【2022年度版】ACL出場チームとアジア クラブ ランキング

(2022年1月10日掲載:2022年4月28日R16進出チーム記載)

はじめに

2022年度ACL出場チームは出そろいました。

アジアのクラブが世界に実力を示すチャンスは、各大陸王者が世界一の座を懸けて対戦するFIFAクラブワールドカップ。ACL優勝チームには、アジア王者としてこのクラブW杯でその実力を示してほしいものだ。

優勝するためには、世界クラブランキングで上位をキープしておかなければならない。現在のアジア1位は川崎フロンターレ念願の初優勝は出来るだろうか?

それでは、2022年度ACL出場チームとアジアクラブランキングを紹介しますのでアジアチャンピオンズリーグ勝敗予想などの参考にして頂ければ幸いです。年に4~5回、ランキングなどを更新しますのでよろしくお願いします。 

 

世界Top100のアジアクラブ

世界Top100にランクインしているのはほとんど欧州クラブだが、アジアは以外にも3番目に多い。カッコ内は変動幅。

大陸別内訳

  • 欧州 81(+-3)
  • 南米 14(+-2)
  • アジア 4(+-2)
  • 北中米カリブ海 1(+-1)
  • アフリカ 1(+-1)

世界Top100にランクインしているアジアクラブ

2022年4月12日時点では、

  • 川崎フロンターレ(世界クラブランキング62位)
  • アル・ヒラル(同66位)
  • 蔚山現代(94位)
  • ペルセポリス(108位)
  • アル・サッド(109位)
  • 全北現代(同114位)

 

アジアTop50 国別クラブ数

現時点では、下記の8カ国で80%を占める。タイから4クラブがランクインしているのは驚きだ。もっともタイ国内1位のブリーラム・ユナイテッドは世界でも230位前後。Jリーグ4位の名古屋より上にランクインされている。

  • 日本  9
  • 韓国  6
  • 中国  5
  • イラン 4
  • サウジアラビア 4
  • タイ 4
  • UAE 4
  • ウズベキスタン 4

アジアランキングTop10にはACL常連チームが比較的多いが、運営面では必ずしも安定していると言えない(ペルセポリスエステグラールは最近になってACL参加ライセンスを剥奪された)。

Jリーグはこの先トップ4(川崎、横浜、神戸、浦和?)が固定しそうだ。この4チームがACLで韓国勢を圧倒すれば、アジアランキングTop10に3~4チーム名を連ねる日がくるかも知れませんね。

なお、昨年度のグループ・ステージ出場チームとアジアランキングはこちらをどうぞ!

AFCチャンピオンズリーグ出場クラブのアジアランキング 

 

ACL優勝クラブの世界クラブランキングは?

過去7年間の優勝クラブのACL決勝トーナメント開幕直前の世界ランキング(決勝トーナメント直前)は、下記の表の通り。2016年のRankを例外として見れば、世界ランキング150位以内でないと優勝はキツイですね。現在のアジアランキング7位のアル・ドゥハイルまでが2022年ACL優勝候補でしょう。

年度

ACL優勝

Rank

2015

広州恒大

76

2016

全北現代

399位

2017

浦和

111

2018

鹿島

169

2019

アル・ヒラル

92

2020

蔚山現代

121

2021

アル・ヒラル

85

2022

川崎?

 

ACL出場チームとアジア クラブ ランキング

日程

  • プレーオフ(PO):2022年3月15日
  • 本戦:4月15~5月1日

出場チームとランキング

2年連続ACL本戦出場を決めているチームは現時点でアジアランキングTop16のうち9チーム。蔚山現代がPO戦を勝ちき10チームとなった。一方、欧州では、ランキングTop16のほぼ全チームがチャンピオンズリーグの本戦に出場。

そして21-22年度欧州CLでは10チームがGS突破。一方、アジアでGS突破したのはたったの4チーム。アジアでは戦国時代が続いているようだ。

なお、21-22の欧州CLグループ・リーグ突破チームについてはこちらをどうぞ!欧州CLグループリーグ突破、ランキング上位クラブが独占?

項目説明

赤字は2022決勝トーナメント進出決定チーム

  • AR:アジアランク2022年4月12日現在
  • GR:(世界ランク)
  • クラブ名
  • クラブ名の後の* :POより出場
  • クラブ名の後の**:出場禁止
  • クラブ名の後の***:出場辞退
  • 前回:昨年度の成績。B16はGS突破チーム、B8はベスト8
  • 取り消し線のみは2022年度出場なし

ランキング

AR

GR

クラブ名

前回

1

62

川崎

日本

B16

2

66

アル・ヒラル 

サウジアラビア

Final

3

94

蔚山現代*

韓国

B4

4

108

ペルセポリス**

イラン

B4

5

109

アル・サッド

カタール

GS

6

114

全北現代

韓国

B8

7

132

アル・ドゥハイル

カタール

GS

8

166

エステグラール

イラン

B16

9

190

横浜Fマリノス

日本

 

10

208

アル・ナスル

サウジアラビア

B4

11

209

上海上港(辞退)

中国

 

12

210

鹿島アントラーズ

日本

 

13

216

山東泰山

中国

失格

14

225

ブリーラムUtd*

タイ

 

15

232

パフタコール

ウズベキスタン

GS

16

250

セパハンFC

イラン

 

19

296

広州足球

中国

GS

20

317

アル・シャバブ

サウジアラビア

 

23

373

シャバブアルアーリ

UAE

GS

24

389

BGパトゥム

タイ

B16

28

445

Nasaf Qarshi*

ウズベキスタン

 

32

470

浦和

日本

 

35

499

シドニー FC

オーストラリア

辞退

38

532

アル・ジャジーラ

UAE

-

40

541

フーラード

イラン

GS

42

562

神戸*

日本

 

43

574

Al-Wehdat

ヨルダン

GS

44

575

大邱FC*

韓国

B16

55

649

Al-Taawon*

サウジアラビア

 

56

651

シャールジャ*

UAE

B16

60

686

メルボルンC

オーストラリア

辞退

63

716

チェンライUtd

タイ

GS

64

721

ポート*

タイ

GS

66

753

Al-Gharafa

カタール

 

69

762

アル・ラーヤン

カタール

GS

78

813

長春亜秦*辞退

中国

 

92

929

アル・ファイサリー

サウジアラビア

 

164

1552

全南ドラゴンズ

韓国

 

188

1686

傑志

香港

GS

195

1738

イスティクロル

タジキスタン

B16

240

2016

Al-Jawiya

イラク

GS

241

2020

ムンバイC

インド

 

260

2144

Ahal

トルクメニスタン

 

265

2155

ジョホール・ダルル

マレーシア

GS

 

ユナイテッドC

フィリピン

GS

 

ライオンC

シンガポール

 
 

Hoang Anh Gia Lai

ベトナム

 

 

大会前後のランキング変化

今年度のグループ・リーグでは中国勢の不振(2軍派遣だから当然)と東南アジア勢の活躍が目立った。そのためランキングは大きく変わった。5月2日現在のアジアランキングは大会直前と比べて、

  • I組首位通過のジョホール・ダルル 265位→128位
  • F組3位のライオン・シティ ランク?→216位
  • F組最下位の山東泰山 13位→28位
  • I組最下位の広州FC 19位→39位

一方、日本勢では川崎と横浜FMの順位は変わらず、それぞれ1位と9位。浦和が13ランクアップで19位に浮上。神戸は6ランクアップの36位。

 

おわりに

Jリーグからは、昨年はGSに4チーム(川崎、名古屋、C大阪、G大阪)が出場、G大阪以外の3チームが決勝トーナメントに進出。なお、昨年度のACL決勝トーナメント情報はこちらをどうぞ!ACL 決勝トーナメント情報:川崎PK敗け、名古屋グランパスに期待 

今年は川崎、横浜、浦和が本戦出場、そして神戸がPO戦から出場する。日本勢には昨年以上の結果を期待。4チームとも比較的選手層が厚いので決勝トーナメント進出は固い。願わくば、日本勢による東地区準決勝を見たい

そして、現時点でアジアランキングNo1の川崎とNo2のアル・ヒラルがアジアチャンピオンの座を賭けて決勝戦を戦って欲しい。

皆さん、日本勢を応援しましょう!

 

世界サッカー リーグ・クラブ ランキング

リーグランキングは、年2回更新(2月、8月頃)しています。最新情報はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com

 

クラブランキングは、毎月初旬に更新しています。最新情報はこちらをどうぞ!

www.ippo-san.com