midfield
  • RW: Right Wing
  • LW: Left Winger
  • SS: Second Striker
  • CF: Center Forward 

(2021年10月11日現在)

 

選手名

P

M€

+-

所属クラブ

1

鎌田大地

AM

25.0

フランクフルト

2

冨安健洋

CB

20.0

アーセナル

3

5

久保建英

RW

15.0

10.0

マジョルカ

4

3

南野拓実

LW

12.0

リヴァプール

5

4

遠藤 航

DM

10.0

シュトゥットガルト

6

伊藤純也

RW

8

ヘンク

7

堂安 律

RW

6.5

-0.5

PSV

8

酒井宏樹

RB

4.0

浦和

9

中島翔哉

LM

3.5

ポルティモネンセ

10

板倉 滉

CB

3.5

シャルケ

11

吉田麻也

CB

3.2

サンプドリア

12

浅野拓磨

RW

3.0

ボーフム

13

三好康児

AM

2.0

+1.0

アントワープ

14

鈴木優磨

CF

3.0

-0.5

シント・トロイデン

15

菅原由勢

RB

3.0

アルクマール

16

守田英正

DM

3.0

サンタクララ

17

原口元気

AM

2.5

ウニオン​ベルリン

18

橋本拳人

DM

2.5

ロストフ

19

武藤嘉紀

CF

2.5

神戸

20

奥川雅也

LW

2.5

ビーレフェルト

21

森岡亮太

AM

2.2

シャルルロワ

22

古橋亨梧

LW

2.0

セルティック

23

仲川輝人

RW

1.9

横浜

24

清武弘嗣

LM

1.8

C大阪

25

昌子 源

CB

1.8

G大阪

26

谷口彰悟

CB

1.8

川崎

27

三苫 薫

LW

1.8

サンジロワーズ

28

田中 碧

CM

1.7

デュッセルドルフ

29

三竿健斗

DM

1.6

鹿島

30

香川真司

AM

1.5

PAOK

31

乾 貴士

LW

1.5

セ大阪

32

小林  悠

CF

1.5

川崎

33

土居聖真

SS

1.5

鹿島

34

塩谷  司

CB

1.5

広島

35

山口 蛍

DM

1.4

神戸

36

大島僚太

CM

1.4

川崎

37

車屋紳太郎

LB

1.4

川崎

38

江坂 任

AM

1.4

浦和

39

酒井高徳

LB

1.3

神戸

40

福森晃斗

CB

1.3

札幌

41

川辺 駿

CM

1.3

グラスホッパー

42

進藤亮佑

CB

1.3

札幌

43

遠藤渓太

LW

1.3

ウニオンベルリン

44

家長昭博

RW

1.2

川崎

45

宇佐美貴史

CF

1.2

G大阪

46

丸橋祐介

LB

1.2

セ大阪

47

久保裕也

CF

1.8

シンシナティ(米)

48

室屋 成

RB

1.2

ハノーファー

49

犬飼智也

CB

1.2

鹿島

 

1.2M€の選手は他にも6名(中谷進之介、松田陸、オナイウ阿道、森島司、原 大智、坂元達裕)

 

日本人GKランキング:トップ 5

  • 西川選手1位から3位へ後退
  • 大迫選手初の1位
  • 中村選手0.7M€ダウンで0.5M€

 

選手名

年齢

M€

+-

所属クラブ

1

大迫敬介

21

0.95

+0.05

広島

2

東口順昭

35

0.9

-0.05

G大阪

3

西川周作

35

0.9

-0.1

浦和

4

上福元直人

31

0.65

徳島

5

シュミット

29

0.6

シント・トロイデン

10

中村航輔

26

0.5

-0.7

ポルティモネンセ

 

日本人五輪世代:トップ40

 

こちらの記事をどうぞ!

www.ippo-san.com

 

世界ランキング:トップ 10

 

  • U20トップのハーランドが第2位
  • H21年6月30日現在
  • +-は2021年1月1日比(変更の有った選手名は太字) 

 

選手名

POS

M€

+-

所属クラブ

1

エムバペ

CF

22

160

-20

PSG

2

アーリング・ハーランド

CF

20

130

+20

ボルシア・ドルトムント

3

ハリー・ケイン

CF

27

120

+0

トッテナム

4

ジェイドン・サンチョ

RW

21

100

+0

ドルトムント

5

モハメド・サラー

RW

29

100

-20

リヴァプール

6

ロメル・ルカク

CF

28

100

+10

インテル

7

ケヴィン・デ・ブライネ

AM

30

100

-20

マンチェスター・シティ

8

ネイマール

LW

29

100

-28

PSG

9

フレンキー・デ・ヨング

CM

24

90

+25

バルセロナ

10

ブルーノ・フェルナンデス

AM

26

90

 

マンチェスターUtd

  

世界ランキング:アジア選手トップ 10 

  

  • ソン・フンミン選手は断トツのアジア1位、世界全体でも15位
  • 日本人選手Top10に5名
  • 鎌田大地選手、大幅アップでが3位へ躍進
  • 遠藤航選手が9位にランクイン

+-は2020年12月末比
2021年6月30日現在の市場価値 

 

選手名

POS

年 齢

M€

+-

所属クラブ

1

ソン・フンミン

LW

28

85

-5

トッテナム

2

サルダル・アズムン

CF

26

25

+2

ゼニト

3

鎌田大地

AM

24

25

+9

フランクフルト

4

冨安健洋

CB

22

20

+2

ボローニャ

5

メフディ・タレミ

CF

28

16

+4

FCポルト

6

久保建英

RW

20

15

-5

Rマドリード

7

南野拓実

LW

26

12

+2

リヴァプール

8

ファン・ヒチャン

CF

25

11

ライプツィヒ

9

遠藤航

DM

28

10

+4

シュトゥットガルト

10

イ・ガンイン

AM

20

10

-5

バレンシア

 

 

推定市場価値とは

 

推定市場価値はどのように決まるの?
かなり複雑らしいが、主な決定要因は、

  • 過去の移籍金
  • 年齢(低い方が長く貢献できる可能性が高い)
  • リーグ
  • ポジション(FW>DF・GK)
  • 人気度
  • ケガの頻度
  • ロイヤリティ(現所属チーム満足度)
  • 新環境適応能力
  • 過去の実績(ゴール数など) 

こうしたデータを総合的に判断して算定される。

サッカー選手の価値を計る物差しの一つだが、個人的には人の価値を算定するのはどうかと思う。ただ、興味津々ですね!

  

推定市場価値(M€)の入手先と検索可能情報

データはドイツの移籍専門サイト「Transfermarkt」のサイトより入手。リストに掲載されていない選手の推定市場価値をご覧になりたい方は下記のサイトへアクセスして下さい。

Most valuable players | Transfermarkt

主な検索可能情報(検索条件指定)

  • ポジション別
  • 年度別
  • 年齢別
  • 国籍別
  • 大陸サッカー連盟別 

  

おわりに

  

サッカー選手の推定市場価値はあくまでのサッカーに関する事であり、サッカー選手の「人」としての価値を示すものではない。この点は十分理解しているつも。才能だけではなかなか辿り着けないのが一流と言われるレベル。 

日本人サッカー選の推定市場価格トップ 50では海外でプレーする選手が27名五輪世代では欧州勢が7名、Jリーグ勢が2名ランクイン。欧州移籍は増々加速するだろう。

最近、多くの若いサッカー選手が飛躍の場を求めて欧州へ移籍している。成功した時に得られるメリット(報酬・名誉・評価など)は桁外れに大きいが、成功しない確率も決して低くない。それを承知の上で「若い時にチャレンジしたい」という気持ちが強いので海外でプレーする夢を追い求めるのだろう。

南野選手がよい例だ。19歳で海を渡り苦節5年。今や世界最強チーム、リヴァプールへの移籍(現在サウサンプトン所属)。まさしく情熱と努力によって勝ち取ったアメリカンドリームと言えよう。今後の活躍を期待したい。

チャレンジして得られるものはお金やステータスだけではない。選手自身が認識しているかどうかは分からないが、海外チャレンジに失敗したとしても大きな財産を手にすることができる

その財産とは忍耐力・適応力・表現力・精神力・価値観などどんな環境でも生きていける力だ。海外でプレーして得られることは、交通機関の発達していない遠い昔の時代の「可愛い子には旅をさせよ」と同等かそれ以上の財産を手にすることができる。

サッカー選手の活躍と成長を応援しましょうね! 

 

紹介:ランキング・海外選手・アジア最終予選などの記事

 

▼ 男子サッカーランキング

【2021年度】サッカーリーグランキング:Jリーグは世界で何位?

■【2021年度】クラブ世界ランキング:川崎F、ついにアジア1位!

【2021年度】欧州サッカークラブのランキング日本人選手

【2021年度】Jクラブランキング:川崎Fは国内で断トツ1位、アジアでも首位

■【2021年度】日本人サッカー選手推定市場価値ランキングに変化、1位は?

【2021年度】Jリーガーの推定市場価値ランキング五輪世代躍進

■【2021年度】U20(パリ五輪世代)市場価値ランキング、久保建英選手は世界何位?

■【2021年度】パリ五輪世代の日本人選手市場価値ランキング

【2021年度】外国籍Jリーガー市場価値ランキング、1位は?

【2021年度】U23市場価値DFランキング:冨安選手20M€へUp、移籍金と時期?

2021年度】サッカー日本代表選手の実力度を独自の視点でランキング

【2021年度】欧州組サッカー選手ランキング、最も活躍した選手は?

■ Jリーガー活躍度ランキング、しかしプレーヤースタッツが不十分

 

▼ 欧州CL・EL・ACL

■【21-22】欧州CLグループリーグ突破、ランキング上位クラブが独占?

【2021年度】AFCチャンピオンズリーグ出場クラブのアジアランキング

2021-22 UEFAリーグCL・EL・ECL出場の日本選手一覧と出場実績

21-21UEFA女子チャンピオンズリーグ、熊谷紗希、岩渕真奈の活躍は?

■ 2021ACL決勝トーナメント情報川崎PK敗け、名古屋グランパスに期待

 

▼ 海外日本人サッカー選手

■ 守田英正選手川崎フロンターレブランド確立の立役者となる

■ 海外女子選手現・元なでしこサッカー代表メンバーの活躍をチェック

 

▼ 女子サッカーランキング・なでしこジャパン

女子サッカー:リーグランキング、世界最高峰のリーグは?

女子サッカークラブ世界ランキングと海外日本人選手所属クラブ

 FIFA女子ワールドランキング5年間の推移、なでしこジャパンは?

WEリーグ成功のため FIFA女子ランキングTop5入りを目指せ!

 WEリーグと 海外女子サッカーリーグとの圧倒的な違い

 なでしこジャパン東京五輪敗因の真相を推察、なぜ弱体化した?

 

▼ 日本代表・W杯アジア2次関連

■ 2022年W杯アジア2次・最終予選は見どころいっぱい、日程・試合結果

■ カタールW杯アジア最終予選 日本代表の日程・対戦成績・結果など

W杯アジア最終予選森保ジャパンの先発メンバーが変わらない理由

 崖っぷちのサッカー日本代表がアジア最終予選を突破できるデータとは?