Ippo-san’s diary

モットーは余生を楽しく!フランス旅行にお得な情報、サッカー(日本代表、なでしこ)、英語・TOEIC学習、糖尿病対策、ヨーグルトの作り方、留学生受け入れ体験、などの紹介。よろしくね!

東京五輪サッカー男子:出場国の予選結果などをチェック

(2019年9月17日掲載:2020年8月3日更新) 東京五輪サッカー男子の試合結果を予想するのは難しい。W杯であればFIFAワールランキングなども参考になるが、フル代表以外のランキングはない。他にも難しい理由がいくつかある。 サッカー情報サイトを検索しても…

2020東京五輪女子サッカー:出場国と組み合わせを予想する

(2019年7月5日掲載:2020年8月2日更新) 2021年7月21日 ~8月6日、日本の6都市で開催される2020東京五輪女子サッカー競技の出場国と組み合わせ予想を紹介します。 それって早すぎない?まだ出場国が決まっていない段階でタダの当てずっぽうじゃないの?いえ…

ウォーキングを続けるポイントは継続可能な仕組み作り!

ウォーキングは特にシニア層に人気がありますね。某銀行のアンケート調査の中の一つの問い「ウォーキングを始めたキッカケ」に、 運動不足/体調不良/足腰が弱ってきた 健康診断に引っかかった ダイエットしたい/やせたい 友人に誘われた など、様々な解答が…

「マンガでわかる前置詞」からネイティブの使い方を学ぼう

「前置詞の基本的な意味は理解しているが、本来の意味がイマイチ分からない」と思うのは私だけでしょうか? 私たちは、句動詞などをまるまる暗記しているので、前置詞そのものの本来の意味をあまり深く考えたことがありません。 しかし、暗記しなくても前置…

2020東京五輪サッカー:出場国と過去の五輪成績をチェック

(2019年8月16日掲載:2020年7月28日更新) コロナの影響で東京オリンピック開催そのものが懸念されていますが、東京五輪サッカー競技が始まるまでに1年を切った。開催期間は2021年7月21日 ~8月7日。6都市7会場で開催される東京五輪サッカー競技の出場国と…

「マンガで分かる形容詞・副詞」からネイティブの使い方を学ぼう

形容詞と副詞、日本語では同じような意味の単語が沢山ありますね。単に意味だけを覚えても、いざという時にどちらの単語を使えばいいか、その判断に迷う事はありませんか? 例えば、bigとlarge(大きい)、highとtall(高い)。なお、highとtallの違いは”「…

【最新】欧州サッカークラブのランキングと日本人選手 

(2019年8月8日掲載:2020年7月25日更新) 2019年夏、若い日本人サッカー選手の欧州サッカークラブへの移籍報道が後を絶たない。数年前まではドイツブンデスリーガへの移籍が圧倒的の多かったが、今夏、ドイツのクラブへ移籍した選手はゼロ。スペインが増え…

【最新】Jリーグクラブの国内・アジア・世界ランキング紹介

(2019年12月17日掲載:2020年7月19日の最新情報で更新) 2020年度のJリーグ再開でようやく活気がでてきましたが、コロナ感染者増で気になるこの頃ですね。 2019年度は横浜マリノスのリーグ優勝で閉幕。当然のことながら優勝したことで横浜マリノスのクラブ…

糖質制限に取り組んだら血糖値3年ぶりの大幅減!

ほぼ目標通り改善に取り組んだので血糖値 HbA1c は間違いなく下がっているだろうと期待したが、前回の検診結果は前々回と同じ6.6。 モチベーションは一気に下がったが、何とかしないといけないと思い、何か良い方法はないか?いろいろ考えた末、初めて「糖質…

Go to キャンペーンに観光業界の救世主を期待!

Go to キャンペーンに反対する声を連日ワイドショーなどマスコミが伝えている。ほとんどのコメンテーターやゲストは反対意見だ。私達には全くメリットのない発言ばかり。 都知事ではないが「よーく考えて報道して下さい」と言いたい。都知事は「自粛してほし…

「最新」2020東京五輪サッカー競技の試合日程・会場ほか

(2019年7月24日掲載:2020年7月20日更新) Jリーグは7月から再開、なでしこリーグは19日から始まった。これからどんどん盛り上がるでしょうが、ムードメーカーは、他でもない、私達サッカーファン。 そして先日、東京五輪サッカーの新日程が発表されました…

ミーティングやプレゼンテーションの英語表現を学べる本の紹介

外資系の会社では、日常、英語を使っている方が多いと察しますが、そうでない方は、ごくまれにしか英語に接しないと思います。突然、海外出張や英語での会議への出席、あるいは、プレゼンテーションを依頼されたらどうしていいか悩みますよね。 そこでデイビ…

英語の冠詞の使い分けクイズでさらに冠詞感覚を磨こう

「英語の冠詞の使い分けをネイティブの冠詞感覚から身につける」をご覧になった方、いかがでしたか?。デイビッド・セイン先生曰く、”英語の冠詞の使い方は「習うよりも慣れよ」”ですが、何となくネイティブの冠詞感覚を実感できたのではないでしょうか! 私…

英語の冠詞の使い分けをネイティブの冠詞感覚から身につける

デイビッド・セイン先生曰く、”英語の冠詞の使い方は「習うよりも慣れよ」”。もちろん、冠詞の使い方にルール(文法)はあるが、100近いルールに加えて例外も山ほどあるので覚えるのは難しい。 では、ネイティブはどのように覚えたのか? ネイティブは「どの…

「ネイティブが中学英語を教えたら」間違いなく楽しくなる!(後編)

セイン先生の「もしもネイティブが中学英語を教えたら」の紹介記事(前編)をお読みになった方、いかがでしたか?。 中学時代にしっかり「ネイティブならこう表現する」に出会っていたら英語そのものが楽しかっただろう、と思いませんでしたか? 紹介したい…

「ネイティブが中学英語を教えたら」間違いなく楽しくなる!(前編)

「もしもネイティブが中学英語を教えたら」。このタイトルから想像したのは「ネイティブならこんなふうに教える」という教え方の提案かなと思った。私の想像力不足で恥ずかしい。 実際は「中学でこのように習った表現はネイティブならこう表現するよ」と、い…

使用頻度の高い英語フレーズ暗記一覧表(第2弾)

使用頻度の高い英語フレーズ暗記一覧表(第1弾)

デイビッド・セイン氏の英語本8冊から使用頻度が高く私もよく耳にしたり使ったりした英語フレーズの使い方を紹介してきました。 ご存知の方は、実践を重ねれば会話ですんなりと出てくるようになるでしょう。しかし、あまり覚えていない方は、先ず、英語フレ…

言えそうで言えない「とっさの英語 基本の即答フレーズ75」紹介

「即答フレーズ」が使えるならば、既に英会話力はネイティブに近いレベルですね。しかし、「即答フレーズ」をとっさに使えないのが多くの方の現実ではないでしょうか? そこでセイン先生の 本、”言えそうで言えない「とっさの英語 基本の即答フレーズ75」" …

「ネイティブに伝わるビジネス英語700」で伝わる表現を学ぼう(後編)

ネイティブでない私達は、ビジネスシーンにおいて「伝わりにくい英語表現」、「使ってはいけない英語表現」、「誤解されやすい英語表現」などを知らずに使っているのではないでしょうか? そこで個人的体験から知らずに使っていたと思われる表現をセイン先生…

永里優季選手はNWSLで2020年シーズンも大活躍するぞ!

NWSL Challenge Cup でシカゴ・レッドスターズ決勝戦(7月26日)0-2 で敗れる。永里ケガで出場せず。 なお、2020年度のレギュラーシーズンはキャンセルされたようだ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 永里優季選手は…

「ネイティブに伝わるビジネス英語700」で伝わる表現を学ぼう(前編)

「日常会話と違ってあまり間違いは許されません」とお思いでしょうが、セイン先生曰く、“「正しい英語」より「伝わる英語」が大切”。そう言われても「伝わりやすい表現って、どういう英語なの?」 ネイティブでない私達は、ビジネスシーンにおいて「伝わりに…

「英語の動詞の使い分け」クイズで自己診断

英語の動詞の使い分けに迷いませんか? 私も迷う一人です。そこでセイン先生の本「英語の動詞の使い分け」を前編と後編にわけてその一部を紹介しましたが、お読みになった方、いかがでしたか? 関心の高い方がいらっしゃると勝手に判断。紹介記事を追加する…

「英語の動詞の使い分け」本で似たもの動詞をマスター(後編)

英語の動詞の使い分けに迷っていませんか? 私も迷う一人です。そこでセイン先生の本を「英語の動詞の使い分け」本で似たもの動詞をマスター(前編)で紹介しました。お読みになった方、いかがでしたか? 今回も2つのグループ、「思う・考える」と「行う」を…

「英語の動詞の使い分け」本で似たもの動詞をマスター(前編)

英語の動詞の使い分けに迷いませんか? 私も迷う一人です。そこでセイン先生の「英語の動詞の使い分け」本を紹介したい。 先生によると”臨機応変に使い分けるには、それぞれの語が持つ「イメージ」や「どのような場面で使われるのか」を理解しないと難しい”…

セイン先生の「通じる!2単語英会話」で英会話を楽しもう(後編)

「ネイティブがよく使う2単語フレーズで英会話力アップ(前編)」の記事を読んで頂いた方、いかがでしたか? たった2単語だけで多くの質問に応答できることに驚いたことと思います。 今回も後編としてデイビット・セイン先生の「通じる!2単語英会話」に掲載…

ネイティブがよく使う2単語フレーズで英会話力アップ(前編)

「本当に2単語で会話できる?」と思わず疑いたくなるが、ネイティブがよく使うフレーズは2単語が多いのは事実。今回はデイビット・セイン先生の「通じる!2単語英会話」を取り上げます。 この本を読んで真っ先に感じたのは「留学時代、こんな表現を使ってい…

使用頻度の高い英会話フレーズはメールやSNSでも多用される

「3フレーズでOK」のうたい文句につられて地元の図書館に予約を入れた。数日後、デイビット・セイン先生の「3フレーズでOK!メール・SNSの英会話」を手にした。 すぐにChapter 1をペラペラめくった。確かに、メールやSNSで使う表現が掲載されている(3フレー…

「英語の雑談ができるようになる本」を読んで雑談を楽しもう!

友人に紹介されて外国人と挨拶を交わしたものの、その後のちょっとした雑談ができない。それでは英会話実践の好機を見逃してしまう。それではもったいないですよね。そんな体験はありませんか? そんな方の為に、今回はデイビット・セイン先生の「中学英語で…

「ちょい足し」英語でネイティブのように会話できる本の紹介

冠詞や前置詞の有無でニュアンスや意味の異なる英語表現になることは、誰もが学んだことですね。会話中に正しい表現を使えるようになるのは簡単ではないが、少なくても意味を取り違いないようになりたいものだ。 そうした違いを上手く使えば会話が弾むかもし…